スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部活やめました!

4月に入ってから休みがちになってきた息子。

まず、上げられるのが部活問題です。

記事でも何回かお伝えしているのですが、息子、定期テストの前にワークを出さず、
「ワーク提出するまで練習に来るな」とその都度、顧問の先生に絞られていました。

懲りない息子・・・4月の中間テストでも未提出です。

当然、ワークが終わるまで練習禁止。
テストがあった直後の日曜日の練習試合にも「出る資格がないですね」と冷ややかに
言われ自宅待機してました。

その週は水曜日だけ出て、あとの4日はお休みしています。
土曜日の部活に久々に出て、ワークを持っていったのですが、一部写したのがバレ
「帰ってワークをやり直してこい!」命令がでてすぐ自宅に帰されました。

それと、運が悪いことに?さらなる怒りの鉄拳が・・・

練習試合をワーク未提出で不参加なのに、前日の土曜日に友達と遊んでいた
ことがバレていた。
当然、顧問の先生の怒りはMAX。
これまでになく怒り狂っていたらしい。
もうひとり同罪の子は、別の日に5時間延々と絞られたらしいです。

息子はその後、ワークを提出したのですが、顧問の先生は怒りが収まらず・・・
「もう、今後、練習試合には出さない」と宣告されたとか。

家に帰ってきて「俺は見離されたってことだな。嬉しいよ」って
笑っていたのですけどね。ショックだったのかもしれません。

その後、一度、練習に行ったらしいですが、練習試合のビデオ鑑賞会だったようで
「お前は観なくていい」とまた帰され・・・

それ以降、部活には出ていません。

5時間しぼられた子は、あとで練習試合の参加許可がでたそうです。
息子もめげずに、練習に出ていれば許可はでたのだと思います。
そこから逃げてしまったのは、やはり息子の弱さでしょうね。

「先生の言うことは聞き流せばいいよ」ってその子が言ってくれました。
その子にとっては、顧問の先生よりお母さんのほうが怖いのだとか・・・(笑)
あの例の学校に殴り込みをかけた?モンスターお母さんですから。


部活には出にくくなってしまいましたが、剣道は続けたいようでした。
練習が嫌だと言ったことはなく、体力的にも問題はなさそうでした。

親としても、それを思うと残念なのですが・・・

やめようか、続けようか・・・まずはそこで悩み、
やめるとしたら、なんて顧問の先生に言えばいいのか・・・
また、そこで悩み・・・

上野先生がコーチングに入ってくださったのが、その状態の時でした。
部活のことを聞くと「やめる」と言ったそうです。
もう、決めていたようでした。

そしてちゃんと顧問の先生に言えたそうです。
「辞めるならとっとと去れ」とバッサリ切られたようですが(汗)


息子は厳しいのはいくら厳しくてもいいのだそうです。
ワークのことは叱られて当然なことですし、本人もわかっています。
それはいいのだと言います。

他のことで、先生の叱る意味がわからない・・・のだとか。
感情にまかせ、自分の言いたいことだけを押しつけるだけ。
そこから何も反省しようと思えない怒り。
改心率(もしかしたら、モンハンの会心率?)ゼロの怒り。

・・・らしいです。

だからといって自分が逃げてしまっては損しますね。

厳しい先生、嫌な先生はいくらでもいると思います。
友達だってそう・・・

嫌な思いをすることもあるかもしれませんが、その場面を迎えるからこそ、
どう乗り越えていったらいいかを考えるし、実際に乗り越えることもできる。
成長するチャンスを与えられているのだとも思います。

息子は一度は逃げようとしました。

でも、辞めると決意してそれを伝えることもできました。
自分でケリをつけるのも勇気がいることです。

今回の息子の決断で、またひとつ成長できたのかもしれませんね。




部活を解決してすっきり・・・と思いきや・・・

また月曜日に、次の波がきてしまいました(涙)

親睦会の余韻が一気に吹き飛びました・・・きっと上野先生も(汗)



部活のことは本当に解決したのでしょうか・・・

他にも何かあるのでしょうか・・・

そんな状況になっています(涙。涙。。)





ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

部活紹介

今週から全日課になり給食も始まりました。

停電の影響で、一時期はお弁当や副食持参の方向も検討されていたのですが
給食に落ち着き、ちょっと(かなり)ほっとしています。

部活のほうも今週からフル活動です。
親も嬉しい?6時下校になりました。

春休み中、息子が
「部活は今までの部は一旦、退部という形にして、また入部届けを出すんだよ」
「そうなんだ。でも、また剣道部に入るんでしょ?」
「わからない。今、考え中。帰宅部にするかも・・・」

え~??とちょっと動揺してしまった私です。(ムンクの叫び状態)

部を変更したい子への配慮だろうか?
私にとっては心臓に悪い制度。


しかし、始業式の日から、今までの流れで部活開始。
新入生への部活デモンストレーションでも剣道部として参加。
当たり前のように、剣道部員として2年生をスタートさせている。

そこに「入部届け」を出してきた。
これは子どもの意思を確認して親が記入します。

「剣道部でいいんだよね?」(何部?とは聞けなかった私)
「まあな。○○(顧問)の視線が怖いからな。剣道部だろうな」

ということで剣道部を続けることになりました!

春休みに自分の竹刀の手入れをして
卒業した先輩からも、竹刀4本譲り受けて喜んでいましたからね。

本当は辞める気はなかったと思いますけどね。



先日、リビングの床に紙っぺらが放置してあり(よくある光景)
「なんだ?」って手に取ってみると・・・

「ようこそ○○中学へ」の見だし。
息子が作った、新入生への学校案内のしおりでした。

(ちなみに、だいたい私はこんな形でお手紙類を手にします。
カバンの中を探すという行為はしませんので・・・あしからず)

それは、各生徒が作って、各新入生に渡すもので、
事前に先生がチェックを入れるための下書きでした。

学校の雰囲気や1年間の行事、先生、授業、給食のことなどが
紹介されています。


その中の「部活紹介」で息子はこんなことを・・・

ぼくは部活は心と体をきたえるものだと思います。
心とは、自分の伝えたい事をいえるようになる事や
一つの事を続けていく事につながると思います。
また、体とは、学校を休まなくなったり、体力が
ついたりします。ほかにも先輩といっしょに練習
する事でたてのつながりを作ることができ、社会に
出ても部活でやったことはだいぶやくにたつと思います。


そこには先生の赤い文字で good!


いや~いつも文句言っているわりには上出来。グッドグッド!
成長しているんだな~と実感することができました。

それと「学校を休まなくなったり」という言葉・・・
学校を休んでいない子はこの文章の中に入れないでしょうね。
休んでしまったからこその言葉だし、私にとっては意味のある言葉です。



ここで竹刀のこと・・・


DSCF1195.jpg

節目の位置が揃った竹4本を合わせて竹刀を作ります。
打ち込むと竹は割れたりするので、4本のうちの割れた竹をとりだして
新しい竹と交換して作り直します。
          
DSCF1196.jpg

はい、できあがり!

他にも、ささくれを削って滑らかにしたり、乾燥すると割れやすいのでロウを塗ったり・・・
竹刀もお手入れがかかせません。

お手入れは得意な息子です。
職人肌ですからねぇ~




ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

継続が力に・・・

春休みに入り、翌日からさっそく部活です。

地震後、3年生とのお別れ試合や遠征など、すべて中止になりましたが、
最後の週に朝連だけ復活していました。
春休みは地震に備え、顧問が必ずついていることと、遠征は中止とのこと。
顧問の先生も新学期に向けての準備でお忙しいようで、部活は縮小ぎみです。

学年で区切りがついても、部活で学校と繋がっています。
これはやはり安心材料です。

顧問の先生は記事でもお伝えしていますが、かなり厳しい。
息子もよくついていっているなと思います。

練習中も何かといろいろ言われるようで、
「○○(顧問の先生)のせいで俺、超気分悪いから・・・」とか
「剣道は○○さえいなければ楽しい」

などなど家でもよくこぼしています。

でも、厳しくても皆に平等に厳しいですからね。
逆に顧問の先生ネタで部員に一体感が生まれているのかもしれません。
部員同士は皆、仲が良いので救われます。

「俺は絶対にやめない。俺がやめるんじゃなくて○○を
やめさせるんだ!」なんて心強い?言葉も出てきます。

いやな状況から逃げようとするのではなく、踏みとどまろうとする強さを
少しでも身につけたでしょうか。

そうはいっても、2月に一度、危ない時がありました。

忌引きをとってお休みした後、休み明けの練習に行き渋りました。
頭痛でしたが、体調不良の時はそれまで自分で顧問の先生に連絡を
入れていたのにその時は私にたのんできました。

その時の表情でいつもとは違うなと察しました。

3日間お休みしたことや、忌引きでお休みすることを顧問の先生に
伝えていなかったことを気にしていたこと・・・
他にもあったかもしれませんが、気持ちが逃げていたことは確かです。

「連絡してくれないのなら部活やめる」とも言いました。

そこで連絡しなければ、無断欠席になりますます部活に出にくくなること。
それが再不登校への引き金にもなりかねないこと。

そんな不安で一杯になり、結果的には私は顧問の先生に連絡を入れました。
そして、それをしてよかったのかどうかも悩みました。
脅しにのってしまった形にもなってしまったので・・・

その一時しのぎともいえる対応が今後に響いてくるかもしれません。
少しでも緩めると、幅をきかせてきてこちらの締め直しを許さない息子です。

順調そうにみえても、ちょっとしたきっかけで崩れる時がある。
この1年で強くなったなと思う反面、まだ弱い部分もあると感じました。

「部活やめる」と言ったことがきっかけで、本当はその気がなかったのに
そちらに気持ちが向かってしまう可能性がある息子です。

部活に向かわせることを優先すべきか、揺るぎない対応を優先すべきか
判断の難しさも感じました。
久しぶりに上野先生にご相談もさせていただきました。

部活は真面目にやっている息子。その他ではルーズな面が目立ちますので、
部活が唯一、息子を引き上げてくれていると思います。
これから先も、いかに部活を続けられるかが鍵になるでしょう。

上野先生にも「部活だけは続けてほしい」と言われています。



先日、学校で顧問の先生にばったりお会いした時に
「今、○○(息子)は剣道部で一番、声がでているんですよ」と
言っていただきました。

その言葉は息子にも伝えました。
「1番かな~2番のような気もするけどな~」と言いつつも少し嬉しそうでした。

「声が小さい!」と、ランニング100周を命じられたことがある息子。

それでも辞めずに続けてきたからこその成長ですね。

「継続」が「自信」に変わることを願って、今後も見守っていきたいと思います。



ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

剣道1級審査

昨日、剣道審査会がありました。

息子が受審したのは1級。
部員7名のうち、2名はすでに小学生の時に1級をとっているので、
今回、5名で審査を受けました。

家族送迎だったので、息子と一緒に会場入りし、そのまま審査を見学することに・・・

剣道基本稽古法(基本1~9)を号令で順番にやったあと、試合。
強い弱い、勝ち負けではなく、気合いや構え、礼儀、声がでているか、
着装に乱れはないかなどがみられるようです。

やはりその辺は、精神修行を重んじる剣の道ですね。


息子、頑張っていましたよ。
背筋がピーンと伸びていました。
待っている間はずっと姿勢を崩さず、正座していましたしね。

結果は、5名全員合格でした!!

ひとりも欠けることなく、皆で合格を喜べたのがなによりよかったです。

全体の9割以上が合格でした。
ほとんどが合格できちゃうんですけどね。

息子は前日「多分、落ちると思う」と言っていたので、
ほっと胸をなでおろしていました。

ワーク提出ができず、練習を二日お休みしていましたしね。
息子より先生のほうがハラハラしたのでは・・・と思います(汗)



その後、ランチへGO!しました。

見学していたお母さん4人で待っている間に決めていたのですが
急きょ「お祝い会」という名目に変更!

男子2人。女子2人。
子どもは子ども同士、大人は大人同士で分かれて座りました。

女子のお母さんとはほとんど初対面だったのですが、
席に着くなり、注文そっちのけで、顧問の先生の話題でヒートアップ。

男子のお母さんは、あのランニング300周にクレームをつけた過激なお母さん。
女子のお母さんの口からも出てくる、出てくる。
こんなことがあった。こんなこと言われた。
もう、もう、止まらない。

言いたい放題の中でどうポジション取りしていいか悩んでしまいました(汗)
いい子ちゃんにもなれないし、皆と一緒に悪口言うのもなんだか・・・


先生から今後の連絡をスムーズにするためにメール連絡も併用したいと、子ども経由で
先生のアドレスを書いた紙を渡されたことがあったのですが(2カ月前)
それに返信していない人が2名いたんです。

「別に必要ないと思ったから返信しなかった」って言うんだけど・・・
今日、先生に催促されたらしいですが・・・
「なんで個人情報を先生に教えなきゃいけないのよね。返信しないわ」って言うんだけど・・・

先生って大変。。。

先生の話題で盛り上がるというのは子ども達の間でもそうらしいです。
(うちの息子からも聴いています)

子どもが不満を持つことはあると思います。
親はそれを否定せずに、説教することもなく、ただ聴いてあげればいいと思います。
子どもと一緒になって熱くなるのはどうかな。
子どもをさらに熱くさせるだけかも・・・


どこまで話がエスカレートするのかと思いきや、こんな話も・・・

女子のお母さんの話では、女子が、先生に叱られて落ち込んでいると
「大丈夫?」とか「俺もこの間、同じこと言われたよ」とか
男子は皆、優しい言葉をかけてくれるのだとか・・・
部の中はとてもいい雰囲気で楽しいらしいです。

先生が厳しいから、その分、部員の団結心も強くなったのかもね・・なんて結論が。

そこに話が落ち着き、ほっとして帰ってきた私です。



 
今日は、家族でお祝いをしました。

結婚記念日のお祝いも兼ねてですけれど、いざ、蟹屋さんへ

美味しゅうございました。



ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
   ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

泣くほどのこと?

「お母さん、綿の道着、買って」と息子が言ってきました。

剣道部に入部した時に、夏用のメッシュ素材のものを1枚購入しましたが、
とりあえずはそれですんでいました。
定番の綿素材のものは秋口にでも買えばいい。
半年間で身長も伸びるだろうし・・・とのことで。 

季節はすでに冬・・・秋は通り過ぎました(汗)

顧問の先生から、「そろそろ買いなさい」と言われたそうな・・・
息子に聞くと、ほとんど皆、綿の道着を着ているのだとか。
(早く言っておくれ~)

学校に出入りしている道着屋さんがいて、1カ月に1回くらい来て
いるそうなのですが、ついこの間来たばかりとのこと。
次を待つと間が開くので、電話注文することにしました。

私が電話している時に息子が横で・・・

「取りに行きます。取りに行きます」と小声で連呼している。

どうやら、最後、学校に届けます的な話の流れになったのを察し、
私に「取りに行きます」と言ってほしいのアピール。

電話が終わり、学校に届けてくれることになったと知ると
「だめ。お母さん、取りに行って。学校は絶対だめ」

そんな~そのお店、車で40分。電車なら2本乗り継がないと行けません
届けてくれるというのに、取りに行くなんてことあり得んでしょ??

私がそう言うと、泣きだした。

品物が学校に届くと、親に注文してもらったことがばれる。
どうしてこの間、道着屋さんが来た時に頼まなかったんだって先生に怒られると言う。

??そんなことで怒られるかな??

高い物だから、子どもだけの判断で買えるものではない。
家にかえってお母さんに買っていいかを聞くのが普通。

私がそう言っても、「先生はそういうタイプだから・・・」って言い張る。

「もし怒られたらお母さんが先生にちょっと電話してみるわ」

これ、言った瞬間にしまった!!と思ったのだけど、もう遅い。。。

息子「それだけはやめて~」と腕でしきりに涙をぬぐう。

自分のことを母親に依頼したことの、おとがめを心配しているのに、
そのことで母親がしゃしゃり出るなんで息子にとっては最大のピンチ!

最初からそこまでするつもりはなかったのですけれど・・・失言でした。

「それは一番、されたくないことだよね」と慌ててその言葉を引っ込めた私です(汗)


お店に取りに行って欲しいと息子はかなり頑張っていましたが、それは
聞き入れなかった私です。

「じゃあ、いいよ。俺が怒られればいいだけだから・・」

最後は諦めました。と、そこで終わりかと思ったら・・・

「じゃあ、俺が怒られたらどうする?○○買ってくれる?」

なんじゃ、それ!
もちろん、却下しましたけど・・・


2日後に、剣道着が学校に届いたようです。
先生、ただ「はい」って手渡してくれたそうな。

やっぱりね。これで、めでたし、めでたし。
もう、これで、お店に取りに行ってとは言わないでしょうね。


顧問の先生は、確かに、
「自分のことは自分でやる。やるべき事は、ちゃんとやる」
そのことは徹底していますし、厳しいです。


情けない息子ではありますが、よく付いていっていると思います。

息子を成長させてくれる先生には感謝ですね。



ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
   ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。