スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辞校式

3月末、息子の学校で辞校式がありました。

久しぶりの学校・・・そしてこれが最後の登校日。

朝には卒業式の日のようななんとも名残惜しいような気分になった私。


息子が出て行く少し前に

「今日が小学校最後の日だね」と声をかけた。

「やった~!!これで小学生じゃなくなる。○○学区は関係なくなるんだよな。
明日から学区に関係なくいろんな所に行ける!ねぇ、これからは○○○○
(警戒店にあげられているゲーム店)に行っていいんだよね?」

瞬時に、私の感傷的な気分はどこかへ飛んでいきました。
そういう反応か~!?

とっくに、学区超え、そのゲーム店にだって行っていると思いますが・・・
まあ、どちらも禁止されているわけではないですけどね。

でも、ちゃんと辞校式の日は覚えていました。(当たり前ですか?)
登校班集合の5分前に家を出て「まだ誰も来ていない」と一旦戻ってきたくらい、
張り切って登校しました。

私は息子が出て行ったあと、窓から学校への坂道を上っていく息子の姿を見届けました。
そんなことをするのは久しぶりです。

上野先生と同じ場所で息子の姿を見届けたこともありました。
それは約1年前・・・
その後、1年間、息子はこの道を歩きました。

この道を歩けるようになってよかった。。。

そして、それも今日が最後なんだな~と思いました。




辞校式。。。

学校によっていろいろ言い方がありますか?
異動で去られる先生方をお見送りする日です。

今回は直接お世話になった先生の異動がなかったので、私は行きませんでした。

校長先生は2年後にこの学校で定年を迎えられます。
前任の校長先生も、教頭先生も、そうでした。
そして息子の5、6年の時の担任の先生も数年後はご定年です。

どうしてこの学校で定年を迎えられる先生が多いのかというと、100年を超える伝統校と
いうのもありますが、問題の少ない学校だかららしいです。

有終の美を飾るにふさわしい学校とのこと。

校長先生が着任された頃、不登校児がゼロでした。
それが校長先生の誇るべきことだったらしいです。
そんな学校に、一時期、影を落としてしまいました。
でも、今はまたゼロになりました。



お昼に公園に集合!

息子は学校から帰ってきたら、お昼を食べて飛んでいきました。
普段、とくにグループに入っていない女の子や、最近、ちょっと仲間はずれぎみで
心配な男の子にも声をかけ、全部で20名ぐらいの男女が集まったらしいです。

卒業式の日も子どもたちが、お別れ会を自分達だけで計画しました。
場所は自治会館で、その場所は親が手配しましたが、お昼は持ち寄り、テーブルの
セッティングやら最後のお掃除やら、全部子ども達だけでやりました。
(私はその自治会の住民ですので、鍵を開け、終わった後に閉めにだけ行きました」
なんといっても、全員に声をかけたこと。いいな~って思います。


ひとり、言葉を発せない子がいるんです。
機能障害ではないんです。
家では普通に喋っているそうです。
小学校1年の時から、誰もその子の声を聞いたことがありません。
でも、皆、その子とちゃんとコミュニケーションがとれています。
ごく自然に・・・
その子は首を縦に振るか、横に振るかしかできないのです。
でも、皆、その子が首をどちらかに振るだけでいいような聞き方をしています。
皆、小学校1年の時から、自然とそうしているのです。
その子は、いつも誰かと遊んでいます。
うちにも何度も遊びにきています。
その子が仲間はずれになったことなど一度もありません。


皆仲が良くで本当にいいクラスなんです。

息子が復学した時、何も聞かずにいてくれました。
何もなかったように受け入れてくれました。
そして、それは今でも・・・きっとこの先もずっと・・・


辞校式の日、公園で皆が遊んでいた時、ある女の子が
「皆で遊ぶの今日が最後だね・・・」と言ったんだそうです。

そしたら誰かが、「じゃあ、入学式の日も遊ぼう!!」と。
そして、入学式の日の午後も公園に集合!!・・・となりました。

きっと、それがクラスのお友達との最後の日。

そして、それぞれの中学校生活がスタートします。


小学校のクラスのお友達・・・ありがとう。

息子がお休みしていた時、毎日クラス通信を届けてくれて・・・ありがとう。


そして、これからもよろしくね。



スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

辞校式って??の私でした。こちらでは離任式っていうのですv-222感慨深く坂道を上る息子さんを見送るティカさんの後ろ姿が私の脳裏に浮かびましたよv-252なんだかまたもや同化して、しみじみしてしまいました。

子どもたちのお別れ会と入学式後にまた会う約束…。いいですね~ほのぼのですv-22子どもたちって大人が心配していることをスルッと通り抜けたり、大人が思っている以上の思いやりを何気なくできる事って多いんですよね。次男のクラスでも2月に転校していったお友達がいて、サプライズのお別れ会(その子には算数の授業として伝わっていた)や、リクエストに応えてのサッカー大会など、その時の様子を先生が書いてくださったクラス便りを読んでいて、子どもたちの思いやりや自分たちで考えて、先生にも働きかけていった様子を知ってウルウルしてしまいました。
次男のクラスは全くなくて私的には楽なのですが、クラスによっては親が企画しての長期休暇中のイベント企画などがあるんです。それだけに子どもたちが独自で企画したこのお別れ会は本当に嬉しかったです。

うちの長男、離任式前日に私や次男にまで「明日6時に起こしてv-237頼むv-237」でした。
実は…中学の終了式が土曜日で、小学校はもう春休み、すっかり春休みモードの私は朝からのんびり…。そこに血相変えた息子。「なんで!起こしてくんないv-42」「え?あ~忘れてた!学校かv-12」に襖にバッグを投げつけ、ドアや服に当たり散らして飛び出していきました。そして、塾の模擬テストでも似たようなことが…。長男も2回も経験してさすがに学習したのでしょうねv-31よかったよかった…って、今日もお祭りに行く息子に「8時に起こして」と言われながら、すっかり忘れていた私。(いや、7時くらいまでは覚えていたんです。ご飯食べたら忘れました)。長男、もうあきらめたのか、自分で起きてきましたね~v-8そのあとは目覚ましも鳴っていたし、こうやって、だんだんあてにされなくなるのかな~ってちょっと微妙な春の朝でしたv-254

ウチの近辺では、離退任式は始業式の翌日です。最近は、それに都合つかない先生は終了式かなんかに挨拶するそうです。地域でいろいろなんですね
お子さんのクラス素敵ですね。そんな風に足場の固まった仲間といた日々が、中学生活も支えてくれそう。
ティカさんの所は大丈夫そんな気がしました。
ご卒業おめでとうございます

ご卒業おめでとうございます

すっかりご無沙汰しておりました。ご卒業までの記事をかかさず拝見しては、喜び♪時には涙(号泣?)していたのですが、年明け早々に、家の息子君、友達とのトラブルでこけてしまい・・(友達命なだけにきついでした)また五月雨登校に戻っしまい、苦しい日々を過ごしていたため、(でも今回ももうダメか・・というところでなんとか踏ん張りました。)おめでとうのご挨拶が遅くなりすみませんでした。

ティカさんの息子さん、ホントにたくましくなりましたね。小学校でのよい環境、そして沢山の良きお友達に囲まれ、なにより息子さん自身が、しっかり前を向いて歩いている感じがします。きっと中学生になっても大丈夫
うちの子もいよいよ最終学年の6年生です。寒い冬がすぎ、春の暖かい風に乗って、皆さんと一緒に良いスタートがきれると信じて頑張ります。

かのんさんへ

離任式っていうんですね。そちらの方がポピュラーかも・・・

坂を上がっていく息子・・・これ、ビデオ撮影しようかなって急に思い立ち、ビデオを取りに走ったのですが、かなり遠くに行ってしまっていたので諦めましたe-330なにもそこまで・・・ですよね。小学校1年の最初の登校日の日にも見届けたし、本当にいろいろな思い出があります。でも、やはり上野先生と一緒の時の印象が強いです。中学校は方向が違いますので、本当にそれが最後でした。寂しいな~

子ども達の粋な計らい・・・お別れするお友達は嬉しかったでしょうね。そしてそれを知る親御さんも感動ですね。そんな子ども達を受け持った担任の先生もさぞや嬉しかったのでは・・・思い出に残るお別れ会でしたねe-405

上のお兄ちゃんの朝の慌てぶり・・・クスッですね。その経験をバネに成長ですね。忘れちゃうかのんさんもナイスですe-257見習わなくちゃe-461

そらさんへ

そらさん、はじめましてv-22
コメントありがとうございます。お名前はよく拝見していましたよ。

離退任式が始業式の翌日にあるのですね?それはまた・・・本当に学校により(地域により?)いろいろなのですね。

本当に息子はクラスのお友達に恵まれていました。いつもたくさんのお友達が押しかけてきて、わいわい遊んでいました。最後の方は女の子の姿もチラホラ・・・それがまた楽しそうで・・・お年頃のようですねv-238
中学校で何かあっても、お友達が支えになってくれたらなと思います。

これからの息子をどうぞよろしくお願いしますv-354

なっきーさんへ

なっきーさん、お久しぶりですe-113お元気でしたか?

引き続き私の記事を読んでいただいていたのですね。嬉しいです。
そうですか・・・年明けにまた苦しい日々があったのですね。なっきーさんの息子さんもお友達が命でしたら、お友達とのトラブルは堪えますね。でも、どうにか乗り越えることができたとのこと。よかったです。いろんな状況があるとはいえ、それを乗り越えたことで息子さん、きっと強くなったのでしょうね。
今度は最終学年、最後の1年が順調にいくといいですね。もしまた何かあったとしても、乗り越えるだけ強くなれると思えば、何でも受けて立つ!ドンと来い!で立ち向かってくださいね。応援していますe-257
Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。