スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散髪

不登校になり、髪は伸び放題。。。

そんな時期もありました。

髪はそれまで私が切っていました。
なので、切らないのは、床屋に行けなかったからではありません。
学校に行かないのに、切る必要がある?・・・ということだったのでしょう。

登校刺激の翌日、私に「髪を切って」と言ってきました。
それが、学校に行くという意志の表れでもありました。

そして、その日、約7か月振りに散髪しました。
その時、ぼっちゃん刈り。


学校に戻り、しだいに伸びていく髪の毛。

今後は「絶対に切らない!」と・・・あれ??(調子が狂う・・・)

どうやら、長い髪に惹かれてしまったようです。
「サラサラヘアを目指す」と、リンスの後に流さなかったり・・・
鏡の前でしきりに髪を撫でつけたり・・・
お年頃ということですかね。

でも、さすがに、長いうえに膨らみも出てきて、うっとおしい。
ある時、寝ている時にチョキチョキとスキバサミを入れてしまった私(汗)
主人に怒られましたが・・・でも、本人は気付かず(あんがい鈍い奴)

その後「切ってあげるよ~」という私の親切心(おせっかい?)を無下に断り・・・、

でも、さすがに限界が来たのか、登校後9か月振りに、切ってと言ってきた。
「長さは変えないで、薄くするだけ」という条件。

薄くしただけでかなり見栄えもよくなりました。
長さを揃えると言いながら、少しは短くしましたけどね。

「これ、いい。今までで一番気に入った。この形、覚えておいて。
本当は切ってもよかったけど、お母さんの腕が心配だったの」

え?そういうことだったの?
それまで、ぼっちゃん刈りばかりだったので、またそれにされると思っていたのかな?

「今度から床屋さんに行くのはどう?自分で好きなように注文つけられるよ」
「いやだ。床屋には行かない」

実は一度だけ床屋さんに行ったことがあるのです。

その時の理容師のお兄さん、白黒メッシュの髪の毛を天井に逆立ていて、
「おい、動くなよ。動いたら、切っちまうぞ~」と片手で頭を押さえつけ、もう
片方の手でハサミをキラリーンと見せて脅かしてくれたのでした。
どうも、それがかなり怖かったらしい。



それから3カ月。。。もうすぐ卒業です。

息子の髪は、さらに長く、そしてボリュームアップ。
まさか、このまま卒業式、入学式に出るとは言わないよな~と心配になる。

「そろそろ切ったほうがいいんじゃない?」と言ってみる。
「うん。卒業までに切る」

お~そのつもりだったのね。
よかった。よかった。



そして散髪。。。

「校則ぎりぎりに切って」と言ってきた。

「校則」という言葉に少しドキリ。
ちゃんと中学生を意識しているんですね。

『目にかからない。肩につかない。耳を出す』
1カ月前に聞いた校則のこと、ちゃんと頭にあったようです。

今、切って、入学式まであと1カ月だから・・・その分を考慮して・・・
少し短くするはずが・・・なぜか、思い切りぼっちゃん刈り。
そこまで短くなくてもよかったのですが、結果的にそうなってしまった(汗)

でもね、仕上がった髪型に文句を言わなかったのです。

それまで散髪といえば「あ~切り過ぎ~」「あ~そこは薄くするだけ」
「あ~もういい」と文句の嵐だったのですけどね。

そんなところにも、ちょっとした緊張感が感じられます。
気持ちが中学に向かっているのですね。


そんな息子が母としても嬉しく。。。


ちょっとずつ中学生です。




スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

今回の記事、読みながら何度も吹き出してしまいました。
と、同時に涙が出てきちゃって...
不登校から復学そして卒業、入学へ向けての息子さんの気持ちの変化、それを見てきたテイカさんの思いが伝わってきて...
あと、お年頃のおしゃれ心や床屋さんでの怖~い体験、お母さんの腕を信用していなかったり、いろんな気持ちがあるんですね。
そういえば私、中学生のころ自分で髪を切ったことがありました。
息子さん、器用そうだからそのうち、お母さんに任せるより自分で切ったほうがいいなんて言い出したりしてね。
うちの娘も、中学入学前に髪を切る時は校則のこと考えていましたね。
気持ちが中学に向かっている...嬉しいことですね。

ティカさん♪

うちの長男も散髪しましたよ~~。

我が家は息子から「そろそろ髪切りたい・・・」と言ってきたので、「じゃあ、行くか!」と予約を入れました。

息子の通学する中学も髪型に関して注意がありました。ティカさんの所と同じです。
今までの息子は耳を出すことを拒否した髪型でしたが、
やはり中学の事は気になるらしく、「耳を出して・・・。」とお願いしていました。

中学の事を意識の中に置いている息子の行動を嬉しく感じました。

お互いもうすぐ・・・ですね^^
こちらは18日が卒業式です。

こんにちは!
もうすぐ卒業のみなさんのブログを見ていると、
それぞれ節目を迎えられたお子さん、お母さんの様子がうかがえて、なんだかドキドキ、ワクワクします。

ティカさんの息子さんも、中学を意識した散髪。
気持ちが前に向かっているところが伝わってきて、
うれしいですね♪

そうそう。我が家も全員私がカットしているんですけど、息子も、髪型には無頓着な姉たちよりも注文がうるさいんですよ。
とくに、前髪の長さにはうるさくて・・
目にはかからないけれど、眉毛は絶対隠れる!
こわだりのようです(笑) 

ふらわぁさんへ

うちの息子の気持ちの変化、そしてそれを見てきた私の思い・・・それを感じ取っていただいて、涙まで・・・ふらわぁさんの言葉に、なぜか私まで涙です。
登校刺激後、髪を切った時、上野先生に「よかったですね。あの髪を見ているのは悲しいですよね」というお言葉がありました。その長さに学校へ行けない息子の気持ちがありました。おしゃれ心ではない長髪はやはり悲しいです。

ふらわぁさんは自分で髪を切ったことがあるのですね。やはりお年頃は髪型が気になるかしら?息子が今後、ジャニーズ風と注文つけてきたらどうしましょv-12まあ、そんなことは私に無理だろうと自分で美容院に行くかもしれないですね。それとも自分で切るかも・・・ですねe-104

ciquciquさんの息子くんも切ったんですね~
自分から言ってきたのですね。そして「耳を出して・・・」とも。
私たちってそういう言葉には敏感ですものね。嬉しい気持ちにさせてくれますよねe-420
うちの息子もですが、周りの子もロン毛が多かったです。だから自分もという気持ちがあたったのだとは思います。でも、そんな友達も今月に入り、床屋さんに行ってさっぱりしてくる子が多くなってきました。そんな友達の影響もあるのでしょうけれど、やはり自分から切ると言って、校則まで意識した言葉はやはり嬉しいですよね。中学生になることを意識しているんだ~って思っちゃいますね。

本当にもうすぐですね。うちも18日ですよv-252

アロエさんへ

アロエさんは、来年ですものね。
いよいよ来年は娘さんが卒業なんだな~と思うと、皆さんの記事も自分のことのようにも感じられてくるのでしょうか。晴れやかなご卒業を迎えられるといいですね。
うちの息子も中学生に向けての前向きの気持ちを示してくれて、まずはひと安心ですe-257

アロエさんは、ご家全員の散髪をしているのですか?ご主人の分も?それは凄いですね。でも、息子さんって小1でしたよね?まあ、そんなおチビちゃんでも前髪にこだわりがあるのですね。うちも前髪は特にうるさかったですよ。同じく、眉毛が隠れないと嫌だ~と言っていました。洋服にもうるさかったですし・・・まあ、本当にちっちゃくても一人前ですよねe-451

ciquciquさんへ

先ほどのコメントのお返事にciquciquさんへの宛先がもれていましたね。内容で分かるとは思いますが・・・ごめんなさ~いv-356
Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。