スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

制服の採寸

昨日、中学校の制服の採寸に行ってきました。

制服を扱う洋品店からは去年の10月には案内が来てきました。
2月末でサービス期間が終わるので駆け込みです。
サービス期間内に行くとジャージ上下セットがプレゼントになるので
皆はとっくに行っていました。

制服は頂いたものがあるのですが、170cmサイズのもので
145cmぐらいしかない息子にはかなりのビッグサイズ。
身長の低い子は中学でグンと伸びるので、途中で買いなおす必要が出てくるとのこと。
頂いたものは後半に着ることにして、最初に買うことにしました。

しかし・・・「嫌だ」「行かない」「行く暇ない」
息子はず~っとそう言って拒否していたのです。

それなら170cmを最初から着せちゃうぞ!!と思ったほどです。

上野先生に息子が嫌がっていることをお伝えすると、

「なんか分かる気もします。私もそうだったので・・・中学生になるのが
なんとなく不安で、制服を合わせに行くのがすごく嫌だったことを覚えています。
○○(息子)もそうなのかもしれません。」

なるほど。
先生がそうだったとお聞きすると、すぐ安心してしまう私。
自分自身のことが思い出せないだけに・・・(記憶の果て)

確かに、中学校に対して漠然とした不安を抱えるのは当然ですものね。
うちの息子を見る限り、期待に胸膨らんでいるようにはさっぱり見えません。
まだ現実のものとして考えたくないのでしょうね。

それだけ今が充実している。。。
そういうふうに解釈しておきましょうか。


まあ、いくら息子が嫌がっているとはいえ、行かないわけには行きません。
サービス期間が終了してしまうと説明し、息子の都合を聞いてお店に予約を入れました。

出かける前に「採寸に行くよ~」と息子に声かけると、
「やっぱり行かない」

それを聞いていた主人。
「今日、制服買いに行くのか?いいな~」
「え?制服?」・・・何故そこで、きょとんとしますかね。

制服の採寸だと何度も申し上げているんですけど~



まあ、ともかくも息子を連れ出しました。

車から降りて洋品店まで歩く道すがら・・・

「あ~頭いた!行きたくない所に連れて行かれるから頭痛くなってきた」

この頭痛、曲者ですね。
今まで何度となくこの突然なる頭痛に見舞われたことか・・・
そして、事が過ぎ、気が付いたら治っている頭痛でもあります。

何時までこの頭痛とのお付き合いが続くのでしょうか。
今、朝に出ていないのが救いではありますが・・・


そして洋品店に到着。

「俺は1回しか試着しないからね」とお店に入る前に私に念押し?しましたが、
お店の人に言われるままに、素直に何度も試着をし・・・無事、終了。

そこで卒業式に着るスーツもレンタルをしているのでお借りしてきました。
レンタルコーナーも残すところ1日らしく、いいのがほとんどなかったですが、
息子がそれでいいと言うので(言わせて?)決まりです。

制服の準備も終わり、あとは式を待つだけです。




息子は不登校時代、中学校になったら学校へ行くと言っていました。
それを信じていいのだろうかと思ったりもしました。

現実に、息子が今、不登校だったらどうでしょう。
きっと、制服の採寸には行けないでしょうね。
やはり中学から行くなんてかなりハードルが高いな・・・と今は思います。

2月3月は復学支援の依頼が少なくなる時期らしいです。
新学期になったら行けるのではないか・・・と親後さんが期待するのでしょうね。

突然の復学?
息子の復学は4月でした。周りからみたらきっと突然だったでしょう。
でも、春休みにいろいろと準備をしていました。

いろいろと準備があってこそ気持ちも大きく踏み出せるのだろうと思います。


息子は中学生になります。
入学式に出席できると思います。


そして、そう思えるのは今があるからです。



スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

こんばんは

制服採寸ですか~
私は遙か彼方ですが、嬉しかった記憶がありますなんか新しい事が始まるのが、でも上野先生でも不安な時があったんですね。なんかコーチングしている姿から想像つきませんしね~…
でも新しいところに行く不安はつきないですよね私は実は小学6年が嫌だったんで。かえって新しいところに行きたかったのかな?
息子さん小さい?
うちもあとどれくらい伸びてくれるやら。
友達お母さんも、途中でも買い直ししたそうで。まあ仕方ないかな?
いよいよですね
こうして迎えられる。
感謝ですよね
3月になりました。
うちの学校は19にちです
新学期から、休み明けからいけるのでは、と期待してかえって不安定になってきた、休み明けはいまも昔?も嫌なものです

かすみさんへ

かすみさんは早く中学に上がりたかったのですね。6年生の時にあまりいい思い出がないのかな?実は私も小学校にあまりいい思い出がなく、早く中学生になりたかったですね。なんか今までの自分と決別して人生やり直しって思っていたんですよ。そして再スタートの中学校生活はバラ色でしたv-254
でも、制服の採寸の記憶はゼロ。まったく思い出せないです。あまりにも昔で・・・やはり先生はお若いからかな。小学校時代の武勇伝などもよく覚えておいでで・・・ふふv-8

そう、息子チビですよ。かすみさんの息子さんの方が大きいのでは?同じ登校班の女の子は2人とも160cm以上あるので並ぶと頭ひとつ違うのね。かわいいって子ども扱いされるのも頷けます。まあ、どこかで伸びてくれるとは思いますが・・・

新学期、休み明け・・何時でも誰しも期待するもの。でも、かすみさんはひとりじゃないのだから・・・先生や皆さんが付いてくださっていますよ~e-257

よかったですね~、サービス期間内に間に合ってe-257
実はうちも制服は譲ってもらうことになってるのですが、譲ってくれる方が「合わせてみて」と現中三年生の制服を貸してくれたのですが、うちの息子、なかなか試着せず、結局そのままお返ししたんです。「それを着るって決まってるんだから別にいいよ」ですって。165cmなので少し大きいくらいで大丈夫かなっては思いますけど。なんだか、なんだかe-258確かに不安な気持ちもあるんでしょうね。息子からは中学生になるというワクワク感みたいなのは感じませんから^^;
息子さんスーツで卒業式ですね!凛々しそう~。
そっか~、お子さんの洋服も考えなくちゃならないんですね。はい、こちらは制服です。

うちの息子も新学期になったら行くって言ってました。というより言わせてた感の方が強かったかもしれません。環境も変わってうまくその波に乗って復学できるお子さんもいらっしゃるだろうと思いますけど、我が家は無理でしたね。
こうして卒業式を迎えられること本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

夏恋さんへ

息子さんも譲り受けるって言ってましたもんね~試着に貸してくれたんですね。でも、恥ずかしかったのかな?なんか分かる気が・・・うちのは、去年の卒業生の制服なので、すでの家にあるのです。すぐ着てはくれたけど、袖もひと折りしても指5cmぐらいしか見えなかったの~一応、息子に「これどう?着れそう?」って聞いたら「知らない。どうでもいい!」って返事でした。お店で試着した時に、165cmでもいいけれど、170cmがあるのなら160cmでもいいでしょうって。それでも肩が落ちてましたe-350

卒業式は制服ですか?それがいいですよね~私もそうだったし。お店の人が「まあ、どうにかこれでも大丈夫でしょ」って、申し訳なさそうな言い方だったのですが、その言葉を聞いても、息子はどうでもいいようで(面倒ってこと?)それに決めました。早く行けばよかったのにね~なんて私がそう思うだけなのですけどねe-351

新学期の登校。環境も変わるので戻るチャンスでもありますよね。でも、節目節目に行こうとしてダメだったので、支援をお願いしていなかったら、やはり厳しい現実を見たのではと思います。本当に卒業できることに感謝ですねe-235

制服の採寸...1年前、私も期限とにらめっこしながら娘を誘っていたことを思い出しました。
普通の買い物と違って、やっぱり行かない、買わないでは済まないので、やきもきしていた記憶がありますね。
採寸に行きたがらないのは、出かけるのが面倒くらいの理由しか思いつきませんでしたが、上野先生のお話のように中学に対する不安等の気持ちも関係している場合もあるのですね。
うちの娘は雑誌に出ているかわいい制服と比べて、「○中の制服はダサくてやだな」なんて言っていました。
無事に期限内に採寸に行けてジャージもサービスしてもらえてよかったですね。

制服採寸。去年を思い出しました。
私は長男よりも娘の方が不安でしたね。仲良しのお友達と行くと言っていた公立校をやめ、兄たちの私立に行くと言い出したときは、金銭面に加え、途中で『やっぱりお友達と一緒のとこにする!』って言い出すのではないかと、入学してしばらくも不安がつきまとっていました。
長男は(うちもやっぱりチビなので)かなりそで丈やズボンの上げをお願いしました。でも冬休みにそれらを全部直して…。夫は中2で伸びたというのでそれに期待しちゃったりしてますv-238
長男と同じ学年に、次男と同時期に不登校になっていた女の子がいて、卒業式も欠席でした。中学の入学式とその後1週間くらいは行けているという話を聞きました。いまはどうなのか分かりません。
アルバム、上手にやってくれてあるけれど、個人写真がその子のものは色合いがみんなと違っていて、次男が「あれ、ここのだけ色が変だよ」って言ってました。
私が仲良くしていたお母さんがそのお子さんのお母さんと仲が良く「かのんさんの話、してもいい?」と聞かれ「いいよ。私にできることならするよ。」と話、彼女はメールを送ったらしいのですが、返事はなかったのだそうです。
全く接点のなかったお子さんなので連絡を取ることもないのですが、登校できているといいなって時々思い出すことがあります。

ティカさん♪

採寸ごくろうさまでした^^
うちも行ってきましたよ!一週間前に・・・。
そしたら意外と混んでて、息子から「別の時にしない・・・」と
マイナスモードの発言が・・・v-356

もうドキドキですよね。
まあなんとか採寸を済ませてきましたが・・・。

なにはともあれ、こうして卒業&進学を迎えられることに感謝の我が家でありますv-410



ふらわぁさんへ

ふらわぁさんも期限とにらめっこしたのですか?私もずっと気になりつつも、途中で嫌気がさしてきて、しばらく考えないようにしていたんです。でも、やはりジャージのプレゼントは捨てがたく・・1万円近くするんですよ。あんなジャージが・・・e-455(と思ってしまう。高いですよね?)
うちの息子が採寸に気が乗らなかったのは、ただ面倒だという気持ちが強かったとは思いますが、中学になるという気持ちに乗りがないのも確かです。行きたくないとは思ってないと思いますが、出来るなら考えたくないのかもしれません。上野先生に、あまり中学の話はしない方がいいと言われました。親が気持を乗せようとしてプレッシャーになっても困りますものね。

「○中の制服はダサくてやだな」それ、ありますね。特に女の子はね。それも気が乗らない理由になりますねe-468

かのんさんへ

かのんさんも去年でしたね。でも、娘さんも一緒の私立に(小学部ってことね)入学したのですね。じゃあ、制服もありますものね。制服の心配どころじゃなかったようですね。確かにね、まだ、小さいと気まぐれで言ってくれちゃったりしますものね。今も通えているようで・・・よかったですねv-206

不登校の子がいると気になりますね。学校で撮ったのではない個人写真を見るだけでも、それを提供したお母さんの気持ちとか察してしまいますね。相手の方が望むならいくらでもお話させてもらったりしたいですけどね。でも、こちらのアプローチになんの反応がないのなら仕方がないですね。お返事がないということもその方の辛さを感じてしまいますねe-348

ciquciquさんへ

ciquciquさんは先週ですか・・・では、決して早い方ではなかったのかな?

「別の時にしない・・・」おう~ちょっとドキっですねe-451
別の日に出直すなんて出来ませんよね。やっぱり、その日に済ませたいですよね。
うちの方は予約制なので、予約入れるまでが大変だったのと、その日に「嫌だって」言わないかどうかが心配で・・・実際に嫌だって言ったしね。お互いに無事終わってよかったですねe-319

この時期、卒業に向けて、中学入学に向けて、いろいろありますものね。
ひとつひとつクリアしてほっとし・・・いよいよ卒業ですねe-235

Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。