スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコンとゲーム③ パソコンひとり一台

パソコンとゲームの記事の最後です。


徹夜が毎週の恒例となっていた息子ですが、しだいにオンラインゲームよりも
動画でアニメを見ることが多くなってきました。

それにはちょっとした理由が・・・

息子は私のパソコンを使っていました。
主人には主人のパソコンがあります。

そもそも私のパソコン自体がオンラインゲームをするには十分な環境
ではありませんでした。
どんどん新しいゲームをダウンロードし、まもなく容量オーバーになりました。
そのたびに息子はやらないゲームを削除しては新しいゲームを入れます。
でも、常に容量ギリギリで動きが悪く、たまにフリーズしていました。

そのストレスが、動画に興味が移ったきっかけともなったようです。
アニメを見だしたら、今後は、夜通しアニメを見ていました。
パソコンに向かう時間は際限がなかったですが、テレビやDVDを見ているような
感覚に近かったと思います。

息子とパソコンを共有・・・
これって結構、大変です。

私と息子との間でパソコンの取り合いもありましたし、ゲームで容量を奪われ、
動作環境の悪さが私にもかなりのストレスになっていました。

それに、ブログを始めた私です。会話ノートもワードで作っています。
息子に見られたら大変なので、履歴を消したり、別のところに保存したり
かなりの神経をつかっていました。

実は記事を見られたことがあるのです。管理画面であったことも幸いして
ブログだと気付かれず?日記かなにかだと思ったようです。
一瞬、心臓が飛び出そうでしたけど・・・

見かねた主人が、「お母さんが新しいパソコンを買って、○○(息子)に
今のをあげればいいじゃない」と言い出しました。
主人はこれからはパソコンが不可欠の時代であり、子どもに早めにパソコンを
与えてもいいという考えです。

確かにそういう時代にもなってきています。
モバイルパソコンも5万円を割ってきたので、2台目のパソコンとして購入したり
子どもに買い与えたりする人もいるようです。

いずれは息子専用のパソコンを与える時が来るとしても、さすがに今からはね~
やはりまだ小学生ですし、1台を自由に使わせるのには不安がありました。

時間の制限は設けていませんが、私が使っている間はパソコンを使えない
わけですから、その間は制限をかけているような効果はあるわけです。
そう思い、私自身も不自由を感じながらも頑張っていました。

しかし、パソコンの不具合が発生!
動画がまったく見れないという事態になってしまいました。
オンラインゲームもYou Tubeもニコニコ動画もまったくダメです。
さすがに息子はパソコンから離れました。

パソコンを使うといえば、ゲームの攻略方法を検索したり、遊戯王カードの
オークションで自分が欲しいカードを見つけては、クリップ印刷して
買った気分に浸ったりとか・・・それぐらいで終わっていました。

息子が設定をおかしくしてしまったようです。
設定を直せば、見れるようになると思っていましたが、せっかく息子が
パソコンから少し離れてくれたので、そのまま直さないでおきました。

いや~でもきつかったですね。私が・・・(汗)

会話ノートさえ、ままならぬ状態。
私の楽しみといえば、ランチとパソコンだし・・・
それが私のストレス解消だし・・・(涙)

そして、ある日・・・

買ってしまいました。私のパソコン。
店頭で投げ売り価格を見てつい衝動買い。
だってね。2週間前より2万円も値下がりしていたんです(言いわけです。はい)

上野先生には事後報告です。
先生には、まず笑われました(鼻で・・含み笑い系です)

「まあ、でもティカさん、パソコンのことでかなりストレスを感じてましたから
それが無くなってよかったですね」

息子の心配はさておき、とりあえずは、私のストレスが無くなったことを喜んで?
いただきました。
まあ、買ってしまったので、それしか言いようがなかったのかもしれませんね。

「じゃあ、これからはリビングで3人がそれぞれのパソコンに向かうという光景が
見られるわけですね。」

そうなんですよね。
実は主人も帰宅してから自分のパソコンに向かっていることが多い。
我が家は皆、パソコンが大好き。
パソコンに向かう親の姿を見ているわけですから、息子がパソコンに向かうのも
自然の成り行きかも・・・この環境も大きいと思います。
この親にしてこの子あり??

上野先生も時代の流れをお感じになっているようです。
パソコンを与えるかどうかについては、うちの主人のパソコンに対する考え方も
ありますし、そこは各家庭の方針として尊重もしてくださいます。
パソコンの使用頻度が高い我が家なので、こうなっても仕方がないのかなと
思われたようです。
与えるなら、与えるなりのことを考えていくしかないですね。

先生からお話があったのは、ルール決めは最初にしておくとのこと。
時間の制限についてはやはり難しいと。今までしていませんしね。

パソコンはリビングで。
ゲーム機を寝る前に部屋へ持っていかない。

我が家のルールはそれだけです。
登校に支障がでれば、その時点で、警告、制限を考えることにします。


さて、その後、息子にお下がりとして与えたパソコンですが・・・

リカバリしたら、動画はどうにか見れるようになりました。(たまに止まります)
オンラインゲームは、たまにフリーズする程度。
子ども専用パソコンとしてはこのぐらいの環境が適当でしょうか。
フィルタリングソフトを入れ、有害サイト対策もとりました。

実はそれから、息子はあまりパソコンに触れていません。
ゲームの攻略や動画をたまに見る程度です。まったく触らない日もあります。

自分専用のパソコンを手に入れ、何時でも好きな時にできるというところで
満足感を得ているようです。
それまで、私がやっていると、息子もやりたくなるようで、「やらせて!」と
言ってくる時がありました。
自分の物じゃないからこそ、執着心も強かったのかもしれません。

パソコンを与え1カ月経過していますが、今のところ問題はおきていません。
でも、あくまでも今のところ・・・です。

「パソコンは俺の命だ。パソコンが無い人生なんて考えられない」
つい先日、息子がこう言いました。

もう息子とパソコンは切り離せないでしょうね。


我が家のパソコンとゲーム事情。。。

決して、我が家の例はお手本となるべきものではありません。

切り離せるなら切り離した方がいいと私は思います。
時間的な制限もつけた方がいいのだとも思っています。
ただ、我が家はそれが出来なかったというだけです。

例え、今、子どもから遠ざけることが出来たとしても、
それが何時までも続くわけではないとも思います。

時代の流れも周りの環境も、予測することはできません。
そして、それに影響を受ける息子自身の変化もです。

親に出来ることは何なのでしょう?


前回の記事にぶにん先生がコメントを寄せてくださったのですが、
一部分を引用させていただきます。
(ぶにん先生、すみません。今、どんきー先生の記事なので、ここで
断りを入れさせていただきます)

「子どもが育っていく環境はどんどん変化していきます。排除するだけでは
限界が来てしまいます。そのような時に親がどのようなことができるかと言えば、
情報を集め、オンラインゲームの光の部分と闇の部分を理解し、子どもが自己判断
していけるように導いてやることではないかとも感じます」

先生が答えをくださったような気がしました。

確かに、親がゲームの内容を理解するのは限界があると思います。
信じて任せる部分も必要になってくるのだと思います。
最後は、子どもの自己判断ですものね。

息子に予想される事態を踏まえ、子どもがこの先うまく自己判断できるように・・・
私も頑張っていかなければ!です。



これまで、このパソコンの記事にコメントを寄せてくださった皆さま、
ありがとうございました。皆さんの例をお聞きして、とても参考になりました。
また、ご感想やご自身の家庭での事情などお伝えしていただければ嬉しく思います。


また、長くなっちゃいましたね~
ここまで、お付き合いくださいまして本当にありがとうございました。


目下、私はPSPのモンハンに夢中になっている息子が悩みの種です。
本当に心配は尽きませんね。。。




スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

ティカさんちのパソコン事情、なんだか物語を読んでいるように思って拝読しました。

最初、一人一台って大丈夫~?って思った私です。
でも、お古だったんですね。ちょっと安心。
実は、うちも一人一台になりつつあります。他人のこと言えないですねv-356

子供は、二人で一台ですので必然的に時間制限になりました。
これも、ティカさんと息子さんの場合とよく似ています。
動作が遅くなって、不具合が出てくるのも一緒です。
どうも、ゲームをダウンロードするとものすごく容量をくうみたいです。
パソコンに付属のテレビがコマ送りになったりしています。

我が家は、不具合も自分でなんとかしているようです。
ティカさんの息子さんも、そのうちパソコンを分解・組み立てをはじめるかもしれませんね。
未来のエンジニアかもね。

ティカさんもおっしゃっているように、パソコンはツールです。
子供が本当に困った時に親に相談しようと思える親子関係を作ることが優先のように感じます。
子供を信じることも、大事ですね。

又、我が家の事情も聞いてくださいね。

先日ネトゲ廃人のことを夫と話していたら、なんと直後にテレビでやっていてビックリしました。
子ども達はゲームをやりながらだったので、どの程度印象に残っているかは分かりませんが、ゲームにはまりこむのは危険なことだということを理解してくれるといいなあ~。

パソコン、うちは和室に1台。基本的にはこれをみんなで共有。もう1台は私のパソコンということになっています。(以前は私も子供会やら幼稚園のイベント役員などで文書を打つ機会が多かったので、夫に買ってもらいました。)でも、ふだんはバッグに入って押入の中なので、レンタルDVDを3人別々に見たいときくらいです。日の目を見るのはv-220長男はパソコンに詳しいと思われているらしく、友達からメールで質問事項が送られてきたり、友達に画像(時々水着のおね~さんとか)送ったりもしているようですv-219
うちはパソコンゲームも、DSも最初はかなり規制を厳しくして、いてぶにん先生に考え方から軌道修正していただきました。兄弟ケンカや細かいことにうるさい次男のつっこみなど、やっかいなこともいろいろありましたが、今はそれなりに回っています。子どもの世界に必要なツールを奪うことはできないし、どっぷりつかってしまってそこににげこまれるのは困るし、やっぱりきちんとルールを決め、そこからはみ出したときの対応が大切だな~と実感しています。

モンハン…。うちも持ってます。でも長男いわく「そんなに欲しくなかったけど、友達とのつきあい上必要だった」のだそうです。私の複雑な視線を感じとってか「あ。でも、おもしろいにはおもしろいよ」とのことでした。
『欲しくないけど、友達とのつきあい上ね…。わかるよ。あんたもそういう世界に足をふみ入れたのね』と心の中でちょっとにやつきながらつぶやいた私でした。
今回の記事もとっても勉強になりました。ありがとうv-238

ちゃろさんへ

ちゃろさん、また来てくれてありがとうv-354
なんだか随分と長くなってしまいました。どうやって終わらせていいか悩んでしまいましたよ~まあ、無事、書き終わってほっとしていますv-438

娘さんと息子さんでパソコン共有なのですね。私と息子との間で、今から30分とか、何時までとか毎日のようにありましたね。徹夜で使われると目が届かないですし、一度、記事を見られていますが、私のブログ、かなり細かいですしね、こう見えてもうちの息子、繊細ですから、息子がブログの存在を知った時のリスクはかなり高いので、先生もかなりヒヤヒヤされていました。
きっと、最初からパソコンの時間的な制限が効いているのなら、子ども専用を与えても、その時間を守らせればいいですし、パソコンの環境を子ども用に整えれば、大人と共有するよりもかえっていいのではないかと思います。我が家は制限がなかったので危険だったのですが、心配する結果にならなくて、ほっとしました。

本当に、何事も日頃の親子関係が大切ですね。何でも相談できるような関係を築けていれば、パソコンで問題が起きても事が大きくならなくて済むのかもしれません。

ちゃろさんのお宅のパソコン事情も楽しみにしていますねv-290

かのんさんへ

ネトゲ廃人をテレビでやっていたのですか?いや~見たかったですね。というか、息子に見せたかったです。ゲームの危険性を親から話すことも必要かもしれませんが、テレビならよりリアルだろうし、映像で見たほうが、ずっと印象に残りますよね。そういう方法でさり気なく気付かせてあげるのもいいかもしれませんねv-218

かのんさんだけマイパソコンを持っていたのですね。やっぱりマイパソコンはいいですよね~なんて同意を求めてしまう私・・・私は今、天国ですv-350動きもいいし、自由に使えるし・・今までかなりしんどかったです。かのんさんも文書担当?私も今まで役員では文書作ってますね。今も子供会の文書つくってるし、PTAの時は書記だったので、たっくさん作りましたね~なんかもういいって感じですが・・

パソコンもゲームもルールですよね。一度、決めたことは守らせる。守らなかった時の対応、そこで親の真価が試されるのですものね。かのんさんのお宅では、ちゃんと統制がとれていそうですね。ご主人の威厳もあるし、すごくいい感じがします。見習いたいです。

モンハン・・・お友達とのつきあい上必要なのですね。なるほど、そういうことも出てくるんですね。まだ、わが息子では考えられないことですが、大人の世界の入り口が見えますね~勉強になります。今、息子がやっているモンハン。これが友達から800円で買ったソフトなんです。店頭では中古で2千円近くするんですけどね、息子がその値段で交渉したらしいんですよね~ところで、水着のおね~さんですか?健康的は中学生ですね~e-50

今回もまた、ティカ家との違いを発見です。
うちは、親はパソコン好きではないんです。
主人は会社でパソコン使って疲れるのに家でまでやりたくないと言いたまにニュースを見るくらいです。
私もパソコンでやりたいことと言えば皆さんのブログを見たりなどの子育ての情報収集や意見交換くらいですし。
娘が今のようになったことには、親の姿は全く関係なくて…
私にとってはパソコンは元々難しくてわけのわからない厄介なものという印象しかありませんでしたから。
ゲームも、娘が不登校以前にものめり込む傾向があったので、こんなものが世の中にあるから子育てが上手くいかないんだくらいの勢いで作った人を恨んでいたし…
そういう気持ちは言葉や態度で娘には十分伝わっていたと思います。
パソコンのルールをゲームと合わせて1時間以内と自分で言ったのも親が納得する条件を娘なりに考えてのことだったのだろうと、今になればわかります。
オンラインゲームはしない、何か新しいことをしたい時は相談する、などのこちらからの条件をすんなり聞いたのも、親が何を好まず何を心配するかわかっていたからでしょうね。
その条件に収まっている間は良かったんです。
長いので続きます。

続きです。
でも収まりきらなくなってしまった時に、親の目を盗んで抜け道を探し自分のやりたいことをするようになってしまいました。
その状態から親の考えを変え、すでに機能していない制限から離れ、娘がパソコンと上手く付き合っていけるサポートをする道を探りました。
その時にはゲーム機もネットに繋がるらしいとCMで見たり、いずれ購入予定の携帯電話はフィルタリングで有害サイトをシャットアウトする方法はあっても、時間制限やゲームを制限する方法はないと知ったことも、パソコンだけにとらわれず総合的に考えなければならないと考えるのに役立ちました。
子どもは皆大人になり自分の判断と責任で行動していきます。
パソコンもゲームも最終的には全て自己管理する能力が必要になります。
制限の範囲内で使いながら日常生活で自己管理能力を高めてから自由に使うのが一般的なのかもしれませんが、制限突破してしまった娘には今から大人並みの判断力が身に付けてもらうしかないかなと思っています。

ゲームのダウンロードはパソコンの容量を食うのですか。
うちのパソコンがおかしいのもそのためなのかな?

ふらわぁさんへ

ふらわぁさんの娘さん、かなりパソコンに詳しいとお聞きしていたので、我が家のようにパソコンが身近にある家庭環境だと思っていました。違っていたんですね。意外です~
娘さんにとってはパソコンはいくらやっても飽きない趣味と同じなのでしょうね。本好きは人が何時間でも読めるのと一緒で、時間を忘れていくらでも出来るのでしょうね。うちの息子がそうなんですけどね。
最初の1時間以内というルールは娘さん自身が決めたのですね。そう望まれているだろうという親の気持ちを察したのですね。さすが女の子、大人ですね。
でも、ゲームをやり始めたら確かに1時間はあっという間ですものね。それを破ってしまったら、そこに戻すのはなかなか大変かも・・・もう、高学年なのですから、ただ押さえるのは厳しいのだと思います。うちもそうですし・・・ふらわぁさんのように、やりたい気持ちを汲んであげた上で、やらせてあげた方が、自分で向きあい方を考えて無茶しないのかもしれませんね。押さえつければ逃げようとするけれど、信じて任せてあげれば自分で責任をもってやろうとする・・・ふらわぁさんのお話を聞いて、なんかそんな気がしてきました。それを信じて見守りたいですね。
オンラインゲームはかなり容量を食うのですよ。『メイプルストーリー』は約2000MB近くあります。私の新しいパソコンは4GBですが、それでもモンハンをやるには不十分だとか。ゲームをサクサクやりたい人はデスクトップに何やらを外付けしてゲーム環境を整えるのがベストらしいです。高性能グラフィックボードが必要とか?ノート型はあまり適していないみたいですね。息子のお古のパソコンは1GBなのですが、ゲームをいくつかダウンロードしただけで、すぐCドライブが一杯になってしまいました。だから、動くわけがない。でも、それでのめり込まなくて済んでいるのだと思います。

ふらわぁさんへ(追伸)

前の私のコメントで訂正です。

高学年という言葉は適切ではなかったですね。娘さん、中1ですものね。息子と混同してしまいました。ごめんなさい。
Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。