スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコンとゲーム② 制限について

パソコンとゲームの記事の続きです。


不登校の暇さゆえ、オンラインゲームに夢中になってしまった息子です。

「チョコットランド」に飽きてくると、「ハンゲーム」というゲームサイトに
登録している無料ゲームを次から次へとやるようになっていました。
「ハンゲーム」では約180種類の無料ゲームが楽しめます。

数をこなしていくうちに、ひとつのゲームにのめり込むというより、広く浅く
いろんなゲームに手をつけるようになっていました。
「チョコットランド」のようなMMORPGゲームの他にも釣りやスロットなどの
ゲームもやっていました。

飽きっぽい息子の性格だからかもしれません。
次第にチャットもやらなくなっていました。
しかし、オンラインゲームは続けていました。


その後、エンカレッジに復学支援をお願いすることになりました。
上野先生に、息子がオンラインゲームをしているとお話した時のことです。

「オンラインゲームをしているんですか?・・・それは、まずいです」

絶句に近い反応でした。

「まずいですか?」
「まずいです。他のゲームなら構わないです。でも、オンラインゲームはまずいです」

エンカレッジにたどり着く前に、他の支援機関のカウンセリングを受けているのですが、
その時のカウンセラーの方が同じ反応を示し、しばし言葉を失っていました。

やはり、まずいことだったんだ。。。
事の重大さを改めて気付かされた私です。

その後、オンラインゲームの弊害についてと、今後どうしたらいいかをお聞きしました。

「問題は依存性です。チャットなどの友達がいる場合はその友達との関わりを
重視したいため、夜中でもみんなで約束をして一緒にやるためにどうしても
長い時間やってしまいます。そうすると、朝、起きられないなどの障害が
でます。
ただ、○○(息子)の場合、今、チャットもしていませんし、ひとつのゲームに
のめり込んでいるわけではないので、そこまでではないと思います。
お金を使っていても小遣いの範囲内なら止めることも難しいですし、今は
そのままでいいのではないかと思います。遠ざけることができるなら、
そうしていただきたいですが、理由が見つからないというのが現状です。
今後、学校に行くようになって、オンラインゲームの影響で起きられないなどの
事態が出てきた時点で制限をかけるというのでもいいかと思います。」

オンラインゲームに関わらず、ゲームについてはシャットダウンできる子も
多いとのことでしたが、うちの息子には制限は難しいと言われました。
登校までは、そのまま様子をみることになりました。


登校刺激で上野先生が入られた時、息子はオンラインゲームの最中でした。
その時の登校刺激で180度変化した息子です。
それ以降、息子はオンラインゲームを止めていました。
上野先生から指導があったわけではありません。
息子が自分の意思で止めていました。

復学させていただき、しばらくは無我夢中。
ゲームどころではない日々が続いていました。

しかし、学校生活が軌道に乗ってくると、週末は徹夜をするようになります。
徹夜している間はずっとパソコンに向かっていました。
息子はそれがストレス解消だと言いました。
(過去記事→徹夜は万能薬?)

学校で頑張っていましたが、頑張った分、ストレスを感じていたのでしょう。
どこかで息抜きも必要のようでした。
体調面では心配がありましたが、精神的には徹夜で均衡を保っているようでした。

徹夜をしても、登校日までには自分で調整し学校に向かえていました。
登校に支障が出ない範囲で、息抜きとしてパソコンに向かっている以上、
制限をつける理由は見つかりませんでした。

今後、登校に支障が出ることがあれば、その時点で、警告を発したり、
制限をつけることとして、そのまま様子をみることにしました。


パソコンやゲームを切り離すのか、切り離せないのか・・・
切り離せないのだとしたら、どう付き合っていくのか・・・

子どもの状態、年齢的なもの、家庭環境・・・
それらを考慮し、今後の対応を踏まえた上で判断するべきなのでしょう。

うちの息子は切り離すことができませんでした。
制限もつけていません。
そして今に至っています。


それから半年以上・・・
息子とパソコンとゲームとの付き合い方も変化してきています。

今はどうなのか・・・

次回はそれをお伝えしたいと思います。
長くなって申し訳ないのですが、もう少しおつきあい願えればと思います。



 +++++++++++++++++++++++++++++  


『ネトゲ廃人』という本をご存じですか?
ネットゲームで廃人になった(なりかけた)人々の体験談が載っている
ちょっと怖い本です。

そこに、ネットゲーム先進国である韓国の精神科医のインタビューが載って
いたのでご紹介します。ネット中毒の青少年を診察している医師です。

親が子どもに気をつけなければならないことは?

「幼いうちにゲーム機を買い与えないこと。そして子どもがコンピューターを
上手に使える年になるまで、ネットゲームをダウンロードさせないこと。
少しでも遅くゲームに触れさせることが重要だ。そして勉強か何かのご褒美
としてゲーム機を与えてはいけない。
例えば、子どもがゲーム機を買って欲しいとせがんだ時に、次の試験の成績が
良ければ買ってやるという親がいる。しかし、そうやってゲーム機を褒美で
与えれば、後になって子どもがゲームをやらせてくれなければ勉強しないと
親と脅し始めることもある。
そして、子どもがどんなゲームをしているのか、その内容を必ず確認し、
ゲームに関する対話を行ってそのゲームを把握することも重要で、できるだけ
コンピューターを親と共有できる場所に置く」


私にとってはちょっと心にズキッとくる内容でした。


本の最後の方に・・・

人類はゲームを創造した。ゲームの面白さを知った以上、もう誰も後戻りはできないのだ。

確かに一度、与えてしまったら・・・制限をなくしてしまったら・・・
それをゼロにすることは難しいのかもしれません。

私も今、身に染みているところです。


スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

こんばんは。
ネットゲームとの付き合い方はお子さんによってそれぞれなのですね。「制限をかけられない状況」というのもあるのだと始めて知りました。
うちも当時ネットを少し使わせていました。低学年だったのでポケモンのサイトで遊ぶくらいのことだったんですが、操作をすぐ覚えるのですごいなーなんて親バカでのんきなことを考えていました。
上野先生に同じようなアドバイスをされ、うちでははまり方が浅かったのでパソコンが壊れたということにして即撤去しました。
高学年になってからは宿題の調べ物のときに使っていますが、ゲームなどはしないルールの範囲におさまっています。

「ネトゲ廃人」私も持ってます。真っ赤な表紙もインパクトがありますね。いい大人が数年を架空の世界に費やしてしまった例もあり、怖くなりました。でもはまるに至る気持ちは私も少しだけわかる気がします。あまりに簡単手軽なんだと思います、現実逃避の方法としては。

今は親がいて制限をしているけれど、息子もいつかは自分のPCを手にする日が来ると思います。そのときに上手につきあえるようになっているのでしょうか。ときどき、それはわからないなと考えてしまいます。

非常に重い内容ですね。ドキドキしてしまいました。うちはパソコンは和室にあり、父親が最優先。長男は携帯を持っていないので、ここでメールのやりとりをしています。次男や娘はアニメを見たり、たまごっちやポケモンゲームなどをしています。調べ学習にも時々使っていますが、最近長男は夜中に起き出してパソコンに向かっているときもあり、ちょっと心配です。
前回のお返事で、友達とソフトの売買のことが書いてあり、どきっ!うちも今後ありえるな~と。
以前、長男のソフトやマンガを売りに行くのに、私も付きそっていったのですが、売り終わった後で「実は友達に頼まれてそいつのソフトも売った。そいつの親がだめって言うから頼まれたんだ。」とのことv-12
いや~慌てましたね。早々にぶにん先生にご相談して何とか対応しましたが…。
成長と共に予想していなかったことをしはじめる子どもに焦ることが多くなってきました。
非常に勉強になっています。次の記事も待っていますねv-222

はい、今回も来ましたよ~。
息子さんはいろいろなゲームをやっていたんですね。
うちは当時1つのゲームにはまりこんでいました。
前回の内容と今回と、問題は一緒でもその特徴は子どもにより違うんだな~って、日常生活でもそうですがパソコンについてもなんだな、って改めて思いました。
上野先生が「まずいです」と絶句されたのは、うちの例も関係しているのでしょうね。

制限も難しくそのまま登校まで様子見の予定でも、登校刺激後は息子さん自身の意志のみで止めていたんですか。
それってすごいことだな~って思いました。
うちは支援開始後1カ月程で物理的にパソコンから遠ざけたので、その時は大変でしたが登校刺激や再登校の時期はパソコンの心配はいらなかったです。

再登校後の長時間のパソコン、しかも徹夜となれば、体調面等親としては心配も大きかったのではないかと思います。
うちは再登校後2年経ってパソコン再開しやがて始めの制限をくぐり抜けて長時間やるようになりました。
体調やいろいろな心配も多かったけれど、不登校を経験した親子として、登校への支障というラインを押さえておくことでいろんな場面を乗り切って我が家なりの付き合い方を探ることが出来ました。
息子さんもパソコンとゲームとの付き合い方が変化してきているとのこと、次回の記事も楽しみにしていますね。

「ネトゲ廃人」、題名は知っていたけど、読んだことはないです。
新聞広告を見ただけで怖くて読めな~いって思っちゃいました。
自分が試行錯誤しながらやってきたことがひっくり返っちゃいそうな気がしてね...
でも、うちにはこれから小学生になる娘がいるので読んで良く考えたほうがいいかもしれないなあって思いました。




メリーベルさんへ

メリーベルさんの息子さんもネットをやっていたのですね。低学年の時なのでポケモンなのですね。かわいいv-205~~なんて言っていてはいけませんよね。でも、早いうちに手を打ててよかったですね。パソコンが壊れたことにして・・・私もそういう方法があると先生からはお聞きしました。我が家に当てはめようとしたわけではなく、方法論としての話だったのですが。でも、壊れたことにしてパソコンを使えなかったら、私が泣いちゃいそうですe-452でも、それぐらいの覚悟がないと、そう簡単に止めさせられないということですよね。
今は宿題の調べ物ぐらいということなので、問題なく使えているんですね。羨ましいです。でも、この先の不安は分かります。周りの状況も変わってきますし・・・今の時代、どこかで考えなければならない問題なのでしょうね。
「ネトゲ廃人」そう、あの赤です。怖そうな題名に釘付けになり買ってしまいました。いい大人が、中毒患者になっていく様子は怖いです。あと、子どもがネットゲームにお小遣いをつぎ込むので、親がお小遣いをあげなくなったら、チャット仲間にチケット転売の方法を教えてもらい、ネットでお金を稼ぐようになったというのも怖かったですけどe-447・・・

かのんさんへ

いや~確かに重い内容かも・・・なんか重くなりそうなので、この記事書こう書こうと思いつつ延び延びになっていましたe-351

次男さん、娘さんはまだかわいい世界ですね。低学年はゲームの好きな子に限っての問題ですが、高学年になってくると、パソコンの授業があったり、調べ学習も出てくるし、友達とのメール交換、(うちの子は不思議なくらいやってませんけどね)などパソコンに触れる機会があるので、程度の差はあれ、無視できない問題になってきますよね。それに長男さん、夜中に起きだしてパソコン??あれ、あれ。ついにそんなお年頃になりましたね。中学生ですものね。結構、ありがちかも・・・これからは目が離せないかな?

お友達とのソフトの売買・・・かのん家でもあったのですね?頼まれたって言ってくれたからいいですけど、それは焦りますね。どうも子ども同志で売買が成立するならOKって思っているようで、私自身も判断がつかないこともありハラハラします。善悪が分かっているかどうかですよね。まだ微妙な年齢ですし・・・ぶにん先生のアドバイスがあり安心ですね。私は上野先生には報告していないのですが、報告すればよかったかな~とかのんさんのコメント見て冷や汗かいてしまいましたe-330

ふらわぁさんへ

ふらわぁさん、またまたお待ちしていました~v-222

そうか~上野先生の絶句は、ふらわぁさんの例を思い出してしまったのでしょうか??物凄く、先生の焦りを感じましたよ[。「どうしよ~」みたいな。すでに高学年でもあり息子の精神的な状態が最悪でしたからね。取り上げるリスクは相当高かったでしょうね。
ふらわぁさんの娘さんは、ひとつのゲームにのめり込み型だったのですね。きっと、そのタイプの方が多いのでしょうね。うち息子は気まぐれで飽きっぽいので、時間はかなりやっていますが、深くのめり込まないので問題の最悪化は防げました。
確かに登校刺激後はうまくいきましたけどね。でも、180度変わったということは、かなりの緊張状態だったわけで、本来の息子ではなかったということですね。学校に光が見えてそっちの方だけを向いていたのでパソコンを一瞬忘れていただけだったようです。私はいい子になった息子を単純に喜んでいましたが、上野先生はあまりの変わりようを心配されていました。その先生の心配が現実のものになってしまいました。

娘さんが復学後、またパソコンを再開し、ふらわぁさんのお宅での付き合い方を探りだしたというお話、とても興味があります。今度、じっくりとお聞きしたいな~v-22
うちはまだ確立したものはなく、途上段階であり、答えなど出てはいないのです。次回は、今の現状をお伝えするにとどまるのですが、我が家のケースから何かを感じとってもらえればいいかな~と思います。そして、参考になるご意見をお聞きできたら嬉しくも思います。

「ネトゲ廃人」結構、大人の例が多かったです。ネットの世界もビジネスなので、お金を使わせるようにうまく仕組まれているな~と感じました。それにまんまとハマってしまう人と、ストレスから逃れたいがためにゲームに夢中になり現実と仮想の区別がつかなくなってしまう人・・・やっぱり怖いですかねv-12

ティカさんこんにちはv-273
①と合わせて読ませていただきました。
オンラインゲームについては私も記事として発信させていただきましたが、今はパソコンだけではなくWiiやPS3と言った比較的子どもにとって身近なハード機からもお手軽設定でオンラインにつなげる環境となってきています。
おそらくは今後、ゲームはどんどんオンライン化していくのではないかとも感じられます。

「人類はゲームを創造した。ゲームの面白さを知った以上、もう誰も後戻りはできないのだ」

この言葉は人類の歴史を考えても否定しがたい事実ではないかと思われます。子どもが育っていく環境はどんどん変化していきます。排除するだけでは限界が来てしまいます。そのような時に親がどのようなことができるかと言えば、情報を集め、オンラインゲームの光の部分と闇の部分を理解し、子どもが自己判断していけるように導いてやることではないかとも感じます。

チョコットランドは私も少しだけカジりました。あれも完全無料のお手軽MMOですが、どうしても遊んでいるうちに魅力的な課金アイテムに誘導されてしまうんですよね。よくわかりますv-205

家庭教育支援のご相談の中でオンラインゲームの名前が出てくると、まず私はそのゲームの公式サイトを見てどのようなゲームかを確認したうえで、親御さんにアドバイスをしていくのですが、最近は月額課金よりも無料課金のゲームをしているお子さんが多いです。そして起こる問題は、ウェブマネー等の課金トラブル、ゲーム内の人とケータイのメールアドレスを交換して現実の世界でやり取りが始まるなどが代表的なものとしてあげられます。
このような相談は7-8年前にはなかった相談です。時代は変わっていきますが、親が子を心配する思いだけは変わらないものです。

ぶにん先生へ

ぶにん先生、こんにちはe-397
お忙しいところコメントまでいただきありがとうございます!

最初の頃、私は何が怖かったといえば、息子がゲームにのめり込み、徹夜までしてしまう息子の姿そのものでした。確かにチャットを始めたり、ゲームにお小遣いを使うことに関しても、嫌な気持ちはありましたが、どちらかと言えば、ゲーム時間の長さが問題であり、オンラインゲームの危険性の認識まで持てなかったです。なので上野先生のそこまでの反応が逆に驚きであり、危険性の認識を持つきっかけともなったわけですが・・・

うちの息子は小学生で、「見て見て」と私に無邪気にゲームを見せてくれたので、息子が何をやっていたのか全て分かっていましたが、部屋でひとりだったり、親に内緒でやったりしていると、親は当初の私のようにゲーム時間の長さだけに捉われ、その危険性まで目がいかないこともあるのだなとも感じました。怖いことですね。

ですので、ぶにん先生の記事を拝見させていただいた時、とても貴重な記事だと思いましたし、是非、ひとりでも多くの方に見ていただきたいなとも思いました。で、思わずコメントまで入れさせていただいたのですが・・・記念すべきデビューを果たした私ですe-349
あの記事から半年以上たっているわけですが、ゲームの世界は日進月歩なので、WiiやPS3などのゲーム機の普及率はさらに高くなっていますし、どんどんオンラインゲームが身近なものになっているのでしょうね。うちの息子も友達のPSPにうちの無線機からゲームをダウンロードしてあげて一緒にやったりしていますし、外でも、家の近くに寄れば無線が届くらしくどこでもゲームが出来るらしいです。こうなると切り離すことは難しくなりますね。先生が言われるように、これからは、親が情報を集め、きちんと理解し、子どもが自己判断できるように導いてあげる必要があるのですね。

チョコットランドですが、うちの息子は最初は男の子のキャラクターでしたが、次には女の子のキャラクターを作って、女の子になりすましていました。仮想の世界にどんどん入っていくようでちょっと怖かったですe-447
Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。