スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

校外学習

先週、6年生の校外学習がありました。

私の時は社会科見学と言っていたような・・・

科学技術館と国会議事堂に行ってきたようです。


前の日の夜。。。

「明日って何時に出るの?」(知ってたけど聞いてみました)
「知らない!」
「え?知らないって?」
「登校班で行けばいいんじゃないの?」

一瞬、言葉に詰まる私。。。

登校班の集合は7時40分。明日は学校に7時15分集合です。
これは黙っているわけにはいかないかな。遅刻しちゃう。
でも、いきなり時間を教えるのもね~

「登校班で間に合うと思う?」
「さぁ~プリントに何て書いてあった?お母さん、プリント持ってるんでしょ?」
「7時15分だよ」(言ってしまった~)
「じゃあ、その時間に出ればいいじゃない」

なんともね~人を当てにしているのか、ただ図太いだけなのか・・・
自分の事だという認識が低すぎ・・・

こういうことに心配性でないことだけは確かのようです。
始業式の日、ランドセルで行くか手提げで行くかは、やたら心配してますけどね。
そんなことより、時間を心配してほしいんですけど・・・

「先生に時間、聞かなかった?」
「しおり見たら書いてある」(って、その場でしおりを見る気なし)

そうか、当日の朝、しおり見て「やば!」って自分で思ったかもね。
余計なことを言わないで様子を見てみればよかったかな。

でも、本人の認識の時間と実際の集合時間には30分というタイムラグがあり
ちょっと開きすぎだし、微妙ですね。

う~ん。課題が残った朝でした。



で、無事帰ってきました。

その後、校外学習の話はこれっぽっちも聞こえてこない。

で、夜になり、ちょっと聞いてみると・・・

「つまんなかった!」

これだけ? 寂しすぎます(涙)

気を取り戻し・・・

「科学技術館、行ったの覚えてる?」(3年ほど前だと思います)
「え??」(あ、乗ってきた?)
「・・・覚えてない」
「覚えてないの?」
「うん」

また、ここでプツッと会話が途切れる。
これ以上聞くのはやめました。

普段、息子はよく喋るのですけどね。
友達のこと、ゲームのこと、下ネタ・・・こういう話題は自分から
振ってくるけど、学校の中でのことになるとなぜ貝になる?



6年生もあと2カ月足らず・・・
でも、なぜかあとそれだけという実感が湧かない私。。。
他の学年のように淡々と時間だけが過ぎていっている印象です。

その理由に最近、気付いたんです。

息子があまりにも学校のこと話さないので私が実感できてないだけなのでした。

卒業制作のことも、最後の懇談会に体育館で最後の発表があるということも・・・
女の子のお母さんからどうにか情報を得ている私。

息子だけの情報で過ごしていたとしたら、いきなり卒業式に出て終わり?
卒業式もどの辺の席なのかも知らされず、ビデオ片手にうろうろ探して・・・
最後に返される作品などを手にして、こんなことやってたんだ~
なんてことになりそうです。

中学に入ったらどうしましょうね。
私の頼みの綱のお友達は私立に行ってしまうのです。

でも、情報が入るからかえって気になってしまうという気もします。

悪い情報が入らない限りはどうにかやってると思うしかないのかな。



スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

うちの長男もあまり学校のことは話しませんでしたね~。やっぱり女の子のお母さんから情報を得ていました。自分の子のことなのに「えっ!知らなかった~!」なんてしょっちゅう。
反対に『なぜあなたがそこまで知っているのv-12』というくらい情報通のお母さんもいたりして。
ただ、知らなくて平和ということはいっぱいあったな~と。知っていたら苦しくなっていたこともあったかもしれません。
子どもから得た情報にふり回されて、悩んでいる方もいました。(子どもの話って、必ずしも正確ではないし…)。
今は「何も言わないのは平和な証拠」ってことにしています。
そのわりに当たり散らしていることも多い長男ですが。

もうすぐ卒業式ですね。私は着物を着ていくつもりだったのですが、「やめて!地味にして地味に!」ということで義母からもらったブラックフォーマルにしました。
式典が終わり、クラスに入った私に「なに、その髪型は!v-41」と息子。
「あんたがこうしろって言ったじゃん!v-42」(サイドの髪をうしろでバレッタでとめていました)との親子喧嘩に女の子達がクスクスと笑っていました~。

小学校最後の郊外学習に、国会議事堂ですか。
一度も言ったことのない私には、なんだかすごくうらやましくなりました。
うちの息子の小学校は、USJに自分達で電車を乗り継いて行ってました。

男の子って、学校のことはあまり話さないものでしょうか?
うちも、ぜんぜんしゃべってくれません。
うちの場合は、聞く時間が遅すぎるのもあるようです。学校から帰ってすぐならもうちょっとは聞けるかも・・・
親も、子供から言ってこないからつい聞かないという悪循環にはまっていますv-356

ティカさんは、交友関係が多そうで情報もたくさん入ってくるのでしょうね。
>情報が入るからかえって気になってしまうという気もします。
本当にそうかもしれませんね。いかに、知らん顔して息子さんから気きだすのも難しそうですね。
きっと、ティカさんの息子さんは、中学生になったらうまくやっていきそうに思いますよ。大丈夫v-426

かのんさんへ

やはり女の子のお母さんから情報を得ていましたか?私もうちの息子にまつわるあまり聞きたくない話など親切に教えていただいたりなんかして・・・耳に入ってきたら気になってしまいますよねe-447それで本人に確かめてみたくなったり・・・私もかのんさんと同じく「何も言わないのは平和な証拠」と思うことにします!
確かに子どもの話って都合よく脚色されている場合が・・・近所に仲の悪い女の子2人がいて、その親同志も巻き込まれ仲が悪くなってしまったのです。それで私はそれぞれの親から話を聞かされたのですが、子ども達が自分に都合よく話しているな~と感じました。あまり子どもの話をまともに受けてはいけませんね。教訓です!

かのさんは去年、卒業式に参列しているんですものね。私も着物にしようかな~とも思っているのですが・・・「やめて!地味にして地味に!」って、また私の脳裏にデヴィ夫人が浮かんでしまったではないのe-349ブラックフォーマルの上は黒いロングコートだったりして?いや、アグネスチャンだったわよね。打ち消しますe-356

娘さん、風邪治ったかな?

ちゃろさんへ

国会議事堂、私も行ったことないんですよ。校外学習じゃないと、なかなか行けないところですよね。ちゃろさんのところはUSJなんですね?うちの息子の学校では、卒業してから春休みに好きな仲間同志で、ディズニーランドに行くのがお決まりのようです。6年生になってすぐ、そのメンバーをどうするかで盛り上がっているようです。この間、息子に聞いたら「へ??」っていう顔してましたけど、行かないのかな??

ちゃろさんの息子さんも話さない?そうか~時間のこともあるのですね。ちゃろさん、お勤めされていますものね。帰ってきたら食事の支度やらいろいろ忙しいだろうし・・・女の子は話聞いてもらおうってそのタイミングを待っているかもしれませんけど、男の子は風化が早い?確かにその時に話さなければ、後で話そう・・・なんていうのはないかもしれませんね。

> きっと、ティカさんの息子さんは、中学生になったらうまくやっていきそうに思いますよ。大丈夫v-426
うわっ、そうですか?ちゃろさんにそう言ってもらえると嬉しいですe-257その気になっちゃいますが、支援の卒業もまだですからね~なんともe-351

あはは~v-237デヴィ夫人ですかv-254卒業式の日は暖かかったのでコートなしでしたよv-218デヴィ夫人の時はどうもアイラインとマスカラがまずかったようですね~。

ホントに子どもの話というのは、私も娘の時に痛い思いをしています。
娘の話を鵜呑みにして相手のママに伝えちゃったんですね。で、そのママが娘に謝ってくれて。そしたら娘は「あれはウソだった~」って。v-12幸いそのママとは信頼関係があったから私も話せたし、娘の話がウソと分かって謝ったら「ううん。うちの子の態度を見ていれば、うそ言いたくなっちゃうのもわかるよ。うちのほうこそごめんね。」って言ってくれて。(女の子三人で仲間はずれにされたという内容だったのです。おまけに娘は涙まで流して…)。私は娘を説教し、幼稚園の連絡ノートにこのことを書きました。すると「そうか~大変だったね。でも○○ちゃん、本当のことが言えてえらかったね。」と。
私はこの幼稚園の教育方針と先生方が大好きで(アクティブリスニングとアイメッセージばっちりなのです)9年間、いろいろ学んできたつもりだったのに、『まだ全然ダメじゃ~ん。なにやってきたんだろv-31』と自分のいたらなさに落ち込みつつも、『これを今後に生かす!』と決心したのでありました。女の子同士って難しくて、昨日ちょっと書いたけど、子どもの問題にお母さんが首を突っ込み、すごく仲良くしてたのに親子で目も合わせない仲になってしまい、なのに中学は受験してまた一緒。で、そのまま引きずっている方もいます。問題所有の原則を痛感しました。
国会議事堂は小学校の修学旅行で一度だけ行きました。東京タワーもあれ以来行っていません。地元に近いとかえって行かないかもしれませんね。わたしも、地元の有名どころは県外の友達が来たとき案内したのが初めてだったりして。
先日次男の参観で「どの都道府県に行ったことがあるか」というのをやりました。東北、中国地方は0、千葉・東京は全員行ったことがありました。さすがv-237

追伸v-254
ご心配ありがとうv-238娘は昨日、二つの体温計で熱をはかり(私の婦人体温計の方が若干高めに表示されるためv-31)平熱にがっかりしつつ「なんか熱いんだけど」と私の手を首に持っていき「熱なし。おっけ~v-91」の言葉にもぞもぞと着替えを始めました。
今日も同じ事を繰り返しましたが昨日よりはあきらめが早くついたようで朝食もバクバク食べていましたv-45
学習発表会ではブレーメンの音楽隊で意地悪な女主人に立候補した娘、嫌いなマラソン・鉄棒もあと少しの我慢(今年度は)頑張って乗り切って欲しいですv-220

お元気ですか

お元気ですか?
国会議事堂はうちの地域でもラストの校外学習でいきますね。 4年のときは。科学館とか。あとは海がちかいので、ワカメの種付け?だったかな?
男の子は確かにあまり、はなしませんよね。 女の子の方がなんとなく大人にみえます。

校外学習も楽しければしゃべるけれど、別に?なんて感じかな。
でもテイカさんの息子さんもいよいよ卒業ですね。早いですねー
来年今頃うちはなにしているかな?
( 今週はじめに上野先生とN先生に入っていただき、先行き不透明ながらなんとか今週末まで登校しました。) もう2がつですね
残り少ない小学校生活、有意義に過ごせるといいですね。

かのんさんへ

そうか~娘さんの話・・・「あれはウソだった~」ってそれは焦りますね~e-451相手のママが謝ってくれて、娘さんも焦ったでしょうね。でも、本当に仲間はずれにはなっていなかったとしても、女の子同志の複雑な感情はあったのかな?相手のママも自分の娘さんを顧みることができただろうし、娘さんは自分の気持ちをウソで表現してはいけないと思っただろし・・・かのんさんも幼稚園の先生の対応で心新たにしたし?・・皆がそのことでいろんな事を学べたのじゃないかと思います。その出来き事は無駄ではなかったですよ~e-461
でも、お友達が理解ある人でよかったですね。目も合わさない仲になるのはキツイですよね~

ところで、かのんさん、メークやファションでいろいろ変身?できるんですね。男の子って目立つの恥ずかしいのかな??でも、意外と、言葉とは裏腹に目立ってくれるのが嬉しかったりして・・・

そして、娘さん、よかった。よかった。婦人体温計ね・・・少しでも熱があったほうが都合よかったのかな?でも、計れば熱がないのが一目瞭然。休む理由がなくなっちゃったんですねe-68

かすみさんへ

関東は必ず、国会議事堂のようですね。息子が行った日も関東地区2校と一緒の見学だったようです。(女の子のお母さん情報)科学館も定番なのですね。でも今だったら、未来館とかソニー・エクスプローラサイエンスでもいいと思うんだけどな~それにしても、ワカメの種付けですか?それいいですね。きっとうちの息子はそういうの好きですe-454

そうですか~いよいよ上野先生とN先生が入られたのですね。お二人一緒なのかな?難しい年齢に差し掛かっているし、息子さんの中でそう簡単ではないのかもしれませんね。でも、学校のことは学校に向かわないと解決できないですものね。なんとか自分の力で乗り越えてほしいです。
かすみさんにとって気の抜けない3学期だろうとは思いますが、頑張ってくださいね。応援していますe-353

ティカさん、こんばんは♪

ティカさんの息子さんの姿を想像して、まだまだ未知数の
1年生の末っ子長男の将来を想像しています。
姉が2人いるせいもあって、まだまだ中性な感じなのです(笑)
でも、1年生の今でも宿題や学校の支度など、あまり私に口出ししてほしくないタイプなので、早くに離れていくかもしれません。

男の子は異性ですから、これから先 思春期に突入したら母親には分かりえないことがますます増えてくるでしょうね。
なんだかドキドキします。

アロエさんへ

アロエさんの息子さん、まだ1年生なのですよね。かわいい~e-374
うちの息子もその時はかわいかった~その頃は女の子とばかり遊んでいたので、ぬいぐるみを欲しがり、それを抱っこして外に出かけたことがあり。私は違う心配をしましたがe-446今はまぎれもなく男です。息子さんもいつかは中性?から男性へと進化を遂げることでしょうね。

うちの息子の記事を読んで、こんな風になったらどうしよう・・・なんて不安にさせてしまっていたりして??あ、でも、家庭療法を実践されているアロエさんですので、そんな心配はないですよね。エンカレッジでも異端児の息子ですので、記事を書きながらあまり参考にならないのではと思うのですが、反面教師としてとらえていただければいいかなと思いますe-462
うちの息子は昔からパパっ子です。確かに遊びでも男同志で気が合うようです。でも、何時までも遊べるわけではないので、思春期に入ってきた今、この関係をどうつないでいくかですね。主人の課題でもあると思います。
Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。