スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノ・・・その後

息子はピアノを習っていて・・・

あまり真面目とは言えず・・・

でも、辞めないと言う。。。


この状況は相変わらずです(汗)

(復学後1カ月でピアノの再開した後の様子はこちら→ピアノのレッスン


息子は以前にも増し、不真面目街道まっしぐら??

まず一番救いようのないのが、いつもピアノの日を忘れている。
小学校2年の時からピアノの日は火曜日と決まっています。
まだ低学年の頃はわかっていた。

なぜ12歳にもなって、こうも毎週忘れ、友達を連れてくるのでしょうか??
こんなレベルで悩む私にご同情を・・・私がそう育てた?

毎週、平気で遊んでいる息子をつかまえ、「今日はピアノだからね!」と言うと
「え?今日!?無理!!」これ決まり文句。

まあ、結局、いつも行くんですけどね。

決まってその間はお友達は家でお留守番(以前、お伝えした通りです)

私の友達が、「火曜日はピアノだって友達に覚えておいてもらったら?」
なんて提案までしてくれます。

でも、お友達もお友達で、待たされる運命だってことを忘れているよう。
どっちもどっち?


3週間前のことです。

ちょうどピアノの日が校外学習の日でした。
バスの到着予定時間を見ると、ピアノの時間に間に合うかどうか微妙でした。
ピアノの先生に連絡すると30分ずらして頂けるとのこと。

実際には予定より早く帰ってきて、ピアノの時間までに1時間あったのです。
じゃあ、それまでに戻ってくると約束していた友達と外に遊びに行きました。

やられましたね。戻ってきやしない。

レッスン予定時間を15分過ぎた頃、やっと帰ってきた。
でも、なぜ、お友達も一緒?
リビングの時計をチラっとみて2階へダッシュ! 逃げた??

「今、何時だと思ってる!?今から行きなさ~~い!!」切れましたけど私(怒)
息子も友達も階段の途中で足がピタと止まり、私を見て固まった(恥)

息子は友達を帰らせ、すぐ向かいましたけどね。
10分だけ練習をして帰ってきました。

後でピアノの先生からメールが・・・
「遊びに行く時に時計を持たせるとかはどうでしょう?」

後で息子にも「忘れないためにはどうしたらいいと思う?」って聞いてみたら
「時計を持っていくとか・・・」と言ってました。

でも、時計を持たせたのに忘れたという前科もあるんですよね。
それを信じていいのかどうか・・・う~ん。


そして翌週。

今度は、ピアノの始まる時間になっても学校から帰ってきやしない。
窓の外を通ったお友達に聞いてみたら、居残りだって。はぁ~

ピアノの先生と連絡をとっていたら帰ってきて、「すぐ行く!」と。

そして友達とは5時10分に約束したのだと言う。
ちゃんとピアノの終わる時間に約束してきました。
ピアノの時間を意識したのは復学して始めてじゃない!?
やったね~(これまでに9か月の月日が・・・涙)

これって先週の遅刻で少しは反省したってことかしら。
先生にも言われただろしね。
やはり、失敗して得るのもがあったようです。

以前、先生は息子に「5時半から練習します」という文字を紙にかかせ、
目立つところに貼っておくこと!と言い渡したのです。
その紙をピアノに貼ったものの、その後、練習したのは、その翌日だけ。

今回、遅刻して先生にその事を言われたらしいのです。
少しはしおらしくなった(?)息子が
「俺、時間忘れちゃうから、5時半になったら声かけて」とお願いしてきました。

「いいよ。その時、覚えていたらね」

なんて返事しておいてその後、3日間すっかり忘れてしまった私ですが(汗)
ここ数日、声をかければ、すぐピアノに向かいます。

「先生が1分でもいいって言ったから1分ね」と本当に1分。

先生は以前、学年×10分って言ってましたけどね。
1分でもやらないよりはマシと思い切りハードルを下げてくれたようです。

ピアノの先生には本当にお世話になりっぱなしです。

先日も、絶対切らなかった爪をピアノの時間に切ってもらったりして・・・

いつも謝ってばかりの私なのですが、「お母さん、大変ですね~」などと
逆にねぎらい?のお言葉までかけていただいています。


そして、今日。

ピアノから帰ってきた息子。

「今日、ピアノで逆立ちしたら頭から落ちてさ~タンコブ出来た。
 ねぇ、ちょっと触ってみて、ここ、ここ。出っ張ってるでしょ?」
「え~??」

なんでピアノで逆立ち?
なんでそんな事、教えてくれちゃう?
もう~お母さんは、これ以上聞きたくな~い。



スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。