スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人面談

昨日、個人面談がありました。

小学生最後の個人面談です。

まずは、息子がだんだんと変わってきたと言っていただきました。
表情がだんだんと穏やかになってきたらしいです。

学校での態度は褒められたものではありません。
宿題をやっていかない。
忘れ物が多い。
部活をずっとサボっている。

宿題については、音読と生活ノート(先生との交換日記)はやるのですが、
漢字ドリル、計算ドリルは、はっきり言って捨ててます。
忘れ物もほとんど毎日。
それは復学した1学期からずっとそうなのです。

復学当初は、登校するだけで精一杯ですので、宿題が出来なくても大目に見て
いただくようにと、登校準備の段階で、N先生から担任の先生にお願いしていました。

その後、登校して1ヶ月後ぐらい経った頃、学校生活にも慣れてきたので、
もう、他の子と同じように扱ってほしいと、先生にお願いしました。
上野先生からそうご指示がありました。

宿題も、忘れ物も本人の問題ですので、親があれこれ言うべきではないし、
言うなら先生から言ってほしい。それで本人が気づいて欲しい。
それが望ましいと上野先生が仰っていました。

しかし、復学4ヶ月後の、夏休みの家庭訪問で、先生から・・・

「言ってやりたいことが喉まで出掛かっているけれど、どうしても言葉を飲み込んでしまう。
もちろん、何も言わないわけではないが、遠慮がちにはなってしまう」・・・とのお話
「大丈夫ですので・・・もし問題が起きるとしても、早いほうがいいですので」と
お願いしたのですが、先生の中にある、何か言ってまた不登校にでもなってしまったら・・・
という怖さがぬぐい取れなかったようです。

担任の先生は元から緩やかなタイプのうえ、遠慮もあったのですから、
息子が自ら動くというのは難しかったようです。

このへんに継続登校の難しさを感じた私です。

しかし、今回のお話では・・・

以前は息子の表情をみると、どうかな~と思ってしまい、言えないでしまうことが
あったが、今は、何言っても大丈夫かなという感じがする。実際に言っている。

・・・とのことでした。

これは進歩ですね。
やっと普通の環境に戻れました。

しかし、今は、宿題忘れも、部活のサボりも先生から言っているのに聞き流している状態らしい。
息子も図太さを身につけたという面では、不登校を経験した立場でいえば、それが気になって
休んでしまうよりはいいということなのでしょうけれど・・・

宿題忘れや授業時間に出来なかった課題があると、たまに居残りをさせられるのですが、
その居残りの常連さんは、毎日のようにうちに遊びに来ているお友達。
居残りの日に息子だけ帰っても、皆が遊びに来ないから、逆に、居残りでもいいってこと?
居残りが嫌だから、宿題をやっていこうなんて気持になるわけがない。

担任の先生も「居残りも、○○ひとりだけじゃないからね~」と苦笑い。

部活の話になり・・・

「部活はどうなの?やっぱり起きれない?」
「はい。間に合うように起きる気がゼロです。今は部活の1時間後に出ています。
 その楽さを覚えてしまったようです。長く休んでいるから今さら行きにくいと
 いうのもあるかもしれません。きっと自分からはもう行かないと思います」
「そうか~じゃあ、部活はもう無理かな。諦めるか~」(あれ?結論、はや!)

こんな感じで個人面談終了。

緩やかな環境で息子は居心地がいいようです。
復学に障害がなかったのも頷けます。

計算ドリル、漢字ドリルをやってこない子に対しても、
「やんないと後で困るぞ~」ぐらいの声かけなので、やっていない子も結構いるらしいし、
朝自習も皆、遊んでいるとのこと。

これで、息子が宿題をやっていくのは難しいでしょうね。

でも、中学はそう甘くはないようです。
息子が進む学区の中学は、どちらかといえば締めがキツイらしいです。

中学へのステップとして、少しは締めを望むところなのですが・・・

でも、どんな先生であっても、ちゃんとやっている子もいるわけですから。
先生のせいにするわけにもいきません。

息子は先生が緩いので、それならそれで甘えようとしているような気も・・・
先生が締めれば、ちゃんとやるような気もします。

すべては息子自身のこと。
自分がとった行動は自分に返ってくる。
甘いのをいいことにサボっていたら、困るのは息子自身です。

何時かはそれに気づいてくれるでしょうか。。。



スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

こんにちは。いよいよ年末ですね~♪
クリスマスムード満点の街並みなどなど、私は結構好きですね。息子が不登校してたときは、見れませんでしたが,
個人面談ですか…。
うちも似たような感じです。先生から本当にやる気ないときは、やりたくない!という感じですね~とか。一応やってる宿題ノートもプリントもいい加減なとき、きちんとしている日、悪い意味でノート見てるとわかります(笑)と、先生も笑ってましたし 以前上野先生も、少しは感じるものか゛、あってもいいのでしょうがと言われたり、でも割と何言われても、表からは気にする様子はないですね、どこで気がつくのかな~?とおもうんですが、失敗してもまあどうにかやってるのかな?とおもったり、先生は普通に扱ってくれているので、ありがたい限りです。

うちはまだ再来年ですが中学なんですよね。
年を越すと、話題は中学のことになるのかな?うちは、再来年ですが、、時間は早いんだよね。
あと少しで冬休み、 あと少し、頑張ろ~。です

かすみさんへ

息子さん、やる気がない時はやりたくない!ですか~意志がはっきりしてますね~
うちも、漢字ドリル、計算ドリルはもうやらない!と決めているようなので、意志がはっきりしてる??男の子だし、コツコツと真面目にやるのはなかなか難しいのかもしれませんけれど、学校でやると言われていることを、やらない!って決められても困るんですけどね~
かすみさんの息子さん、いよいよ6年生ですね。上野先生に6年生の1年間、通うことが大事だと言われたんですよ。もちろんストレスが多い中学へのステップの意味もありますが、6年生は卒業に向けて、写真撮影や文集、卒業制作・・・今からいろいろあります。その途中から登校するより、やはり皆と一緒に最初から準備するのが望まれますものね。
かすみさんの息子さんもいよいよ新学期から卒業にむけての1年がスタートしますね!

そして、クリスマスv-255息子さんも不登校時代にクリスマスを迎えたことがあったのですね。うちも去年がそうでした。いつもツリーの飾りつけをやるのに去年はやりませんでした。実は今年もやらず・・・もう息子もどうでもいいみたいなので、そんな年齢??ちょっと別の意味で寂しい・・・e-445
>

こんばんは^^
個人面談終わったのですね。お疲れ様でした。私は明日息子の個人面談です。さて、何を言われるかな?
息子の再登校直後はやはり宿題は大目にみてもらうということだったのだけど、息子自身みんなと同じくやりたい気持ちも強かったみたいです。とにかく最初から宿題の量が多くて・・一苦労でした。
今は・・はい、図太くなりました^^;
とても適当です~。多分忘れ物も多いはず。柔軟性を持つ意味ではとても良い先生にめぐりあいました。ただ中学になったら相当厳しいと思うので私ももう少し締めてくれてもいいかなって思うけど、そうなんですよね、きちんとやってる子はやってるんです。あとは息子自身の問題ですね。いつか気づくことでしょう。・・と思いたい^^;
担任の先生も、もう何を言っても大丈夫と感じるぐらい大きく成長された息子さん、これからの成長も楽しみです♪

夏恋さんへ

息子さんの個人面談は今日ですか?どうでしたか~?
登校したての頃、宿題ばっちり仕上げていったのですか?それは、それは、かなりのガッツの持ち主ですね。まあ、でも分かります。うちの息子もその当時は、今よりも確かに真面目でした。計ド漢ドは全部終わりませんでしたが、一応やろうという気はあったもの(汗)登校した勢いっていうのがあるのですよね。それがずっと続けばいいのでしょうけれど、そう簡単ではなく・・・そこに継続登校の難しさもあるわけですよね。ここが図太さの見つけどころってことでしょうか??

中学はやはり厳しいですよね。お姉さんの姿を見ているのですから、息子さんも肌で感じていることでしょうね。うちの息子はさっぱりわかってなさそうですよ。今のように宿題やらなくても済むと思ってるかも・・・今のままでは温室なので、中学に入ってしっかり目を覚ましてほしいですね。うちの息子、気づかないタイプだと上野先生も落胆されていたことがあるのです。気づくものなら気づいてほしい。空しいけれど、そう思いたい。。。です。

うちの次男はは完璧に宿題を仕上げないとだめなタイプだったので、復学後もわからないとぐずって大変でした。今はだいぶ慣れて「わからないからそのままで持ってく。いいんだよね。」になりました。
3連休で宿題たんまりの時も、できれば1日で仕上げ、あとは遊びたいので、むきになって疲れてしまったりもしています。
それでも先日は「作文は大変だから2日目に書くことにした」と調節するようになってきました。

長男は中学に入ってからの方がだらけていますね~v-31
小学校は先生も厳しく、敬語、宿題はその日仕上げだったのが中学では、先生にタメ口、宿題登校30分前仕上げです。
でも、4月に緊張して無表情、無口で登校していた長男なので、『まっいっか』と思うように(!)していますv-222

かのんさんへ

次男さんも、宿題きっちり仕上げるタイプなのですね。尚且つ、宿題終わらせてから遊びに行くのですね。なんとも羨ましい。やだわ~うちの子ったら~今日のインフルエンザの記事にも書いたのですが、息子はお休みしている間に宿題はまったくやらず。学級閉鎖の課題の紙を息子に手渡したのですが、読みもせずに放置。今朝になって、その紙を見て「なんだ1時間でできたな。2時間くらいかかるのかと思った」と。2時間かかるなら逆にやらねばならぬのに!逆に時間がかかりすぎると思って捨てた!ってことでしょうかね。情けない。まあ、いいでしょ、結局、どこかでやらなければならないのですからね。

長男さん、中学に入ってからのほうがだらけている??それはやはり先生の影響とかクラスのお友達の雰囲気で左右されるのでしょうか?確かに息子の小学校で、違う学年なのですが、すごく厳しい先生がいて、授業中は私語がひとつもなくまるで軍隊のようだとか。同じ小学校でも、先生で雰囲気はかなり変わりますね。どちらがいいのかって難しいですけれど・・・でも、先生は選べませんものね。いろんな先生との出会いがあって自然と柔軟性も身につくのでしょうね。
Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。