スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不登校を誰にどこまで伝えますか?

子どもが不登校になってしまったとき、どの程度までそのことを
お友達に伝えてよかったのでしょうか。

私は、隠し事はあまりしないほうです。
息子が不登校になったとき、息子のその時の状況、何故そうなってしまったかを、
親しい友達、何人かに話をしていました。

学校に行けなくなってしまったことは、息子の希望で
クラスの皆には体調が悪くて休んでいると伝えてもらっていました。

「もし、それが嘘だとバレたら大変なことになる。2度と学校には行けなくなる」
そう何度も言っていました。

しかし、ある日、息子のいろんな情報がクラスに広まっていうことがわかりました。

息子がT君が苦手で、それも学校に行けない理由だということ・・・
お休みの日に、うちの息子が車で出かけたこと(病気ではない)・・・

息子が恐れていた大変なこと・・・になってしまいました。

今、息子が復学したら、どうなる?
そのことが、息子の耳に入ってきたら?

息子に今すぐにでも復学してほしいのに、そう願えなくなってしまいました。

それに追い討ちをかけるように・・・

そのT君、息子へのお手紙の通信欄に「死んでいい?」と書いてきました。
息子はT君のせいで学校へ行けなくなったと、クラスの友達に言われたのかもしれません。
T君が辛い立場になってはいないだろうかと気が気ではありませんでした。

オープンに話していいのは私自身のことに限って許されること。
息子は秘密主義で、自分のことを知られることを望みません。
息子のことをペラペラ人に喋るべきではありませんでした。

息子はあくまでも別の人格。。。

きっと、そこから私は間違っていました。
息子の不登校を招いたのも、自分の所有物のように息子をどうにか
できると思っていたからなのでしょう。


それから、日陰の生活が始まりました。

スーパーの買い物も、下校時間の少し前とか、クラスのお母さんがいない時間を選んだり
セール日や人の多い時間帯を避けたり・・・

それまでは知っている人にあっても気丈に振舞っていました。
普通に話すように心がけていました。

でも、それができなくなってしまいました。

まっすぐ前を向いて歩けない。
人と目が合わないように下を向いて歩いていた日々。

ただ、息子のことを聞かれたくない。言ってはいけない。
ならば、そういう状況を避けたい。
ただそれだけでした。

私のブログですが、うちの息子を直接知る人には誰ひとり知らせていません。

息子のことをかなり詳しく書いてしまったので、息子のために
息子を知る人にはこれからも教えるつもりはありません。
誰かに話してしまった内容はその人の記憶から完全に消し去ることはできませんものね。


不登校のこと・・・

今後、息子の中で、どうなっていくのでしょう。

将来、もう終わったこととして人に話せるかもしれないし・・・
知られたくない過去として自分の胸の中だけにしまっておくかもしれません。

誰かに伝えるとしたら、あくまでも息子の口からになると思います。




ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
   ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

不登校の問題は、確かに誰にでも話せることではありません。
私も、近所の方や子供の学校関係の友人には話すことができませんでした。
かろうじて、職場の友人に話せたくらいでしょうか。(でもブログのことはナイショです)

聞かれても、話題としてあまりにも重く相手が引いてしまいますので、よけいに話せないですね。

ティカさんのお辛い気持ちは、私も同じでした。
でも、その気持ちが高く飛ぶために深く沈む準備だったのかもしれませんね。

私は、このブログというツールで不登校を乗り越えるために頑張っておられる方々と知り合えたことは、とても幸運だと思っています。
ティカさんにも感謝してますよ~

不登校の事、どこまで話すかは難しいね。
娘が学校に行けなくなって、まもなく作品展があったのね・・私は作品展の様子を気にしている娘に
学校の雰囲気を伝えたくて、参観にいきました。

でも、そこで会ったお母さんに娘の事を聞かれたら涙が溢れてしまったの・・。
自分でもまだ受入られない時期だったから、そこに娘が参加していない事実がとても辛かった。

私はその時、娘の事を聞かれる事で、こんなに心乱されるとは思っていなかった。
でも聞いてくれた方は心配してくれているしね。
そして、今後外を歩いたり、学校に相談に行く時にその都度 こんな思いや整理できてない気持ちを
話さなければいけないのか・・と思ったら途方にくれた。

でも、何かできる事はしたかったし・・悩んだ末
娘と学校のパイプ役になろうと決めたの。
そして元気になったら、安心して学校に足をむけられるように・・と考えた。
その為に、保護者会に参加し 娘が”体調を崩し”学校をしばらくお休みしていることを話しました。
そして、子ども達も心配してくれているだろうから、元気になったら学校に来るから、
それまでの間見守ってほしいと話しました。

みんな暖かい眼差しで聞いてくれていたと思う。
そこで、「うちの子も行けない時期があったよ」と
話してくれたお母さんもいたり、思い切って話したことで少し勇気をもらったかな。

ただ、近所には仲のいいお友達にしか話さなかったね。
やっぱりこちらの心に土足で入ってこられる方もいたのでね・・。
今回の記事、忘れかけていた大事なことを思い出させてくれました。
ありがとう ティカさん^^

ちゃろさんへ

ちゃろさんは、職場以外の方には誰にも話せなかったのですね。
話ができないのが普通なのだと思います。
私が聞かれもしないのに話したのは、陰で噂されるのが嫌だったのです。
相手により、詳しく話したり、かいつまんで話したりいろいろでしたが・・・でも、聞かされた相手はひいていたかも・・・

> でも、その気持ちが高く飛ぶために深く沈む準備だったのかもしれませんね。

ほんと、そうですね。一時はもう復学できないのではと心配しましたが、外的要因が原因で復学できないのではないのですよね。息子自身が成長してこその復学でした。親が対応を学び、成長し続けなければ、子どもも成長できませんものね。私もちゃろさんのブログでいろいろと勉強させてもらっています。私こそちゃろさんに感謝ですe-420

実は私も夏休みの作品展には行きました。その時には行けなくなっていましたが、まだ完全不登校になると思っていませんでした。だから行けたのかも・・・
私が他のお母さんに息子のことを伝えていたのは、不登校初期だったし、少し休めば行けるのだと思う気持ちがあったから言えたのかな。まだ望みを失っていなかったのかも・・・クラスに息子のことが知れてしまってからは、本当に信頼できる友達だけには話を聞いてもらっていました。誰にも話をしないのはかえって辛かったかも・・・聞いてくれる友達がいてくれてありがたかったです。

> 娘と学校のパイプ役になろうと決めたの。
> その為に、保護者会に参加し 娘が”体調を崩し”学校をしばらくお休みしていることを話しました。

そこがjumaさんの凄いところだね。親は、本当は保護者会に出るなんて耐えられないことなのに、娘ちゃんのために、自分の辛い気持ちをおして皆に話したんだね。私にはとてもできなかったな。でも、それできっと皆がjumaさんの気持ちを理解してくれたと思うし、温かく見守ろうともしてくれたんだね。ほんと、復学できてよかったねe-257

正解はわからないけれど

 はじめまして。現在進行形で不登校と向き合ってます。今、少しずつ復学に向かっていますが。うちの場合は年齢がまだ低学年でしたが、体の病気という扱いでいたのが長期化して、街や学校などでたまに見かけたときにかえって???な状況でもあり、先生を通じて不登校状態のことや、その時の私の気持ちを書いた手紙をクラスに紹介して頂いたりしました(もちろん誰かを責めるような内容ではなく)。その後も、関わりとして隠しておきにくい相手には、さらっと率直に状況は話しています。日陰の生活はしたくなかったし、実際上の子のこともあって日陰を続けること自体が難しかったので。自分でもやせ我慢という自覚がありましたし、その気持ちも正直に言ったりもしました。子供の気持ちに沿うことも大切ですが、現実に向き合うことも大事だし、家族それぞれの生活や現実もある。私の場合は、辛いこともあってもあえて隠さずにきたのは、今は良かったと思っています。

ティカさん、こんばんは!

ティカさんの日記を読んで、私も当時の気持ちを思い出しました。
本当に同じでした。辛かったです。

私も、学校関係や、近所の方には話せなかったです。
カウンセラーの先生がうちに訪問されるところを見かけた近所の方から「誰?」と遠慮なく聞かれて、
娘に説明していたとおりに「ボランティアのお姉さん」と話して冷や汗かいたり・・
逆に、気を遣ってか、会っても気がつかないふりをする人がいたり・・

でも、逆の立場だったら・・と考えたら、何と声を掛けていいか
わからないだろうな、と想像して納得していました。

学校では、娘は持病持ちなので、自然とそのせいかと思われていたようで、
復学の際、娘としては気が楽なようでした。
何よりも、復学の際に戻りやすい環境にしておくことが肝心ですね。
「体調が悪い・・」が一番無難なのかな。

そのためにも、やっぱり聞かれたくない・・ 人に会いたくない・・
となってしまうのね。

私もブログも学校関係者や、近所の方には知らせてないです。
ありのままを綴っていきたいので、これからもナイショです(^-^)

jumaさんへ

jumaさんへのコメントに宛名がもれてしまいました。

内容でわかるとは思うけれど・・・ごめんさないねe-351


Libraさんへ

Libraさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

>家族それぞれの生活や現実がある。
ほんと、そうだと思います。子どもの状況を積極的に伝えたいわけではないけれど、Libraさんは、上のお子さんがいて学校へ行かなければならなかったのですね。他の方の中に入っていく必要があれば、その中で何も言わないでいることが苦痛にもなってくるのだと思います。

うちは、ひとりっ子ですが、私は学校の活動には積極的に参加していたので、その繋がりがある方が周りにたくさんいて、外に出れば誰かに会ってしまうという状況でした。会えば、話をしていた相手に何も言わないことはできませんでした。避けると、本当に重い物を背負っているようですし、余計に心配をかけてしまうだろうし、そうではないふりをしていました。Libraさんのようにやせ我慢をしていたのだと思います。でも、話をすれば、優しい言葉をかけてくれたり、心が軽くなり、話してよかったなと思えることもありました。

お子さん、少しずつ復学に向かわれているとのこと・・・影ながら応援しています。頑張ってくださいね。

アロエさんへ

アロエさん、その当時の辛い気持ちを思いだしてしまいましたか?
子どもが不登校になった時の親の気持ち、その立場にならなければわからない気持ちですよね。
話しても理解されにくいものだし、辛く気持ちにもなるし・・・なかなか言えるものではないと思います。

私も訪問のお兄さんの姿はご近所に見られていると思います。でも、誰からも何も言われませんでした。
お隣さんにだけは言っていたのですが、他の方は、どこまで知っているのか、知らないのか・・・息子の不登校を知っていたのかさえ、実はいまだにわかっていません。相手からは聞きにくいことなのでしょうね。確かに逆の立場だったら、何と声をかけていいかわからないですものね。

アロエさんもブログ内緒なんですね。内緒だからこそ書ける内容ですし・・・同じ経験をしている方にわかってもらえればいいのですものね。

こんにちは。不登校の話はシビアです。
うちは、休みはじめたばかりの時、仲良くしていたお母さんから、何かあったかな?といわれその人には話しました。
次第にどこからともなく長期欠席が広まり、そっけない態度もとられました、支援入る少し前から友達がくるようになり、違ったいみで、息子の状況がまわりにつたわり、その友達のママにも話しました。その時は遊んでくれてありがとう!ともいいました。

不登校している家。行けてないんだよ!みたいなとられ方されそうで、近所では、下むいて、歩いてました。その行為もつらかったです。
所で復学支援で克服したことって、どこまで話してますか?
うちは、実家。私の父母と主人が自分の母に話したかもしれないくらいです。息子の耳に万一入ったら、とか考えてしまい誰にも話てないですね。ふと、皆さんどうされているかな?と思いました
先週末、入学予定の中学で見学説明会があり、久しぶりに中学に行きました。先生の言い方や雰囲気の厳しさ、さかんに中学は義務教育後半、社会に出て通用するように、育てます。。小学校とは違う!とすごく感じました。あと5か月弱、無事乗り越えていけますように。体きをつけてね

かすみさんへ

私も、何かあったかな?と言われたら、話していましたね。
不登校中に友達が来てくれるのはありがたいですね。子どもの支えにもなってほしいし、感謝の気持ちを伝えたい気持ちもおきるので、やはり、その子のお母さんには話したくなりますね。

私も近所の方にはほとんど話しませんでした。普通に話はするようにしていましたが、心の中で知っているのかな?知らないのかな?っていつも渦巻いていました。できれば会いたくなかったですね。

> 所で復学支援で克服したことって、どこまで話してますか?

かすみさんのこの言葉で次の記事、書いてしまいました。実は万が一息子の耳に入ったらってあまり思っていなかったかも・・・ちょっと焦った私です。記事のほうを見てくださいね。

見学説明会があったのですね。だんたんと中学への気分が高まっていきますね。もう半年きったのですね。私もカウントダウンに入ってきてだんだん緊張感がでてきたのを思い出します。残り少ない小学校生活、いい思い出つくってね。

おひさしぶりですv-238
やっとバザーも終わり、コメントを打ち込んで送信したら、アクセス集中と出て、画面が移動、戻ったらコメント全部消えていました~~~v-12

というわけで、再度がんばります。
先程は、この記事と次の記事へのコメントを一度に打って、すべて消えたので、2回にわけますぅぅぅv-12

次男が不安定になったとき、私は長男の学年のバザー委員でした。
いつもはおしゃべりだった私が口数も少なく景品の袋詰めをしていて、心配したお母さんが声をかけてくれて。そこで、「実はね…」って話しました。
次男の「行きたくない」理由は担任の先生。
そのときのママたちは2年前にその先生に受け持たれていたお子さんが多く、「わかるよ」「うちも嫌がった」「あの先生おかしいもん」って。
でも、みんなちゃんと6年生になっているのです。
そのときの次男のお友達のママに先生について聞いても「おもしろいって」「うちは担任誰でも関係ないから」って聞いていたし。
だから、励まされて感謝はしたけど救われることはありませんでした。
うちの小学校は小さいし、長男も通っていたから、横のつながりで、親にも子にも伝わっていたと思います。

たぶん、娘の学年のママでもしっている人はいると思うの。「かのんちゃんちの次男君はね。」って。
以前、娘のお友達とママが遊びに来たときに、そのママが、長男の前で次男をほめて。
『なんで、この人この子の前で次男をほめるわけ!?』って思ったときには遅く、長男は次男の不登校のことをしゃべり…。そのとき、次男はいなかったからよかったけれど、あのときもしその場にいたら…ってぞっとします。
その後、長男には私の気持ちを話したけれど、しっかり伝わってくれているといいなあ。

かのんさんへ

かのんさん、バザーお疲れさまです。

> コメントを打ち込んで送信したら、アクセス集中と出て、画面が移動、戻ったらコメント全部消えていました~~~v-12

うわぁ~すみません。かのんさんの文字数を考えると、消えてしまうのはショックですよね。
実は、私もさっき同じ現象になってしまい、かのんさんへのコメがえし見事に消えてしまいました~気を取り直して再度、書きます(コピーしておかなければ・・・)

子どもが不安定になった時に、学校に行かなければならないのは辛いですね。皆が心配してくれ、温かい言葉をかけてくれるのは嬉しいのですが、どんな言葉も慰めにしかならず、かえって辛くなってしまうこともあるのですよね。いろんなアドバイスがかえって混乱を招いてしまうこともあるし・・・それほど、不登校ってデリケートで深い悲しみに包まれたものなのですね。

> 『なんで、この人この子の前で次男をほめるわけ!?』って思ったときには遅く、長男は次男の不登校のことをしゃべり…。そのとき、次男はいなかったからよかったけれど、あのときもしその場にいたら…ってぞっとします。

かのんさんのお子さん達の通う小学校は小規模で、縦のつながりもあるのですから、不登校のことは隠しても隠しきれないんですね。私ももっと配慮があったら助かるなと思ったことはあります。そう感じた時に、不登校の親の気持ちや息子の気持ちはその立場にならないと理解されないことなんだなと思わされました。次男くん、その場にいなくてよかったですね。

Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。