スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3回の家出

最初の家出で、塾はやめました。

でも、息子は勉強から逃れたかったわけではありません。
私達の叱責から逃れたかっただけでした。
受験したい気持ちに変わりはありませんでした。

その後、主人とマンツーマンで勉強したり、近くののんびりした塾へ行ったり、
そこが閉鎖されると、また違う大手塾に行ったりしました。
しかし、最後の塾も量が多く、息子が体調不良を訴えるようになり退塾。

5年生の5月には塾をやめ、自宅学習に切り替えていました。

勉強のスケジュールは主人が息子と相談して立てていましたが、実行できないと
量を調整して組み替えます。

しかし、いくらハードルを下げても、飛べなくなっていました。


こんなに下げてもできない。。。


どこまで下げればいいのだろう。本当はここまでやる必要があるのに・・・
家で勉強することになったので、勉強が進まない息子の姿が否が応でも目に入ってきます。

それを見ているとイライラしてきます。押えきれない叱責。
あとで自責の念にかられても、また同じ場面で繰り返す言葉。

ここで、詳しくは書きませんが、その頃、私は、認知症の母の急変に対処できず
精神的に余裕がありませんでした。
そのために、息子への苛立ちがあると、必要以上に感じてしまっていました。

私は精神的に最悪の状態でした。

しかし、息子が一番苦しんでいただろうに。。。

その時はそう思ってあげることができませんでした。

高いハードルを飛べないならわかります。
どんどん下げられるハードルを飛べない自分。
飛べなければ認められない自分。

息子はどんどん自信を失っていったに違いありません。


5年生の7月、息子はひとりで主人の母がいる北海道へ遊びに行きました。

1週間過ごしてきて帰ってきましたが、北海道では勉強から開放してあげていたので、
勉強が手に付かなくなってしまいました。

その頃、否定的な言い方にはかなり敏感に反応していた息子でしたので、
主人も私も、言葉を選んで接するようしていました。

しかし、ある日、私は爆発してしまいました。
「出て行って!」と、叩きつけてしまいました。

「出て行く」
そういって息子は玄関に向かいました。クールな反応でした。

実はその前にも2回目の家出をしていました。
きっと、戻るつもりはない・・・瞬時にそう感じました。

私は息子の腕をつかみ、引き止めました。

「離せ!」「出て行く!」
息子は激しく抵抗しました。

私から逃れるために、私に蹴りをいれ、髪の毛をひっぱり、
顔をげんこつで叩いたり、平手で打ったり・・・・あらゆる手段で攻撃してきました。


これが暴力の始まりです。

「俺が今までどんな気持ちだったか、これでわかったか」
「お前なんて顔もみたくない。消えろ。死ね。自殺しろ」
「俺の奴隷になれ!」

それまでは、泣きじゃくって反抗していた息子でしたが、
その時の凍りつくような視線・・・息子の目は子どもの目をしていませんでした。


壊れてしまった。。。

何をされても、私は息子を掴んで離しませんでした。
2時間ぐらい、されるがままでした。
私はもう力の限界に達しました。

友達と約束しているというので、ちゃんと帰ってくるという約束で家を出しました。
私は心配で、帰宅時間に、その友達の玄関が見える場所に隠れていました。
息子は友達の家を出て、我が家の方向へ向かっていましたが、私の姿を発見するや否や
逆方向へ逃げていってしまいました。

1時間後、近くのレンタルビデオ屋さんで息子を発見しました。
もう逃げたりはしませんでした。

欲しいと言った、攻略本を買ってあげました。


その日を境に私達夫婦は息子に何も言えなくなってしまいました。


スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

Secret

プロフィール

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。