スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校のお祭り

最近、書きたいことは沢山あるのに、記事が追いつかなくて・・・
今回の記事も書き出したのはいいのですが、放置されていて、でも、やっと書き上げました。
約1週間前のことなのですが・・・


先週の土曜日、学校のお祭りがありました。

お祭りというと、お遊び的なイメージがあるかと思いますが、文化祭のようなものです。
各学年ごとにテーマを決め、資料の展示や発表、実演などを行います。

まずは開会式があり、一同が体育館に集まり、実行委員の演劇から、吹奏楽の演奏、
バイオリンクラブの演奏・・・などがありました。

全校生徒が集まるのを見るのは、きっと、これが最後なんですよね。
息子はただ座っているだけでしたが、去年はここにいなかった。
私もいなかったし・・・でも、今、当たり前のように参加できている。
やはり、こういう場面で復学できた喜びをしみじみと感じます。

ただでさえ、私は、こういうシチュエーションに弱いのです。
皆の演技や演奏などを見て、この日のために一生懸命練習したんだろうな~
なんて思ってしまうと、皆の成長した姿に、じ~んとくるものが・・・

開会式の後は、生徒達はそれぞれの持ち場に散ります。
息子たち6年生は、「日本文化にズームイン」
武道を披露したり、お茶を立てたり、墨絵を教えたり、将棋の対戦をしたり・・
日本の伝統文化を伝えるものでした。

息子の持ち場は将棋。詰め将棋コーナーで対戦相手が来るのを待っていました。
私は、息子の姿を見つけると、すかさずビデオ撮影。
それに気がついた息子。嫌そ~な顔をしてくれました。
レンズ越しにその表情をとらえた瞬間、思わず、ビデオカメラを隣の子にターン。
つい、意味の無い行動に出てしまいました。
で、なんとなく居ずらくなって、すぐ部屋を出ました。

ま、息子のことはこのぐらいで・・・今回は、私自身のことなのですが・・・

そのお祭りと並行して、バザーも開催されます。
午前は、保護者バザー、午後は子供バザーと2回あります。

バザーは当然、準備や当日のお手伝いが必要です。
今回、私は、そのバザーに出来る限りの協力をさせてもらいました。
ビーズボランティアでストラップ作りや、提供品の布で手作り品の作成、
(これに20時間ぐらい裂いたかも・・・)前日の会場準備、当日の販売員、
子供バザーのゲームコーナーのお手伝い、後片付け。
6年生最後だからというのもありますが、別な想いもあったのです。

私は息子が3年と4年の時にPTAの役員をしていました。(こんな私ですが・・・)
バザーはPTA主催ですから、それはそれは忙しかったのです。
なんたって、金欠病の学校ですから、少しでも売り上げを出したくて、いろんなことを
しましたし、その準備も大変でした。当然、いろんな方のご協力をいただきました。

役員を経験された先輩方は、その後も何かと協力を惜しまず、バザーにはいろいろと
手助けをしてくれているのです。私も引退したら、出来る限り協力したいな・・・と。
しかし、息子が不登校になり、ぱったり学校に出向くことがなくなり、
その理由も言えず、・・・協力したくてもできないジレンマを感じていました。

今回やっと、その想いが遂げられました。
私もやることやって自分の位置に戻れた感じです。

皆さん、顔見知りなのですが、その中に戻れて、またお仕事できたこと。
出れない時も理由を聞かれず、出て行っても「どうしてた?」などの言葉などなく
何もなかったように接してくれたことに感謝です。

子ども達もいい子ですが、お母さん達もいい人達ばかりです。

このまま気持ちよく卒業できたらいいな。。。

スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

小学校の行事、楽しそうですね~
行事の成功には、裏方さんあり!ですね。
ティカさんも、役員さんとしていろいろ協力されているのを聞くと、尊敬です。
私は、息子の小学校時代は仕事で役員はできませんでしたが、学童の役員をさせていただいたことがあり、今でもお母さん方とお付き合いさせていただいています。
やっぱり、復学後には心配していたとの声をいただきありがたかったですね。
役員で、広がった人脈はティカさんの一生の宝物かもしれませんね。

お祭り、お疲れ様でした。
うちの子どもたちの学校は、授業の一貫としておこなわれるので、前半はコンサートや講演会、科学教室などもありますが、外部の方々もいらっしゃる10時以降は模擬店やゲームなど、お楽しみがほとんどです。

昨年はうちも次男が休んでいたので…。でも長男の方でバザー委員だったので行かないわけには行かずつらかったです。
今年はPTAの方で動いたため、ほとんど子どものそばにも行けず、動き回っていました。
それでも校舎の中で、友達と楽しそうにカレーを食べる次男を見かけたり、バッグにゲットしたおもちゃを入れ、高学年の子どもたち主催のゲームカードを握っている娘とすれ違ったときは嬉しかったです。

役員はめんどくさいと思うこともありますが、学年を越えてお母さん方とお話できるのも嬉しいですね。
役員会では仕事をしながらお菓子を食べたりで、食いしんぼの私はぱくぱく(いやバクバクかも)。余ったお菓子を「ほらほら持ってって~」と握らせていただいて帰宅したりと(そのまま子どものおやつになったり、私が一人で食べてしまったり)。
もうすぐ6年生のお母さんは卒業なので、とても寂しく、次年度に向けての不安もあるのですが、頑張りたいな~と思っています。

卒業まであとわずか。息子さんにもティカさんにも楽しい毎日となるといいですね。

テイカさんへ
こんにちは、学校のお祭りですか~ 息子の学校でも、先日ありました。発表会的なものは、一部クラブのみですが、ゲームこうなーやら、実験体験や、おもちゃ作り、模擬店もでます人数の多い学校なので、裏方さんの苦労 は大変だとおもいます。

役員だったんですね、幼稚園のころは、役員はしなかったけれど、お手伝いは、いろいろやりました。バザー、お遊戯会、餅つき大会、けんちん汁作りなどなど、なので、なんとなく裏方さんの楽しさ、苦労はわかるようにおもいます。
でもいろんな人と話ができて、楽しい面もありますよね。学校に入ってからは、今は体力測定のお手伝いくらいかな?
たまに総合学習のボランティアとかありますが、やるの?やめとけば?ですね…

本当に普通に、当たり前の毎日に感謝ですね~
さすがに、息子がいかれなかったときは、お祭りどころじゃなかったですいきたかったボランティアも、やはり息子がいかれなかったときは、いかれなかったです。ここに、息子がいて自分もここにこれるありがたさ、忘れず、頑張っていきたいですね。

ちゃろさんへ

ちゃろさんは、ずっと働いているのですね。それでブログもですから、それこそ尊敬です!!
私がPTAの役員になったのは、まずは仕事をしていないから狙われたのですよ。それまで私は役員向きではないと思っていたので、最初はとんでもない!とお断りしたのですが、翌年もお声がかかったので、そう言ってくれる人がいるのならと思い直し、引き受けました。そうしたら楽しくて、もう1年やりたいなと思い、2年連続で引き受けました。一歩踏み出してみると人生変わるな~というのが実感です。

ちょろさんも役員同士のお付き合いが続いているのですね。私もその時のメンバーで定期的にランチしています。今は中学校のPTA役員をやっている人もいたりして、皆、学校の裏事情に詳しいですし、学校のことも真剣に考えていて、結構、真面目な話題でも盛り上がっています。ひと時を一緒に頑張ったという連帯感もあり、その時に戻ってしまうようです。もちろん楽しい話題もありますけどね。特別で大切な仲間です。現役時代は、先生方との飲み会もあり、先生方の素顔を見れたりして楽しかったですよ。

かのんさんへ

お祭りは最後の行事なので、終わったな~という感じです。あとは卒業式だけです。なんか寂しいです。

> 昨年はうちも次男が休んでいたので…。でも長男の方でバザー委員だったので行かないわけには行かずつらかったです。

そうですか~ご兄弟がいると、そういうこともあるのですよね。運動会とかもそうですしね。私は息子が不登校になった時、役員を引退していてよかった~と思ったものです。やっぱり学校に向かうのは嫌でしたから・・・学校へ行かなければならかなった、かのんさんのお気持ち察します。私は、その時、自治会の子供会の役員でしたけど、自分の息子が参加しない行事の企画や買い物・・・これも、情けなかったですけどね。

かのんさんは、今、PTA役員?かのんさんは役員にぴったりな感じがしますね~次年度もかのんさんの持ち前のパワーで盛り上げてくださいね~

かすみさんへ

かすみさんの息子さんの学校でもあったのですね。この時期ですからね。
人数が多い学校とのことで・・・裏方さんも大変でしょうね。うちの息子の学校は1学年2クラス。全体で12クラスという小規模な学校です。1クラス20人ちょっとという学年もあり、役員から逃れられない感じです。何かやっておかなければ・・・が、こうなってしまいました。
かすみさんも、いろいろと学校のお手使いしているんですね。私はそれまで、ほとんどお手伝いもしなかったのですが、急に役員になり、学校に出向くことも多かったため、学年を超えて、お手使いしてくださる方とお知り合いになり、縦にも横にも繋がりができました。それに、学校へ行くたびに、体育の授業や休み時間の遊びなど、息子の様子など伺えて、役得もありましたね。大変でしたが、いい思い出ばかりです。
でも、ほんと。役員ってボランティアなのですよね。そのボランティアに参加できるのも、子どもが当たり前のように通えているからこそですよね。感謝しなければ!

Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。