スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子が逃亡!?

何日か前の話です。

息子のお友達が来て、家の前で遊んでいました。
めずらしく(たぶん6年になって初めて)女の子2人も来ていて、全部で8人で
鬼ごっこや、かくれんぼなど、結構、かわいい遊びをしていました。

そんな時、お友達から、息子がいなくなったと報告が。。。
気がついたら消えていた。その理由がわからないとのこと。

突然に姿を消してしまった息子のことが、とても気がかりの様子です。
「では、また探してきます!」 皆が去っていきました。

それから30分ぐらい経ち・・・だんだん暗くなってきました。
もう、帰らないといけない時間です。
「たぶん、帰ってくると思うから。もう、時間だし、帰って」 とお願いすると。

「時間より友達だよな!!」 とT君。 (ここに登場したT君)
うん、うんと頷く皆。
「何にも言わないでいなくなるはずないもん」
(いや、過去に消えたことあるのですが(汗)→継続登校を支えているものは・・・
「見つかるまで帰れません!」

また、皆で探しに行ってくれました。

そして、「やっぱり、いない」と、また皆が集まってくる。
「もう暗くなったし、お母さんが心配するから、ほんと、帰ってね」 と言うと・・・
「家に電話したから大丈夫です!」
「帰っても、お母さんいないから大丈夫です」
「いつも怒られているから、もう慣れました!」
「家はすぐそこだから大丈夫(確かに見える場所ですが)」

誰一人帰ろうとしないのです。

お友達の友情に感動しつつも、もし、以前のようにお友達の家に遊びに行って
しまっていたとしたら・・・と思うと冷や汗まじりな私。

すると、散歩をしてた見知らぬおじさんが通りかかりました。
「君達、誰か探してる?男の子が下の道にいるの見かけたよ。
ポケットに手をいれて、うつむいていたよ。お友達かな?何かあったの?」
「それだ~っ!」皆がその道目指して、走って行きました。

私は逆方向からその道に出てみました。
すると、息子がこちらに向かって歩いてきます。
「どうした?皆、○○のこと探しているんだよ」
「まだ、皆いるの?じゃあ、俺、帰らないから・・・」
引き止めようとする私を振り切り、家と逆方向へ足早に去って行ってしまいました。

何かあったな。。。

皆がいるうちは帰らないつもりなのでしょう。
皆が戻ってくるのを待ち、とにかくもう遅いのでと伝えて帰ってもらいました。

30分ほど経った頃、電話が入りました。
T君からです。

「○○君が見つかりました。公園でブランコをしていました。
俺達が行くと、逃げようとしたので引き止めました。今、家に向かっているので
もうすぐ帰ると思います」
「まだ、探してくれていたの?ありがとね。何かあったの?」
「N子の事をうざいって言ってました。○○君(息子)が石を投げていたら、N子が
やめてって言ったのに、止めなかったから、N子がお母さんに頼んで、○○君の
お母さんにそのことメールするからねって言ったけど、それでも、止めないから、先生に
言うよって言ったらしくて・・・それが、うざいっていう意味だと思います」

そんなことかぁ~。。。

そして5分もしないうちに、玄関チャイムが鳴りました。
出てみると、さっきの男の子達と息子の姿が・・・誰も何も言いません。
息子はお友達に背を向けてうつむいています。

私は、皆にお礼を言いました。
そして、その場で息子には何も言いませんでした。
明らかに悪いのは息子。皆に迷惑をかけたのも息子。
友達のことを、うざいと言う前に、言われるようなことをしているのも息子。

親としてみれば、1時間近く、息子のために探し回ってくれたのですから、
そんなことで逃げて、迷惑かけて。。。叱りたい気分です。
でも、息子にしてみれば、皆が自分のことを探し回るなんて予想していなかったこと。
皆が帰る頃を見計らって、家に戻るつもりだったのでしょう。
皆に心配をかけたことを、咎めるのは少し違うのかもしれません。

でも、逃げてほしくはなかった。
それを伝えるべきか。伝えるならどうやって・・・ずっと考えていました。

家に入りしばらくすると落ち着いて普通に戻っていた息子。
寝る前に、少し話を切り出してみました。
その瞬間に「あ~あ~うるさい!うるさい!」と耳を塞ぎ、頭から布団をかぶってしまいました。

「皆、心配して1時間ぐらい探してくれたんだよ。皆、優しいね。本当にいいお友達だね」

その言葉も聞きたくないのでしょう。「あ~あ~」とずっと言葉を遮っていた息子。
なので、それ以上は言いませんでした。
でも、それだけは伝えたいと思いました。

本来なら諭すなり、注意をするなりするべきなのでしょう。
でも、息子の性格的にも、今の状況的にも、それをするのは難しいのです。
上野先生にも、「対応はそれでいいです。今回のように、何が起きていたかという事実の
説明と、親の気持ちを伝えればいいです」と言っていただきました。

お友達が息子を心配し、いろいろと動いてくれたこと。息子がそれを感じとって自分が
起こした行動について考えてくれればと思います。
そう願うだけが精一杯の今です。

でも、息子に進歩もありました。
友達にいなくなった理由を言えたこと。これは今までなかったことです。
それができたことで、翌日、学校で何か言われる心配がなくなったでしょうし、
翌日の登校に影響は出ませんでした。
そのまま、お友達にも会えず、何も言わないままだったら、どうだったか・・・

今回、お友達に助けられました。
友達想いの本当にいいお友達です。
息子はこんなにいいお友達に囲まれ、本当に幸せ者ですね。

少し嬉しい気持ちに満たされた私でもありました。




スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

ティカさん♪

息子くんのお友達、いい子たちですね^^
そしてそして、息子くんの気持ちもわかるな・・・
出るに出れない^^;

こうやって子ども同士、色々関わって成長していくんですよね。
もし私が同じ状況に遭遇したら、以前の私だったら「何があったの?どうしたの?」と、
根掘り葉掘り聞いていたはず・・・
そして子どもを諭していたことでしょう。

うまく伝えることができませんが、見守るってほんとに大変なことですよね。

>少し嬉しい気持ちに・・・
ほほえんでいるティカさんの様子が目に浮かびます^^

こんにちは。
本当に友達っていいですね。息子さんもひっこみがつかなくなってしまったかな?と。

確かに同じ状況だったら、といわれると?思いっきり怒鳴ってしまいたいような?ききだしたいような?そこをうまく伝えることがむずかしいんですよね。
うちも、あーうるさい!といわんばかりに、わかった!とか言いそうかな
待つこと。見守ること。それぞれの、性格に応じての対応、難しいですね…
私だったら、同じ状況だったらどう対応するか、考えてしまいました。
早いもので、あと1か月半で今年も、終わりますね。寒くなりました。
体調きをつけて、頑張ろうね♪

ciquciquさんへ

ほんとに、ほんとに、いい子たちです。
親としてもそう思うし、この話を聞いた人は、多分、皆、そう思ってくれるのだろうと。
でも、息子にとっては、もしかして、放っておいてくれればよかった。ありがた迷惑・・・とか思ったのかもな~と。そうなると、感謝の気持ちを感じることなんて難しいかもしれませんね。

> もし私が同じ状況に遭遇したら、以前の私だったら「何があったの?どうしたの?」と、
> 根掘り葉掘り聞いていたはず・・・
> そして子どもを諭していたことでしょう。

今回は、T君が理由を教えてくれたので、聞きたいという気持ちが起きなかったんですけどね。理由がわからなかったら、聞こうとしてしまったかもしれません。話してくれなかったら諦めるしかないですけどね。でも、聞きだすのではなく、話してくれて、息子の気持ちを共感してあげて、どうしたらよかったかを二人で探ることができたらいいな~と。私の理想なんですけどね~

かすみさんへ

そうですね。確かに引っ込みがつかなかったのかも・・・
逃げ切るつもりが、公園で捕らえられ、バツが悪かったでしょうね。
でも、逃げ切れるもんじゃない。つまりは、最初から逃げても無駄だと、思って欲しいですけどね。どうも、逃げ癖がついているので・・・不登校っていうことが、そもそもそうですしね。

> うちも、あーうるさい!といわんばかりに、わかった!とか言いそうかな

かすみさんの息子さんもそのタイプですか?まあ、男の子ですから、決まりが悪かったことには触れてほしくないですよね。だから、親から聞かれたら、その反応になるのかもしれませね。親は、話してくれたら聞いてあげればいいのかな。諭してあげるのも親の役目かもしれませんが、どう話すかは、子どもの性格によって違うのだろうし、嫌がられず心に届けるのは、なかなか難しいですね。それは、私のテーマかな~
かすみさんも風邪などひかないようにね!

お友達の多い息子さんだからこその、問題ですね。
お友達の『帰らなくて大丈夫』の理由のそれぞれに笑っちゃいました。
今回の記事を読んで、ティカさんが息子さんのことをよくわかっているんだ~と。
息子さんも、成長してますね。
お友達の存在がこれからも、息子さんの助けになりますね。

女の子のお友達にお母さんや先生にも知らせる というようなことを言われて焦ってしまい、逃げ出したくなったのかもしれませんね。
高学年になると女の子の口撃パワーは男子を圧倒していますものね。

お友達…以前もお友達の存在のありがたさをコメントで寄せさせていただきましたが、年齢が上がるにつれて、その重要性は親を凌ぐものとなっていくような気がします。自分自身も「親より友達」でしたし…。
中1の息子は、1学期、近所に住む先輩としょっちゅう遊んでいました。初めての「先輩」という存在ににテンションもあがっていて。ある時、先輩・同級生の友達と遊んでいましたが、息子は泣きながら帰ってきて…。あとからお友達が追いかけてきてくれました。その後二度とその先輩とは遊ばなくなりましたが、追いかけてきてくれたお友達とは映画に行ったり、うちに寄ったりして遊んでいます。
トラブルがあったときも一番に支えてくれるのはお友達になっていくんだろうな。
見守ることだけしかできないかもしれないけれど、子どもたちが振り返ったときにはいつもそこにいてあげたいな…と思いました。

ちゃろさんへ

帰らなくて大丈夫の理由・・・私もその時にちょっとウケました。皆、真面目に口にしてたんですけどね。怒られ慣れてる子が、怒られたらかわいそうだなと思っていたのですが、その後、お母さんにばったり会い、聞いてみたのですが、その時、お母さん機嫌がよかったらしく、「あ、そう」程度だったので、その子が「怒らないの?」ときょとんとしていたそうです。ちょっと胸を撫で下ろした私でした。事の顛末を説明し、その子のこと、褒めちぎっておきましたよ~

うちの息子は友達とはうまくやっていて、友達のおかげで登校出来ているようなものなのです。しかし、逆に友達関係が崩れるとそこでお休みしてしまうという不安もあるのですね。なので、今回、友達に理由を言えたことが、一番大きかったです。お兄さんとの関係でも、仲はいいけれど、頼ってくるかといえばどうか??と言われましたし。これからは、少しでも友達に心を見せることに抵抗がなくなってくれればいいなと思います。

かのんさんへ

女の子の口撃パワー!確かにね~うちの息子、それに弱いんです。昨日、わかったことですが、N子が「お母さんからメールしてもらう」と言った後に、もうひとりの女の子は、「直接、○○君のお母さんに言ったほうが早いよ!」と言ったらしいです。「言うからね!」的なことは日常茶飯事ありますよね。それにめげていたら、この先思いやられるのですけど・・・そろそろお年頃なので、クラスの中でも、告白したりカップル誕生などあるようなんですけど、うちの息子は相変わらず「女はうるさいから嫌い!」で。これは恋でもしないとダメですね~

中一の息子さん、先輩との仲は残念でしたけれど、そのかわりに、自分を支えてくれるお友達の存在に気づいたのですね。なにかトラブルがあった時にこそ、その存在のありがたみを感じますものね。

> 見守ることだけしかできないかもしれないけれど、子どもたちが振り返ったときにはいつもそこにいてあげたいな…と思いました。

ほんと、そうですね。親は、いつでも見守っているんだよ。それを背中で感じてもらいながらも、自分の足で歩いていってほしいですね。前に出ないように気をつけなきゃ~
Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。