スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登校のストレス

息子は今年4月に復学させていただき、継続登校できています。

不登校から復学までは順を追って、記事にしてきました。
(カテゴリの 『不登校になって』 『復学支援』  から入っていただけます)

継続登校の様子も少しずつお伝えしています。

そこで、登校刺激で180度変わったはずの息子が、また180度戻った??
と言われても仕方のない状況であることも事実。
(登校刺激~息子が変わった日)
(登校刺激のあと~180度変わった息子)

今日はその辺のことをお伝えしたいと思います。


登校刺激後、息子は自ら勉強を始めるなど、かなり前向きな姿をみせてくれ
ました。息子にしては上出来でした。期待以上でした。
どれほど、その時の息子の姿に喜びを感じたかわかりません。

それが登校して、次第に元の息子。いや、それ以下と言っていいほど、
だらけた面が見えてきてしまいました。

息子は復学し、本来の自分の位置に戻り、登校した喜びで満ちていました。
その高揚した気持ちが、本来の自分のキャパを越え、いろんなことを
受け入れようとしました。また、できてしまいました。
言い換えれば、それだけ学校に戻れたことは嬉しかったのでしょう。

しかし、その精神状態をずっと保つのは大人でも難しいことです。
学校に戻り、しばらくは新鮮な気持ちに包まれているとは思いますが、
それも時間の経過とともに日常化し、輝きが薄れてきます。
劇的な変化を見せたのなら、なおさらそれを100パーセント保つのは難しい
ことなのでしょう。

誰しも、登校してしばらくするといろんな変化が現れるのでしょうけれど、
息子の崩れかたは先生の予想を超えていたようです。

正直、その変化を受け入れることが大変でした。

そこに登校後のストレスという問題も立ちはだかっていました。

息子の場合、登校刺激から登校までは2週間という短い期間でした。
登校刺激では、かなり子どもにストレスを与えるものなので、そのストレスが
抜けるまでには、その子にもよりますが、1ヶ月近くかかるそうです。

普通は反発を繰り返しながらだんだん安定してくる。
登校刺激のストレスが無くなった時点で、今後は登校のストレスと向き合うのが
望ましい。しかし、息子はその反発がなかった。
登校刺激のストレスが残ったままで、登校のストレスを抱えている可能性がある。
せめて、登校して最低でも1~2週間は、これ以上のストレスを与えないようにしてほしい。
1学期中は学校へ向かっていることで精一杯だと思うので、まずはそれでよしとして、
それ以上の望みはあまりかけないであげてほしい。

上野先生にそのように言われていました。

登校したての頃は、まず登校の安定を優先して考えなければなりません。
ルーズな面は気にはなりますが、息子本人の問題でもあります。
とりあえず、そこに目をつぶるのが、私の試練でもありました。

だんだんとだらけていく過程は、登校のストレスが次第に薄れていく
過程でもあったような気がします。

息子は、崩れたのではなく、本来の息子の姿に戻っただけのこと。
不登校前は、親が口うるさく言っていたので、それに従っていただけのこと。
だから今ほど、崩れていないように見えていただけだと思います。

子どもの自主性を引き出すために、先読み、支持、命令、提案などを
やめたら、そこに見えるのは親に操られる前の子どもの姿。

まずはその姿を受け止めなければならないのだと思います。

今、目の前にある子どもの姿は親が育てた結果であること。
そして、それをいい方向に導いてあげられるのも親であるということ。

学校に戻していただき、これから学校という社会の中で、成長していく
基盤は支援の先生方に作っていただきました。

そこからは、子どもが自分の力で前に進んでいかなければなりません。
転ぶときもあるかもしれませんが、ぐいと手を引っ張るのではなく、時にはヒントを与え
子どもに考えさせ、自力で起き上がれるように導いてあげなければなりません。

自主性を引き出すために、基本的には何も言わないで見守る姿勢が大事だとは思いますが、
まだ、小学生ですし、社会の常識やしつけ面、子どもが知らないことを教えてあげる必要も
あると思います。

うちの息子は失敗に気づかないタイプです。
失敗させても本人が失敗だと認識しないので、あまり効果があがらず、うまく気づかせて
あげることの必要性を感じています。
ただ、その見極めや伝え方が難しいのですが・・・

登校して8ヶ月。
いい方向に向かってきているものももちろんあります。
しかし、まだまだいろいろとある息子です。

親として伝えたいこと。
それをどう息子の心に響かせるか・・・それが今の私の課題です。

子どもは常に親の出方を見ています。それに影響されます。

それを念頭において頑張られば!と思います。



スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

ティカさん こんにちは
息子さんの本当の姿が見えてきたんでしょうかね

>先読み、支持、命令、提案などを
やめたら、そこに見えるのは親に操られる前の子どもの姿。

うちも私の理想の子供像からゆっくり脱皮しようとしてる我が子・・「ええ?本当はそうしたかったの?」「そういう好みだったの?」と驚くこともありますね^^;
まずは親がその事を受け入れて認めてあげなくては・・と思います。でも親も 長年のクセがあるから、ちょっと気を緩めると
すぐ元に戻りそうで 怖いですね><

>うちの息子は失敗に気づかないタイプです。

そっか~それは対応が難しいんでしょうね
でも私も「どういうタイプ」って客観的にみれるようになって、他人と比べなくていいんだって思えるようになりました

一人ひとりの個性があるから、それは大事にしたいですよね
でもやっぱり、少しずつ解ってもらいたいこと 言葉を選びながら、感じてもらえるように頑張っています
日々積み重ねですね~v-220



jumaさんへ

そうですね。息子の本来の姿が見えてきたのでしょうね。ここまでの姿は見たくなかった・・・とういうのが本音ですけどねv-12

不登校になる前は、しつけの部分もありますが、こうした方がいい。とか、こうするべきだ。とか・・・まあ、言う事を聞いていた部分もありましたが、今、こうなってみて思うことは、ただその時に言葉に従っていただけで、身についてはいなかったということです。思春期になり反動が出た分、しつけできていない部分はどうなるのか・・・頭が痛いです。本人のありのままを認めたうえで、Iメッセージで伝えていくしかないのかな。

Jumaさんの娘さん達も脱皮してきましたか?新しい発見もありそうですね。娘さん本来の姿が見えてくることも楽しみにできるといいですね。
親のクセは染み付いているので、本当に気をつけないと・・・私もうっかりすると間違いを犯しそうなので、日々精進です。お互いに頑張りましょうねv-91

テイカさんへ

こんにちは。本当にその通りだとおもいます。
息子が復学して、はじめは心配していたより、確かに上出来でした。が…やはり、それを継続していくということは、難しかったようにおもいます。まあそれが本来の姿といえば、そうなのですがうちも失敗は成功の元ではなく、失敗したがどうにかなりました。あはは~みたいな

また小学生だし、外れたらただし、また少しずつ進んで行く!ですかね、ただ伝えると言う部分がきついです。
先読み、指示、命令の使い分け、命令はしないとしても、いつも指示の部分に迷います。ただ余計な部分を削ったときの姿が本来の部分なんだな?とおもいながら、最近指示しがちでした。
今息子の状態がイマイチ不安定です。いままでならクリアしたことが、クリアできず、微妙な体調不良でも休んでしまってます。またコメントいれます。。
他のブログでは,ゆうまというネーム使ってますが、かすみというネーム結構気に入ってます。。そのままいかせてくださいね。寒いですね~
体調気をつけてくださいね

かすみさんへ

伝えること、本当にキツイですね。私も苦労しています。いろんなことをやってくれますので・・・普通だったら指示、命令ばかりしたくなる気分です。注意するべきことがあったら直接的に言ったほうが、小学生は効く場合もありますしね。でも、反抗させてしまっては効果がないし、その言い方が課題ですよね。先生に「ここはキレてもいいです」と言われたことが何回もあります。ただキレるまでの過程が大切で、キレてもおかしくない状況・・ここまでなら許すけれど、これ以上は親も黙ってないぞ。的なことを伝えることもありかなと思います。それに関係なくただキレてしまったことも・・・もちろん先生は困り顔e-258

息子さん、不安定なのですか?そうですか・・心配ですね。5年生の2学期ですと、思春期に差し掛かって自立心が芽生える時ですものね。息子さんの中にも変化が起こっているのかもしれませんね。うちは去年のその頃、息子の反発心が強くなり、それまでの親の言い方などが通用しなくなったことを実感しました。難しい年齢ですね。うまく建て直しが出来るよう祈っています。

お名前のことはびっくり!ゆうまさんと同一人物だったとは!?元、ゆうちんさんですよね?もちろん、あちこちでコメントみてましたよ。こちらでは、かすみさんですね。これからもよろしくねe-68

みてましたか。これからもよろしくお願いします。返信ありがとうございます。不安定ですが、頑張ります。
またコメントいれます

かすみさんへ

頑張ってくださいね。影ながら応援しています。

ところで、先程の私のコメントで誤字が・・建て直し→立て直し でしたね。ごめんなさい。

記事の中の誤字はあとでこっそり直したりしているんですけどね。コメントは直せないので・・・

では、では。また、コメントまってますね。
Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。