スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業。。。 (追記あり)

息子が不登校になって、まもなくの頃だったと思います。

初めて、買い物に出た時です。
ちょうど息子と同じ年ぐらいの男の子が、私の前を自転車で駆け抜けました。

私は思わず、その男の子に心の中で声をかけました。
『それでいいんだよ。思い切り遊んでね』

そして、スーパーに入りました。
小さい男の子が母親に叱られています。男の子は大泣きです。
『そんな言い方しなくても・・・お母さん、あんまり言わないで』

私はその頃、外で見かける子ども達や子どもを持つ親に、そうやって、
声をかけずにいられませんでした。

息子と同じ道を進んでしまいそうな子どもやその親を見ると気になった。
分かってほしかった。
息子のようにならないで・・・そうしないでと・・・そうお願いしたかった。

それまで、受験のため、息子の時間の管理をしていました。
学校から帰ってきて、自転車で遊びに行ってしまうと、心配になりました。
たくさん、たくさん、いろんな事を言ってしまいました。

それから逃れるため、息子は動かないことしか出来なかったのです。

息子が不登校になると、今までと外の景色が違ってみえました。
今まで自分が見ようとしていかなったことばかり目に入るようになりました。

自転車で駆け抜けていく少年。
それでいいのだと息子が教えてくれました。


うちに帰ると、いつも息子がいました。

やっぱり、息子はいる。。。
どうしようもない現実。

本当は家にいてはいけない時間なのに・・・
そうさせてしまった息子。

「ごめんなさい・・・」

息子にかける言葉は、それしかありませんでした。



あの日々のこと。。。

無くてもいい時間だったのかもしれません。
でも、それがあったから、見えてきたものがありました。
それがなければ見えませんでした。

息子は再び、自転車で駆け抜ける少年になりました。

無事に帰ってくるだろうか・・そんな心配ができるようになりました。

外で遊べることはすばらしいのです。
楽しんでくれることが嬉しいのです。

辛く苦しかった時間がそう思わせてくれるのです。



「ありがとう・・・」

生まれてきてくれて・・・ありがとう。

我が儘言ってくれて・・・ありがとう。

たくさん甘えてくれて・・・ありがとう。

悪戯な笑顔を見せてくれて・・・ありがとう。

生意気だけど、たまに優しい言葉をかけてくれて・・・ありがとう。

たくさん、たくさん・・・ありがとう。


もう「ごめんなさい」とは言いたくない。

あの日には戻りたくない。

これからは「ありがとう」と言い続けます。

「ありがとう」と言えるお母さんにしてくれて・・・ありがとう。



お母さんは今日のあなたの笑顔を忘れません。

みんなの中の笑顔が一番すてきです。

お母さんは、その笑顔が見たかったのです。


今日のすてきな笑顔を・・・ありがとう。


そして・・今日のこの日を・・・ありがとう。










息子は今日、卒業しました。

いつもは写真嫌いで、カメラを向けると逃げてしまったり、
わざと、ふくれっ面をしたりするけれど、今日は、カメラの前で
たくさんの笑顔を見せてくれました。

涙、涙の卒業式になるかなとも思っていました。

実は卒業を迎える2~3日前から、メソメソ泣いていた私です。
涙腺、緩みっぱなしでした。
もう、本番になったらどうなってしまうのだろう・・と思っていました。

でも、そうでもなかった。

ロボットのように歩く息子の姿を見ていたら、なんだか可笑しくなってしまったのです。

皆の中にいる息子に幸せを感じていました。
微笑ましく、包み込むように、息子を見ていました。

そして、息子の周りにいるお友達の姿もしっかりと見届けました。
ひとり、ひとりに心の中で「ありがとう」と言いました。

校長先生にご挨拶した時には泣いてしまいましたけど・・・
「本当によかった。あなたもよく頑張ったと思う」と肩を抱いてくださいました。



ここまで支えてくださったすべての方に感謝いたします。

どうもありがとうございました。


晴れやかな息子でよかった。

晴れやかな1日でよかった。


今日のすべてのことに・・・ありがとう。





追記です。。。



記念写真です。


        025.jpg
        卒業証書と、胸につけたお花と、花束。




        DSC00033_20100319151313.jpg
        入学式の日です。ピカピカの1年生。
        このスーツ私が作ったんですよ
        エンブレムが見えないのが残念。
        ズボンは主人のスーツのリフォームです。




        012_20100319164431.jpg

        卒業式の日。
        身長は伸びましたが、なんだか同じ髪型ですね。
        これが噂?のぼっちゃん刈り


身も心も?成長した6年間です。



今朝、上野先生に卒業のご報告をいたしました。

ていうか・・・遅過ぎです。
実は昨日、帰宅するのが遅くなりお電話しそびれてしまいました。
もちろん、今日、ご報告しようと思っていましたよ(汗)

しかし、今朝、上野先生の方からお電話をいただいてしまいました。

「おめでとう」の言葉の後に・・・

「ティカさん、ブログ見ましたけど・・・ブログより先に電話ほしかったです・・・」

キャ~~すみませ~ん。

そして、そして・・・言い訳含め、改めて?ご報告。
泣いてしまった私でした。

先生、ありがとうございました






スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

御卒業おめでとうございます

ティカさん、今日が卒業式でしたね。
おめでとうございますv-354
ティカさんの静かな文章を見て、なんだかうるうるしちゃいました。

外に遊びにいくことがうれしい。本当にそうです。あたりえのことが、こんなにうれしいと私達は知っています。
「ごめんなさい」ではなく、「ありがとう」の言える親にしてもらったことは、本当に感謝です。
ティカさんの気持ちが、手にとるように想像できて、なんだか感動してしまいました。

ティカさんは、涙ではなく晴れやかな卒業式だったのですね。
息子さんの、新たな一歩へ続く道です。
ティカさんの中でも、大きく成長された様子が素敵ですv-353
本当におめでとうございました。v-252

おめでとうございます!

卒業おめでとうございます。
本当に当たり前が当たり前でなかった日々をおもうと何でもないことが、ありがたいな~とかんじます。
泣くとおもっていてもその時は結構泣かなかったり、でも校長先生のあなたもよく頑張ったとおもいますはなんか私もジワッとしました。
どんな形であれ、少しでもいい形で来年卒業できるように、がんばらないとね。

テイカさん卒業おめでとう!
春休みのんびりすごしてくださいね。

ご卒業おめでとうございます。
本当によかった。心からのおめでとうです。

私も昨日卒業式に行って来ました。
6年生の姿を見て、「ありがとう。1年生、みんなのこと頼りにしてたよ。相棒さんのことだいすきだったよ。ありがとう。」心の中はありがとうでいっぱいでした。
6年生の退場は5年生の演奏する「威風堂々」にあわせてなんですけど、拍手しながら見送っているうちにいきなり涙があふれてきて。自分では予想していなかったんです。
6年生への感謝の気持ち、胸を張って歩く姿に胸が熱くなったこと。そして家族ぐるみでおつきあいしているEちゃんの姿。Eちゃんは妊娠26週のある日超未熟児の双子で産まれてきました。5月出産の予定が1学年早くなる2月に誕生。私たち家族はEちゃん一家のがんばりをみてきました。夫が同じ職場だったために、夫が忙しいときは昼間からいっしょに遊び、ご飯を食べ、お風呂に入ってから帰る…という支え合いで、つらい時を乗り越えてきました。そして次男が不登校になったとき、励まし支えてくれ「何かできることはない?」と常に気にかけてくれ学校にも働きかけてくれていました。
心の中だけにとどめておけないありがとうが、涙になってあふれてきたのかなと思います。
お姉ちゃんのTちゃんも朝、体調が悪かったそうですが、無事に卒業式を迎えられたそうで安心しました。
カメラの前で笑顔を見せてくれた息子さんも誇らしい気持ちでいっぱいだったのではないでしょうか。
とっても幸せな気持ちになりました。
ティカさん、おめでとうございます。
そして、幸せな気持ちを分け与えてくれてありがとうv-252

息子さんのご卒業、おめでとうございます。

そうだった。卒業式って、親にとっては嬉しい日なんですよね。ティカさんのお話を読んで改めてそう思いました。

私達はこれまで散々泣いてきました。胸のうちにはたくさんの後悔もかかえています。
でも、大勢の子ども達の中に自分の子どもがいる、そんな当たり前の事を嬉しく思うことができ、そしてそれこそが子どもの成長を後押しできることを知った私達、幸せな母になれたのではないでしょうか?

子どもに生きる醍醐味を味わせてもらっているのかな。

>生まれてきてくれて・・・ありがとう。
>我が儘言ってくれて・・・ありがとう。
>たくさん甘えてくれて・・・ありがとう。
>悪戯な笑顔を見せてくれて・・・ありがとう。
>生意気だけど、たまに優しい言葉をかけてくれて・・・ありがとう。
>たくさん、たくさん・・・ありがとう。

今の私の気持ちもまさにこれにつきるとそう思いました。
本当に本当に・・・おめでとうございます!

ちゃろさんへ

ちゃろさん、ありがとうございますe-420

ちゃろさんの息子さん、娘さんに引き続き、うちの息子も無事、卒業できました。
この時期が近付くにつれ、色々と感慨深い思いがあったのですが、当日はわりとあっさりでした。それまでにいろんなことを思い出しては感傷に浸っていたので、もう涙が尽きてしまったのかも・・・でも、この記事を書いている時にはまた涙でしたe-445

「外に遊びに行くこと」外に出れなかった息子のことを思うと、やはりこれが一番嬉しいことなんです。勉強する時間がなくなると思ってしまった時期があるだけに・・・です。でも、今はその姿が嬉しい。そう思える自分も嬉しいです。それは私の成長でもあるのですね。

かすみさんへ

かすみさん、ありがとうございますe-266

泣くと思っていると泣かなくて、泣くと思ってないのに泣く・・・そんなものかもしれませんね。実は、卒園式にも泣くと思っていて泣かなかった私です。

校長先生ですが、感激やさんで、式辞の時にも涙声(毎年のようですが)でした。卒業証書の授与式の時も、ひとりひとりの顔を見て、笑顔だったりいろんな表情を浮かべていました。息子の時には、なんとなく感極まった感じだったので、少しグッときた私です。やはりたくさんご心配をおかけしたので・・・ご挨拶に行った私はいきなり泣いてしまい言葉になりませんでした。
かすみさんは来年ですね。いい形での卒業・・・私もご報告待っていますよ~v-254

かのんさんへ

かのんさん、ありがとうございますe-251

うちの息子、いつもカメラを向けると睨んだりするんですよ。でも、昨日は拒みませんでしたね。ブログにUPしたのは朝出かける前なのですが、何ポーズも撮らせてくれましたよ。学校では私とのツーショットも・・・久しぶりのツーショットに嬉しかった私でしたv-205v-209

かのんさんの卒業式・・・役員さんの参列かな?
自分の子どもの卒業式ではなくても、そこに参列している子どもや親の気持ちを思い計り、またその表情から、いろんな自分の思いを重ねてしまいますね。
そして、小さい頃よりずっと見守ってきたお友達のお子さん、それまでのお互いの辛い時を支えあってこれらただけに、感慨もひとしおですね。もう親と同然の気持ちだったと思います。本当に、いろんな思いが詰まった卒業式ですね。

メリーベルさんへ

メリーベルさん、ありがとうございますv-22

うちの息子はまだまだなんです。我が儘いったり、甘えたり・・それがいいことではないことは分かっています。まだまだ私を困らせてくれる息子なんです。でも、息子はその状態で存在している。そして、まぎれもなく、それがうちの息子なんです。一度、立ち止まり動けなくなった息子を思えば、自分で動こうとしている今があることに感謝です。どんな状態であろうとも前へ進むことが出来るのだから可能性は広がっています。たとえ、困らせてくれる息子であっても「ありがとう」・・・それはやはり不登校の時期があってこその気持ちです。

メリーベルさんの息子さんもご卒業ですね。卒業式はこれからですか?どんな卒業式になるのでしょう・・・記事?楽しみにしていますねe-257

卒業おめでとうございます!

息子くん 卒業おめでとうございます!

素敵な式になったのですね
息子さんの写真、晴れやかな表情しているのが
伝わってきます(^^)

>皆の中にいる息子に幸せを感じていました。
本当にそうですね。これがこんなに嬉しく幸せなことなんだと気づかせてもらいましたよね

そして過去を振り返る記事
私も同じような気持ちを抱いた事を思い出しました
本当に先が見えなかった・・どうなってしまうんだろう・・って思っていた。
辛い涙も沢山流してきたけど、色々気づかせてもらってよかったよね!子どもが立ち止まってくれたお陰で見えてきたことが沢山あるものね。

本当に頑張ったよね
心からおめでとうございますv-353

さて家の娘の卒業式は24日です。
どんな式になるのか 楽しみです♪


おめでとうございます!

ご卒業おめでとうございますe-398
色々な想いがこみ上げてきたことでしょうね。
入学の日と卒業の日の写真e-94息子さんの笑顔がとってもいいですねヾ(*゚∀゚*)ノ心も身体も本当に大きく成長されましたね。喜びが伝わってきます♪
>「ありがとう」と言えるお母さんにしてくれて・・・ありがとう。
心に響きました。。辛く苦しい日々で立ち止まりはしたもののそれ以上に得るものも大きかったなと思います。
「ありがとう」いい言葉ですね。
ご卒業本当におめでとうございました☆ヾ(●´∀`●)ノ☆

息子さんの卒業、おめでとうございます。
本当に、自転車で駆け抜け友達と外で遊ぶ少年に戻って、卒業式でみんなの中で笑顔を見せてくれることが嬉しいですよね。
辛い日々があったからこそ、喜びも大きくなりますね。
噂のぼっちゃん刈り、なかなか中学生らしくて制服姿が似合いそうですね。。

jumaさんへ

jumaさん、ありがとうございますe-243

息子の晴れやかな表情をそのままお伝えできればいいのですけれどね~目隠しでごめんなさい。でも、本当にこの日は笑顔いっぱいでしたe-420
今までお世話になった訪問の先生やお兄さんにも、写メお送りして息子の笑顔を見てもらいました。「笑顔すぎる」などと喜んでいただいてして、本当によかったな~と改めて思いました。

不登校は辛い過去ですが、その時に流した涙があるからこそ、いろんな感謝が生まれるのですよね。いつも心のどこかに置いておかなければならない過去なのかも・・・

今後はjumaさんの番ですね。いい涙を流してくださいね

夏恋さんへ

夏恋さん、ありがとうございますv-318

入学式と卒業式の写真を並べると、同じ髪型なのでびっくりしてしまった私です。私が切るというなるということですねv-356
目隠ししていますが、どっちも満面の笑みですよ。入学式の写真を見ると、あの時の笑顔をどこかで奪ってしまったのだなぁ~と複雑な心境にもなってしまいます。今は大きくなってあの時の無邪気さとは少し違いますが、無事に笑顔で卒業できたこと、本当によかったと思います。
いろいろあったけれど、息子がいてくれるからこそ。すべてのことに「ありがとう」と言いたくなりました。そんな気持ちになれたこと、自分としても嬉しく思います。

いよいよ夏恋さんの息子さんもですね~ブログ楽しみにしていますねv-353

ふらわぁさんへ

ふらわぁさん、ありがとうございますe-398

自転車で駆け抜ける少年・・・それまでの私の価値観が崩れ去った時に目に飛び込んできた光景。私は何をやっていたんだろう。これでよかったのにと気付いたんです。今でも、ふとその時の感情を思い出します。その時から、いつかはまた自転車に乗って駆け抜けてほしいと願っていたんです。それが実現できて本当に良かったと思います。
ただ、今は、自転車で転んで骨折したり(復学の月)、急に横断して車に轢かれそうになったり、自転車で駆け抜けてくれるのはいいのですが、冷や汗ばかりかいていますe-447

ぼっちゃん刈りもこれが最後だと思います。いい記念になりました。
Secret

プロフィール

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。