スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校3年~中学受験の道へ

3年生の夏から中学受験のための勉強を始めました。

まず塾の夏期講習を体験。息子が続けたいというので、そのまま入塾しました。

塾の勉強は面白かったようです。
塾の環境の中で自然と息子も受験モードになってきました。

4年生になって積極的に学校訪問するようになると、もうすっかり私立派。

こんな学校に行きたい!と。

親が子どもを受験させる気にさせるのは結構簡単なんです。
中学受験って洗脳の世界です。

洗脳されるのは子どもだけではありません。

ちなみに私が住んでいるのは、関東地区です。
都心から少し離れていて、まだのどかであり、中学受験生も今クラスに2人だけです。

そういう環境ですので、公立に行くものだと思っていた私達夫婦でした。
しかし、ある塾の講師から、今の受験事情などの話を聞く機会があり、その日から
一気に受験モードに入ってしまいました。

最初に入った塾ですが、どちらかといえば、のんびりムード。

半年後、さらに上を目指して、転塾しました。
関東地区一番の実績を誇っていた塾です。

入塾してすぐ・・・「楽しすぎて困っちゃうよ~」

出だしはよかったです。

教材の量は半端じゃありません。
塾としてはトップレベルの子が満足できる質と量を用意する必要がありました。
すべての子にそれをこなすことは求められていません。

が、しかし、全部こなしていったのです。

トップに追いつくなら、やらなければならないと。

親の思いが影響したのか、塾での刺激なのか、息子も一番上のクラスを目指すと。
志しだけは高くもっていました。


受験勉強を子どもが自ら進んでやっていたのなら問題はありませんでした。


息子は、もともとじっとしていられない子です。
とにかく、すぐ気が散る。集中できない。
教材をすべてこなすには膨大な時間が必要でした。

主人がスケジュールを管理し、私は、時間の管理をしていました。
馬の尻を叩くように、どんどん走らせました。


つまり、やらせていました。


成績は徐々に上っていきました。
目標に手が届きそうになると、さらに加速します。もう少し、もう一歩。

子どもに疲れが出ているのはわかっていました。
でも、塾通いの子は皆そう。結果が出れば、苦労はふっとぶ。
そう信じて走るよりしかたがない。

今、その時のことを振り返ると、胸が痛みます。。。


どんなに勉強が進まなくても、受験する気持ちだけは持っていました。
しかし、気持ちがあっても、思うようにはできません。

休日、出かける予定があると、「これやったら行こう」と声をかける。
1時間ぐらいで終わる予定が2時間たっても、3時間たっても・・・
結局、出かけられないで終わったことが何回もありました。

目の前にぶら提げられたにんじんに、ありつけない日々が続きました。

やってもやっても、終わりのない勉強。
確実に許容範囲を超えていました。


そして、ある日、息子は、家出したのです。


車で40分もするところまで、ひたすら歩いていました。
朝、家を出て、夕方、保護してくれた方から連絡が入りました。
さらに先へ歩こうとしていたようです。
その日は帰るつもりはなかったと言いました。


「宿題をするのが嫌になった」


次の日に、塾をやめました。


小学校4年生の6月でした。

スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。