スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登校準備~学校見学

登校日の前日に学校へ下見?に行きます。
これが学校見学です。

生徒が誰もいなくなった放課後、学校に向かい、教室や、自分の席など
翌日、登校しても戸惑わないように、最終確認です。
防災頭巾、雑巾など、学校に置いておくものは、その時に持っていきます。
登校日にひとりで重い荷物も大変ですし、置くところが分からなくても困りますし,
他の友達と同じ姿で登校するのが、本人にとっても一番いいはず。

学校には、お兄さんと歩いて向います。
そう、歩いて・・・
これが、息子にとっては一大イベント。

それまで、車で誰にも会わないような遠くにしか行けなかったのですから。
車に乗り込むのにも、車を玄関に横付けして、車のドアを開けてから玄関の
ドアを開け、姿勢を低くして滑り込むように車内へ。
車の走行中、家の近所はずっとシートで横になり、友達がいそうな近くの公園の側は
絶対通らないでと言いました。
それぐらい、誰にも姿を見られないように用心していました。

それを歩いて学校まで行くのですから・・・
息子にとっては、かなりドキドキものの、心臓破裂しかねない試練?です。
もちろん、N先生から、学校見学の説明は受けています。

いよいよそれが翌日に迫った日の会話です。

子 「今日、友達に連絡帳、持っていってもらおうかな」
私 「連絡帳?」
子 「そう。まだ新学期で時間通りじゃないから、持ち物連絡帳に書いてもらうの」
私 「明日の学校見学の時に先生に聞けばいいんじゃない?」
子 「明日って俺も行くの?」
私 「・・・?行くよ。お兄さんと歩いていくんだよ」
子 「え?歩いて?(固まった!)何時に行くの?」
私 「3時に先生(担任)と約束しているよ」
子 「え~~!!そんな、ゴールデンタイムに~??皆、公園とかで遊んでいる
   時間じゃない」
私 「そうだね」
子 「夜とかにしてよ」
私 「??先生、そんなに遅くまで学校にいないよ」
子 「え~!?お母さんは行かないの?」
私 「お母さんは行かなくていいって言われているから行かないよ」
子 「行かなくていいと言われていますが、行ってもいいですか?って言ってよ」
私 「そんなこと言わないよ~」

この日が近づくのをドキドキして待っていたかと思いきや、呑気なものです。
N先生も、この会話を知り、「言ってありましたけど~」 と呆れていました。

ゴールデンタイムという表現や、「行かなくてもいいと言われていますが・・・」のくだりは、
上野先生に面白いとウケていただきましたけど。

もう、ジタバタしてもダメです。次の日には、お兄さんも来ちゃいますしね。


そして、学校見学の日。。。

お兄さん達、やってきました。

実は、この日、新しいお兄さん、大学生のIさんの初登場です。
今までお世話になったNさんは、仕事で遠方に行くことになり、訪問を続けることが
出来なくなりました。
とりあえず、学校見学の日は、訪問のN先生おひとりでというお話でしたが、
登校後に、何かあった時のことを想定して、登校前に一度入ったほうがいいだろうと、
急遽、N先生が、Iさんを連れてきてくれました。

Nお兄さんのその後ですが・・・
それから約1ヶ月後に、仕事を終え、またこちらに戻ってきているようです。でも、今は訪問の
お仕事はされていないようですね。ご自分の夢に向って、頑張っておいでです。
訪問が長かったので、経験則でいろんなことをご存知で、本当に頼りになる存在でした。
ほとんどカウンセラーでした。教えていただいたことが、たくさんあります。
息子の登校の姿を見ていただけなかったことは残念ですが、仕方がありません。
Nさん、お世話になりました。


いよいよ出発です。。。

「よし。勇気を持って!」 玄関を出る時、息子の声が聞こえました。

すんなりと家を出たようです。N先生と新しいIお兄さんも一緒です。
お兄さん達に勇気をもらえましたね。

家を出て、住宅街から階段で下の道に出たら、学校までは一本道です。
私が待機していた2階の部屋から、その道が見えます。
息子達が家を出た次の瞬間から、その道をじぃ~っと見下ろしていました。
ついに、外を歩いている息子の姿を見ることができる記念すべき日♪
が、しかし、一向に息子達の姿が見えません。。。あれ??

階段の下で遊んでいる男の子達がいました。
息子はそれを見て、違う道へお兄さんを導いたそうです。それから、まわり道をして学校へ。
お兄さん、「疲れた~」と言ってました。
学校まで5分で行けるんですけれど・・・いったい何処を歩いたのやら。

学校ではどうだったか?
それは、私が立ち会ったわけではないので、よく分からないのです。
N先生の報告によると、かなり緊張していたそうですが・・・

学校見学が終わって、N先生はそのままゲームソフトの交換にお店に寄ったらしく、
息子とIさんの二人だけで帰ってきました。
とても楽しげにお話していました。Iさん、早くも息子のハートを掴んだようです。

学校訪問を無事に終え、あとはお楽しみのゲームタイム。
今日はやることやったし~あとはご褒美とばかりに、スマブラで盛り上がる。

しかし、今日の予定はそれで終わりではなかった。。。

ピンポ~ン♪
そんなチャイムは自分に関係ない? いや、ゲームに夢中で聞こえない??

上野先生、ご到着。

そのゲームの様子を伺いながら、そろり、そろりと近づく先生。
登校刺激を思い出させるような忍び足。 (過去記事・・・登校刺激~息子が変わった日)

先生に気づいた息子。瞬時に、シャキーンと背筋が伸びた!
思わず、手が膝の上に乗る。
息子に、あの登校刺激の緊張感が走ったのは確か。

私やお兄さん達は、ここで一旦、席を外します。
いくつか質問などして、息子の決意?を読み取っていただいたようです。

あと、ついでに、私への胸さわりが戻ってしまったので、注意していただきました。
「どうしても触りたくなっちゃって~」ともじもじ言っていたそうですが・・・
ここで言っていただいたお陰で、それ以来、一切無くなりました。

上野先生に、「学校へ行く」 と言った息子ですからね。
先生のご登場だけで、充分に息子にプレッシャーを与えたはず。
これで明日は万全でしょう。

N先生の息子への言葉がけです。
明日、登校して、もし誰かが何かを言ってきたら・・・という話です。

「先生に何も言わないようにと言われても90%何か言ってくる奴がおる。その時に
言われた!って顔をすると突っ込まれる。それを、突っぱねばならん。お前は男だろ。
やる時はやらなぁいかん。それが明日だ。また休んだら、やっぱりあいつは休んだって
言われる。行き続けなければならない。わかるな。」

これ、私が台所にいる時、側で聞いてしまいました。
わっ!N先生かっこいい!この言葉残さなきゃ。
思わず、こそこそっとメモをとった私なのでした。

息子にエールを送ってくださり、明日への準備は万端です。

いよいよです!

スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

息子さんの、ドキドキ感が伝わってきました。
前日には、上野先生もこられるのですね。

学校見学、これははずせません。
息子さんは、家にいることの罪悪感をっしっかりもっておられたのですね。とても大切なことですね。
うちの息子は、平気だったので、不登校中に学校の先生から注意をいただいたこともあります。

お兄さんの交代もあったのですね。
息子さんには、心配よりお兄さんとの遊びの楽しさの方が大きかったかも・・・。

今回の記事、ものすごく興味深く読ませていただきました。うまいコメントが思いつきません。
続きが、早く読みたいくらいです~

ゴールデンタイム、「行かなくてもいいと~」私も大ウケしちゃいました。
お兄さんの交代があったのですね。
うちは、お姉さんが途中から忙しくなって、高校時代のお友達に声を掛けて下さり、お姉さん2人体制になりました。
お2人でうまく調整して訪問して頂きました。
そうでしたね~。
学校見学を終えた後の夕方、上野先生のご訪問は、効果抜群でしたね~。
相当、気が引き締まるのでしょうね。
こうして、いろいろな方に支えて頂いて、登校への意識を高めていったのですよね。

N先生の言葉かっっこいい!ですね。
私も訪問の先生には励ましていただいたり、喝を入れていただいたり、ずいぶん助けていただきました。

学校見学はやはり車で迎えに行きました。
見送って下さる担任の先生、教頭先生に感謝し、祈る気持ちで車を出しました。
帰り道にクリスマスの飾り付けがすごいおうちがあり、『この次にここを通る時には、どうかこの子が登校できていますように』とサンタやたくさん並んだちび雪だるまに願ったことを覚えています。

いよいよ登校!私もドキドキしながら次の記事を待って
ま~す!

学校見学ですね。息子さん歩いていくこと、相当に勇気がいりドキドキだったでしょうね。でもお兄さん達と一緒に無事行けてよかった、よかった。息子さん頑張りましたね。我が家は行きは車で送り、帰りは歩いて帰ってきましたね。なかなか帰ってこなくて、逆に上野先生に先に家でお待ちいただきました^^;
お~N先生かっこいいですね!我が家もN先生でした(同じ先生かな?だよね、多分)息子も何か言われたかな?聞くことができなくて残念^^;
たくさんの方に支えて頂きながらいよいよ登校ですね。

ちゃろさんへ

そうなんです。前日に上野先生がいらっしゃいます。息子は知らされていなかったので、相当びっくりしたいましたね。それまでゲームをしていて、和んでいただけに、先生が現れた時の息子の慌てぶりに、ちょっと笑っちゃいました。

> 息子さんは、家にいることの罪悪感をっしっかりもっておられたのですね。とても大切なことですね。
> うちの息子は、平気だったので、不登校中に学校の先生から注意をいただいたこともあります。

息子は本当に日陰生活でしたね。習い事もストップだし、友達が遊びに来ても受け入れないし、どんどんひどくなるようで・・・でも、何かで読んだのですが、それは罪悪感の表れなので登校できる可能性が高いと・・・それで少し安心したことがあります。ちゃろさんの息子さんは平気だったのですね。学校の先生のご注意があったのですか?ちゃろさんのブログからも感じますが、担任の先生はすごく親身になって息子さんに接してくださっていますね。

ふらわぁさんへ

ゴールデンタイム、ウケてもらえましたか?
私も、ヤケにこの時の会話が頭に残っているので、紹介しちゃいました。

ふらわぁさんのところの、お姉さんも忙しくて、途中から新たなお姉さんが登場だったのですね。予期せぬことってやはり出てきますよね。うちは、いよいよ登校刺激というときに、お兄さんの仕事の話が出てきて、登校にはいないかもというので、焦りましたけどね。でも、きっと私より、上野先生や訪問のN先生の方がもっと焦ったと思いますが・・・まあ、なんとかなるものですね。私も、心配性ではないので、それなら仕方ないわと、あっさりとしていましたし。息子は、Nさんがもう来ないとは知らないで、今度は3人のお兄さんに一度に来て欲しいなど、贅沢なことを言っていましたよ。

かのんさんへ

N先生、かっこいいでしょ!?
なんか、子ども相手に話すというより、男同士の会話みたいで、本当にかっこよかったです。母親ではああはいきませんものね。さすが、お兄さんですよね。

> 帰り道にクリスマスの飾り付けがすごいおうちがあり、『この次にここを通る時には、どうかこの子が登校できていますように』とサンタやたくさん並んだちび雪だるまに願ったことを覚えています。

かのんさんの、そういう思いすごく分かります!私も先のことを想像して、その時はもう登校していて・・・と子どもの姿を思い描いた時がありました。学校訪問の終わり、いよいよとなってくると、登校はもう現実味を帯びていますものね。これも、支援を受けて、登校にむけて準備を進めているからですよね。先が見えなくて悩んでいた時のことを思うと、本当に先生方に感謝です!

夏恋さんへ

本当に息子のドキドキは凄かったでしょうね。でも、ドキドキするわりには、間際までやる事わかってなくて忘れてて・・・神経が細いのか太いのかよく分からない性格です。

夏恋さんのところは、行きが車で帰りは歩きだったのですか?それも、ケースバイケースなのですね。でも、上野先生が家で待機だったとは・・・息子さん、家についてびっくりだったでしょうね。家になかなか帰ってこなかったとは、帰り道を楽しんでいたとか?まさかうちの息子のように、まわり道だったとかではないでしょうね?

夏恋さんのところもN先生ですか?きっと同じ先生ですよね。息子さんへの言葉がけはあったのでしょうか?もしかしたら、N先生、前の日に何か言葉がけをするようにしているのかもしれませんね。息子さんの心の中に、大事にしまってあるのかも・・・ですね。

『登校刺激~息子が変わった日』から一気に読ませてもらいました。
登校刺激の日、先生のどんなことが起こるかわからないという覚悟。息子さんが学校に行きたいと思ってたこと。お兄さんたちの助け。学校の先生のご理解とご協力。ティカさんの見守り。。。
ドキドキしたり、ホッとしたり、我が家の時を思い出したりしてウルウルしました。
長い間、学校を休んでいると子どもはどうしたらいいかわかんなくなってるんですよね。家族だけではどうしようもなくなってしまってる…こんな時、指導してくださる先生に出会えたことは本当に幸せなことだとつくづく思います。
そして、再び学校に行く!となるとこれだけの準備、子どもの心の支え、親の心と対応の支え、そしてたくさんの方の協力がないと登校の日が迎えられないことも先生に出会って、ものすご~くわかりました。
ティカさんがこうして記事にしてくださったおかげであの頃を思い出し、我が家のために協力してくださったみんなの気持ちを無駄にしてはいけない!もとの私に戻らないようにしないといけない!と強く思ったことを今また改めて感じています。
ティカさん、ありがとうございます

みかんさんへ

一連の記事を読んでくださり、ありがとうございます。
自分の息子が不登校になってしまい、そこから抜け出したくて、どうしたら登校できるのか・・・必死に情報を求めていました。こんなやり方があるのだと、それもお伝えすることができたらという思いもあり、書き始めました。なので、支障のない範囲でなるべく詳しく書こうと思っています。なるべくリアルにとも思っているので、ハラハラドキドキして読んでいただけたのなら、嬉しく思います。
書きながら、その時の感情になってしまい、自分でも涙が出てきてしまったりする時があるんですよ。やっぱり、その時の思いって、日々の流れに風化されがちでも、立ち止まると蘇ってきます。あの時の感情、あの時の感謝の気持ちというのは、決して忘れることはない。いや、忘れてはならないのですよね。
Secret

プロフィール

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。