スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に受験生?

息子はただ今、中学3年生。

なんですけどね・・・

何が言いたいかっていうと、本当に受験生??



先日の「進路説明会」で、生徒に志望校や進路のアンケートをとったという話があり、
アンケート結果の報告があったのですが、私の頭の中は「その紙どこにある??」

帰ってきて息子に聞くと、カバンの中から出てきた。
そこに、志望校を記入しました。

息子の志望校は一応、決まっています。
公立で偏差値が一番低い、家から徒歩でも通える普通高校。

出席日数が足りなくても温情で進級させてくれるようです。
底上げしてくれる学校。
進級の心配は少なくても、逆にそれに甘んじてしまう可能性もあり。
親としては複雑です。

どうやら息子はその学校なら勉強しなくても入れると踏んでいるらしい。
そうはいっても定員割れはしていませんし、そう甘くはないでしょう。

中3になって、4月に確認テスト、5月に中間テストがありましたが、
その公立高校でも危ないんじゃない??っていう順位。
下から数えたら、すぐ手が届きます(涙)

英語はついに6点!!
どうすんの~??

「まあ、そのうちやると思うよ(あくまでも希望的観測)
だってさ、塾に行っているのに何にもやらない俺よりも出来ない奴いるんだぜ。
俺の実力をもってすれば、少しやっただけで追いつくからって」

どこにそんな自信があるのでしょう??

そもそも高校なんて自分のなりたい職業に必要ないって思っている。
副職のために行っておいたほうがいいのかな・・・程度。

入れなかったら高校行かなくてもいいし・・・
イザとなったら大検もあるし・・・

進学にたいするモチベーションがもの凄く低いのです。


主人が・・・

「普通だったら周りがやっているのに自分だけやらないのは不安にならないか?
実際にはやらなくても、気持ちが焦ったりはあるだろ。
周りに全然左右されないのは、ある意味、スゴイぞ!!」

これもリフレーミングですか?

私は、そんな風に見方を変えて、スゴイって思ってあげられないんですけれど・・・(汗)


そうはいっても勉強のことは気になる主人。
それとなく勉強の話題を振る時があるのですが、スススっとその場から音もなく消える息子(笑)
どうも耳が拒否反応を起こしている様子。
やはり、親が関わるのは難しいですね。
本人の問題ですし・・・



今、訪問のA先生が息子のやる気の芽を引き出そうといろいろと考えてくださっています。
親が踏み込めない部分に入っていただきフォローしてくれるのはありがたいです。

今週も、受験の話も少ししていだだいたようです。
三者面談が終わり、受験モード色が濃くなってきたら、タイミングを見計らって
再度、話をしてくださるとのこと。

今のところ、行動には現れていないけれど、頭ではいろいろ考えている息子。

今のところ・・・と信じましょう。


私は進路の資料など目を通しておこうかな。

親ができることは情報収集しておくぐらいですものね。
息子がその情報を必要とした時、差し出してあげられたらと思います。




ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

No title

私自身は、全く勉強しなかったので、
人のこと言えないですけど、やる気にさせるっていうのは
本当に難しいですよね。

No title

ティカさんもいよいよ受験生の親ですね
焦るのは周りばかりで本人はどこ吹く風って感じなんですね~
けっこう学校からもプレッシャーかけてくると思うので、気にしてないようでも気にはなってるのでは?
エンジンがかかるのはもう少し先かもしれませんね
体験入学とかもあるのかな?
ティカさんがエネルギー切れしないように、先は長いですから~

No title

ティカさんこんにちは~v-238
先日はまたまたありがとうv-237
すごく励まされましたv-22

息子君の言葉、うちの長男がだぶってみえたわ~。
うちの長男も「オレはまだ本気を出していない。」そうでv-12
聞いたとき「はあ~~~~v-237どの口がいっとんじゃいv-31」でしたね~v-12
口にしたところで「へっへ~ん。この口~。」と返ってくるのは目に見えているので、心の中で叫ぶだけにして、でも抑えきれず「は」の口をぱかっと開けたままの私に、「まあ、ぼちぼちやるからさ~。」とのことでしたが。
長男の高校は、中学からのクラスと、高校受験んで入ってきた子どもたちのクラスがあります。
4月の最初のテストでは上位はすべて受験で入ってきた子どもたちだったとの先生のお話でした。やっぱり積み重ねてきたものがあるんだろうね、ってお母さんたちとも話したんだけどね。
先日の中間テストも…。
ぼつぼつ成績表がやってくるかと思います~v-19
長男は一応希望する職種があるのですが、大学から専門学校まで、いろんな道があり…。
これからどう変わっていくかはわからないけれど、私も口は出さなくても、関心は持ち続けていきたいな、と思っています。

hikaru2034 さんへ

やる気はたまに起きても持続できない・・・なかなか難しいですね。
勉強するしないではなく、将来自立できるかどうかなのですけれど、選択肢を広げるために勉強した方がいいと思いますが、それは親になってみての心配なんでしょうね。




ayamiさんへ

受験生の親のはずなんですけれど、そんな実感があまりなく・・・
もうちょっと周りのお母さんと同じように焦ったりしてみたいですね(笑)

私は担任に「マズイです。行くところなくなります」ってプレッシャーかけられているのだけど、当の本人が何処まで言われているのか・・・先生には言わせておけ!になりそう(涙)自分でとった行動は自分で責任持つとも言っているので、もう本人に任せるしかないようです。

体験入学とかいろいろありそうなので、下調べしておこうかな。
息子がそれに乗るかスルーするか・・・少しだけ期待して待ってみます(笑)

かのんさんへ

先日はどうも!大変だと思うけれど頑張ってね!いつでもエールおくりますよ~

「オレはまだ本気を出していない」・・長男くん、そんなこと言いましたか~どの口がいっとんじゃい!って言いたくなりますよね。でも、男の子はそういうタイプも多いのかも・・・息子くんは、ちゃんとボチボチやってくれそうですよね。

受験は、親が代わって受験するわけにはいきませんものね。行きたい学校も子と親では違うし、親が関わって親の責任にされても困るので、やはり一歩下がって見守るしかないのでしょうね。息子くん、自分の希望の職種がるのですね。夢に向かってきっと自分でいろいろ考えているでしょうね。今はネットで情報もとれますし、余計の親の出る幕なしかもしれませんね。親は子どもの頑張りにエールを送ってあげられればいいですね。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。