スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子と外出・・・

土曜日に息子とお出かけしました。

その日は、誰も遊びに来る予定がないようでした。

「ねえ、どこかに行こうよ」

・・・と息子からお誘いが・・・


息子がフリーであることは滅多にないので、
久々のデート気分で、付き合うことにしました。

「どこ行きたい?」「どこにする?」
お互いに聞きあうだけで、行く場所が決まらなかったのですが、
とりあえず電車に乗って、近くの街へ行くことに。


家から出ると、まもなくご近所さんと遭遇。
頭を下げる息子。とりあえず、よしよし・・・なんて母チェックが入る。

今度は私のママ友が自転車で通り過ぎる。
私に手を振ったあと、息子にも視線を合わせてオーバーアクションで手を振った彼女。
息子、固まっておりました。
さすがに手は振り返せないでしょうね~(笑)

住宅街を抜けて少し歩くと、並んで歩いていた息子が、私から離れて、
サッサッサッ~と前の方に歩いて行った。

???って思っていると、な~るほど。
まもなく中学校の校庭に近づくのでした。

運動部が部活やってますからね。
ツーショットを目撃されるのは恥ずかしいのでしょうね。

案の定、校庭の側を抜けると、また私の横に並んだ息子でした。





そして電車に乗り、目的の駅へ。


ゲーセンに行ったり、電気屋さんへ行ったり、洋服屋さんへ行ったり、マックで食べたり・・・

特に当てもなく、ぶらり道中でした。


以前、息子とお店を見て歩くのが嫌いでした。
なにせ、目に付いたものを「欲しい」って言ってくるので・・・

こちらが「買わない」と言うものなら、なんとか買わせようと頑張ります。
それが本当に自分の欲しいものなのか・・・よくわかりません。

きっと、物が欲しかったのではないのだと思います。
自分の要求を通すことで、心の満たされない何かを補っていたのだと思います。

不登校前はそれが激しかったです。

復学後は少しずつ落ち着いてきましたが、時々、繰り返していました。
「買わない」という言葉が、自分を受け入れてもらえなかった頃に
リンクしてしまうのでしょうか。
それだけ受け入れてもらえないという思いが強かったのだと思います。



土曜日にはひと言も「欲しい」って言いませんでした。
自分のお金でゲームを3回やり、ジュースを買っただけ。

あとは、「こんなの売っている」「あれは初めてみたね」などと言いながら、お店の中を
一緒に見て回りました。

私はしっかり自分の洋服買いましたが・・・(汗)


こんなんだったらいいな~と思いました。


以前に比べると、随分と落ち着いてきたものです。

やっと一緒に歩いても楽しめるようになりました。



でもね・・・


お店の中で少し離れたところにいる息子を呼んだら、どんどん離れて行ってしまうので、
聞こえないのかと思って、少し大きな声でもう一度息子の名前を呼ぶと・・・

「お店で俺の名前、呼ばないで」って睨まれちゃった。

中3男子ってめんどくさっ!




ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

No title

あははv-238
最後の一言、さすがティカさんv-8

でもいいな~。
うちなんて絶対並んで歩いてくれない~。
近所のお蕎麦屋さんに行くのだってちょっと離れて歩くし…。
息子君とお店めぐり、よかったねv-10
たぶんうちは「ぶらり」ではなく「ソッコー」で目的地のみで帰宅になりそうです(汗)

前回のコメ返しで「ほっぺたすりすり」うん。
これ、私もやりたいよ~。
でももう無理だよね~。
筋トレと自転車通学でだんだん筋肉がついてきた息子たち。
長男は腹筋も固くなってきて見せびらかすので触らせてもらってますv-238二男は上腕二頭筋とヒラメ筋のあたり。
内心「ラッキーv-221」。表情だけは真面目に「うん、発達してきたね、」とコメントv-218
私も「ほらほらお母さんもヒラメ筋、発達してきたでしょ~。」とアピールするけど「まだまだ脂肪だね。」との返事…(泣)


前回のコメント、「グーグルの絵」ごめんなさ~い。
自分モードで、全然説明足らずでしたv-12

うちはパソコン立ち上げるとGoogle画面がでるんだけど、時々Googleの文字がいろいろ仕掛けがしてあって(レゴ風になっていたり、エジプトの象形文字風だったり)。
昨日は母の日だったからgがお母さん(ネックレスしてるの)で、ooが多分兄弟、おちびちゃんの方がお花を一輪持っていてドアのむこうからとびついてお花をお母さんに渡し、三人でこちらを見る…って動画風になっていて、すっごくかわいかったの~。
とっておきたくて、「これ画面保存したい~」って騒いだんだけど、夫のスマホは無理、長男のはコマ割りみたくなってしまい保存できず残念でした。
と、また長い説明になってしまってごめんなさ~い。

我が家の子どもたちは何もすることがなければ、ひたすらゲームかなあ。
息子君からのデートのお誘いがかかるなんてうらやましいわ~v-238


かのんさんへ

並んで歩くのはいいのですが、見られる心配がない時限定ですよ。
普段、用事があって一緒に出かける時もあるのですが、ほどんど車だし、近所を一緒に歩くのは久しぶりでした。なので、警戒感が強かったです。

基本は「ぶらり」だったのですが、まずはゲーセンに「ソッコー」でした。そこは、決めていたみたいです(笑)でも、目的のゲーム台が空いていなくて、「ぶらり」してから、またゲーセンへ。結局、ゲーセンの合間の「ぶらり」でした(汗)

二人とも筋肉マンなんですね。それは触り甲斐があること。発達の度合いをこれからもチェックさせてもらいましょうか(笑)うちの息子は運動していないので、ダイエットしなきゃって言ってます。お肉のつき具体でもチェックしようかな(笑)

「グーグルの絵」の説明ありがとう~了解です!
いろいろ楽しめていいですね。私も画面の保存は??かな。

No title

仲いいですね。(^.^)
中学生で母親と二人で歩くことなんて
ほとんどなかったですね。

それにしても、確かに
中3男子、面倒くさいですね(笑)

hikaru2034 さんへ

仲はいい方だと思います。
母、大好きなようで・・・でも、逆にそれでいいのか?・・・とも思ったりします(汗)

でも、さすが人前では他人のふり?
そこは普通の中学生で安心します(笑)

ティカさんへ

ここのところお世話になりっぱなしで本当に感謝しています。ありがとうございます(*^o^*)

もしかしたら今後もここが足掛かりになるかも知れないので、他の方にもルビィさんと同様の対応をお願いします。

ウチの長男も次男もたぶん母ちゃん好きで、バスでも普通に隣に座ります。母子密着が不登校の要因の一つでしたが、その長男の方が油断すると今でもまだ怖いです。

一方次男は「長男抜きで(近所の)外食は行かない」と言います。

母とツーショットを嫌がる…こっちの方がノーマルな気がしますよね(笑)

そらさんへ

息子さんたちも、お母さん大好きなんですね。
そうそう、不登校を経験していると、母子密着が気になりますよね。
でも、それを意識できていればいいのかなと思います。
ツーショットを嫌がってくれると、どこか安心ですものね(笑)

ここを足がかり・・・どうぞ、どうぞ、お気兼ねなくね。
お役に立てるのなら嬉しいです。
いろんな方と繋がるきっかけになるといいですね。



息子との外出

この度は、そらサンとの仲介?、ほんとに有難うございました。謝(*^^*)謝

ティカさんと息子さんの外出話はほんとに微笑ましいです。いいなぁ。

うちの高2長男は、高校生になってからは、照れもなく、一緒に歩くようになりましたが、中学生の時は家族での外食も嫌がってました。

中学校の三者面談に親子で出向く時も、息子はわざと?スタスタ先々歩くので、私は競歩並みの早歩きで追い掛け、学校に着く頃には息が上がること毎回でした(^^;
ならば、息子とは別々に出向いても良かったんだけど、なんだか私も意地になり(笑)…結果、毎回、体力的に疲れる懇談で…。

現在中3の次男は照れも気負いもない様子で、話をしながら並んで歩き、懇談に向かえるので、ま、いいか(^^ゞと思っております。
でも、中3次男も、街に出掛けるなら友達と。
映画も友達と行くか、友達と都合がつかないなら諦めるようになりました。

私もティカさんちみたいに息子と外出してみたいけど、懇談に並んで行けるだけでヨシとしよう!と思ってます。

ハードル、低っ(笑)(笑)(笑)

海さんへ

ご丁寧にありがとうございます。
これからは、そらさんとも自由に連絡がとれますね。ブログがお役にたてて嬉しいです。

海さんの息子さんたちは、それぞれなんですね。家族との外食も嫌がるという話は、周りからも聞こえてきます。競歩並みの早さでついていくのは、鍛えられますね(笑)でも、高校生になって一緒に歩けるようになったのですから、ほんと一時的なものなんですね。

うちの息子も基本は、友達と出かけたいようです。親の方がいいと困りますものね。
次男くんも、懇談に並んで行けるだけでヨシじゃないですか~
近い未来に、ご家族皆で出かけられるといいですね。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

プロフィール

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。