スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家にいたほうがいいから・・・

先日、青少年指導センター主催の「地区のつどい」なるものがありまして、
人数合わせのために私も出席しました。

青少年の環境浄化活動の推進のために、各団体、機関がそれぞれの分野で活動をしているのですが、
定期的に実態調査報告などをしているようです。


そして、家庭教育講座もありました。

「今、子どもたちが身につけるべきこと」


子どもは「親の合わせ鏡」であり、親が変わらなければ、子どもは変われない。

「聞いたことは忘れ、見たことは覚え、行なったことは理解できる」
という中国のことわざを用いて、失敗をおそれず子どものやりたいことをやらせてみる。

子どもを信じ、子どもの存在を認め、子どもの話をよく聞くこと。

などなど・・・

家庭教育の大切さを改めて確認させてくれる内容でした。
こういう形で少しでも家庭教育が広がっていけばいいですね。


興味深かったのは、その時に配布されていた参考資料。

ある市の「子どもたちの取り巻く状況」についての調査報告です。

いくつか載せますね。


家庭が楽しい理由・・・家庭の会話が楽しい。(約70%)
            自分を信じてくれている。(約30%)

家庭が楽しいと答えた子は・・・親を信頼している(80%~90%)
            ・・・自分のことが好き(50%)どちらでもない(40%)
            
家庭が全然楽しくないと答えた子・・親を全然信頼していない(42%)信頼している(5%)
               ・・自分の事が嫌い(51%)好き(7%)

他には・・・

家庭が楽しいと答えた子は、やる気が起きる。
家庭が楽しいと答えた子は、夕食を家族と一緒に食べている。

という結果も出ていました。



学校は楽しいか?

小学5年生・・・45%、 中2・・・27%、 高2・・・18%


学校が楽しくない理由。

 家にいた方がいいから(小5→63%、 中2→58% 高2→59%) 
 勉強がよくわからないから(小5→36% 中2→40% 高2→46%)
 学校が忙しすぎてゆっくりできないから(小5→41% 中2→39% 高2→29%)
 いじわるされたことがあるから(小5→69% 中2→20% 高2→11%)


大人になりたくない理由

 子どもでいる方が楽だから(小5→60% 中2→59% 高2→68%) 
 仕事や家のことがやっていける自信がないから(小5→30% 中2→35% 高2→38%)



家にいた方がいいから・・・
子どもでいる方が楽だから・・・

それが一番なのですね。


資料にも引用されていた言葉なのですが・・・

「子どもを不幸にするいちばん確実は方法はなにか、それをあなたは知っているだろうか。
それはいつでもなんでも手に入れられるようにしてやることだ」(「エミール」J.Jルソー著)


確かに不登校になる子は自分の部屋が与えられていて、
いろんな物が揃っている子が多い。

うちの息子もそうでした。今もそうですが・・・

家にいても十分に暇をつぶせます。
学校よりも家がいいと思ったら、家を選ぶかも・・・


不登校になりやすい環境が増えているのでしょうね。

そんなことを思ってしまった講演会でした。




※ 今、PCを修理に出していてメッセージが見れません。
  メッセージをいただいていたら、お返事が遅くなると思います。
  よろしくお願いします。




ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

ティカさん こんにちは^^
家庭教育が少しずつ広がっているのね。

>「聞いたことは忘れ、見たことは覚え、行なったことは理解できる」
親が色々子どもに話していることより、やっぱり経験から感じ取っていくってことなのかな。

あっ、大人も同じよね。
色々本も読んだり、情報あつめたりもするけど
やっぱり自分で経験したものがスッと入ってくるもんね。

大人になりたくない理由・・子どもでいた方が楽だから!なんだ~ やっぱり今は何不自由なく暮らせる
環境だから、そういう風に感じるんだね。
私が子どものころは、頑固な父から早く自立したくて
対等な立場になりたくて、大人になるのが嬉しかったけどな~^^;

jumaさんへ

家庭教育講座の講師は某女子大の教授だったの。

>「聞いたことは忘れ、見たことは覚え、行なったことは理解できる」
> 親が色々子どもに話していることより、やっぱり経験から感じ取っていくってことなのかな。

そう、それと同じ説明があったよ。いくら口で言っても、経験に勝るものはない。今は、失敗をさせない親が多い、失敗をおそれず子どもに経験させてあげましょうというお話だった。そう、大人も子どもの対応で失敗して身にしみるものね(汗)

> 大人になりたくない理由・・子どもでいた方が楽だから!なんだ~ やっぱり今は何不自由なく暮らせる
> 環境だから、そういう風に感じるんだね。

今は物に恵まれているものね。昔はテレビ1台しかなくてチャンネル争いで喧嘩したけれど、今は別室のテレビ見てもいいし、録画して後からでも見れるし・・・食べ物もレトルトや冷食があるから親がいなくても困らないし、家にいてもあまり不自由がないよね。優しいお父さんも増えてきて(うちか!)いつかこんな家出て行ってやる~っていう気持ちも起きないよね。


Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。