スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子を信じて・・・

息子は学校をお休みした日は、PCとゲーム機は使えません。

それは、復学した5年生の時にそう本人に申し伝え、それ以来、
ずっと守られてきていました。

しかし、最近では、時に信じたい気持が揺らいでしまうようなことも
でてくるようになりました。


中2の1学期、息子がお休みした時に、部屋につっかえ棒をして
私が入れないようにしていた時がありました。

部屋の外から声をかえれば「ちょっと待って」と開けてくれます。
バリケードを張っているようには見えませんでした。

後でわかったのですが、息子の部屋にあった、その時、すでに
使われていなかった古いPCを隠れて使っていたのです。
つっかえ棒は、それに気づかれないための時間稼ぎでした。


最近、PC、ゲーム機の禁止を1週間に延長しました。

お休みした時に預かったはずの、PCとPSP。
しかし、息子が別のPSPを使っているところを目撃しました。
ずっと借りたままの友だちのPSPが家にあったようです。

私がそれを渡してくれるように言うと、自分のはいいけど、
友だちのだから渡せない・・・と。

それを使えるので、1週間の制限をOKしたのでしょうか・・・

その後、私が隠したPSPを探し当て、友だちのPSPを
代わりにそこに置き、自分のPSPを使っていることがわかりました。
それを返すように言っても返してくれません。

おまけに制限はPSPだけだ。プレステ3のことは言ってないのだから、
プレステ3はいいのだと言ってくる始末。

1週間の制限を受け入れたはいいが、抜け道をいろいろ探してばかりです。

なんのための制限なのか・・・
抜け道を探すことに何の意味があるのか・・・
制限をかけることが目的ではないのに・・・

とても悲しくなってしまいました。


その時に、制限を破っていることがわかった時に、取り上げるべきかどうか
上野先生にお聞きしました。

本人がやっていないと言うのなら、その言葉を信じてください。
知らないふりをしてもいいです。
でも、目の前でやっていることを目撃したら、その時は叱ってください。
「それはやらないという約束だ。約束を破るなんて悲しい・・・」
と泣いていい。
約束を破ることは親として許せないという態度を示してください。
しかし、あまりギチギチにしないように。
少しの逃げ道を作ってあげるといいです。


私は息子を信じるということを忘れかけていました。
先生の言葉に、気づかされました。

まずは信じなければ。
だからこそ、信じていたのに悲しい・・・
というアイメッセージで伝えることもできますね。


その後、1週間の制限をPCだけにして、PSPの制限は
本人に判断させることになりました。
息子の性格を考えてもその方がいいだろうと。

主人が取り上げても仕方がない。
目の前にあってもやらないという意思がなければダメだ。
と言うので、主人の考えも尊重してのことです。

息子は、すぐ返してほしいと言ってきました。
そう言ってきた場合、また休むかもしれないと先生の予測も聞かされていました(汗)

でも、もし、またお休みしてしまったら、息子の判断が適切だったかどうか、
自分自身で考えてくれればいいのだと思います。



息子は先週1週間、学校へ行くことができました。
1週間続けて行けたのは、実に6週間ぶりです。

上野先生のモーニングコールは効果大です。
ハラハラした日もありましたが、先生の電話に出なければならないという緊張感が
息子の負けそうになる気持ちを引き締めてくれたと思います。

1週間行けたら、次も行けると思う・・・と息子が言っていました。
まずは1週間。
そして、それを弾みにして、また1週間。

もう大丈夫だと思う。。。

息子がそう言ってくれる日が来ることを私は信じたいと思います。





ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

ティカさんへ

「まずは信じる」ってつい抜けちゃいますよね(汗)

子どもが行き渋りの朝は「ホント?ウソ?どっち?」から始まり「信じる」より「だまされないぞ!」になってしまいますもんね。

細かい対応やスタンスは、子や親のタイプが違うのでかぶらない部分もあるように感じますが、まずは信じるところからなのですね。

上野先生のお言葉、心に響きました。
「信じる」そして、少しの逃げ道を作ってあげる。

私の場合、完全に逃げ道を封鎖、包囲してから事実をつきつける…ということをしてしまいそう。
でも、これって考えてみれば「懲らしめ」以外の何物でもなく、反省を促すのではなく反発を招くだけなのだろうな…。

今日からまた新しい1週間が始まりましたね。
「もう大丈夫だと思う」息子君のこの一言が聞けること私も願っていますv-22

信じる気持ち・・・制限を破っているのを偶然にも何度も見てしまったら私も揺らいでしまうなあ。
そうしたら疑いの目で子どもを見てしまいそう。
そうなったら子どもはどう反応するんだろうって考えてしまいました。

「子どもを信じる」このことを忘れちゃわないようにしないとね。私も上野先生の言葉が心に響きました。

1週間行けたら、次も行けると思うという息子君の言葉がまた次も行けるになって、もう大丈夫になっていきますように。

こんばんわ、ティカさん。

今日息子はまた、腹痛と言って欠席しました。
うちは、欠席してもPSPは取り上げていません。
というか常に持っているか、枕の下に置いているので
無理なのです。
きっと、こっそりゲームしていると思いますがスルー
しています。パソコンは禁止です。

今朝からとても眠そうで昨夜は、いったい何時に寝たのやら。息子を信じるって難しいです。
今日の私は、完全ずる休みと思っていましたが、
朝から、ろくに食事をせず気力がない感じで心配です。

まずは、一週間からと長い目で見て行こうと思います。
アイメッセージ使って信じよう”

そらさんへ

ほんと、信じるってつい抜けちゃいます。

体調不良を訴えてお休みするときに、「本当に体調不良??」って思ってしまったこと何回もあります。病人対応しつつもどこか疑いの心は消えず、お昼に元気を取り戻すと「やっぱり・・・」とかね。
きっと何度も裏切られているとは思いますが、それでも我が子のことを誰が信じる?と思えば、やはり親しかいないですものね。

まずは信じること。そこに戻ってもう一度やり直します。

かのんさんへ

私は制限を決めたのだから、絶対に守らせなければと気負い過ぎていたかもしれません。PSPが知らずに無くなっていて息子が取っていってことがわかったのですが、先生はまた取り上げなさいとは仰りませんでしたね。別に「懲らしめる」ことが目的ではない。それをバネに学校へ行ってほしいだけなのだから・・・と。またお休みした場合に、それを材料に息子の甘さを指摘できますし、反省させることもできるのだと思います。

今週、今のところ行ってますよ。
上野先生のモーニングコールなしでも行けるようになれば「もう大丈夫だと思う」という言葉も聞けると思います。早くそんな日が来てほしいです。

みかんさんへ

息子はもともと嘘がつけないタイプでズルすることができなかったんです。
ちゃんと制限も守っていました。

でもここ最近は、平気で約束破ったりすることもあって、信じたくても信じられなくなり、疑いの目で見てしまうことも多かったかもしれません。信じてもらえてないなと息子が感じ、なおさら素直な心が持てなくなっていたかもしれませんね。上野先生の言葉に、我に返った感じがしました。
ほんと、「子どもを信じる」ことを忘れちゃわないようにしないとね。

1週間行けたら、次も行ける・・・そう言っていたこと信じて見守っていきたいです。

クッキーさんへ

こんばんは。クッキーさん。
初コメントですね。ありがとうございます!

クッキーさんの息子さん、欠席してしまったのですね。
登校の安定までは何度となく不安な朝がありますね。親が試されることが多いです。
完全にズル休みだと思うこと、私も何回となくありました。でも、体調不良を訴えたら病人対応ですものね。病気だと信じてあげたいですね。裏切られても、裏切られてもね。

PSPも取り上げなければ、信じてもらっているのだからとかえってやりにくい・・・って息子さんが思ってくれたらいいですね。ちょっと苦しいけどね。でも、そう思って親が接することができたら、親子関係もうまくいくのだと思います。

今日の息子さん、気力なしですか?
ちょっと心配ですが、明日はいけるといいですね。

Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。