スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私を信じないでください」

こんなタイトルで、え??って思うかな。

実は、先日、『家庭教育講座』にでかけたのです。


そこで講師の方に最初に言われた言葉が・・・「私を信じないでください」

あと「メモもとらないでください」とも。

メモをとろうとスタンバイOKだった私は、手のやり場に困りました(笑)


今は情報が溢れている。
あれがいいのでは?これもやってみよう・・・と、親がブレるのが一番よくない。
親が揺るがなければ、子どもは安定する。

今日の話で頭に残らなかったことは忘れていい。
家に帰って頭に残っていたことだけ、参考にしてほしい。

そんな出だしに、「なるほど~そういうことね」と納得しました。


講師は菅原裕子先生。

「子どもの心のコーチング」など著書が多数あります。

私も家庭教育を学ぶ上で、先生の本を参考にさせていただいています。

息子が学校から貰ってきたプリントで(この時ばかりはプリントを目にできた)
菅原先生の講演会があると知り、学区外ではありましたが、
「これは行かねば」と、即、その場で申込みを済ませました。



親の役目は子どもを『自立』させること。

いつまでたっても、子どもができることに手を貸す『保護者』のままの親がいる。
子どもは、自立していこうという生物。
しかし、親がそれを妨げてしまっている。
親は『保護者』から『親』に変わっていかなければならない。

親が子どもの自立を妨げることで、自己解決能力が備わらず、学校で起きたことを
うまく自分で解決できずに、家に避難してしまう。それが不登校という問題も引き起こしている。
・・・なんて心がチクッとするお話も・・・


子どもの役と親の役になっての、ロールプレイングもありました。
問題が起きた時に親がどういう言葉がけをするのか。
親の言葉を子どもの立場で聞いてみて、どう感じるのか。

自分の言葉が、指示・命令・脅迫・ごまかし・・・と指摘され、皆さん苦笑。

最初はオウム返しで子どもの言葉を一旦、返してあげることが、
反発を生まず、その後の子どもの言葉を引き出せると学びました。

問題が起きた時こそ、ピンチをチャンスに変えられるのだとか。
間違っても、チャンスをピンチに変えてしまってはいけませんね(汗)

子どもをなんとかしようとするのではなく、まず自分をなんとかすること。
親が幸せに生きていれば、子どもはそうやって生きていけばいいのだと学び、
自然と自立していくものだと。

「親が変われば子どもも変わる」

私が日頃、勉強し実践していることを、たくさん再確認させていただきました。

こういったお話を聞くと、もっと早くから実践したかったとつくづく思うのですが、
思春期は最後のチャンス!まだ頑張れます!
という先生の励ましの言葉に、プラスのパワーいただいて帰ってきました。




そして、いただいちゃいました~

DSCF1982.jpg


実は、もう最初からサインお願いするつもりで、
家にあった先生の著書とサインペンまで用意して会場へ。へへ


講演後、先生の元へ・・・
「今日は、お会いしたくて来ました」なんて言っちゃって・・・
先生、ニコヤカにサインしてくださいました。


また、明日から頑張るぞ!! (←明日から?すみません。ダイエットの癖が





サインをいただいた本 ↓


子どもの心のコーチング―ハートフルコミュニケーション 親にできる66のこと子どもの心のコーチング―ハートフルコミュニケーション 親にできる66のこと
(2003/06)
菅原 裕子

商品詳細を見る


他には「10代の子どもの心のコーチング」も読んでいます。

主人は「お父さんのための子どもの心のコーチング」を読んでいるそうですよ。




ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

ティカさん、私も菅原裕子先生の講演会に明日参加するんです。すごい偶然でビックリしました。なんだか嬉しいです。

ある日テレビをなんとなくつけると、その講演会のお知らせが流れていましたので(こちらでは人権啓発センター主催です)速攻で鼻息を荒くして申し込みしました。子育てのお話をしてくださるようです。私もティカさんが持っているのと同じ本を購入しました。もっと早く読みたかったなあと思いましたね。ご主人はお父さんのための子どものこころのコーチングを読んでいるんですね。子育てに協力的でうらやましいです。とても良い本ですよね。

思春期は最後のチャンスでまだ頑張れるんですね。
私もそう思ってがんばります。
明日はサインをお願いしてみま~す

リーブルさんへ

え?リーブルさんてkazumamaさんだったんですか?
それは、それは~こちらでもよろしくお願いします。

明日ですか?なんていうナイスタイミングというか、奇遇というか・・・
菅原先生、全国各地で家庭教育を広めていらっしゃいますものね。

テレビでお知らせしていたんですね。結構、人数集まるのでしょうか。
基本は同じだと思いますが、対象年齢や参加人数で、多少内容が変わるかもしれませんね。

私が参加したのは、中学生対象の講演会だったのです。その前の時間帯に小学生対象もあったのですが、人数は、やはり中学生の方が少なかったみたいです。でも、その数日前は、高校で講演をされていたようですよ。家庭教育を学ぶのは早ければ早いほどいいのでしょうけれど、今からでも、頑張ったなりのものが返ってきますよね。お互いに頑張りましょうね!

会場では、本も販売していたのですが、講演が終わった後、そこに先生、いらっしゃると思いますよ。

うちの主人は本は読んでいますが、協力的かどうか・・・e-330

私も行きたかったです~。娘の学校では何もお知らせがなく・・・・
(娘が出さなくても、友人が教えてくれるのでお知らせはなかったのだと思いますv-409

ご主人「お父さんのための・・」読まれているんですね。いいですね~
読むだけでも違うんじゃないかなあ。

私は菅原先生の「部下を育てるコーチング」も読んでいます。
上手くいかない時はよく読み返しますe-122

「子供の・・」も含め、公私共にバイブルです。

ピピコさんへ

ピピコさんにも、是非、参加してほしかったです。
市民の小中学生対象かなと思っていたら、誰でも参加できたみたいです。お知らせすればよかったですね。

まゆさん「部下を育てる・・・」も読んでいるんですね。さすが!うちの主人も確か読んでいたと思います。そっちが最初かも。人を動かそうとするのではなく、まず自分から変わるというのは大人も子ども一緒なんでしょうね。

私も「子どもの心・・・」は何回も目を通しています。どこかで紹介したいなと思っていたので今回、講演会があり実現できてよかったです。

Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。