スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族会議・・・

台風が猛威をふるっています。

こちらも風雨がかなり激しくなってきました。
皆さま、大丈夫でしょうか?


実は、昨晩、我が家で家族会議があったのです。

3連休明けの火曜日、息子は学校をお休みしました。
先週の月曜日もお休み。
2週続けて、休み明けにお休みしたことになります。

3連休、息子は朝から夕方まで、目一杯遊んでいました。
遊ぶのはいいけれど、やはり睡眠時間が少なくなっている。

先週、体調不良を訴えることなく、ただただ眠くて休んだ息子。
「眠くて学校を休むのは許されない。また同じ休み方をしたら、
なんらかの制限も考えるから・・・」と『警告』を入れていました。

それについては、渋々ですが「わかった」と言っていました。

一番は、気持ちの問題です。
いくら眠くても、友だちが遊びに来たら、シャキっと起きる。
朝、学校へ行く時には、そこまでの気持ちが起きない。
ただ、それだけなんです。

何回も、自覚を促してはいますが、なかなか息子に届かない。
中2という、一番、気持ちが緩む時期と重なっていることもあると思います。
一度、緩んだ綱をまた締めるのは、なかなか大変です。

なので、そのことの繰り返しは止めました。

学校に楽しく行っている子がそういるとは思えません。
なので、そこにモチベーションを求めるのは難しいですね。

まあ、学校へ行くのは、かったるい時もあるよな。でも、休んじゃダメだろ。
その目線に立っての話し合いをしました。


まずは息子の話(言い分)を聞き、なぜ睡眠不足になるのかを探ることに・・・

→夜更かししようと思っているわけではない。
 8時や9時に眠くなることがあるけれど、その時間が過ぎてしまうと
 今後は眠れなくなって3時や4時になっている時がある。
 寝れないからゲームで暇つぶしている。
 
いつもソファで寝てしまうことに関しては・・・

→ベッドシーツやマットががいつもずれていてベッドで寝る気がしない。
 ベッドは高さがあるから、皆が座っているとズレて落ちたりする。 
 (遊んでいるとそうなる)それがなんか気分が悪い。
 だからソファで寝たくなる。
 布団なら落ちることはないから、布団で寝たい。

ズレたのなら直せばいいっていう話ですが・・・(汗)
ソファで寝ると、足が十分に伸ばせなかったり、明るくて寝付かれなかったり
朝は、物音で起きてしまったりもしたそうで・・・それも熟睡を妨げていたようです。

学校に行きたくない理由はないのか?
勉強がわからず、授業がつまらないことはないのか?いう質問に関しては・・・

→学校にまったく問題はない。
 授業は、英語と数学はつまらないけど、他の科目は大丈夫。
 英語と数学も、最近は、授業中に先生に隠れて、ラノベ読んでいるから
 結構おもしろい・・・らしい(汗)

つまりは、緊張感の欠如でしょうか・・・ 


そして打開策?を話し合う。

まず、希望どおり、ベッドから布団にしてあげることに。
そこの部分にもう言い訳はさせないためにも・・・
ただ、ベッドを横に立てて、ベッドマットを床に直接敷くというものですが、
それでも息子は喜んでいました。
今度からはソファで寝ずに部屋で寝ると約束しました。

そして、寝れないからゲームをやることに関しては、
ゲームをやっていると覚醒するからいつまでも眠れないのだろう。
少なくとも寝る時間の30分前にはゲームはやめるといい。
眠たくなるには、つまらない本を読むといいのでは?とアドバイス。

そこで主人が「教科書とか読むとすぐ寝れるぞ~」と言うと(笑)
「じゃあ、明日、中間の範囲を貰うだろうから、それ見て、
その範囲を読もうかな」・・・なんて言葉が飛び出した!!

あとは土日の朝、7時や8時に約束して遊んでいた息子。
友達のピンポンがモーニングコール状態。
早い遊びが寝不足を招いていることは確かなので、午前中の約束は
特別な用事でもない限り、9時以降と約束させた。


PCやゲームの時間制限のことも考えましたが、
読書やピアノをやって起きていたら同じです。
息子は多趣味で、いろんなことで時間をつぶせますので、
何かに制限をつけるのは無意味のような気がします。

寝る時間を約束して、息子がその時間に部屋に入っていったとしても、
すぐ寝るかどうかはわかりません。監視するわけにもいきませんしね。

なるべく制限はないほうがいいと思います。
親も制限のことが気になって仕方がなくなります。
イライラの元です。

一睡もしなくたって行く気があれば行けるのです。
何時間寝たって、行き気がなければ行けないわけで・・・

どんなに制限つけても約束しても、最後は息子の意識の問題です。

家族会議を開いたことで、学校を休んでしまったことが問題なのだと
自覚してほしいですね。


今日は、1回、起こしただけで起きてきました。
いつも10分前とかギリギリなのに、30分前にはリビングにきました。

ちょっとは自覚したかな?

問題はそれがなかなか継続されないということなのだけど・・・
これからも向き合っていかないといけませんね。




ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

台風凄かったね~
我が家の主人も子どももズブぬれで帰って来たわ^^;

家族会議をひらいたのね~
なんかとても参考になるよ。
ただ叱るだけでなく、子どもの目線にたって一緒に考えたり
息子くんが自分の事として、考え改善(?)していくことが大事なのかもね。
やはり休むことがクセになったり、続くとそれによって
最初とは違う問題がでたりして 複雑になってしまうもんね。
一緒に考えながら、小さな問題をクリアして整理していくのはいいな~と思った。
課題は継続?ふふ、家も同じタイプがいるからわかるわ!もう親は根気よねv-392

jumaさんへ

台風ね、ほんと今まで経験した中で一番だったかも・・・
主人がテレビの前に釘づけで、いちいち「すごいぞ。すごいぞ」ってわめいていました。

家族会議、参考になったって言ってもらえて、ちょっとほっとしたv-414
あくまでも我が家流であって、これが筋というわけではないので・・・
言い聞かせるというより、本人が今の状況を把握して、改善点を見出してほしかったので、それを皆で話し合ったような形になったかな。これで、すんなりと、うまくはいかないだろうけれど、問題点を指摘できただけでもよかったのではないかと思う。

問題は継続なのよね。わかってくれるよね?v-408ほんと親は根気だわ。
頑張ります!
Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。