スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐だと思って・・・

私のピアノ続いていますよ。
毎日、頑張って練習しています。
たとえ息子にちょっかい出されても・・・(なんでしょね。これ)

息子が辞める時に、代わりに私が習い始めたピアノ。
息子は習っているうちはさっぱりだったものの、辞めてから本腰を入れ(?)
無料の譜面を探し印刷して自分の好きな曲を弾いています。
息子のスタイルなのでしょうね。
今もピアノに触れない日はないです。

今週もピアノ教室に向かった私。

いつも、レッスンの前に少し雑談するのですが、季節の挨拶程度であったり、
息子のことであったり、いろいろです。

もう、夏休みも終盤ですからね。

「宿題やってます?」なんて息子の話題に・・・

「全然です。終わらないんじゃないですか。もう捨てたのもあるし」

「そうですか~いるんですよね。そういうのって、だいたい男の子ね
 私の生徒でも他にも何人もいましたから」

「なんか、宿題なんてやらなくてもいい!って感じなんですよ」

「あちゃ~おバカですね~」と大笑い。

「でも、なんか○○(息子)らしいですね。○○にそっくりな子いましたね~
今は27歳くらいになっていますけど、同じく、学校へ行かない時期があって、
大学は行かなかったのですが、ちゃんと社会人になって結婚もして今は子どもも
いますよ。その子は高校の時、バイトしてからなんか変わってきましたね。
人間、どこかで変われますよ。○○は、これはこうだって曲げない自分の意思を
しっかり持ってますからね。大丈夫ですよ」

「そうですか?そう言ってもらえると少し安心です。でも、なんか最近、
悪くなってきて、最近、ポイ捨てしているみたいです。前は絶対にそんなこと
しなかったのに。自分で俺、最近、ポイ捨てするようになったって
言ってきますからね。別にいいじゃんって」

「あらら、張り倒しもんだわ」

「なんか、友だちもやっているし・・・って言って」

「友だちね~はい、はい。やっぱり、おバカだわ(大笑い)
今、かっこつけたい時期ですからね。○○は根は真面目ですから本当の
ワルにはならないと思いますよ。
中2中3はホントどうしようもないですからね。皆、そうですから。
高校になったらたいがいの子は落ち着くから大丈夫です。
今は、嵐が来ていると思ってください。嵐は必ずいつかは去りますから」

「嵐ですね。なるほど、そう思うことにします」


先生と話していると、大変だなと思っていることがそうでもないように
思えてくる。

他のお母さんとの会話では満たされない何かを満たしてくれる。

やはり息子の理解者であることに私自身がとても救われますね。




ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

NoTitle

図書館とアスレチック。これが普段の日曜なら嬉しいんだけど、この時期はね~。
うちのところは足裏刺激のコースがあります。
これが痛いのなんの…。石がすごくとがっていて刺激どころの騒ぎではありませんv-19
靴下はいていてもきつくて…あまりやってる人いませんv-12

自主勉はね、「自主」という名の「義務」なの~。
だから、全員なにかしらやっていくのです。
次男は「ちび○子のことわざ辞典」とかでそれをノートに書き写すことが多くて。娘もこれにすれば少しは楽なのに、よりによって計算ドリル…v-35

二男の同じ学年の子に、人の自主勉内容が気になり、提出されているみんなのノートをチェックしている子がいると聞いたことがあり、なんだか切なくなりました。
親御さんもすごく教育熱心で、ママたちにもいろいろ聞いてくるらしいです。
他にも、終業式の日に子どもたちをたくさん自宅に招待(学校からそのまま)遊んでいるうちにランドセルの中の成績表をチェックするママがいたとか…。
信じたくないなあ~。でも…本当かも~v-12
(ちょっと横道それました。ごめんね~。)

>先生と話していると、大変だなと思っていることがそうでもないように
思えてくる。

>他のお母さんとの会話では満たされない何かを満たしてくれる。

>やはり息子の理解者であることに私自身がとても救われますね。

うん。そうそうって深くうなずきました。
私の場合は幼稚園の園長先生。
二男のことで辛かったとき、自分自身のことで苦しかったとき、相談にのってもらいました。
自分と先生の間に信頼関係があり、二男のことを理解してくれている。
多くの子どもたちをみていてハンパない知識と経験がある。
ピアノの先生もきっとそうなのでしょうね。

他のお母さんとの会話…ね、幼稚園で一緒だったママとは子育て観も似ている人が多いからわりと話せるの。
でもね、小学校のママとはなかなかそこまでの人はいないな~。
特に娘のお友達のママとはすごい年齢差もあり、私は長老となってしまい、相談されることも多くて。なかなか…v-12
子どもたちの通っていた幼稚園は、卒園してからも親も子どももつながっていられるように…と卒園後の親の組織があります。
バザーやお祭りによんでもらったり、子どもたちは夏のキャンプ、親たちは「総会」という名の飲み会。
6月に総会があったのだけれど、役員会のほうで煮詰まっていた私は不参加にしました。
なんか、飲んで酔っ払って愚痴ってわめいて道路で寝るv-31というイメージが浮かんできてv-12
もうすぐ2学期。子どもたちと同時に私もちょっとブルーかも~。
明日は娘の「宿題チェック日」です。
久しぶりに友人家族と飲み会があるので、娘からの申し出で3時からチェックになっているんだけどね。
毎回、指定した時間に始まったことがありましぇん。
翌日に延期になったことも…。
頼むぜ。娘よ。

そうそう。「嵐」。うちの長男、だいぶ落ち着きましたよ。
小6の3学期からのだらけ。
中学からの反抗(特に父親に対して)。
中3になる少し前から落ち着き、だいぶ客観的に親のこと、自分のこと、いま、置かれている状況を見られるようになったようです。

嵐は必ず収まるから。
頑張ろうね。
とりあえず、元気に2学期を迎えようねv-220

かのんさんへ

自主勉という宿題なんですね。なるほど・・・
次女ちゃん、チャレンジ精神ありますね~では、この際、華麗に高く飛んでもらいましょう。頑張ってね(笑)

> 二男の同じ学年の子に、人の自主勉内容が気になり、提出されているみんなのノートをチェックしている子がいると聞いたことがあり、なんだか切なくなりました。
> 親御さんもすごく教育熱心で、ママたちにもいろいろ聞いてくるらしいです。

わぁ~切ないですね。親の価値観が子どもに染みついちゃっているのですね。人と比べず、その子そのものを見てあげていたらそんなことにはならないと思うのに・・・

> 他にも、終業式の日に子どもたちをたくさん自宅に招待(学校からそのまま)遊んでいるうちにランドセルの中の成績表をチェックするママがいたとか…。

もっとショック!!信じれらな~い。自宅招待もそれが目的ってことね。恐ろしい~

> 子どもたちの通っていた幼稚園は、卒園してからも親も子どももつながっていられるように…と卒園後の親の組織があります。

へぇ~それは凄いですね。ずっと繋がりがあれば、絆もそれだけ深まりますね。私も、同じ幼稚園で送り迎えの時に一緒だったり、一緒に遊んだ仲間のお母さんとは、未だにたまにランチしたりしています。当時は親つきのつきあいだから、お話する機会も多いですものね。未だに、気ごころの知れた付き合いができています。小学生以降は遊びに親はもう関係ないから、そこまでの関係にはなかなかなりにくいですよね。

長男くん、落ち着きましたか?あと1年、辛抱してみますか(笑)
Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。