スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不登校と暴力 ②

暴力が下火になったとはいえ、
たまに息子の暴力が再燃する時がありました。

息子はひと時の暴力行使で自分の地位を築いていました。
一度、勝ち取った地位をそう簡単に手放すわけはありません。

親は一時期の奴隷状態からは脱出することができたものの
まだ親としての立場は低いままでした。

以前は息子と普通の会話をすることさえ怖くてできなかったのです。
暴力が収まってきて、普通に話ができるようになっただけでも、
その時は救われる思いでした。

指示・命令を控えていれば、何も問題は起きません。
でも、それだけでは、息子を荒れさせないだけでした。

やはり親として言わなくてはいけない場面もでてきます。

そこを切り抜けなければ、親の立場は下がったままです。

暴力がでてしまうのは、きまって我儘な要求を受け入れないという
対応をとろうとするときでした。

ほんの些細なことでもありました。

「○○を取って」「自分で取ってちょうだい」
この会話をきっかけに2時間決戦になったこともあります。

いつも最後には当初の問題はどこかへいってしまっていました。
息子自身も、そのくらいは自分でと思ったのかもしれませんが、
一度、口にしたことを押し通そうとします。

親に従うということへの抵抗感は根強いものがありました。
それまでの親の押し付けへの反発心が蘇ってしまうようでした。

息子が「○○のことなんて本当はどうでもよかった」と言ったことがあります。

息子を受け入れないのではなく、息子の我儘を受け入れないようにしていたのですが、
息子は、我儘を言って、それが受け入れられるかどうかで
親の愛情を試しているようなところがありました。

「こんな俺でも愛してくれるのか・・・」だったのでしょうか。



そこからの修正は時間がかかりました。

「やってあげること。要求を呑んであげることが愛情ではないよ」
と言葉で示していくことは大切ですが、それだけで納得するものでもありません。

「できないよ」「やらないよ」とストレートに言うのではなく、
「おかあさんがやるの?」「自分でやってほしいな」というように
反発を生みにくい言い方を心がけました。

そして、どうも、私は真面目すぎるのか(?)これはダメだと思ったら
頑張りすぎてかえって息子に意地を張らせてしまうこともありました。
臨機応変な対応できるよう私自身が変わる必要もありました。

一番に心がけたのは、息子の話を共感的に聴くようにしたことです。
「そう~」「へぇ~」と返すだけでも、息子の目をみて微笑むようにしました。

自分の方に向いてくれているという実感を持たせてあげることで
愛情を疑うような発言は次第になくなってきました。

そう感じられるようになるまで、復学してから1年以上かかったと思います。


今は、まったく暴力はでません。

感情の波が立つ時もあまりありません。
たまにムッとすることはありますが、それで終わります。
随分と穏やかになったと思います。

自分で「俺は怒らなくなった」と言っています。

ひと時、息子がすっかり壊れてしまい、もう元に戻れないかもしれないと
覚悟していた頃を思えば、嘘のようです。


でも、私は今も気を抜いていません。
きっとそれは、これからもずっと・・・

一度、身体が覚えてしまったことは、やはり消せない・・・
親が対応を間違えれば、また暴力を引き出してしまうことはあるでしょう。

今は眠っているだけ・・・

眠りから覚めないよう、私はこれからも息子と向き合っていきたいと思います。




ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

一度暴力が出てしまえば続いてしまう事の恐ろしさを改めて感じました。

子供にとって暴力をふるう事が当たり前になってしまうのでしょうね。

暴力だけは抑えようと親が色々試行錯誤をすると思いますが一時的に抑えられても根底から暴力をなくす事は難しいのではないかと思います。

我が家も何度か不登校の状態から抜け出させる為に私が説得するような感じで話しかけましたが聞く耳を持たず机を叩きつけたり床を蹴り上げるだけでした。

それを強く続けていれば多分暴力が出ていたと思います。

中学生ともなると体が大きくなり身長も私と変わらなくなってきています。
その体で暴れられたら収拾のつかない事になっていただろうと思うと恐ろしいです。

どこかで家庭環境がおかしくなり本来の親子の関係が崩れていたのだろうと思います。

やはり父親はある意味「恐い存在」でいる必要があると思います。

支援を受ける事によって本来の親子の関係の有り方を教えて頂けた事で今は本来の親子関係になれていると思います。

私の一言で息子も態度が変わります。

本来の親子関係を保ったまま自立出来るまで子供に接していく事が重要なのでしょうね。

私もそう思います

私も、子供が小学生の時は「言われた約束を守らない」「いいかげんな嘘をいう」
「宿題を隠す」等の行動に対して、子供を叩いていました。このことについては今でも娘に言われます。

別室登校時代の娘の暴力は、相当なものでした。
振り回したかばんをぶつけられて、私の唇が切れたり。
制止しようとした手を思いっきり噛みつかれたり。

彼女が言葉で不満を言うことができ、それを私が聞くという形が出来てきたときに、暴力自体は影を消しました。

ただ私も娘も、何か起きた時に影をけした「暴力」が出てくるのではないかと思っています。

このまま、家族のあり方を正しくすることで箱に入った「暴力」が出てくることのないように。私自身もティカさんと
同じように気を抜かないで行きたいと思います。

ラムネさんへ

子どもは最初は暴力をふりたい感情が襲ってきても抑えているのだと思います。でも、一度、出てしまうと、もう止められない。感情の抑制が利かなくなります。本当に怖いことです。

ラムネさんの息子さんが感情をあらわにしたように、私も不登校状態から抜け出すための声かけ、説得が親への苛立ちを増し、暴力に発展するケースが多いのかなと思います。それだけ子どもが苦しんでいるんですよね。不登校状態を認めるわけにはいかないけれど、子どもの気持ちに寄り添うというのはなかなか難しいですね。

いざという時の父親の「怖い存在」を担えるのも、親子の信頼関係が築かれているからこそですものね。
やはり信頼関係こそが家庭環境をよくするのだと思います。

ピピコさんへ

ピピコさんも娘さんの暴力を経験されていますものね。
不登校や別室という自分が置かれた状況で、さらに精神的な不安を生んでしまうことが暴力になりやすくなってしまうのでしょうか。

息子の暴力がでた時に「これで思い知ったか」「俺がどんな思いをしていたかわかったか」などいろいろ言われました。それまで、ただ泣きじゃくるだけで、言葉で反発してきていなかったことに気付きました。親が言わせなかったのでしょうね。

暴力という方法ではなく、不満を口にすることができ、それを親が聞いてあげる・・・そういった親子関係が必要ですね。一度、出てしまった暴力。もう二度と出さないよう、お互いに気を抜かないよう頑張りましょうね。
Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。