スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部活やめていませんでした!

コメントいただいた皆さま、ありがとうございました。
コメ返しがまだなのですが・・・ここにきて急展開!!

タイトルそのまま・・・部活やめていませんでした!

顧問の先生に「やめます」と言えないままでした。


部活のことがすっきりしたはずなのに、どうも行き渋る。
それで、事実確認をするために顧問の先生に面談をお願いしました。

そして、昨日の夜、学校へ行ってきました。

顧問の先生のお話・・・

ワークの件で練習禁止命令を出し「今後どうするか考えなさい」と言い渡した翌日、
「やらせて下さい」と言いにきたのだという。

しかし、その時に学級委員などと一緒に林間の準備に大忙しだった先生は
忙しくて話ができない状態の時に来たことを、相手のことを考えていない。
とても非常識なことだと追い返したという。

その日にもう一度行ったようですが、また同じく追い返したとのこと。

その後の林間では、先生と目が合わない様にしていたそうです。
そして、林間明け月~水まで3日続けてお休みしています。

水曜日、上野先生に、顧問の先生に「やめる」と伝えることを約束しています。
翌日、直接、息子へ確認の電話も入れていただきました。

どうも、担任の先生には伝えたようですが、顧問の先生がクラスで生徒を叱りつけていて
しばらく待っていたらしいですが、終わりそうにないので、翌日にしようと帰ってきたそうな。
翌日は言えず・・・

結局、担任の先生には伝えたが、顧問の先生には伝えてないままになっていたのです。


やめることに関しては・・・

先生に叱られるのが怖くて辞めるというは許されない。
どこの部でも先生に叱られている。
それで辞めてしまうのは単なる逃げでしかない。逃げは認めない。
ここで逃げてしまっては、この先、社会にでて生きていけない。
まして家に逃げてしまうなんて、許されない。
引っ張ってでも、学校に来させてください。
家を居心地よくさせないでください。
このままならこの先、ずっと学校に来れないでしょうね。

退部に関しては・・・

剣道部の方針や練習内容に納得できないというのならその理由が必要。
他になにかやりたいことがあるのなら、そのやりたい事を示す。
転部したいのなら、転部して、毎日一生懸命やっている姿をみて、その時点で認める。
○○(息子)の場合、辞めると、ただ家にいてダラダラ過ごすだけになり、
何もいいことがないだろうから部活をやめさせない方がいい。


そして顧問の先生と息子が話ができるようセッテイングをしました。

まだ考えを聞かせてもらっていないと先生が呼びだす形で。
明日の朝、学校で話をすることになりました。
もし来なければ家庭訪問と伝えたので、迷わず息子は学校を選びました。

はたして息子はなんと言うのでしょうか・・・
退部するにはかなりハードルが高そうです。

先生の仰ることはよくわかる。
息子のことを考えてのことですし・・・
でも、不登校を経験した息子には少し厳しいと感じます。

乗り越える力があるのでしょうか・・・
もし、乗り越えられなかったら・・・


不安になり上野先生にご相談してしまいました。
(お休みの日にも関わらず・・・申し訳ないです)

顧問の先生の話もごもっとも。
しかし、不登校を経験している子は耐える力がどうしても弱い。
部活も男子は8割やめてしまっている。
学校に行くことがまずは優先。
部活が登校に支障をきたすならやめた方がいい。
逃げるのはよくないが、学校をお休みしてしまっては修正ができなくなる。
部活をやらなくても継続登校を続けることで中学でできなかった部活が
高校や、大学でできるようにもなっていく。

まずは、顧問の先生と話をしてどうするかは○○(息子)の判断に任せる。
続けるというのなら、それでいい。
一番困るのは、圧力に負けてやるつもりがないのに「やる」と言ってしまうこと。
そうしたらまた休んでしまったりの問題がでてくるだろう。
その時点で、やめさせる。
先生が納得せず辞めさせてくれないのなら、親も出て行って説明をつける。


・・・ということで、明日の運命は息子に委ねました。

息子の意思を確認すると・・・「やめる」らしい。
やめる理由は用意していないとか・・・大丈夫かい?

とりあえずは、先生に会うことを躊躇しなくてよかった。



息子よ。がんばれ!




ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

NoTitle

誰が何をしなくても、息子さんにはちゃんと答えはあると思います。
不登校経験のある子は、弱いと思われがちだけど
そうではなくて確固たる意思があると逆に思うことすら
あります。

大人は変な圧力で子どもの心を歪ませないでと
思います。
願います。

祈り

がんばれ がんばれ 息子さん!

NoTitle

おお~そうなっていたのね。
息子君、がんばれ~!

NoTitle

そっか、先生と対決だね。
しっかり向き合えますように。
どちらの結果になっても、意味がある話し合いに
なってほしい。
がんばれ!息子くん

Amiiさんへ

そうですね。息子の気持ちは決まっているようです。

そして、こう思ったら譲らない確固たる意志も持っています。
これは昔から・・・
わりと不登校児に多いような気がします。

圧力に屈することなく、自分の意思を貫いてほしいと願っています。
ありがとうございました。

そらさんへ

そらさん、祈ってくれてありがとう!

きっと息子に届いていると信じています。

みかんさんへ

みかんさん、再び、ありがとう!

みかんさんのエールが届きますように・・・

jumaさんへ

そう。対決だね。
息子もそう言っていた(笑)

対決は朝の7時半です。
意味のある話であればいいけれど・・・
応援、ありがとう~

我が家の息子が部活動を辞める時の事を思い出しました。
体験した身としても、とてもよくわかります。息子クンもティカさんも大変な時かも知れませんが、応援しています!

kyunさんへ

kyunさん、ありがとう~

とうとう辞めることになっちゃいました。
kyunさんの残念そうだったお顔、思いだします。
親としても続けてほしい気持ちはあるのだけど・・・かわって踏ん張ってあげることもできないし・・・
やはり登校最優先ですね。

なんとか頑張りますね。
Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。