スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お休みしちゃいました。。。

急展開です。

昨日の嬉しいお知らせは何だったのか??という事態になってしまいました。


まず、こうなったきっかけがあります。

足の裏にイボがあり、月曜日に液体窒素で治療をしてもらいました。
これは、経験のある方なら分かるかと思いますが、治療のあとはかなり痛い。
その日はまだしも、次の日はイボが薬と反応して盛り上がり、ちょっと触れても痛い。

息子は昨日は、痛いと言いながらも、イボにガーゼを当て、左足は、踵だけつけて、
不自由な歩きで学校へ行きました。
昨日の夜になると痛さが増し、寝たほうが痛いのを忘れると言って寝てしまった。
寝不足が原因かも?ですが

朝起きたら、放心状態です。黙っていても痛いと。

ま、ここまでならいいんです。
これで学校をお休みしても、体調不良ということですし。


まず、靴下を履こうとしたら、包帯で靴下が入らないと言う。(一応行く気はあった)
履いていける靴がないと言う。(すこしめげた)
じゃあ、履ける靴見つけてみようと一緒に玄関でいろいろためし履き。
履ける靴やサンダルはなかった。(完全にめげた)
どうしたい?(聞いてみる)・・・(無言)
お母さん、車で送り迎えするから、靴履かないで、学校でスリッパ履く?(提案)・・・(無言)
骨折した人みたいに杖つく?(またもや提案)・・・(無言)


もう、何も考えられなくなってしまった息子。
自分でもどうしていいのか分からなくなってしまったよう。

究極のシャイなので、皆の注目を浴びるような姿で学校へ向かうのが気が重いことも
察しがつきます。
昨日、足をかばうような歩き方で、「どうしたの?」とお友達に聞かれたようですが、
仲のいい友達以外には、一切答えなかったようですし。

リビングに戻り、ソファでまた放心状態の息子。


「足はどうしたら行けると思う?」と聞いてみます。
「足の他にも理由がある」
「他にも理由?」
「きもち悪い・・・」 (でました。いつものが・・・)
「きもち悪いの?」
「そう。無理矢理起こされたから・・・」 (でました、責任転嫁。1回で起きたのに)
「・・・」
「それに頭も痛い」 (また、また、いつものセットですか~)


もう、ここまでくると行く気なしですね。

上野先生にお電話です。

「まず、足が痛いということは受け止めて、行けなかったら仕方がないです。
今は痛いのですから、すこし様子をみましょう。痛いのは明日も続くかもしれないので、
足の様子をみて落ち着いたら、履ける靴を買いに行ってもいいですし、今日中に対策を
考えるようにしてください。吐き気や頭痛を訴えるのは気になりますけどね。でも、治ったら
行けると思いますし・・・休みが長くなると学校へ行きにくくなるので嫌ですけどね。」

ということで、今日は休ませることにしました。
先生に休んでも仕方がないと言っていただくとほっとします。
自分だけだったら、ちょっと悶々としてしまいそう。
最初は行くつもりだっただけにです。

最初は行くつもりだった。。。というところで、私に行かせたいオーラが出てしまいました。
痛みを受け止めてあげる部分に欠けてしまったと思います。
それで、精神的に少し追い込まれ、吐き気、頭痛だったのかも・・・


昨日、上野先生に、新学期行けました。と報告のお電話をしたのです。
先生はうちの息子の登校については不安に思っていなかったようです。
私も、「うちはまあ、大丈夫そうなので・・・でも、私がいい報告をすると
いつもすぐ問題が起きるんですけどね」と言うと、「そうですね~」先生の笑い。

あ~また、昨日の今日です。
どうしていつも予期せずにやってくるんでしょうね。ほんとうに・・・


今、息子は寝ています。 確か一昨日も同じフレーズが・・・

学校にお休みの電話を入れたら、ソファで爆睡です。
夜、9時間寝ているのにです。
もしかして夏休み最後の不摂生の疲れが出てきたのでは??それで頭痛?
意外にも、原因はそこにあったりして??


まずは息子が起きるのを待ってみましょうか。

スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

No title

息子さんの様子はいかがですか?
実は、私も、去年の秋以降、体調を崩し始めていたようで、足裏のイボも、初めて経験しました。

>これは、経験のある方なら分かるかと思いますが、治療のあとはかなり痛い。

ということなので、ティカさんご自身も経験されたのかもしれませんが、本当に痛いです。
液体窒素での治療には、涙が出るほどでした。
早く治るといいですね。

学校は、お休みしないほうがいいに決まっているけれど、欠席そのものよりも、お休みすることに決めるまでの過程や、欠席したときの対応が、とても大事ですよね。
行かせたいオーラが、出てしまったとのこと。
まだまだ無理もないことだと思いますが、気を引き締めて、頑張ってくださいね。
親の方も、失敗を繰り返しながら、図太くなっていくみたいですよ。(私のこと~笑)
応援しています!

はじめまして

はじめまして。夏恋と申します。
私もエンカレッジでお世話になり不登校の息子を復学させて頂きました。うちも今は小学6年生なのでティカさんの息子さんとは同級生ですね。よろしくお願いしますm(__)m
息子さん足の裏の具合いかがですか?相当に痛みが増してきちゃったのですね。。早くよくなるといいですね。
我が家にも同じ様な出来事がありました。イボではないけど足の爪を剥がしたことがあって、学校を休んだことがありました。状況がとてもよく似てて自分の時の事を思い出しました。心配事だらけで不安がる息子に色々提案してみたり、痛さが理解できず私がイライラしちゃったり。でも結局は私が色々提案してもうちの息子の場合は余計不安が増すだけのようでした。
先生がついていらっしゃるから心強いですね。
>私がいい報告をするといつもすぐ問題が起きるんですけどね
これって、わかります~。私も思ってたことなんですよ。
このような経験を積み重ねて親子で成長していくんでしょうね。うちもいっぱいやらかしましたから~^^;
頑張って下さいね。私も応援しています♪

ノエルさんへ

ノエルさん、ご心配いただきありがとうございます。
どうやら痛みも峠を越したようで、黙っていても痛い状況からは脱出できたようです。
明日は行けるかな?

このような体調不良と精神的なものが混じったようなケースは今までもあったのですが、いつも中途半端な対応になってしまい反省ばかりしています。休ませてもかまわない。と言われることもあるのですが、つい弱気になってしまう私がいます。早くノエルさんのように図太く(え?)ならなければ・・・

ノエルさん、液体窒素の治療したのですか?実は、私はやってないのですよ。息子は幼稚園の年長の時から、液体窒素の治療を続けています。体質的に治りにくいようで、看護婦さんに「いいかげんに治って~」と哀願されるぐらいです。不登校の時に病院に行けず、復学しても遊ぶのに忙しく、夏休みにも行く素振りがなかったので、もうこれ以上は待てないと行かせました。かなり大きくなっていたので、先生にも説教され、念入りに治療され、今回の痛みは過去最高だったのです。さぼっていたから、こうなったのだと反省してくれればと思います。ウイルス性でうつるイボなのですけれど、私はいくら触ってもうつらないのです。私の皮膚の方はかなり図太いようです。

夏恋さんへ

夏恋さん、はじめまして。
ご訪問ありがとうございます。コメントもすごく嬉しかったです。ありがとうございます。
夏恋さんといえば、上野先生のメールのコメントをそのまま掲載されたことがありますよね。
私はまだ支援を受ける前でしたが、それを印刷してファイルしたんですよ。ファイル好きのティカです。

足の裏のイボは、快方に向かっています。痛みもだいぶ治まったようで、これで明日行けなかったら、それこそ・・・というところです。ご心配いただきありがとうございました。
夏恋さんも同じような状況を経験をされているのですね。今朝のような問題が起きると、いつも私の力のなさを思い知らせれます。でも、みなさんも同じような道をたどり、経験をつんで成長されているのですよね。一つ一つのケースから何かを学んでいければと思っています。

いや、本当にいいことの後には悪いことが・・・夏恋さんもですか?
ちょっと安心しました。
息子さんも同じ年ですね。これからもよろしくお願いいたします。

No title

継続登校中のお休みって、ティカさんもたくさん経験されていると思います。
うちの息子もた~くさん、やらかしましたね。
頭が痛い・お腹が痛い・耳が痛い・吐き気がする・めまいがする・・・
藤本先生にあきれられるほどでしたよ。
その時は、息子がピッタリと横にはりついてくるので、先生にメールすることもできず、黙るしかありませんでしたけどね。

明日、ティカさんが上手な対応ができるよう応援してますね。

ちゃろさんへ

うちの息子は学校や友達には問題はないのですが、このようなちょっとのことで
気持ちが折れるのが問題です。不登校前にすぐ休んで逃げることを覚えていますから。
この先もちょこちょこありそうです。
そうですか~ちゃろさんの息子さんも、た~くさん、やらかしたのですね?
そんなことを聞くと、うちの息子だけじゃないのだわ。と安心しちゃいます。
それを乗り越えて継続登校されている、今のちゃろさんと息子さんがあることも見習わなきゃ・・・です。

今日、上野先生への電話は外に出てしたのですが、電話を終えて帰ってきたら、息子が
「何していたんだろう」というような目で、私の顔をじ~っと見てたので、ドキッとしました。
連絡するタイミングも難しいですね。早く、自分だけでうまく対応できるようになりたいと思います。

> 明日、ティカさんが上手な対応ができるよう応援してますね。

うわっ!どうしましょう。いつものようにすんなりと出て行ってくれることを願ってしまう私・・・
応援ありがとうございます。
Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。