スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりで生きていけるように・・・

先日、剣道部の練習試合がありました。

プリントには、駅集合で電車利用。防具は集合場所から顧問の車で搬送となっていました。
しかし、前日、場所がわりと近いこともあり、家族送迎も可になりました。

息子は電車で向かったのですが、電車組はなんと2人しかいなかったそうです。

家から集合の駅まで徒歩10分、電車は乗換があり2本利用。
電車降りて練習会場まで徒歩10分。
それに対し、車なら15分ほどで着いてしまいます。
確かに車のほうが楽ですね。
駅までは重い防具をかついで歩かなければならないので大変といえば大変。

でも、できないことではないし、皆も同じ条件だしと思っていたのですが、
なんとも寂しい限りです。

息子が車で連れて行ってと言ってきたわけでもないし、2人しかいなかった
ことについても何も言っていなかったので、別にいいのですけどね。


他にも、親がそこまで出なくてもなと感じる場面があります。


小学生の時は登校班で通学していました。

息子が入学した時、登校班通学の初日には私も登校班のところまで
息子と一緒に行き、班の出発を見送りました。
でも、それはその1日だけ。
他の同級生のお母さんもそうでした。

でも、翌年の1年生は1週間ぐらいお母さんがついていました。
その後、1カ月間ずっと付いている方もいました。

そろそろ大丈夫だろうと1人で行くようにと促すと
「明日も来て!」になり、その後ズルズルとなってしまったようです。

すでにひとりで来ていた子が「○○ちゃんのお母さんが来ているから、
お母さんも来て」と言い出し、途中からそのお母さんも行くようになったり、
なんだかおかしなことになっていったようです。

今は2学期ですが、登校班にはお母さんがいつも2~3人います。
子どもがそう要求するのか、お母さんが心配でついてきているのはわかりません。
前例があるので、そういうものだと思っているお母さんもいるかもしれません。

住宅街の中に集合場所があり、一番遠い子でも1分もあれば集合場所につき、
危ない道などありません。
登校班当番が必ずひとりいて出発を見届けています。
他のお母さんが付き添う必要はないと思います。

でも、息子も数年あとだったらどうだったでしょう。
私も他のお母さんにあわせて、ある程度の日数付き添わなくてはならなかったかもしれません。


息子は不登校になり、学校で一度つまずいてしまいました。
二度と同じことを繰りかえさないように、将来社会にでてひとりでも生きていけるように
子どもがひとりでできることを奪わないであげたいです。

子どものためにと手をかしてあげるより、なるべく手を離してあげたいです。
親の助けがなくても動けるようにしてあげたいです。

でも、周りとの兼ね合いもあり、時々やりにくいなと感じることもありますね。



ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

こんばんは。
なんとなくわかるような気がします。私達からみれば親がそこまでしなくてもいいことかな?とおもっても周り?とおもうこともあります。
基本的に一人で生きていける力、自立していける力をつける、なんですが周りをみていると、なんだかこれでいいのかな?とおもいます。

はじめまして。

ティカさんはじめまして。
小3の息子がエンカレッジでお世話になりました。

ずっとブログ読ませてもらっています。辛い時期は本当にたすけられました。
毎回コメントしようと思いながらもなかなか勇気?がでず・・・そしてどのタイミングででてこようかと・・・考えているうちに次の記事がアップされていたりして。

ブログでは笑わせてもらったり涙したり・・・。

周りとの兼ね合い、これとっても難しいのです。我が家の地域はちょっと特殊だなと思うぐらい濃いので、宿題ひとつにしても親同士の電話やメールがあったりするので、ちょっとやりにくいと思うことが多々あります。
友達の家に行くのも基本車での送迎が当たり前ですし、中学受験とかはないですが、とっても教育熱心な地域なので大変です。

なんだか長々ととりとめもなく書いてしまいましたが、どうぞこれからよろしくお願いします!

ゆうまさんへ

ゆうまさんも分かってくれますか?

子どもが不登校なり、今までの子育ての見直しをしてきたので、やはり周りが気になりますよね。
そこまでしなくても・・・ってこちらは思うのだけど、それが当たり前のように行われていたりすると、それを貫こうとしている自分が空しく思えたりね。なかなか難しいものですねv-404
でも、こうしてコメントもらえると、そうよね。それでいいのよね。と力をもらえます。
これからも頑張っていこうねv-352

マハロさんへ

マハロさん、はじめまして。

勇気を持ってコメント入れていただいたのですね。どうもありがとうございますe-343
次の記事がアップされちゃって止めてしまったことがありました?それは残念!コメントは前の記事でもコメ返しが終わっていても大丈夫ですよ。何時でもお待ちしていますe-319

宿題ひとつで親同志の電話やメールですか?それはかなりですね。その環境の中でそれを子どもの問題としてとらえていくのは大変ですね。親がこうだと思っても、子どもも他の子や他の親と比べるでしょうし、周りとかけ離れた対応も難しいですね。皆とのバランスをとりながら頑張ってくださいね。

同じエンカレッジなのですね。お会いする機会があるかな?これからもよろしくお願いしますe-420

NoTitle

息子君えらい!
うちの長男なら「送ってってよ~。重いんだぜ~。くたびれて試合に負ける~!」って言ってるような…。そう言われると私も乗せていったかもしれない…v-12v-12

ゆうまさん、マハロさんも書かれていらっしゃいますが、やっぱり親同士の関わりを考えると…ってところがありますね。
本当はいやだけど、かねあいを考えて周りに合わせなくてはならない…的な。
うちも宿題や持ち物、こども同士の集まりなど、親のメールで連絡が来たり、子どもの発表会のお誘いがメールで来たりします。
長男の時はバレエをやってる女の子のママからのお誘いで出かけましたが、娘の場合は、バレエ・ピアノ・ダンス・ヴァイオリン…、いろいろやっているお友達が多くて。
そのたびに手みやげを持って出かけ、あちらからはお返しの品をいただいてきますv-12
秋にあった娘のピアノの発表会は、私は表に出ないで、娘に任せていたところ、二人のママから「子どもが○ちゃんの発表会に行きたいって言うんだけどいつあるの?」ってメールが来て、その方だけに連絡しました。
やっぱり、自分の発表会だもの、来てほしいなら、自分で誘ってほしいし…って思うんだけど、「うちの子の為に一人でも多くのお友達に見に来てほしい」って思うママが多いように思います。
うん。気持ちはよくわかるんだけどね。同じ母親として。
でも、そこまではできないし、したくないという自分がいるのも事実で…。

連休中にお友達のヴァイオリンの先生がチャリティーコンサートを開き、お友達も舞台にあがるというので行って来たんだけどね、その時にクラスの男の子も来ていて、娘は「今度は私も男の子にも来てほしいv-238」そうでv-12
よかった~!発表会が2年に1度でv-220
次回は4年生の秋。
さて、娘は男の子を発表会に誘えるのかv-219
はたして、それまで、ピアノを続けているのかv-219
おっと、話が逸れてしまいましたv-19

でもね、子どもを挟んでのママ同士のやりとりでは最近私、ちょっとあってね…。まあ、1年生のころから数回あるんだけど。3年になったし、少しは解放されるかな~。って思ってたのね。(あ。でも、長男の時は中学年のころからだんだんややこそくなっていったんだv-12
女の子ってややこしいし、ママもまた女の子だったわけだから、そのややこしさを引きずっている人もいて。
私も、そういう部分もっているしね~v-35
でも、女の子でも、すごーくさっぱりしている子もいて。
ティカさんはそちらのタイプだったのかな?
お会いした時はホントやわらかな、おだやかな印象だったけど、コメント読んでるとサバサバした印象も受けますわv-254
通っているジムのロッカーでも時々おそろしい会話が聞かれるし、サウナにはこわくて入れませ~んv-12
おしゃんべりな私が黙々とマシーンで汗を流していますv-8
あ、最近ね、自転車こぎながら新聞読んでるおじいちゃんのまねして、私も読んでたら「こういうの僕、書いてるんだよ。みんなにも配ってるんだけどよかったら読んでみて。」と地震・原発についてや、松下幸之助氏の文章などが引用された手紙などを数回いただいたりしました。

ティカさんもこれからはテニスに最適なシーズンね。
お互い気持ちのいい汗かいてシェイプv-237しましょうね~v-8v-222

かのんさんへ

剣道部でのことは、息子が何も言わなかったのでセーフでした。
子ども達が自分で防具を会場まで運んでもいいのですが、行くまでに疲れて試合に影響があってはいけないのでと、顧問の先生が防具を運んでくださっているようです。
そのために、遠くからわざわざ回っていただいているのですが、皆が家族送迎ならば顧問の先生は自宅から会儒に直行できたのでしょうね。2人だけだと分かっていたら家族送迎にしてもよかったのですが・・・ちょっと心苦しいと、なんだかな~という思いと・・・複雑でしたe-443

ピアノやヴァイオリンは親の方が熱くなっている場合もあるので、発表会も子どもの繋がりなのか、親の繋がりなのかわからない時がありますね。花束も事前にたのまれたこともありますしね。それをステージ上に届ける・・・なんて決まりごともあり・・・なかなか大変だなと思ったことがあります。習っているうちは仕方がないのでしょうね。娘ちゃん、次回は男の子がきてくるといいですねe-415

> でも、女の子でも、すごーくさっぱりしている子もいて。
> ティカさんはそちらのタイプだったのかな?
> お会いした時はホントやわらかな、おだやかな印象だったけど、コメント読んでるとサバサバした印象も受けますわv-254

はい、はい。私は男の子を生み落とした時には「男の子を育てるなんて信じられな~い」と言われたのですが、今や「男の子のお母さんっていう感じ」と言われるくらいに変化しましたね。これは息子を育ててみればわかることでありまして・・・サバサバしていないと身が持たないですe-330親も子どもにより変化させられますね~かのんさんは三人三様なので複雑変化かな??気持ちいい汗流してリフレッシュして乗り切りましょうねe-282

Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。