スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経験から学ぶ

「俺の知っている奴にルパンが3人いるからさ」

って何のことかと思ったら、盗みを働く子が3人いるという意味らしいです。
ルパンってあの怪盗ルパンのことですものね。

盗みといっても、お店で万引きして警察沙汰・・・とそこまでの事ではなく、
友達から黙ってカードを拝借しちゃうってことのようです。
実際に、息子も(は?)実害にあっているとのこと。

それは以前、毎日いろんな友達が遊びにきていた頃の話です。
うちに遊びにきたその3人が息子のカードを持っていってしまったようです。
それぞれ別の日にです。

その頃は部屋も物が散乱していたし、人も多く、はっきりいって何が無くなっても
おかしくない状態。盗みの温床だったともいえます。

「もってけ泥棒~」の世界だったろうし、そんな環境を用意してしまった我が家も
責任の一端はあるかもしれません。

そのうちの1人の子のことは当時、息子から聞いていて記事にもしています。
盗んだカードを別の子のカードと交換したことでそのことが発覚しました。

(過去記事→ カードが消えた!

昨日、息子から新たな事実を聞きました。

もう1人は当時の親友のS君なのですが、カードが無くなっていたので
S君に聞いてみたら、持っていったと告白。
息子はSが欲しいんだったらいいんだとそのままあげたそうです。

しかし、次にもまた盗み、盗んだ後に別の子のカードと交換しているところを
T君が見ていて、後で息子のカードではないかと確認してきたことで発覚。
これももう友達の手に渡ってしまったので諦めたとか・・・

S君のお母さんはとっても厳しいので、このことを知ったら卒倒するでしょうね。
かつて「T君とは遊んでいけない」って言ってましたけど・・・
T君は人様のものを盗むようなことはしませんよ。


次にC君。

C君が家にいる時に、息子は自分のカードが無くなっている事に気付き
C君のフォルダーにそのカードが入っているのを発見、その場でとり返す。
仕返しにヘッドロックしたらしい。

しかし、同じ日、またカードが無くなったので、再度C君のフォルダーを確認したら
また、あった。(2回もやっちゃうのね)

他のカードも盗られていないか、C君の手荷物チェックしてから
「もう帰れ!」って家から追い出したのだとか。

それ以来、C君に遊ぼうって言われたら「無理!」って断るか
「遊ぶなら外ね」って言って、絶対に家には入れないらしい。


うちの息子、かつてゲームソフト屋さんの駐輪場で、カバンを自転車のカゴに
入れっ放しで店内に入った隙に、カードを全部盗まれたんです。

それ以来、カバンはタスキ掛けにして肌身離さず持っています。
友達の家にいってもタスキ掛けのままだとか・・・


やはり経験!経験に勝るものはないですね。
息子の話からつくづくそう思いました。

復学して2年間、いろんな友達と関わりを持ちながら
その中で処世術を身につけているのだと思います。
経験させてもらえることはありがたいですね。


ところでC君のお母さんもS君のお母さんと同様、とても厳しいんです。

偶然でしょうか・・・



ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

NoTitle

カードを巡っての様々なできごと。
以前の記事の他にもいろいろあったんですね~。
うん!息子くん、いろいろ経験値あげてますね~。
「仕返しのヘッドロック」にはまたもや笑ってしまいましたv-8

親御さんがあまりに厳しいと、子どもとしても「いい子」でいなくてはならないし、親に言いづらいことがどんどんふえていくのかもしれませんね。

お小遣いの額や買った物をチェックをされていて、見慣れないものがあると「これ、どうしたの!」って言われたときに「○○にもらった。」って言うのが言いのがれしやすいですもの。
でもな~。そんなことしてたら、どんどん友達も、信頼も失っていく。
そこにs君もc君も気付いてほしいですね。

「経験から学ぶ」これは大人にも言えますよね。
私、買い物前に「バックに財布が入っているか」「その財布にお金は入っているか」を経験から学び!(?)ました。
でもね、昨日財布の中身を確認して出かけ、1万円だと思っていたらなんと、5千円でv-12新たに「お札の種類も毎回確認」です。
はああ~。レジで一瞬青ざめましたv-12

NoTitle

ないと思いたいけど、よくあることなのかもしれませんね。
大人の世界なら、白日の下に・・・となるかもしれませんが、そこは中学生の世界。
中学生なりの対処方法が必要なのかな。

この話を息子くんがティカさんに話したことがすごいと思うよ。ティカさん、信頼されてるね。

かのんさんへ

周りにこんな出来事がよくあるのは異常でしょうかね?それとも親は知らないだけ?
息子が隙だらけだっていうことかもしれませんけどねe-330
「仕返しのヘッドロック」笑ってもらえました?実演しながら説明してくれました。

S君の親はとにかく監視していますね。何処へ?誰と?はいいのですが、何をして遊んで?あれはダメ。これはダメが多い。私がそこの子だったら息が詰まりそうです。
C君は以前遊びに来た時に、自転車の鍵を無くし帰れなくなり、鍵を探しているうちに門限が過ぎたので、車で送っていってあげると言ったら、「送ってもらったらすごく怒られる。絶対に親には言わないで。電話もしないで」って泣きそうになっていました。よっぽど母親が怖いみたいです。実は今、学校でも人の物をとったり、授業妨害したりして問題を起こしているようです。

私はお財布持たないで病院へ行ったことが2度も!経験から学んでいないようですe-350

ちゃろさんへ

確かにないと思いたいけれど現実にはあるんですね。
きっと親が知らないだけということも多いのかもしれませんv-12
中学生ですしね。それを学校に連絡というのもどうなのか・・・
そんなことをすれば友達との信頼関係が崩れると、それも経験から学んでほしいですね、

私、信頼されているのかな??そう思うことにします。
人のことは言っても自分のこととなるとなかなか話してくれないんですけどね。でも、うちの息子、昔から嘘やごまかしは嫌いなので、その部分はある程度信用していますv-222
Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。