スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登校刺激について

2年前の3月26日、息子への登校刺激が行われた日です。

翌月4月に息子は復学をはたしました。
この日がなかったら息子は今どうなっていたでしょう?
彷徨っていた息子がしっかり前を向いて歩きだした日です。

この登校刺激の日のことを私は自身が参加しているmixiのコミュニティ
『不登校~復学を目指す~閲覧』 の中で書いています。

まずはそれを読んでいただければなと思います。
(一部訂正してあります)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「登校刺激について」

息子は学校に行けなくなった時、しばらくは毎日、翌日の準備をして寝ていました。
しかし、朝になると行けなくなります。
それを繰り返すうちに、準備をしなくなり、学校に行きたいと言わなくなり、
そのうち「もう学校には行かない」と宣言するようになっていました。

もう動く気配がなくなった息子をみて、復学支援機関に支援をお願いしました。
そして約3ヵ月間「家族療法」を学び、息子の問題があった性格
(我儘、柔軟性のなさ・・・)を、学校という社会の中で順応できるレベルまで
改善していきました。

そして「登校刺激」の日を迎えます。

私はその日まで、息子の気持ちを掴めずにいました。
今、学校をどう思っているのか?行きたいと思っているのか?
それとも行きたくないのか?
まったくわからなかったのです。
それだけに「登校刺激」で学校へ行く意志を見せなかったら・・・
という不安で一杯だったのを覚えています。

「本当は学校に行きたかった。でも、休んでいるうちに行けなくなってしまった。
自分でどうしたらいいのかわからなくなってしまった」

息子はそう言ったそうです。

「学校へは行かない!」なんて嘘でした。

学校に行く希望を失い、諦め、「行きたい」という気持ちを自分の中に封印し、
そう強がらなければ自分を支えられなかったのかもしれません。
息子がこんな悲しい嘘をつかなければならなかったなんて・・・
胸が締め付けられるようでした。

もし、息子の言葉を素直に信じて、学校を諦めてしまっていたとしたら・・・
それを思うと今でもたまらない気持になります。
そうなる前に息子の本当の気持ちに気づいてあげることができ、
救ってあげることができてよかったと心から思っています。

息子はその日から変わりました。

●昼夜逆転が直り、規則正しい生活を心がけるようになりました。
●オンラインゲームをやめました。
●不登校中まったく勉強をしていませんでしたが、その日から登校日まで、勉強をしました。
●伸びきった髪の毛を切ってほしいと言ってきました。

全部、息子の意思でそうしたのです。
こうしろと命令されたことなどは一つもありません。
ただ、登校するという光を見せていただいただけで、これほど変われたのです。

「登校刺激」では、登校の意志を確認するだけでなく、息子の至らない点、
改善すべき点なども指摘し、厳しく律してもいただきました。
息子にとっては、先生は怖い存在のようです。

しかし、復学して数カ月した頃、息子が「あの人に会ってみたい」と言いだしました。
登校刺激をしてくれた支援の先生のことです。
自分に真剣に向かい、体当たりで諭してくれたこと。
深い愛情があっての厳しい言葉であったことを息子はちゃんと感じとっていたようです。

学校へ行く意志を見せてからは、日増しに表情がよくなっていくのがわかりました。
毎日、登校までのスケジュール表を眺め、訪問の先生と学校へ行く準備をするのも
本当に楽しそうでした。

「こんなにも息子は学校へ行きたかったんだ」

「学校へ行きたい」という言葉は、決して言わされた言葉ではなく、
息子の心の言葉だったのだと、私は確信しました。

復学の日、学校から帰ってきて、ランドセルを玄関に放り投げ、
「外に出れて嬉しい!」と笑顔一杯で友達の家へ飛んで行った息子の姿を、
今も忘れることはできません。

学校の中の息子・・・それは息子の本来の姿でした。

息子は今も、元気で学校へ行っています。
私は私で、息子の継続登校を見守りながら、自分自身の生活も楽しんでいます。

「登校刺激」は子どもに「学校へ行けるんだよ」
という希望の光を見せてあげることなのだと思います。
あの「登校刺激」により、息子は、自分の向かうべき方向を見いだし、
自分の足で歩き始めました。
そして今もその道を歩いています。

学校を諦めなくてよかった。
息子の本当の気持ちを引き出してあげることができてよかった。

なによりも息子の笑顔がそれを物語っています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


このコミュニティでは「登校刺激について」や「復学を選択した体験談」など
復学の体験を中心に書いています。

まだ彷徨っている方の少しでもお力になれれば嬉しいです。

私はこのコミュの副管理人をさせてもらっています。
よかったら覗いてみてくださいね。
   ↓
mixi『不登校~復学を目指す~閲覧』

なおこちらでは閲覧のみで参加申請は受け付けていません。


参加申請はこちらのコミュへお願いします。
「親が変われば子どもも変わる」を皆で学んでいます。
(トップをよく読んでくださいね)
   ↓
mixi『不登校~復学を目指す親の会』


ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

復学から2年がたつのですね。
なんだか、5年間くらいおつきあいさせていただいているような気がしますv-8

このブログだけではなくmixiでの管理人もされているティカさん。
すごい発信力だな~といつも感心しているわたしです。

いよいよ新年度が始まりましたね。
といってもまだまだ春休みですが‥。うちは8日が始業式ですv-12
今日は次男のお友達が来て、「新6年だよね~。」なんて会話していました。
これからもいろいろな記事を楽しみにしていますねv-252

我が家のことも思い出してました。
学校に行けなくなって、最初のうち 娘も毎日学校へ行く準備をしていました。
しかしどうしても行けず、その後の混乱期・・
「学校なんてキライ」「学校なんて行きたくない」と言っていました。
それでも、学校からのお便りや友達からの手紙には興味を示し
まさに「行きたいけど、行けない」「どうやったら行けるのか分からない」
そんな時間を随分過ごしました。
親として色んな働きかけをしたし、学校の先生方も協力的・・
それでも教室に戻るのは難しかったですね。
そんな私達の背中を押してくれたのが、「登校刺激」でした。
その日があったから、娘も一歩踏み出し 学校に戻ることが
できたんですものね。
そして我が家を含め、様々な体調不良の症状で悩まれているかたも
多いと思います。
不思議なもので、親が対応を学ぶうち体調不良がなくなるケースが
なんと多いことか・・。ひとつの歯車(親)が動き出すことで、
プラスの連鎖がおこる♪ mixiに参加されている人もそれを経験したかた
が多いですね。 

かのんさんへ

復学してもうすぐ2年です。ブログを始めてからは、1年8カ月かな?
早いものですね。
かのんさんとはほんと5年くらいおつきあいしているようですね。かのんさん無しでは語れないブログになっています。いつも、コメントありがとう~e-398

ところで、mixiのほうは副管理人ですよ~それも閲覧の方だけですけどね。閲覧は読むだけのコミュなのですが、『~親の会』の方では今、渦中の方も頑張っています。私もできる範囲で書き込みさせてもらっています。いろいろと勉強になりますe-508

次男くんいよいよ小学生の最終学年ですね。いい思い出たくさんできるといいですねe-374
うちは明日が始業式です。またブログでご報告しますね。

jumaさんへ

jumaさんの娘ちゃんも、学校へ行く準備していたんですね。
行こうとして行けない・・・親も明日こそはと期待しているだけに、行けないことは親も子どもも辛いですね。「学校なんてキライ」と言って学校へ行けない自分を正当化しなけらばならないなんてなんて悲しいんでしょう。
きっと子どもはきっかけが欲しいのですよね。登校刺激はそのきっかけですね。たとえ学校が苦手だと思っていても、子どもってそれを乗り越えたいって思っているんじゃないかな。誰だって本当は逃げたくないはず。ただ、どうしていいかわからない。ひとりでも多くの子が学校にもどれるといいなと願っていますe-156

mixiのコミュでもいろんなケースがありますが、親の対応を学ぶことで子どもに変化が起こる。そうそう体調不良も病気ではなかったと分かるケースがほとんどですものね。親の対応を学び、少しでも多くの家庭でプラスの連鎖が起きてほしいですねe-420
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。