スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンハン体験

「お母さんもモンハンやってみてよ」

と、息子から何度となく誘われていました。

あまりゲームに興味のない私はその誘いに乗らずにいました。
が、しかし、先日・・・

キャラクター(でいいですか?)の名前を入れる画面を私の前につきだし
「ねえ。名前何がいい?」
「1時間PSP貸してあげるから。ね?やってみてよ」

ついに根負けして、やってみることにしました。

そして、最初のクエストで雪山草5本を採りに行くことになりました。

今、どこかを移動しているのか分からないし、モンスターと戦おうと
するのだけどクルクル回っちゃって方向違いのところを攻撃してしまうし、
ところで雪山草はどこにあるの~!?

「ほらほら、どっち向けているの。このキーで方向変えなきゃ」
「そんなことしていたら、やられちゃうよ」
「なに、やってんの~違うよ~」
「そこは○を押す!」
「そこは×でもとに戻る。さっき教えたでしょ!」
「あ~お母さん、こんなにヘタだと思わなかったよ」

息子に手助けしてもらい、どうにか制限時間50分ギリギリに
雪山草はゲットできましたが、息子にケチョンケチョンに言われる始末。


以前、不登校の時も息子に一緒にゲームをやろうとせがまれたことがあります。
そのことを上野先生にお聞きしたことがありました。

平日の昼間、皆が学校へ行っている時間に親がゲームなど
子どもの遊びに付き合うのは、不登校を認めていることになるので
避けてください。
しかし土日なら少しは相手をしてあげていいでしょう。

でも、ゲーム類は子どもは得意ですので、すぐ親よりも上手になる。
すると子ども上位になりがちで、親がイニシアティブを
とりにくくなるので注意が必要・・・と。

不登校当初、息子は家で王様。親の立場はどん底でした。
そこから親の立場をあげる修正をしなければならなかったので尚更です。

今は親としての立場を保ちつつ、子どもと楽しい時間を過ごせれば
いいなと思っているのですが、思春期に入り、親の立場がピンチ状態。
ここ最近、息子は自分を上げるために偉そうな口のきき方をしますしね。
ゲームをやるとその偉そうな態度に拍車がかかりそうです。


幸か不幸か・・・それ以来「モンハンやろう」と誘われなくなりました。

どうやら息子は私にゲームを覚えてもらい、もう一台PSPを買って
通信しながら協力してモンスターを倒したかったようです。

でも、モンスターを倒す協力者は親ではなく、友達が一番ですよね。

誘われなくなって、やれやれです。



ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

すごーい!50分近くトライしたのね!
頑張りましたね~。
私だったらきっと5分で「ダメだ!無理!」と投げ出していることと思います。
子どもたちも、新しいゲームを買ったときに「ほら。すげえリアルだよ。」と画面を見せることぐらいで、もう私をゲームに誘うことはないです~。
唯一できそうな、服のコーディネートのゲームも3人くらいのコーディネートで飽きてしまい「はあ~。お母さんはもういいや。」って。娘は「そお?」って言いながら続きをやっていたので、きっと「飽きっぽい母」と私のことを正しく認識していると思います‥(笑)

今は次男の買ったスマブラに娘もはまり、次男のごきげんをとりつつにぎやかにやっています。
スマブラは以前不登校中に、支援の先生が持ってきて下さっていました。
その時から非常に興味は持っていたようです。
そして、先日、遊びに来たお友達が持ってきて3人でやってから「欲しい!」と貯金を下ろして即ゲット。
「この音楽懐かしいな」と支援の先生と楽しそうにやっていた子どもたちの様子をおもいだします。
そして、今はお友達とにぎやかにやっていることを感謝の気持ちでみつめています。

かのんさんへ

50分近くトライしたのも、息子が側に張り付いて逃げられなかったという状況ですe-330
なんだか分からないままにあっという間の50分でした。私はテトリス(これは絶対私が勝つ!)とか、桃鉄とかなら相手をしてあげられるんですけどね。モンスターと戦うのはやっぱりだめe-464
これまでも、何回か一緒にやろうと持ちかけられて、うちの息子けっこう強引で・・・この強引さがちょっと難点。友達関係にもでているので、ちょっと修正したいですね。

そういえばうちもスマブラは、訪問のお兄さんが持ってきてくれたのが最初です。しばらくは、お兄さんが来るたびにスマブラで盛り上がっていました。今となってはいい思い出です。今は友達とゲームをやれることに感謝ですねv-345
Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。