スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「学校を休めない」

前回の記事にたくさんのコメントを寄せていただき、ありがとうございました。
何かがあると、言葉をかけてくれる皆さんがいて、私は幸せ者ですね。


母の葬儀は密葬で、親族だけで静かにゆっくりと母を見送ることができました。
今は自宅にお焼香に来てくれる方々と一緒に母を偲んでいます。

息子は朝、起きたらすぐ、学校へ行く前、寝る前・・・
何時と決まっていないのですが、たびたび母にお線香をあげています。

「ろうそくが消えているよ。つけてないとダメだよ」と言い、
(別に消していてもいいのですが)息子がろうそくを絶やさずつけています。

昨日はずっとお焼香台の前にいると思ったら、煙の少ない線香を
煙のよく出る線香に変える実験?とやらをやっていました(汗)

 
母が亡くなった時のことなのですが・・・

もちろん息子は忌引きで学校をお休みすることになります。

しかし息子は、
「学校休まなきゃだめ?今、数学でわからない所があるし、学校を休むと
勉強が遅れるから、なるべく学校休みたくないんだ」
と主人に言ってきたそうです。

そして次の日だけ何も予定がないので、学校に行きました。
2週間前のその曜日にお休みしてしまい家庭科2時間遅れをとっているので、
これ以上休めないとも言っていたそうです。

そんな前向きな言葉などあまり聞いたことがないのでびっくりです。
普通の時に聞けばすごく嬉しいですけどね。

何故、母が亡くなった時なんでしょう。。。
ちょっと複雑ですが・・・

でも、「学校を休めない」という言葉はやはり嬉しいですね。



ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

息子君の言葉、タイミング的なことはありますが、うれしいですよね。
家庭科とか、美術とか、2時間続きの時もあったりするし、追いつくのが大変になりますものね

たびたびおばあちゃんにお線香をあげている息子君。
やっぱり優しい。
言葉にはしないけれど、いろんな想いがこめられている気がしますよ。
でも‥たしかに実験は(汗)ですね。
なんだか息子君らしくてちょっと笑ってしまいましたが。

うちも、次男はしょっちゅう義母のところに行っています。
やっぱり必ず、お線香をあげているそうです。
(あとの二人はそうでもないらしい…汗)
宿題を持っていったり、「テレビを一緒に見る」とかいろいろですが、やっぱり義母もうれしいようです。

今回の記事で「学校を休めない」っていう意識が根付いてきたのかなって思いました。
上野先生や、ティカさんたちの働きかけによるところが大きいけれど、中学生になったことで、進度も小学校とは格段に違うし、息子くん自身が欠席した経験から「休んだらあとが大変」っていうことを実感したところも大きいのではないかなって思いました。

うちの長男、インフルエンザで欠席中ですv-12
夫が「今週は休みかな」って言ったのをいいことに、なんだか1週間欠席モードに入ってます。
「こちらからは休みのことふらないで。本人に言わせないと、休み中の行動に干渉しづらくなる」って夫に言ったんですけどね。
一応、提出物の準備はしてましたが(「お母さん、これにコメント書いて」とかv-12
明日、どう出てくるかです。

ティカさん。
お疲れのでないようにね。

かのんさんへ

父が亡くなった時は、落胆して「学校休んでおじいちゃんの側にずっといる」って息子から言ってきたんです。だから、母の時は??って思わず・・・父の時は初めて人の死を身近に感じてショックが大きかったのだと思いますけどね。その時に、告別式までお線香を絶やしてはいけないと知り、それが今回、ろうそくと勘違いしたのかも・・・次男くんがお線香を・・・うん。やはり次男くんですねe-454

美術とか、家庭科とか2時間続きですものね。一度、休んで追いついたばかりなので、また同じこと繰り返さなければならないと思ったのでしょうね。遅れをとったら大変ということは、授業を捨ててはいなんだな(低い次元ですが・・・)と嬉しかったです。欠席はよくないですが、欠席の経験から学ぶこともあるようですねe-330

長男くん、インフルエンザ大丈夫ですか?でも、今は熱が下がって退屈になってくる頃でしょうか?
明日はどうでしょうね?

ティカさん こんにちは
息子くん まめにお線香あげてくれるのね
やっぱり優しいね^^
家は義母が亡くなったのが、復学少し前だったので
自分の不安を聞いてもらうかのように、お線香をあげてました^^;
ちょっと意味が違うけど、まあそれもありなのかな?と思ってました。
今回の「休みたくない」の言葉 なんか成長が感じられて
嬉しいね。
家も今日は風邪で次女がお休み。
でも、「今何時間目かな?」とか私が用事で学校に行くと
「誰か私のことなんか聞いてこなかった?」と
学校が気になってしかたないみたいi-190
随分変わったな~と感じましたよv-410

jumaさんへ

お焼香も日が経ってきたので、回数が減ってきていますが・・・
まあ、でも言われなくてもあげてくれるのでよしとしましょうか?e-456

義母さまは復学前ですか・・・義母さまも気がかりだったでしょうから、jumaさんの不安な気持ちも共感して聞いてくれていたと思う。そして、復学した今は笑顔で娘ちゃん達を見守ってくれているでしょうね

登校の不安はもうさほど感じないのだけど、今回のように「休みたくない」とはっきりと口にしてくれるとやはり嬉しいです。それが学習面の理由をあげてきたので、尚更ね。登校を続けていればこのようになってくれるのだなぁと実感です。次女ちゃん風邪、大丈夫かな?もう、学校へ行くのが当たり前になっているんだね。嬉しいねe-257

Secret

プロフィール

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。