スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう少しだけ・・・・

前回の記事にコメントいただいた皆さま。
お返事できないままで申し訳ありません。

前回の記事で母のことにも少し触れましたが、
その母が14日に亡くなりました。

昨日、18日に告別式をすませ、母を無事見送りました。

息子は吐き気で告別式に参列できず(あきらかに睡眠不足)
斎場の控室でダウンしていました。
まだ、本調子ではないようです。

そんなことでもバタバタしていました。

今、義母が残ってくれて、寂しさを紛らわせてくれています。


明日の講演会は出席できなくなりました。
ぷらす・エールの新年会もあったので、とても残念です。
出席される皆さま、どうか楽しんでくださいね。
皆さまとは、また、どこかでお会いできればなと思います。


コメントのお返事はもう少しだけお時間くださいね。




母のことはこちらのブログに書いています。
おばあちゃん、どこ行くの?



ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

大変でしたね。そんな中、記事をアップしてくれてありがとうございます。
我が家も子どもの復学後に父が亡くなりました。バタバタの後で、どっと疲れが出たりするので、休める時は少しでも体を休めて下さいね。
今はきっとティカさん一家を見守ってくれていると思います。お母様のご冥福をお祈りいたします。

ティカさんへ

私は親の老いや旅立ちは、親が子にする最後の授業だと思っています。
私の携帯からはお母様の事が書いてあるブログは見られないのですが、こちらのブログからティカさんを見ていると素敵なお人柄がその授業でより深く大きくなられている気がします。
私はまだ授業を受けていませんが、その時にはぜひご相談させて下さると助かります。
今日お会いできないのは残念ですが、今はゆっくりおわかれに気持ちを使って下さいね。

ティカさん、お辛いですね。心よりお悔やみ申し上げます。お母様のブログも読ませて頂きました。認知症の義母と重なり、号泣してしまいました。お母様にはティカさんの思いが届いていたのですね。戸惑い、歯痒さ…葛藤の介護の日々だったでしょうが、最期までお母様の身体と心に寄り添ったティカさんの姿を思い出し、私もお世話させて頂こうと思い直しました。どうか、お疲れが出ません様にお祈りしています。

ティカさん。
お疲れ、でていませんか?

息子君の体調はよくなりましたか?

お返事のことは気になさらず。
少しでもお身体とお心が休まりますように。

テイカさん、こんにちは。前回の記事からずっと気になってました。
お母さんなくなられたんですね、ずっと介護されてきたお母さんですよね寂しいですよね。
義母さんまだいてくれてますか?
甘えていいとおもいますお母さんのご冥福お祈りします。コメ返信は特にいらないですよ。
疲れが出てきやすいときですね。体調きをつけてね。

ティカさん、
大変でしたね。
お母様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

親にも子にもいつも真剣に向き合ってきたティカさん。目標にします。
親を見送り「子どもとしての責任を果たし、悔いるものがない」のは素晴らしいと思います。

どうぞご自愛ください。

ティカさん

お母様のご冥福を心よりお祈りいたします。

お母様の旅立ちはどんなに悲しい事だっただろうかと
ブログを見て涙があふれました。
最後までティカさんと過ごすことができた
お母様はきっと温かい気持ちでいらっしゃったと思います。
(うまく言葉にできなくてごめんなさい。)

ティカさんもご家族もどうぞお体ご自愛ください。




ティカさん。
大変でしたね。気を抜く間もなくお疲れの事と思います。
お母様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
ティカさんの2つのブログをいつも拝見させていただいていますが、改めて親子の在り方(子の立場・親の立場としての自分)や家族の絆を振り返る事ができました。
全力で後悔することなくお母様と向き合う事ができたティカさん。
沢山のご苦労があったと思いますが、お母様もホントに喜んでいらっしゃると思います。
まだまだ寒い日が続いていますが、くれぐれもご自愛下さいね。

ティカさんへ
なんと言葉をかけていいのやら。。。
お母様のご冥福を心からお祈りいたします。

「ありがとうね。ありがとうね。」というお母様のことば。
お母様はティカさんがそばにいてくれて幸せだったんだと思います。
この言葉から親子の絆、家族みんなの絆がとても強く感じられます。

ティカさん、疲れが出ませんように。お体大切に。

お母様の ご冥福をお祈りしております。

kyunさんへ

kyunさん、ありがとうございます。

kyunさん、お父様を亡くされているんですね。葬儀は家族葬でごく身内だけですませたので、今はご近所さんや私の友達が自宅にお焼香に来てくれます。せっかくなので、ゆっくりお茶してもらっています。まだ、ちょっとバタバタですね。

母が亡くなる前にもあまり寝れていなかったのですが、どうも私ってタフなようで今のところ大丈夫です。でも、気をつけなければ・・・ご心配ありがとう。


そらさんへ

そらさん、ありがとうございます。

> 私は親の老いや旅立ちは、親が子にする最後の授業だと思っています。

あ~いい言葉ですね。本当にそう思います。母のことは不登校にもからんでいて、いろいろな試練を私に与えてくれました。母のことがあってこそ、最終的には家族がまとまりました。それが最後の授業だったのかもしれません。

確かに携帯で見れませんね。ちょっといろいろやってみたのですが、よくわからなくて・・・申し訳ないです。どなたか分かるかな~
そらさんのご両親はご健在なんですね。大切にされてくださいね。


ケセラさんへ

ケセラさん、コメントありがとうございます。

ケセラさんの義母さま、認知症なのですものね。ご自分と重ねあわせてしまったかもしれないですね。戸惑い、歯痒さ、葛藤の日々・・・ケサラさんも私と同じ思いをされているのだろうと察します。お会いした時にもっとそのお話をしたかったですね。

母の認知症の症状がどんどん悪くなってきて、かなりきつかった時もありましたが、最後に優しい母になってくれて本当に嬉しかったです。最後は母が愛おしくて愛おしくて仕方がありませんでした。
ケセラさん、大変だと思いますが、頑張ってね。グチは言っていいですよ~私、いつでも聞きますからね。

かのんさんへ

かのんさん、ありがとうございます。

まだ手続き関係が残っているので出向いたりしています。疲れは微妙に感じながらも忙しくしているほうがいいようです。何もやることがなくなったらどうなんでしょうね。お気づかいありがとうございます。

息子は葬儀の後の食事もほとんど食べられず、次の日の部活もお休み・・・知らない親戚も来ていたので気疲れしたかもしれませんね。今は、もう絶好調?です。
また息子のことは記事にしますね。


ゆうまさんへ

ゆうまさん、ありがとうございます。

いつも早めにコメがえしする方なので、そのままになっていたのは気になりますよね。コメントが遅くなってごめんなさいね。
義母は2月末までいてくれるようです。食事の後片付けやら、アイロンがけやら、いろいろとお手伝いしてもらっています。すっかり甘えちゃってますね。葬儀に親戚が来てくれたり、義母がいてくれたりで気が紛れていますが、いなくなったら寂しくなるかな・・・でも、気持ちを切り替えて頑張りますね。

うたさんへ

うたさん、ありがとうございます。

子どもとしての責任を果たしてほっとしています。
長いこと、父や母に合わせた生活を送ってきたので、その必要がなくなり自由を与えられた今はかえって怖いような気もしています。だらけないように気を引き締めなければね。

今回、講演会を欠席したので、うたさんにお会いできなかったのは残念です。うたさんも娘さん達に正面から向かい頑張っておられると思います。今度、お会いした時はまたお話聞かせてくださいね。

Kazumamaさんへ

Kazumamaさん、ありがとうございます。

母の旅立ちは本当にあっという間で・・・逝ってしまったんだ~という感じでした。
もう覚悟はできていたので、その瞬間は悲しいというより、「頑張ったね」って
声をかけてあげたくなりました。
これからは、母の遺影に向かっていろいろ母に語りかけてあげようと思います。

kazumamaさん、復学おめでとうございます。継続登校、いろいろとあると思いますが、頑張ってくださいね。



> お母様のご冥福を心よりお祈りいたします。
>
> お母様の旅立ちはどんなに悲しい事だっただろうかと
> ブログを見て涙があふれました。
> 最後までティカさんと過ごすことができた
> お母様はきっと温かい気持ちでいらっしゃったと思います。
> (うまく言葉にできなくてごめんなさい。)
>
> ティカさんもご家族もどうぞお体ご自愛ください。

なっきーさんへ

なっきーさん、ありがとうございます。

母のブログも見ていただいていたんですね。ありがとうございます。
母のこと、息子のこと、その絡みで問題も発生して、家族のあり方をいろいろ考えさせられました。でも最後にいいほうに母がまとめてくれたように思います。母の介護は私にとって必要なことだったと今では思っています。介護してあげたくてもできない方も多い中、自分の思うように介護できたことも幸せでした。これで一区切りつけて、また新たな日々を送っていきたいと思います。

なっきーさんも今後お会いするまでお元気で。ご自愛くださいね。

みかんさんへ

みかんさん、ありがとうございます。

母は精一杯頑張り、私も最後まで側にいてあげられて娘として幸せだったなと思います。
「ありがとう」は母が元気な頃はほとんど聞けない言葉でした。それだけに、そろそろ最期なのかな・・・とちょっと切なかったです。これからは、母がくれたその言葉を胸に、今度は私からいろんな方へ感謝の気持ちをあらわしていければなと思います。母が深めてくれた家族の絆も大切にしていきたいと思います。

講演会ではお会いできなくて残念でした。またの機会にね。

10円まんじゅうさんへ

10円まんじゅうさん、コメントありがとうございます。

母は亡くなってしまいましたが、これからも前向きに生きていきたいと思います。
どうぞ応援してくださいね。
10円まんじゅうさんの想いも皆さんに伝わりますように・・・
どうか、ご自愛くださいね。
Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。