スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認めてあげなければ・・・

夕方になると、何を見るというわけでもなくテレビが付いている我が家。

つい先日・・・

園児たちが皆、逆立ちして歩いていたり、漢字まじりの絵本を音読したり
一度聴いただけの曲をピアニカで弾けたり・・・
それを一部の園児だけでなく、全員がやっている。

そんな映像に思わず釘付けに・・・

勝ちたい。負けたら悔しいという競争心。
誰かがやっていたら自分もやってみたいという好奇心。
ちょっと難しいことをやってみたいというチャレンジ精神。

子どもが本来持ってる成長しようとする力を「引き出し」「やる気にさせる」だけでいいのだという。

「本当に全員できるのですか?」との質問に
「全員できます。時間のかかる子はいますが・・・」と。

そうだよな。「できない」ではなく「時間がかかる」なんだよな。
そのように我が子をみてあげていればな・・・
私の心がチクッと痛くなったり・・・

子どもができないなと思うことでも、親が手出ししないで見ていてあげれば、
子どもはひとりでやろうとする。
というような話に・・・

そうだ!そうだ!って共感したり・・・

しつけは10歳までに・・・と言葉に

そうよね。もう手遅れか・・・わかっちゃいるが・・・

なんていろんなことに反応しながら見入ってしまっていたのでした。

同じくチラチラ見ていた息子が何を思うのやら・・・とちょっと気になりながら・・・


「あ~俺もやりなおしたいよ~」とまず第一声。

「俺、勉強ができるより、絶対音感つけたい。なんで俺、絶対音感ないんだろう!?」
ピアニカのシーンに衝撃を受けたようで、その場でピアノに向かう。

園児が弾いていた曲にトライするが弾けるわけもなく・・・

「くそっ!くそっ!」と苛立ち始める。

ピアノから離れても、イライラ感が収まらない様子。

なにもそこまで・・・
マズイと思って、テレビ消しちゃいました。


以前、いろんなことを頑張らせてしまい、できることで認められるという
価値観を植えつけられてしまった息子。

「やりなおしたい」とか「もう手遅れだ」とか・・・
そんな言葉がたまに出てきます。

なかなか自分のことを肯定できないようです。
ただでさえ、そんな時期なのでしょうけれど・・・

今存在している息子そのものを認めてあげなければね。
認めることに手遅れなんてないよね。



ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
   ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

「認めることに手遅れなんてない」うん。そう思いますv-237

だって、私だって認めてもらえると、今だってうれしいもの。
家庭ノートで「かのんさんのがんばりですよ」なんて書かれた日にはもうウルウル~で帰宅した夫に「ねえ!聞いて!ほら!ここ読んで!」なんて強制しちゃいます。
認められればうれしいし、「よし!また頑張ろう!」って。
いくつになってもそうだろうと思うわv-10

あの番組、私も見たことあるけど、だんだん苦しくなって変えちゃいました。
子どもたちはもちろん、あそこまで指導する先生のパワーに圧倒されました。
「うちの娘もこんな風に教わっていれば、スイミングがイヤとか前回りができない~!とか言わなかったのかな~。」
なんて考えてしまった。
でも、そんな考えを持ってしまった自分に気がついたときに、それは子どもたちが巣立った大切な幼稚園の「ありのままを受け止める。」「がんばれないときだってあるよね。」「泣きたいときは泣いたっていいんだよ。大人だってそうだよ。」
私自身が支えられてきた園長の言葉や教えを否定するような気持ちになってきてしまったの。
あ、でも、このテレビに出ていた幼稚園や先生を決して否定するものではないからね。

あとね、私、幼稚園に勤めていたでしょ。
うちは、「地域に根ざし、保育料が安い」のが誇れる点で、あとは「絵画に力を入れてます」とか「運動遊びに専任の先生を呼んでます」みたいなところはなかったのね。
そういう園に勤めてる子と話したことがあるけれど、「絵が嫌いで、登園を渋るようになった子がいる」とか「園長がきつくて、1年で5人先生が辞めた」とか‥。
すごい学校や幼稚園の番組を見ていると、裏側を考えてしまうところがあるよの~v-12
まあ、それに賛同する保育者や親、ついていける子どもたちがいるからこそ成り立っている保育・教育だと思うのだけれど。
でも、やっぱりあのおばあちゃん先生のパワー、脱帽します。

息子くんも思春期突入だもんね。
うちは最近落ち着いています。
小学校では運動出来る方で発言力もそれなりにあったのが、中学ではそうでもなくなって、やっぱり大変だったんでしょうね。
中1の頃は苛ついたり、なんだかやけに突っ張っているときがあったもんな~。

なんか最近はふっ切れてきたというか、それなりに自分の居場所を見つけてきたような感じがします。(といっても、ほとんど話さないから私の勝手な想像なんだけど。)
息子くんも、がんばれ!
おばちゃんも応援しているぞv-222v-238

こんにちは。そうだよねって共感してしまいました、幼稚園もいろいろあるよね。10さいまでか、あれ?でもそれって4年の終わり?やっぱり5年生って境目なのかな?

息子くんテレビみて、ピアノひいて、なんとなく影響されやすいタイプ?なんとなくかわいいですよね。
前の記事読んで思いましたがやっぱり年々対応も違ってきているし、締めるとこと抜いていいところとこの頃難しいなっておもいます。

ピアノ基本的には好きなんだね、剣道のあとはバンド少年だったりね♪
ではまた。
こちらもインフルエンザ学級閉鎖出始めました。きをつけてね。テイカさんとこは息子くんだけですみましたか?

かのんさんへ

うちの息子はとくに褒めて認めてあげてくださいって上野先生によく言われていました。かなり自己肯定感が低かったですからね。しつけの部分では、もう今さら無理だろうな~と思うことが多いのですが、認めてあげることで変わっていくことはいくらでもできますよね。私も先生にノートにいい事書いてもらった時は嬉しかったですもの。大人だってそうですものねe-284

テレビで取り上げていたのは「ヨコミネ式」子育てでした。おばあちゃん先生ではなく、おじいちゃん先生(横峯パパのお兄さん)だったのだけど、かのんさんの見たのと一緒かな?息子がもし幼児だったらそこに入れたいと思ってしまったかもe-330・・・確かに子どもの可能性の引き出し方は凄いなと思ったのだけど、そこに入れたいと思う親はかつての私かなと思うとちょっと複雑。能力的なことだけにとらわれないでほしいなと思う。今だったらかのんさんのいう「ありのままを受け入れる」いろんな子どもがいる幼稚園がいいかな。

長男くん、もう落ち着いているのね。来年、息子もそうなっているといいな。苛つく時期も限りあるものだろうし、その時までどうにかしのいでいきたいと思います。かのんさんの応援心強いです。また、よろしくね~e-454

ゆうまさんへ

ほんと、幼稚園もいろいろ。以前、住んでいた所のすぐ側の幼稚園も有名でよくテレビでとりあげられていました。上半身裸で過ごし、百人一首を覚えたりという幼児教育に熱心な園でした。とても人気で1週間前以上から並ばないと願書をとれなかったみたいです。その後、引っ越しをし、息子は一番近くの近所の子が多く行く幼稚園に入りました。ごく普通のいろんな子がいる小さな社会。そこでよかったと思いますe-257

しつけも10歳。せめて小学生のうちでしょうね。上野先生にもそう言われましたよ~ゆうまさん、駆け込みでまだ間に合いますよ~e-319

息子、まだピアノづいていますよ。やっぱり好きなんでしょうね。思いついたらピアノに向かい、ちょっと弾いたら離れていくのですが・・・それが日に何度も。合わせて1時間くらいやっていたのでは?
高校になったら本当にバンドに入ったりしてね。

インフルエンザ流行ってますね。我が家は今回、息子だけでしたよ。ゆうまさんも気をつけてねe-448
Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。