スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性の胸の絵を描いてはいけない?

いきなり凄いタイトルですみません。
思春期のお話です。

小学6年生のお母さんから聞いた話です。

授業中、女性の胸の絵を描いていた男の子が先生に見つかり、
こういう絵を描くのはいけないことだと強く叱られたとのこと。

その歳の男の子がそのような絵を描くことは特別なことではないし、
それが悪いことだとして叱りつけるのは如何なものか・・・と。

胸の絵・・・うちの息子も同じ頃、毎日のように描いていた時がありました。

授業のノートにも描いてありましたし、家でもメモ用紙に描いては
私に見せてその反応を喜んでいました。

「これは誰のおっぱいだと思う?」
「おっぱいってローマ字でどう書くの?」

そんなこと聞かれてばかり・・・

そんなのは序の口で、友達から性的な言葉を仕入れては、

「お母さん○○って知ってる?」
「お母さん、○○ってどういうことをするの?」←私が知っているかどうか試している。

でも、たまに・・・

「○○って○○することでしょ?」と言ってきたことが、間違っていたりすることもあり。
な~んだ。まだ、まだ、お子ちゃまね・・・なんて思ったり。

ちょっと興味がでてきたことを、楽しんでいるように思えました。
実際には何もわからないからそうやってはしゃげるのですよね。

でも、そうも言っていられす、そのうち、私の胸を触りはじめました。

隙あらば攻撃してくる。
タッチなんてかわいいものではなくて、わしづかみです。

実は不登校中に、それが段々とエスカレートしていき、一時期は真剣に悩んでいました。

「嫌だ」「やめてちょうだい」と言ったって、まったく聞き入れない。
逃げたら追いかけてくるぐらいのしつこさ。
胸を守ると、下腹部に手が伸びてくる。

ふざけているつもりが、息子自身もわからない思春期の衝動?
止められなくなってしまったようです。

その時に訪問してくれていたお兄さんとお話する時間があったので相談してみると、
「触ってきたら、何も言わず、○○(息子)の目をただじい~っと見てください。そうされると触りにくいものです」と。

で、さっそく、やってみたのですが、確かに、目をみると触りにくいようでした。
しかし息子もさるもの。その次からは、背後から襲ってくる。
絶対に目をみられないように・・・

結局、効果はあまり望めずでした。

上野先生にご相談です。
先生からは、登校刺激の時に息子に注意していただきました。

その日よりパタリと胸触りはなくなったのですが、登校日が近づいてきた頃、
また戻ってしまいました。
そして、登校2日目に先生がいらした時、再び注意していただきました。

「登校刺激から登校日まで、他の事は崩れなかったのに、崩れたのは胸触りぐらいですね」
な~んて、先生に笑われたくらいです。

それから胸触りは一切なくなりました。
そして、今に至っています。

今は胸触りもそうですが、性的な表現を面白がるなんてことも一切なくなりました。
な~んも言わないから、かえって怖いぐらいです。
どこまで知っているんでしょうね。

今では、私がお風呂に入っている時は、洗面所にも入ってきません。
そうしてと頼んだことはないのですが、用事がある時はドアとトントンと叩いたり
「もういい?」と聞いたりします。
ドアは絶対に開けません。

大人になってきたな~と思います。


今、思うと・・・

おっぱいの絵を描くなんて、まだまだ無邪気なかわいい時代でしたね。
そんな時がいつまでも続くわけはないですものね。

そうピリピリしなくてもいいのでは・・・と思ってしまったのですが・・・


どうなんでしょうね。



ランキングに参加しています。
ワンクリックしていただけると嬉しいです
   ↓


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

No Title

ほお~先生はダメって言ったんですね^^;
かわいいじゃないですか 興味をもって当たり前!
ちゃんと成長している証だものね^^
うちだって興味あるみたいです。
水族館でイルカが交尾していて・・おお、イルカの交尾だね
って話をしてたら「ママも交尾するの?」って聞かれて
ああ、これは下の子にね^^;さすがに返事に困りました
でも、ちょっとした事を気軽に聞ける関係でいたいな~とは思いますよ^^

jumaさんへ

> かわいいじゃないですか 興味をもって当たり前!

お~力強いお言葉。そうですよね。私もそう思いましたe-320
絵ぐらいかわいいもの。「そういうのは家で描けよ」ぐらいのユーモアがあってもいいかなと。いけないと決めつけてよかったかどうか、それも皆の前だしね。ちょっとかわいそうだったかな。

> 水族館でイルカが交尾していて・・おお、イルカの交尾だね
> って話をしてたら「ママも交尾するの?」って聞かれて

触りはまず、交尾からよね。でも、それを親に置き換えてくるなんて・・・焦るねe-449
うちの息子は聞くことがダイレクトすぎて、最初は焦りまくりでしたが、回数重ねると慣れてきました。最後は何でも来い!だったかな。でも、答えは結構ごまかしていたけどねe-446
Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。