スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな子だったら・・・

ある男の子のことです。

小学校では欠席が1日。
中学校では皆勤賞。
小学校の時から朝は自分で起きていました。
親に起こされたことがありません。
勉強は自分で計画をたて、その通りにこなし、親にやりなさいと言われたことがない。
ここで待っていなさいと言われたら、30分でも40分でもその場を離れずに待ってたそうな。

その子のお母さんは、本当に育てやすかった。
何も注意するようなことがなかった。
この子が10人いても一緒に育てられる・・・と言っていました。

あ~こんな子だったら、どんなにか楽だったでしょう。

これ、誰のことだと思います?

実は私の主人なんです。


私は主人ほどではなかったですが、同じく、親に育てやすかったと言われました。
私は親に叱られた記憶がありません。
一度、注意されたことは守っていたと思います。


そんな親がこんな子を育てることになります。

生まれた時からよ~く泣いていました。
2時間に1回ぐらいは・・・

ベビーカーに乗っていても、決してじっとしていません。
手すりに噛みついたり、足をバタバタさせたり、立ちあがろうとしたり・・・

歩けるようになると、親から離れてどんどん歩いていってしまう。
おちおち買い物もできません。レジに並べません。

引き出しという引き出しから、全部、物を出してくれました。
片付けると、次の引き出しを・・・追い付きません。

添い寝する時も、私を飛び越えて、右に行ったり、左に行ったり忙しい。
寝る時ぐらい、ゆっくり息子と向き合う時間がほしかったのですが・・・

注意してもさっぱり言うこと聞きません。
自分の意のままに動く動物・・・いえ、人間でした。


男の子3人育てた義母に「この子は他の子の3倍大変」って言われました。

まさしく、主人の辞書にも私の辞書にも載っていない子でした。

とっても、子どもらしかったんですけどね。


そのやんちゃぶりに、どうしても制止する言葉が出てきてしまいます。

思わずでてくる、非難語、否定語・・・

辞書に載っている子しか分からず、必死に当てはめようとしました。
そうしようとすればするほど、親の思いとは逆の方向に子どもは育ちました。

自己肯定感の持てない子どもになってしまいました。

そして不登校・・・


私たち親の辞書には載っていなかった息子。
親に息子を受け入れるキャパが足りなかったのでしょうね。


親の足りないところを埋めるために・・・
それによって親が成長できるように・・・

息子を授けてくださったのだと思います。



ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです 
   ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

記事読みながら、何度もうんうん、と頷いてました。
特にうちは次女に当てはまります^^;
私も自分が経験してきた物差しとマニュアルでしか
子どもを見ることができなかったので・・
それはそれは、想定外の日々でした。

ティカ家と同じように、ジッとしていない、人の話を聞かない
娘に対して「やめなさい!ダメって言ったでしょ!」って言葉を
随分・・いや相当投げかけてました><
そして自己肯定感のもてない子になっていました。

でも子どもがサインを出してくれたお陰で、今までの対応を
見直し、声かけを意識したら、娘はどんどん変化しています。
親が育てたいように育つんじゃなく、別の個人として
子どもはどう育ちたいかがあるのよね・・きっと。。i-265

jumaさんの次女ちゃんと、うちの次女はとても似ているところがあるんですけれど(^-^)、
やっぱり想定外のことだらけで、
日々の対応に疲れ果てていました。
「思いが通じない・・」
当たり前ですよね。小さくても人格があるんだから。
いつの間にか、「ダメな子ね」という目で見ていて、それを次女も感じ取って、
自己肯定感が持てない子になっていました。

子どもって、育てているつもりで、実は親が人間として成長するために
課題を与えてくれるんだな~と思っています。

「子どもは自分で親を選んで生まれてくる」って読んだことがあります。
うちの子どもたちも私たちを選んで産まれてきてくれたのかな~って。不登校中は「この子は私に何をもとめているのか?何のためにうちを選んだのか?」ってものすごくネガティブな考えに染まっていた私でしたが、いまは「うちにきてくれてありがとう」って思えます。
「私はどうしてあの両親の元に産まれたのかな」って考えると「あ~なるほど」って思うことありますしねv-8

コメントはあいてしまいましたが、記事はずっと読んでいましたよ~v-238
中間テスト、私はティカさんの記事で「ああ。ということはうちもか…。」(毎度すみません)
長男の将来の志望も、現実を知ってか、すこしリアリティのある発言をするようになってきました。「おれ、浪人するかも。あ!もちろんしないようにがんばるけどさ!」とも…v-12

クラス会の記事も楽しく拝見しました。私たち夫婦は中2・3のクラスメートだったので、結婚式には担任の先生をお呼びしました。2年の時の先生は「班日記」を持参。「この二人はこんなこと書いてます」って読み出して…v-12
夫はまだしも、私の方は「来月からスポーツバッグが禁止になる。リュック登校なんていやだ。バッグ買ったばかりなのに!」ってところを読まれ、ドレス姿で「ひえ~っ」て叫んでしまいました。

ティカさんのご主人、うちの夫と少し似てるかもv-219ただ、うちの場合は結構反抗期きつかったらしいんですけどね。
わたしも、それなりだったから、うちの子の反抗期は二乗かも!v-12ってちょっとドキドキ。
長男はだいぶ落ち着いてきて、訪問の先生も「kがだいぶ大人になりました」とぶにん先生にご報告下さったそうです。
このままぶり返さないでくれ~と願う私ですv-220

jumaさんへ

jumaさんちは、次女ちゃんですね~
長女ちゃんとは、違うタイプのようですものね。
同じ親が違うタイプの子どもの子育てをする。なかなか大変なことですよね。
自分と同じタイプだったら分かりやすいのでしょうけれど、性別も違ったり、性格傾向も違ったり・・・それだけでも大変なのに、親が叶わなかったことを子どもに託してしまったりと、いろいろと押しつけもしてしまうのですよね。

不登校という大きなサインを出したのですものね。痛手は大きいけれど、それだけに、親も深く反省し、二度と起こしたくないと真剣にもなれる。そして、その努力しだいで、子どもに素敵な笑顔を取り戻すこともできるのかな?
ほんと、子どもがどう育ちたいかがあるのよね。親が勝手に決めてはいけないね・・・見守ってあげようねe-420

アロエさんへ

アロエさんちの次女ちゃんですね~
2番目ってそういう傾向があるのでしょうかね。
うちの息子、幼稚園で年配の先生に、「上にいるんでしょ?」と聞かれ「いえ、ひとりです」って応えたら、そうとう驚かれました。私の目に狂いがあったなんて・・・というような驚きでした。
主人は記事で書いたように手がかからない子だったようですが、上に兄が2人いて、兄たちは結構いろいろやってくれたみたいです。とくに次男はかなりの武勇伝を残していて、うちの息子と似ているって言われました。その義兄も、うちの息子のこと「自分の分身のようでかわいい」って言ってくれていました。通じるものがあるようですv-205

そうですよね。小さくても人格があるのですものね。想定外ってことは勉強の余地があるってことですものね。課題を与えてくれるいるんだな~と思って、頑張らないとねv-222

かのんさんへ

> 「子どもは自分で親を選んで生まれてくる」って読んだことがあります。

ほんと、そうなのかもしれませんね。そう思えば、いろんなことに気付けるのかもしれません。でも、間違った子育てを不登校という形で示されてやっと気付くなんてね。痛いですど、その分、気が引き締まりますね。その子が授かったのも必然なんでしょうね(スピリチュアルっぽい?)自分に授かった子、なぜ、我が家に来てくれたのか・・・それがわかってくると「生まれてきてありがとう」って思えるのでしょうね。そう思えること、嬉しいですねv-438

かのんさんは中学生の時の同級生ですものね。結婚式のエピソードは笑ってしまいました。クラス会があったら(あるのかな?)夫婦同伴ですね。共通のクラスメートがいるのも楽しそう。クラス会が縁で結婚した女性ですが、離婚してクラス会に参加し、その時の数少ない独身男性が名乗りでたとか・・・今もクラスメートが数人集まりBBQなどしているようですよv-533

長男くんも成長しているようですね。うちの息子、来年、そんなリアリティ発言ができるでしょうか・・・これからも見守ってくださいねv-421

Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。