スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子が休み始めた頃・・・

ちょうど2年前の今日から、息子は完全不登校になりました。

1学期は五月雨状態でした。
9月に入り、行ったり、行かなかったり・・・

そして「もう学校へは行かない」と宣言しました。

すでに暴力が出ていて、かなり荒れていた息子。
もう行くのは無理だろうなと思いました。
少し心の傷を癒してあげなければ・・・

「お休みしていいよ」と私は言ってしまいました



学校をポロポロとお休みしだしたのは、小学校2年生の後半でした。
ちょうど習いごとを始めた頃です。
多分、疲れが出ていたと思います。

最初にお休みする時は、勇気がいるものです。
しかし、1日お休みし、また次にお休みし・・・
回を重ねてしまうと、お休みすることに抵抗がなくなっていきます。

疲れたらお休みすればいい・・・

そう簡単に思うようになってしまったような気がします。


息子は疲れるとすぐ頭痛を訴えます。
お休みする時はきまって頭痛でした。
朝は本当に痛そうでしたが、薬を飲めば10時くらいにはだいたいよくなっていました。

治ったのなら遅刻して学校へ行こうと言うようになると、
薬を飲んで2~3時間たっても治らないと言うようになります。
午後の1時、2時になったらやっと治ったと。

ただ遅刻していくのが嫌だから治っていない振りをしているのだろうなと思っていました。
もしかしたら、薬の飲み過ぎで薬が効きにくくなってきているのかも?とも。


息子がお休みした時。

疲れているのだろうからと、特別にお菓子を買ってきてあげたり
テレビをみせてあげたり、マンガを読ませたり・・・そうしてあげていました。

頭痛が治ったら自分の好きなことができます。

もしかして、学校でちょっと嫌なことがあり、なんとなく休んでしまった時に
家にいて居心地のよさを感じたのなら、また嫌なことがあった時に
休んで家にいたほうがいいや・・・きっとそう思ってしまうでしょうね。

家が避難場所になってしまったような気がします。


息子はお休みしても平気な子になっていました。
何か嫌なことがあったらお休みすればいいやと思う子にもなっていました。


不登校になりやすい環境を作ってしまったと思います。



ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです
    ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

ちょうどこの時期だったんですね。
わが子が、学校が疲れたといえば、母として心配ですよね。
ティカさんのとった行動は、母親なら一度はみな経験がありますよ。

支援の先生は、子育てが間違っていたとはいわれません。
我が家は、対応が悪かったわけでなく、少し愛情をかけ間違えたのかなと言う感じかもしれません。

ティカさんちは、頭痛だったんですね
うちの息子は、お腹が痛いでした。
それでも、お昼の心配をしている息子でした。

その家庭や子供によって、違うかもしれませんが、もし休み始めの迷っておられるご家庭があれば今一度考えるきっかけにしてほしいですね。

こんばんは。2年前だったんですね、うちは3年前でした。やすみたい!とかかれたメモがありました、毎年思い出します理由はなんとなく、周りとうまくいかない。仲間に入れない、でも幼稚園からそんなでした。幼稚園も何故か、秋ごろ行きしぶりましたので、また?という感じでした。みんなそうかもしれないですが、全くいかないときや、少しでも行けた日はみんなが学校にいるのにファミレス行ったり、そうしているうちに、楽!と感じたかもしれません不登校を認めてしまい、休ませてゆっくりすればいいという家庭でした

疲れている!とか身体症状の時は、不登校以前にいろんな心配してしまいますよね~。 しなくていい心配をし過ぎていたかもしれません当時はゆっくり休めば、だんだん行きにくくなる、保健室登校、そしてついに行かなくなりました。ほんといろいろです。。一週間は無事登校しましたが、行きにくい状態か、ほんとに体調不安なのか わからない木曜日があり、また?みたいにおもいつつ久しぶりに、内心ぐらついてます、 でも休みはじめの右も左もわからなかった頃よりは、パワーがでるようにおもいますまた頑張っていきます!
支援の中での学び、頑張って来た毎日、継続の中での不安や喜び、ほんといろいろありますから同じ時期はおもいだします、いつか懐かしいと思えるまで頑張っていきます。暑いのできをつけてね、

うちも2年前のこのころでした。
9月に入っても数日は送っていったので…。
今も6月に行き渋りが始まったころから、この時期にかけてはなんとなくせつなく、息苦しくなる自分がいます。

次男は入学式から行き渋り、常に「学校に行けなくなるのでは」という不安を持っていたわたしは、1年生のある日下痢気味だった次男に、おむつをはかせ、給食前に迎えに行くという暴挙に出ました。(幸い学校では腹痛もおこさずにすみましたが)。
休ませたら、そのまま学校を休み続けてしまうのではないか、とにかく早退でもいいから登校させなければ…と考えたのです。
帰宅してからは、お昼ごはんこそおうどんだったものの、その後はふとんにごろごろしながら本の読み聞かせをしたり、おなかをマッサージしていました。
後に、次男は訪問の先生に「休んだとき(たぶんこの時のことだと思います)楽しかった」と話したそうです。
このときにしっかり休み対応をしていれば…と、支援を受け、休んだときの対応を教えていただいてから後悔しました。
娘も昨年はずる休みがありましたが、ぶにん先生にご指導いただき、1日の欠席ですんだときには本当にほっとしました。
今も試行錯誤しながらだけど、間違った対応をしないように、してしまってもなるべく早期に修正できるように心がけて子どもたちに接しています。(難しいんだけどね~「やってもうた!」も多々あるし…(汗))

ティカさん、以前、役員を一緒にやっている方の娘さんのこと書きましたよね。
最初は2番目の娘さんの心配だったのですが、ご長女が行けなくなってしまいました。
中学に入り、いじめられていた子をかばい、自分がターゲットにされてしまったとのこと。
うちの娘がこのお姉ちゃんにとてもかわいがってもらい、お姉ちゃんも遊びたがっているということだったので、夏休みにうちに遊びに来てもらったのです。
そのときに初めて聞いて…。
ご両親が学校側と話し合い、娘さんの気持ちも前に向いたようなのですが、先日お会いしたときには「行けていない。今日は家でおかしを作っている」とのことでした。
そして「しばらく娘を信じ、見守る」と。
うちのように、本人の問題が多いのとは違い、外的要因から来ているものなので、親ごさんとしてもしばらく休ませてあげたいと思うのでしょうね。
以前、このママとランチしたときに、ぶにん先生の御本も貸しているので、あとは私も見守り、アプローチがあったときにそれに応えていくしかないのかな、って思います。
「私にできることがあったら言ってね」とは伝えてあるので。

優しい子がつらい思いをしてしまう。
そのママも本当に優しい人なのです。
今日は月曜日、気にはなるけれど、しばらくは見守るだけにしますね。

学校始まったけれど早帰りだ~v-12給食始まったけれど役員会だ~v-12とバタバタしているうちに、前回の記事にコメントしそびれてしまいました~v-12
ティカさんの発信力もますますパワーアップしてきていますねv-218
ますます楽しみにしていますv-237

ちゃろさんへ

うちの息子は割と問題なく行っていたと思います。
幼稚園も1年生の時も、習いごととは無縁だったのですけれど、2年生の時から本人がやりたいと言ったことから、ピアノ、科学の実験教室、スイミングってどんどん増えちゃいましたからね。担任の先生に、低学年は学校に来るだけで大変なんです。習いごとの見直しを!って言われていましたe-351
確かに最初は疲れだったのでしょうけれど、ストレスにもどこか弱いところがあったのは確かで、休むのに慣れたことで、ストレス休みもしやすくなってしまったのだと思います。疲れもストレスも頭痛なので私もなんか怪しいと思いつつも見わけるのが難しかったですe-443

病気の子どもに優しくするのが悪いわけではないと思いますが、皆が学校へ行っている間に特別扱いをしてしまったのはよくなかったです。それにもし病気でないのなら尚更ね。ちゃろさんが言われるように、愛情のかけ間違いだったのだと思いますe-442

かすみさんへ

かすみさんは3年前でしたか。9月になり不安定になる子が多いですよね。
長期休み開けでの登校・・・やはり1学期の気持ちが持続しなくなってしまうのでしょうか。1学期の問題が表面化したともいえるのでしょうね。
「やすみたい」と書かれたメモがあったんですね。かすみさんの中から消えないのでしょうね。

>全くいかないときや、少しでも行けた日はみんなが学校にいるのにファミレス行ったり、そうしているうちに、楽!と感じたかもしれません不登校を認めてしまい、休ませてゆっくりすればいいという家庭でした

かすみさんもそうだったのですね。最初は休ませてゆっくりと思うのですけれど、もう十分にゆっくりしたはずなのに行けなくなってしまうのですよね。そこでそれがまずかったと気付くのですが、遅かったです。もう間違いは起こしたくないですね。

9月はやはり不安がでやすい時期なのですね。でも、どうにか乗り越えたかな?いつか懐かしいと思える時が来ると信じて頑張りましょうねe-257

かのんさんへ

かのんさんも丁度同じ頃だったのですね。

1年生からの行き渋りだったのに、ずっと頑張って行っていたのですね。かのんさんが頑張って行かせていたのかな?私も、薬飲んでも治らないと言ったり、本当に疲れなのかな?と怪しく思った時は、強引に連れて行ったことがあります。抱きあげて車に押し込んだりねe-125。4先生ぐらいまでは何度はそんなことを繰り返していました。でも、さすがに5年生になると抱き上げられないし、手を引っ張ったって動かないし、もう根負けしました。まあ、強引な手を使ったって、根本の問題が解決していないわけですから行くようにはならないですよねe-330

初回カウンセリングを受けて上野先生に、「お休みの時に家を居心地をよくしてしまったのがいけなかった」と言われ、その時に今までの間違いに気付きましたe-443かのんさんもそうですよね。それに気付いてお互いによかったですね。

役員仲間の娘さん、行けなくなっちゃったんですねe-445
昔はいじめられそうな子がいじめにあっていたけれど、今はいつ何時、ターゲットにされるかわからないのですものね。それにお友達がいじめられているのを見ていられなくて不登校になったという話も聞いたことがあります。助けてあげらない自分を責めてしまうのでしょうね。ほんとに、優し子が辛い思いをしてしまいますね。そのママさんにとって、かのんさんが精神的な支えになっているのだと思います。いい方向にいってくれればと思います。


ティカさん♪

この記事を読んでいて、我が家の事を思い出し
とても辛くなってしまいました。

自分もティカさんのように、休み始めたこどもに
家庭という避難場所をあたえてしまいました。

その避難場所では、落ち着くこともできずにどんどんひどくなるばかり・・・

思い出すだけでも胃がいたくなりますv-388

しかし、この経験のお陰で息子もそしてわたしたち夫婦も
変わることができました。

切ない記憶ですが、忘れることなくこの先にもいい教訓として
心の中においておきたい・・・

ティカさん、ありがとう。
また気持ちを新たにすることができました。
これからも情報発信おねがいいたしますv-410

ciquciquさんへ

ciquciquさん、辛い気持ちを思いださせちゃってごめんねv-408

> その避難場所では、落ち着くこともできずにどんどんひどくなるばかり・・・

うちの息子も学校から家に非難していたことはわかっていたけれど、家にいても決して落ち着くことはなかった。イライラしていたし、学校に行きたくても行けない自分が辛いのではないかなとも思った。でも、だからこそ、救ってあげようとも思ったし、私達も動きだせたんだよねv-426
家で落ち着いていたのなら、そのまま息子の気持ちのまま待っていようかなとも思ったのかもしれない。
でも、息子がサインを送ってくれたおかげで救いだしてあげることができたんだよね。この辛い時期があってこそなのだと思う。今、息子が元気でいてくれるだけで嬉しいよね。ciquciquさんも同じ気持ちだと思う。これからも息子達の笑顔のために頑張ろうね!v-354

はじめましてで すみません

皆様(ひとくくりで失礼致します)
はじめまして。チョコビと申します。
初めてのコメントででてきてすみません。

小2の娘がゴールデンウィーク明けから本格的にいけなくなってしまいました。
毎日 悩みながら気がつけば2学期になっていました。
来週 初めて私だけが市の適応教室なるところに相談に行く予定です。

復学支援機関のこと 皆様のブログなど ずっと拝見はしていましたが 今一歩踏み出せずにいました。
が・・このままではダメだと・・・

FHEに3時に電話相談の予約がとれました。
具体的なことも何もわからず 電話相談だけで終わってしまうかもしれませんが 思わずコメントせずにはいられず お邪魔してしまいました。
お許しください。

チョコビさんへ

チョコビさん、はじめまして。
コメントありがとうございますe-420

皆のブログの方も訪ねてくれていたんですね。
私が代表して(?)お礼申し上げます。

小2の小さな娘さんが学校に行けなくなり、お辛い毎日かと察します。
先が見えなくなった瞬間は、どうしていいのかわからず、身動きがとれなくなってしまった時もあったのではないかと思います。
もしかしたら、どこかで行けるのではないかなと期待もあったでしょうし・・・
でも、動けなかった時間が動き出さなければという大きな力にもなってくれるのだと思います。

藤本先生とお話されるのですね。
(このコメントを読む時はもう終わっていますね)

勇気を持って一歩踏み出すことができましたね。
親が動きだすことができれば、きっと娘さんを救ってあげることができると思います。
コメントを出すのも勇気がいりますね。これも一歩ですね。

応援しています。頑張ってくださいね。
よかったら、また、何時でもコメントくださいね。

チョコビさんへ

横から失礼します。

小2の娘さんが、学校にいけなくなる。親としてこんなつらいことはありませんね。
同じ経験をしたものとして、チョコビさんのお辛い気持ちが我が事のようです。

しかし、親として悲しんでいるだけではいけませんね。
チョコビさんの、新たな一歩が、解決への第一歩となるよう応援しています。

ティカさん ちゃろさんへ

ティカさん ちゃろさん
ありがとうございます。

本当は お一人ずつにコメントをしたいのですが
PCに不慣れなもので
とても時間を費やしてしまうため
ご一緒にコメントさせてください。

藤本先生にいろいろお話聞いていただきました。

そこで・・
低学年ならということで 上野先生をご紹介いただきました。
藤本先生は 
「2年生か そら小さいのに可哀想や 何とかしたらな・・今 上野先生に連絡とってあげる!」

と 私との電話のやり取りをしながら 上野先生にコンタクトをとってくださいました。 

電話の最後に
「何かあったら いつでも電話しておいでや!がんばりや!」

と声をかけていただきました。
その時は 正直 この先生にお願いしたい と強く思いました。

30分後 上野先生にお電話しました。

たくさんお話をしました。
気にかかっていた金額のことも・・・
やはり・・・うちには 厳しい・・ですね。
上の娘が 大学生で 恐ろしいほど学費がいります。

など 悩みながらも 来週の14日か17日にカウンセリングに行くことになりました。

同居中の 義母に娘を預けて 長時間外出するのは初めてで(関西地方在住です)
今は ちそらのほうが心配です。
77歳と 高齢なのと
娘はどこに行くのも私についてきてますから・・
(これがよくないですよね。 母の用事だから・・と言っても
お留守番ができません)


カウンセリング後どう動き出すかは わかりませんが

立ち止まってはいられませんよね。
頑張ります。



 

チョコビさんへ

電話の様子、伝えていただきありがとうございます。

藤本先生らしい、お優しい言葉ですね。

エンカレッジを紹介されたとのこと・・・
藤本先生がそのようにご判断されたのですね。
そのケースにより、先生方のご判断で紹介しあったりがあるようです。

確かにお安くはないですね。私も最初は一瞬、躊躇しました。
ただ、金銭面で断念した方が、違う道を選び、結果的にはそれ以上のお金がかかってしまったというお話も聞いたことがあります。(フリースクールなど・・・)もし、この先、悪戯に時間がたってしまうことがあれば、その時に、また再考してみる価値はあると思います。(もし失礼な言い方だったらごめんなさい)

先生方とお話したことで気持ちが少し前に動き出したのではないでしょうか。
確かに立ち止まってはいられないですものね。チョコビさんがそう思えることが心強いです。母親が潰れてしまっては、子どもは救えないですものね。
お義母さまとのお留守番も、母親依存を断ち切るチャンスだととらえれば、なんとか乗り越えられるのではないでしょうか。どうか頑張ってくださいね。

もし、よかったら私が参加している mixiのコミュニティ「不登校~復学を目指す」(ブログにリンクしています)を覗いてみてください。会員になる必要はありますが、登録するだけですので・・・

娘さんにとっていい道筋がつけてあげられるといいですね。

ティカさんへ

昨日 カウンセリングに行きました。

緊張で 朝から食事も喉を通らず ガチガチでした。

11歳違いの姉妹で 誰からも可愛がられ 次第に女王様のようにさせてしまっていたようです。

自分のいう事が通せないと 泣いて暴れて暴言を吐く・・・
頑固者・・
こんな娘が 本当に 学校に行けるのでしょうか?
変われるのでしょうか?

皆さんのブログを拝見し 
なるほど! すごい!

と共感し・・ でも 自分には???  
  でした。

登校刺激の話も聞きました。

(え~ そんなに怖いの?)(うちの子耐えられるの?)
人見知りで 叱られた経験がほとんど無い  
しかも小2の娘が
知らないおじさんに いきなりしかられるなんて・・・

私の正直な気持ちでした。


「登校刺激がトラウマで どうにかなってしまった子は 今まで一人もいませんよ。」

ここで 躊躇していたんでは 何も進みませんよね・・
わかっているんです。
今 目の前に 幸せにつながるチャンスがあることは・・・

こうして ティカさんにそして皆さんに私のコメントを
読んでいただき 大丈夫!頑張って!と
エールをおくっていただきたい私がいるようです。
(すみません・・混乱していて自分でも何を書いてるかわかりません)

10時に 支援お願いの電話を入れます。
そこから 新しい1歩が始まるんですよね。

今 タイムリーに同じ悩みを抱え 相談 励ましあえる人もいなく 不安でいっぱいです。

皆さんも 日々の生活 お忙しいでしょうが
こんな 甘ちゃんの私の背中を ポンと
押していただけませんか?
すみません。
なんだか 訳のわからないコメントですみません。

mixi  拝見させていただきました。
ありがとうございます。
mixi自体がよくわからず・・
マイミクシーが一人もいないので もうすぐ
退会しなくてはいけなくなるかも・・・です。

お忙しい中 読んでいただき
ありがとうございます。



ティカさん お邪魔しますv-392

チョコビさんへ
始めまして!支援受けることに決めたんですね。
緊張されていますね。
私も緊張で涙が出そうだったのを、思い出します。
我が家は二人の不登校でした。
そして次女は小2でした。
色々不安もあるでしょうが、大丈夫です。
私はブログはしていないので、mixiのほうでお話できると
嬉しいです。
色々話してみたい人にマイミクの申請をしてください。
お待ちしています^^

チョコビさんへ

チョコビさん

外出していたので、背中を押すのが遅くなってしまいごめんなさいね。

支援を受けることを決断されたのですね。
いよいよ動きだしましたね。
あとは、上野先生を信じて付いていけば大丈夫ですよ。

うちの息子も家で王様でした。
女王様、王様のような子は不登校にありがちだと思います。
だから、家と学校とでギャップが生まれてしまうのですよね。
でも、会話を見直していただくことにより、だんだんと改善されていきました。
皆が同じように勉強してきています。
まだ、小2ですから、親の対応を変えれば、娘さん、面白いように変わっていくと思います。
これからが楽しみですね。

> 「登校刺激がトラウマで どうにかなってしまった子は 今まで一人もいませんよ。」
>
誰しも最初は不安を覚えるかもしれません。私もその日は緊張しました。
でも、その日から子どもは学校に行けるという希望を持つこともできます。
そして、親にはできないことだと思います。第三者だからこそいいのだと思います。
あの日があったから息子は今、学校へ行っています。私はとても感謝しています。
チョコビさんもそう思える日がきっとくると信じています。

mixi 読んでくださってありがとうございます。
これから不安になった時など、いつでもご連絡くださいね。
支援の内容については、この場では答えにくいこともあるので、
このブログのメールフォームで送っていただくか、もしよかったら
マイミク申請だしてくださいね。

支援をお願いするまでは、いろいろと迷うこともあったでしょうが、
これからは、上野先生、訪問の先生、訪問のお姉さんが付いてくださいます。
そして、このブログを読んでくださっている方も応援してくれていると思います。

1歩踏み出せたことは大きいです。
これからはひとりじゃないから大丈夫ですよ!
頑張ってくださいね!


jumaさん、応援ありがとね。

ティカさん♪

わたしも、お邪魔しますv-410

チョコビさん、はじめまして。ciquciqu~チクチク~と申しますv-435

今までの経緯、こちらで拝見させていただきました。
エンカレッジで支援をうけられるとのこと・・・
1歩を踏み出しましたね。がんばってください!

実は我が家も今だもって上野先生のお世話になっておりますv-356
長男が支援を受け始めたのが小6の7月から。
正直ギリギリでした。
私がいつも思う事は「もっと早く長男の異変に気が着いて、
家庭教育を学んでおけばよかった・・・」と。

チョコビさんの娘さんは小学校2年生とのこと。
大丈夫ですよv-410
先生方のご指導を仰いで、がんばってください!

な~んて、チョコビさんの事応援できる立場ではありませんねv-356
わたしも、一緒にがんばります!!

ティカさん、長々とすいませんでしたv-436

ciquciquさんへ

はじめまして。

ありがとうございます。

不安と緊張で いっぱいですが
頑張ります。

よろしくお願いいたします。
Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。