スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Suicaのチャージが思わぬことに・・・

前回の記事の続きです。


実は、続きがありまして・・・

秋葉原からの帰り、とんでもないことが起きてしまったのです。

Suicaのチャージ。
今までの2千円に対し、息子が5千円と主張。

その理由を聞くと「東京や新宿へひとりで行く」ということだったので、
そこですんなり5千円をチャージするわけにはいきません。
それと、コンビニ等でお財布代わりに使えるので、現金を渡しているのと一緒です。
紛失した時の損失も大きいです。

それを理由に5千円は受け入れられなかったのですが、押し問答に。

そのうち、息子がバシッと私の胸を叩きました。
息子の暴力にショックを受けた私は、そのまま1人で家に帰ってしまいました。
実は、そのあと、近くの居酒屋に行くことになっていたのです。

残された息子と主人。

息子は・・・

「こんな物、もういらない!」とSuicaカードを地面に叩きつけ、
「もうお母さんがいる家には帰らない。家出する」と泣いたそうです。

その場で、主人が息子と話をしたのですが、

都心行きのことは、危険性の説明で納得。

息子の言い分としては・・・

小学生の時が2千円なら、もう大人料金なのだから、上げてもいいはず。
Suicaカードで買い物などをするつもりはない。(お小遣いがわりに使うわけではない)

私がそこまで息子と話ができていれば問題は起きなかったでしょう。

Suicaの話は収まったのですが、どうしても家には帰らないと言い張ったようです。
最後にはSuicaの問題はもうどうでもよくなっていました。
途中で息子を置いて消えてしまった私が許せなかったようです。

それが一番やってはいけない事でした。
息子はそこに拘りがあります。
自分が置いていかれる、見放されるということに・・・

やっとの思いで主人は息子を家に連れてきました。
息子はそのまま自分の部屋に入ってしまい、その日は出てきませんでした。


その後、翌日の夕食まで冷たい戦争が続いていました。

夕食の時、息子は出されたおかずを食べず、スクランブルエッグを作るようにと
私に要求してきました。

本来であれば、そのような我が儘な要求は受け入れるわけにはいきません。

それはスクランブルエッグが問題なのではなく、自分を受け入れてくれるか
どうかを試したいのだと理解しました。

作らない選択をする方が、リスクが高いように感じました。

私は、スクランブルエッグを作りました。
「息子を受け入れる」に置き換えて。

夕食後、息子はいつもの表情に戻り、その後も、私にもたれかかったり、布団に入れば
添い寝してきたり・・・最近はそのような行為はなかったのですが、その日は
しきりに私に甘えるような素振りをしてきました。

前日の隙間を埋めるかのように・・・

そして、それはその日だけで、翌日には今までの息子に戻っていました。



暴力は私の対応のまずさです。
対応を間違わなければ、暴力は防げました。

そして、その時にその場から逃げてしまったこと。
息子が家出するというのも逃げ。親のやり方ですね。
ちゃんと向き合って最後まで話をするという姿勢を見せなければなりませんでした。

食事のことで親の立場を下げる結果にもなってしまいました。

主人に「今まで何を勉強してきた」と説教もされ・・・(厳しいんですぅ)
散々な結果になってしまいました。


反省しきりです。

まだ、まだ勉強が足りませんね。




ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです
    ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

ティカさん こんにちは
前回の記事、続きがあったのね。
ここの記事だけ読んでいると、あらあら^^;と簡単に思ってしまいがちだけど・・。
ティカさんはここに書ききれない不登校時期の、息子くんのお金のこと、暴力の記憶がきっとあるんだよね。
だから、きっとショックも大きかったんだろうな・・と思う。
親だって完璧じゃないから・・
間違いもするから・・(自分に言ってるかも^^;)

>それはスクランブルエッグが問題なのではなく、自分を受け
>入れてくれるかどうかを試したいのだと理解しました。
そういう事なのかもね。
勿論対応次第では、スクランブルエッグには至らなかったかも
しれないけれど、こうやって何度かぶつかったり反省したりしながら息子くんも
納得していくような気がしたよ。
だって、その後の復活ぶりは成長の証じゃないかな^^

そして家は次女にも繫がることなのかも・・^^;と考えてます。

jumaさんへ

前回の記事を書いている時に、今回の部分を載せるかどうしようか迷ったんです。
やめたはいいけど、続きを書こうかどうしようかまた悩み、結局、書いてしまいましたi-229

> ティカさんはここに書ききれない不登校時期の、息子くんのお金のこと、暴力の記憶がきっとあるんだよね。
> だから、きっとショックも大きかったんだろうな・・と思う。

そうなの。お金のことはトラブルになりがちだったし、そこで暴力が出てしまうこともあったので、結局いつものパターンでした。このところずっといい感じだったし、かといって安心していたわけでもないのだけど、やっぱり完全じゃなかったね。油断すればいつでも顔をだすなと思い知らされましたi-227

でも、このところ着実に成長はしてきていると思うし、以前よりはかなり安定もしてきているので、ここからの延び幅は親の勉強次第ということかもしれないね。今回のことはいい教訓だったと思う。

jumaさんのところは、次女ちゃんに繋がる?確かに長女ちゃんよりはねi-236


> >それはスクランブルエッグが問題なのではなく、自分を受け
> >入れてくれるかどうかを試したいのだと理解しました。
> そういう事なのかもね。
> 勿論対応次第では、スクランブルエッグには至らなかったかも
> しれないけれど、こうやって何度かぶつかったり反省したりしながら息子くんも
> 納得していくような気がしたよ。
> だって、その後の復活ぶりは成長の証じゃないかな^^
>
> そして家は次女にも繫がることなのかも・・^^;と考えてます。

大きな問題に発展する前のsuicaの話、きっとそこで親がどう対応するかが大事でsuicaに罪はないのでしょうが、便利すぎる世の中はいろいろな場面で子育てを難しくする要素を含んでいるのかな~と日頃感じますね。

>それと、コンビニ等でお財布代わりに使えるので、現金を渡しているのと一緒です。
紛失した時の損失も大きいです。

この辺が難しいな~と感じるところですね。
お金の行方が不透明になりやすいというか...
疑ってかかっても良くないだろうけど、ふと大丈夫かな~?と思ったり...
紛失は1度ありましたよ。たぶんバスの座席に落としてきてしまったみたいです。

お金が絡んで押し問答になった時、どうするか、は難しいですよね。
お金の問題そのものは簡単に受け入れてしまうことは良くない結果を招きやすいけど、その背景に別の問題が含まれている場合もあるから。
我が家でもお金に関しての押し問答は繰り返しました。
そういう時は普段は見られなくなってきていた、昔の姿を見せられることもありました。
何度も繰り返し、その時その時に良く考えながら対応したり話し合ったりしていくことで、いつの間にか押し問答せず穏やかなやりとりで解決できるようになってきました。

お金のこと、暴力のこと、食事メニューの要求、他のどの子でもなくテイカさんの息子さんに対して1番良い対応を、支援で教わったことを基本にしながら更に応用して見つけていけると良いですね。

ふらわぁさんへ

確かに、便利すぎる世の中で、子育てが難しくしていますね。カードは機械を通さなければ残高がわかりませんしね。限りなく不透明ですよねe-441
本来は、Suicaのチャージの金額の問題ではないんですよね。使い方のルールを決めておけば、5千円でもいいかもしれません。実際に1万円チャージしてもらっている友達もいるんです。あまり金額に拘ると子どもを信頼していないようにも取られてしまいます。でも、1カ月前にカート紛失しているし(記名式なので戻ってきましたが)夏休みに入って無断で友達と電車に乗って遊びにも行っているんです。だから、5千円チャージした後の悪いイメージしかできなかった私です。「5千円はダメだよ~」とその場で、いきなり拒否してしまったのが運のつき?主人に、最初にまず「5千円チャージしてほしいのか~」って言えばよかっただろ。って言われました。その通りです。はいv-222

ふらわぁさんのところも金銭面のことで押し問答があったのですね。でも、何度も繰り返し、今では穏やかなやりとりができているんですね。その言葉を励みに頑張りたいと思います。支援で教わってきたことは基本編として、卒業した今は応用編ですね。それは我が子と向き合いながら答えをみつけていかなければなりませんね。いい結果に結びつくよう、今回の失敗をバネして頑張っていきたいですe-420
Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。