スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた自主休業・・・

先週、金曜日のこと。

また、また、また、自主休業です。
中学に入学して、これで3回目。

前回の行き渋りらしきお休みは除いています。
それを入れるともう4日もお休みですから・・・五月雨気分です。

まったく起きれず、頭が痛い。
そのまま爆睡。
今回は午後1時半過ぎまで寝ていました。
毎度のパターンです。

入学当初は、張り切って早起きしての寝不足がたたったようでした。
環境の変化もあり、ペース配分ができていないこともありました。
前向きさがあった中での失敗でした。

入学してもうすぐ3カ月。
学校にはだいぶ慣れてきましたが、その分、生活全般に緩みがでてきました。
それまで10時前後に寝ていましたが、次第に、就寝時間が遅くなってきていました。

遊戯王カードは盗まれたことをきっかけにピタリとやめました。
しかし、その分、ゲームの時間が増えてしまったのです。
もともとゲームの時間については制限ができなかった息子です。

ゲームが止められず、12時半過ぎまで起きていたこともありました。
なんだか危ないなと思っていたら、案の定・・・です。

今回は少し警告を入れなければいけないなと思いました。

同じような(寝不足)休み方が続いていること。
午後までずっと寝ているということは、あきらかに寝不足である。
今後、同じようなことを繰り返していいわけはなく、生活を見直す必要がある。
どこを改善すべきか自分で考えること。

私からはそのように言いました。

息子は睡眠不足は認めたものの、その後、言葉が出てきません。

「ゲームのやり過ぎではないか。ゲーム時間の見直しが必要ではないか?」
「ゲームは関係ない!」

ゲームのことを言われると即答!断言!
??と思いつつも、反論はしないでおきました。

そして、息子は「10時には寝る部屋に入る」・・・と決めました。

「寝る」ではなく「入る」というところがなんとも・・・
逃げ道をしっかり作っていますよね。

でも、息子が決めたことですから、まずは実行してもらいましょう。

それでやってみて、もしまたお休みするようなことがあれば
その時にまた見直しが必要になるかもよ・・・とちょっと釘を刺しておきました。

ゲーム機を寝る部屋に持っていってはいけないルールになっているので、
これからは10時以降はゲームができなくなります。
それだけでも、時間短縮になりますね。

あとで「次の日がお休みの時はもう少し起きている」と訂正を入れてきましたけどね。



学校をお休みして、テレビもゲームもなしで1日過ごした息子。
翌朝、私が目を覚ましたら、リビングでゲームをしていました。

なんと4時50分には起きていたとか・・・

前の日にお昼過ぎまで寝ていたのもあるでしょうけれど、
ゲームがやりたくて仕方がなかったようです。

気持ちはわかりますけどね。

でも、生活のリズム、狂っちゃいませんかね~(汗)





応援よろしくお願いします(ポチっとワンクリック)
    ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

すごい!早朝ゲームなんですね。またもやクスッv-238のわたし。ごめんなさ~い。

でも、ティカさん、息子さんへの警告、スゴイですよ。
ちゃんと系統だててというのか論理的にというのか…。またもや「おおおぉ~v-237」と心で感嘆しておりました。

寝る部屋にゲーム機を持っていかないルールなのですね。
うちはそこは徹底されていませんv-12v-31
DSは共有物なのでリビングにありますが、長男のPSPに関しては本人に任せています。長男の個人所有であること、テレビのチャンネル争いになったときに、部屋でPSPで番組を見ていること(ほとんど長男の圧力で下の二人が譲ることが多いのですが、さすがに父には譲ったりするので)、ベッドの中で音楽を聴くことなどが理由なのですが、ちょっと甘かったかな…と反省することもありました。
うちは6時50分過ぎても(7時15分には登校)起きてこないと、私がガンガン掃除機をかけ、それが目覚まし代わりになって起きてくることがあるのですが、以前、長男の部屋に掃除機をかけに入ったらベッドの中でゲームをしていたようで。
私は鋭い視線だけ投げかけて無言で掃除機をかけたんですけど…。
(その後はベッドでゲーム姿はみていませんけれどね。)
まあ、いまさら部屋にゲーム機を持ち込むなも言えないかなと思って、口出しはしていません。
次男に関しては大丈夫かと思いますが、娘は…(汗)長男も「あいつ大丈夫かよ。だらしんねえ。お母さん言った方がいいよv-42」と(あの長男がv-12)言うほどのだらしなさv-12
誕生日にはMyDSを欲しがっていますし…。
今回の記事を読んで、ゲーム機とのつきあい方をもう一度考えてみようかと思いました。
早起きの息子君、頑張って午後の授業も起きてるんだよ~v-22

寝不足...うちの娘もしょっちゅう寝不足です。
この間学校から帰ってきて、寝不足でフラフラすると言うので、もうちょっと体調管理をちゃんとしないとね、と忠告しました。
最近寝不足が続いているよと言いました。
そうすると、その前日は夕食後うたた寝をしていたことで合計睡眠時間は長かったので「前の日はたくさん寝たんだけどな~」と言いだしました。
私は、日ごろ寝不足が続いていたことが影響していると話し、毎日の体調管理をしっかりすることが必要だと言う話をしました。
子どもって、前日の睡眠時間についてしか考えていなかったのか~、とちょっと愕然としました。
こういうことって、ちゃんと説明して理解させないといけないのかな~と感じた出来事でした。
娘は「うん、今日から頑張るよ~」と言っていましたが、就寝時間そのものは相変わらず遅いですね。
それでも、もうちょっと早く寝ないといけないな~と感じている様子はあるので、努力して改善することに期待したいところです。
息子さん、10時に寝る部屋に入ることに決めて実行したら、疲れていればすぐに眠りそうかも知れませんね。
うちの娘は、寝る部屋に行った後は読みかけの本とともに眠りに就く日が多いです。

こんばんは。
テイカさんの警告すごいです。読んでいて納得!って思ってしまいました。
今のところ休むには至らない息子も、だんだん夜がルーズになりつつあります。10時までとは一応なっていますが、だんだん、きりが悪いだの、言うようになり、元々朝起き悪いのが、目覚め一層悪く、主人が出て行く時は起きて見送るまでは、見送りながら、まだぼーっとしています。割に夜は元気です“
睡眠時間の問題、ゲームとの付き合い、これからいろいろ出てきそうです
でもほんとゲーム好きですよね。息子はゲーム自体やりたくて起きる、はないけど、ゲーム音で目覚まし替わりにと、ゲームしてますね。

体調管理、睡眠時間、でも自分で考えてみて、みたいに言えるテイカさん、なんかナイスです。
まだまだそこまで言えないかな…
蒸し暑いですが、体調きをつけてくださいね。

主人の出勤時は起きて見送るが一応うちのルールです

かのんさんへ

そう、早朝ゲームですe-330実は前回、お休みした時も、次の日、早朝ゲームをしていました。
それやらないと学校へ行けないとばかりにね。お休みした日はできないんだということは、本人はちゃんとわかっていて、ゲーム機に手をかけることもありません。そのあたりは定着しています。逆の言い方をすれば定着してしまうほど休んでいるとも言えますが・・・e-452

> でも、ティカさん、息子さんへの警告、スゴイですよ。

そう言ってもらえて安心しましたe-446。間違ってないよな~なんてちょっと心配だったのです。文字にしていいのかどうかちょっと悩んだりしていました。でも、息子の反発がなくてほっとしました。反発されるとブレる私・・・e-351

寝る部屋にもっていかないルールは精一杯のところです。なんたってそれまで自由ですから・・・土日なんてほとんど1日中やっていたことあるし、どうなんだろって世界です。PSPは確かにゲームだけでなく、音楽も聴けるのでプレーヤーの役目も果たしているのですよね。うちの息子もダウンロードして聴いていたりします。プレーヤーとして使っているのなら制限のうちに入らないのか・・・機械が進化していくと親も判断が大変になっていきますね。

ふらわぁさんへ

ふらわぁさんも、娘さんの寝不足と格闘?しているのですね。

> 子どもって、前日の睡眠時間についてしか考えていなかったのか~、とちょっと愕然としました。

実はうちの息子も日ごろの寝不足がたたっていると思っていないみたいなんです。だから、失敗しても今ひとつ分かっていない。失敗して気づくってことがなかなかできない。だから今回、それを分からせてあげようとも思いました。本人がわかっていないことを親が口にして理解させることも必要なんでしょうね。

> それでも、もうちょっと早く寝ないといけないな~と感じている様子はあるので、努力して改善することに期待したいところです。

ほんとですね~努力しようかなと気持ちを向けていることでまずはOKですよね。それで改善できればいいですが・・・私もいつも期待してしまいます。なんだかいつも裏切られてばかりなのですけどねe-330

うちの息子も本を読んでいる時があるようです。ゲームは目がランランとしてきますが、本を読んでいるとしだいに目がトロリ。睡眠導入材となってしまうようです。読書なら10時過ぎてもそう長くはならないですよねe-257

かすみさんへ

かすみさんにまで警告すごいと言ってもらえて、さらにほっとしましたe-446
今日、別の件で上野先生とお話したのですが、先生の第一声「お休みしたんですね」わぁ~そっちから来ましたか~と冷や汗ですe-330警告はよかったかどうかお聞きしてみたら「あれでいいと思いますよ」と言っていただいたので、安心しました。

かすみさんの息子さんも夜、強いんですね。うちの息子、やはり部活のほどよい疲れのせいか、10時ぐらいになると自然と眠たくなっていたのです。しかし、体力がついてきたのか、生活が慣れたのか、あまり疲れなくなってきたんですよね。それで本人の図太さが顔をだしてきた。時間を決めたはいいけれど、これからはその時間が気になりそうe-330

> 主人の出勤時は起きて見送るが一応うちのルールです

そうなんですね。それはいいことですね。一家の主のご出勤ですものね。我が家の主人はかわいそうなことに一人寂しく出て行きます。だって、5時40分に出るんですもの~私起きれません。主人も起きなくていいって言ってますし・・・ごめんなさ~いe-456

カアさんへ

コメントありがとうございます。
せっかくコメントいただいたのですが、公表するべきではないと思われる個人情報が含まれていたため、申し訳ありませんが、内容は削除させていただきました。

その部分を除き、ここに掲載させていただきます。ご了承ください。

~~~~~~~~

> 最近ティカさんの日記を飛ばし飛ばしですが読ませて頂きました。非常に詳しく書かれていてリアルに状況が伝わって来ました。そしてその指導が以前と何も変わらないことに愕然としました。私もティカさんと同様の指導機関でお世話になった一人です。ティカさんが最初にメールで問い合わせをされた大阪の協会にお願いしました。
うちの子は登校刺激後一年間は一日も休まずに登校しましたが、二週間の病気入院をきっかけに今まで張っていた糸が切れたのでしょう、人が変わったようになり、私への暴力、そして自傷と、親子とも、怒涛の日々でした。そんな状態にも関わらず半年間は学校に行っていましたが、力尽き、再び不登校となりました。丸二年家に居た後、一年近くフリースクールで寄宿生活をし、学校に復帰しました。もうすぐ二年が経ちます。以前私は一日も早く学校に戻すことが最善の道だと信じていましたが、それが間違いだったことを子供が辛い思いをして教えてくれました。自分が自分であっていい、という自己肯定感が育たない限り大人の力をもってして学校に戻すことは、もはや虐待です。「指導」とか「警告」とかいう言葉を使われていますが、それは脅し以外の何物でもない。息子さんはずいぶん疲れています。寝不足も、ゲームのせいばかりではありません。今息子さんの心を潰してしまえば後々大変なことになります。どうか早く気付いて頂きたい。ティカさん自身もお母さんの介護で大変なことと思います。少しでもその負担を軽減すべく策を考えていただいて、ティカさんが一日一日を穏やかに過ごせますようにと願います。ティカさんの心の安定が、息子さんの心の安定につながります。すみません、初めてなのに長々と。


~~~~~~~~

ご心配いただきありがとうございます。
まず、私の心は不安定ではありません。私自身の生活も楽しみながら毎日を過ごしています。息子も思春期に入り普通の子どものようにいろいろありますが、元気に学校へ行っています。何もご心配いただくようなことはありません。
復学後、登校が不安定になったときもありましたが、それは何かあったら学校を休むということを覚えているので、その修正まで少し時間がかかるというだけです。心が不安定ということではありません。お読みいただいて、不安定だと思われたのなら私の表現力のなさですね。申し訳ありませんでした。

脅しで学校へ行かせられても長続きしませんね。私もそう思います。復学後、息子は「上野先生に会いたい」と言いました。「登校刺激」で厳しいお言葉があったかもしれませんが、それは愛のムチだと感じたからこその言葉だと思っています。脅しだと感じたら、息子がそう言うでしょうか・・・

もしよろしかったら、わたしが参加しているmixiのコミュ「不登校~復学を目指す~閲覧」(リンクはっています)の「登校刺激」のトピをご覧いただけたらと思います。私も書き込みしています。

同様な指導機関・・・手法は似ていますが、同じではありません。指導面でも違いますし、ノートの添削内容も、アフターフォローの長さや、いろいろな面で違いがあります。そこだけは補足させていただきます。

お子さんは一時期、再不登校を招いてしまったようですが、今は復学されているとのこと。よかったですね。カアさんがよかれと思った道が最善の道だと思います。私にとっての最善の道は復学支援でした。同じ継続登校を見守る親として一緒に頑張っていきたいですね。
Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。