スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいお友達

今日は息子のお友達の話を。。。

息子は中学に入り、しばらくは小学校のお友達と一緒に帰ってきていました。
5~6人はいたと思います。
それぞれ違うクラスなので、校門のところで皆が揃うのを待っていたようです。

今は2~3人でしょうか。
もう待つのはやめ、校門のところで会ったお友達と適当に帰ってきているようです。
だんだんと新しい環境に馴染んでいる証拠でもありますね。

息子は6年生の時に同じクラスだった男子とは誰も一緒にならなかったのです。
そのことにも気づいていなかった私なのですが・・・(呑気です)

隣のクラスの男子4人とは一緒のクラスになりました。
小学校は2クラスだけでしたので、皆、お友達のようなもの。
その4人もうちに遊びにきたことがあるし、同じクラスも同然です。

最初はその4人で仲良くしたり頼りあったりするのかななどと思っていました。
でも、その子達の名前は息子の口からほとんど出てこない。
遊ぶ約束などもしてこない。
そんなものなのかな~って思っていました。

そのうち、新しいお友達の名前がぽつりぽつりと出てくるようになりました。

今、特に仲の良い子が3人いて、いつも一緒にいるようです。
土日もそのお友達と遊ぶようになってきました。

確かに入学式当初は、顔馴染みがクラスにいて心強かったとは思うんです。
でも、顔馴染みであっても、我が家に遊びにきたことがあるという程度で
普段そう仲がいいわけではありませんでした。

小学校の6年間ほとんど顔をあわせていて、その程度だったということは、
それだけの友達だったのかな~と思えてきました。

新しく出会うお友達の方が多いし、その中で自然と自分と気があうお友達が
できるのが自然なのかもしれません。

心配に及ばすでしたね。(心配していたのか??)



子どもが中学に入ると、親はいろんなことが気になります。

友達関係もそのひとつ。
誰と同じクラスになったとか、お母さん同士で必ずと言っていいほど話題に上ります。
仲の良い子と一緒でよかった~とほっとしたり、仲の悪い子と一緒になってしまい
先の事を心配したり・・・

でも、それが子どもの心配ごとなのか、お母さんの心配ごとなのか・・・
今、お母さん達と話していた内容を振り返ると、なんだかお母さん達の
勝手な心配(先読み)も結構あったような気がします。

仲の良い子と一緒になれなかったら、新しいお友達を作るチャンスでもありますしね。
友達とこじれたら、どう修復するのかを学べるチャンスだし・・・
問題が起きたら、その数だけ乗り越えるチャンスとも巡り合えるわけです。

子どもたちは本来、目の前に起きることをちゃんと乗り越えていける力を持っているような気がします。
乗り越えようとする前に手を貸すことなく、そのチャンスに向かわせてあげたいですね。



息子は、不登校前に「あいつは嫌い」「こいつも嫌い」と友達の不満を口にしていたんです。

親の過干渉や締めつけで、自己肯定感が持てなくなり、かなりのネガティブ思考になっていました。
被害妄想もひどかったんです。
それが友達関係に影響してしまったようでした。

復学の時も、元の場所で友達とうまくやっていけるのかが私の心配ごとでもありました。


でも今、息子はこう言っています。

「今、クラスに嫌な奴はいない。俺、誰とでも仲良くできるからさ」

特別、息子のクラスだけいい子が集まったわけではないですよ。
親の過干渉や締めつけをやめただけで、息子に変化が現れ、こうなっていくんですね。
もともとはいろんな子と遊んでいた息子なので、本来の息子に戻れたのだと思います。

だからこそ私も、同じクラスの子がいないことにも気付かない図太い母になれたのかも・・・
(もともとという噂もありますが・・・汗)


親が変わり・・・子どもが変わり・・・
子どもが変わることにより、親もさらに変わっていけるのですね。


心配に及ばず・・・
いつまでも、そう言える母でありたいなと思います。





応援よろしくお願いします(ポチっとワンクリック)
    ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

うん、うん。わかります!とにかく私もお友達のことが心配でした。長男の中学はスポーツ選抜のお子さんも多く、そうでないお子さんとのもめ事も聞いていたの‥。でも、なんとかその中でもやっているんですよね。
お友達のママからは心配メールとかが来るけれど、そして以前の私ならそれについて息子に聞いていたのかもしれないけれど、今は本人から話があるまでは知らんぷりしています。

選抜で入ったお子さん達は半端なく部活が忙しいので、一緒に遊ぶことはないようですが、時々名前が出てきたり、先日の懇談会で「かのんさんちの息子さんとメールでやりとりしてるみたいです。」なんて話を聞くとやっぱりちょっと安心しましたv-222

それにしても、息子君の頼もしい言葉。
すごいですね。人間関係に自信が持てているように感じました。本来の息子君に戻れたのですね。よかったv-238
うちの次男も低学年の頃よくグチを言っていた男の子と同じクラスになりましたが、先日「今日さ~休み時間にライトセーバーごっこしてたら(スターウォーズのですv-91それぞれエアライトセーバーを持って、口で音を出しながら闘うらしい)○君も入ってきて一緒にやって面白かった。」なんて言ってました。
そのお子さんとは、林間学校でも同じ班でしたが、問題なく終了しましたv-22

親が変わり、子が変わり、また親も変わっていく…。ホントにそうですよね。
不登校前、毎回「嫌だ~!」と騒いでいたスイミングも「根性で頑張った」といえるようになった次男。
今日、洗濯機に水着が入っているのを見て「ああ。昨日スイミング、あったんだ」の私は全く同じ事を思いました。
以前は「ああ~○曜日にスイミングだ~」と本人と同様(もしかしてそれ以上に)ピリピリしていましたから…v-12

クラス、部活、そしてピアノ…(前回の記事のコメ返しに追記、またもや笑ってしまいましたv-218)いろんなことを経験しながらの成長ですね。
一緒に見守らせてくださいねv-220

息子さんのお友達関係、好調なようですね~
きっとクラスの中でのポジション取りが上手く言って楽しい状態なのかなと思いました。
それも、息子さんの本来もっている素晴らしい面ですね。

親の心配が、子供に移るのか?
子供が心配するから親も心配になるのか?
ティカさんが、言われているように、まず親からですよね。

でもね~、うちの息子が友達と遊んでいる姿を一度は見てみたいなぁと思っています。

かのんさんへ

友達関係は、子どもにとっても親にとっても、心配度数高いですよね。
男の子ってグループ化しないし、わりとさっぱりしているので、女の子ほど問題は複雑化しないような気がします。だいたい気にしているのは女の子のお母さんですから・・・v-206
それに、女の子は友達同士のトラブルをお母さんに報告もするので、よけいそこに巻き込まれるのですよね。うちは、わりと話はするけれど、本当に悩んでいることは絶対に口にしないし、気にしていない素振りもするので、問題が起きる時は突然ドカンv-42ですから。一番、安心できないのかもv-12

かのんさんちのお兄ちゃん、弟さん、お話聞くと成長しているんだな~ってこちらまで嬉しくなりました。横で心配していても、なんとかやっていて、それがそのうち、親も気にならなくなってくる。そんなことを積み重ねていきたいですね。

実は、わたし「洗濯機の中の水着・」・・それがなんとも羨ましくe-330

ちゃろさんへ

息子はクラスの中で目立たない存在ではあるのですが、友達はしっかり見つけるタイプですね。今まではどちらかといえば、にぎやかタイプは苦手で、おとなしいタイプが好きでした。それは自分が主導権を握れるからのようでしたが、新しいお友達はおとなしいタイプではないですね。ひとりは学級委員らしいし・・・友達のタイプの変化は、息子の中の変化でもあると思っていますe-284

> 親の心配が、子供に移るのか?
> 子供が心配するから親も心配になるのか?
> ティカさんが、言われているように、まず親からですよね。

そういう場合って結構ありますよね。口に出さなくても、親の心配はその空気で察しますものね。

お友達と遊んでいる姿を見てみたい・・・働いているお母さんはそういう方多いかもしれませんね。
私なんてもう嫌というほど見ているのですが・・・見れるだけでも感謝しなければね。
息子さんもゲーム仲間ができたのですよね。でも、高校生ともなると家まではなかなか来ないかなe-456
Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。