スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言ってないこと言わないで!

今週の月曜日のことです。

うちの息子、初めて保健室へ行ったとのこと。

朝自習の読書の時間、気持ち悪くて本を開いていられなかったらしい。
1時間目の授業が始まったら、すぐ先生に断って保健室へ行ったとのこと。

保健室で吐いて少し気分がよくなり、2時間目から教室復帰できたらしい。
その日は部活の午後連もこなし帰ってきていました。
朝は普通に出て行っていたので、後で聞いてびっくりです。


「そうか。復帰できてよかったね~」

「よかったよ~2時間目も具合が悪かったら早退するんだって。そうしたら部活
出れないじゃない。部活出れなかったら○○先生(顧問)に怒られるからさ~」

「そうなの?○○先生、結構、怖いんだ」

「怖いよ~この間、お母さん、俺がお休みした時、余計な事言っただろ。
俺、お母さんのせいで怒られたんだぞ」

「・・・え?お母さんのせい?お母さん何か言ったっけ?」

「大会の疲れがでたようだからお休みする・・・とか言っただろ。俺、そんなこと
一言だって言ってないからな。先生に、おまえが言ってないことを、お母さんが言うわけ
ないだろって言われたんだからな。あの時、たまたま頭が痛いだけだったの!
俺が言ってないこと言わないで!」

わっわっわっ。。。責任重大。。。

確かにそのように言いました。
息子はそのようには言っておりません。
想像で言ってはいけませんね。はい。

お休みのことだけでなく・・・

「大会で疲れたというなら、もう大会に来なくていい」という喝まで入ったそうな・・・

お~結構、厳しいんだ~

そう言われてどう返したかは教えてくれませんでしたが、
「まあ、どうにかうまくやったから」とのこと。
今後の大会には影響ないらしい。


大会は市内大会であり、ほとんどの運動部が大会に参加していました。
皆、それぞれ早い時間に家を出ていたようです。
それに息子は選手でもなく、大会前後の雑用と見学だけ・・・
大会の疲れを理由にしたということで、先生、カチンときたようです。

「今後のご指導、緩めないでください」ってお願いしましたが、さっそく容赦ない
ご指導ありがとうございます(汗)  
(過去記事→軌道に乗っていたはずが・・・)

息子が二日間お休みしたあと、顧問の先生の授業の後に皆の前で呼ばれ、
その後、説教されたそうな・・・

「おかげで俺の休み時間つぶれちゃったよ~」

息子よ。先生の貴重な休み時間もつぶれたことをお忘れなく。。。

でも、最後にこんな言葉も・・・

「部活、出てもさ、次の日(県民の日。部活もお休み)お休みだったからさ。
その時に休養して、体調整えばいいと思ってさ」

先生の喝で心も締り、どうにか部活だけはでなければと思ったようです。
こんな言葉が出てくるとは・・・嬉しい母であります。

それに顧問の先生は国語の先生なのですが、国語のノートびっくりするくらい
綺麗ですよ~ちなみに他の教科は???ですけれど・・・

顧問の先生の授業というだけで気持ちが引き締まるのでしょうね。
できたら全部の授業を受け持っていただきたい。
横に立っていただくだけでも・・・(汗)

息子は、その後も部活にはちゃんと出ています。
このままいい感じでキュッキュッと締めあげられそうです。
どうか、遠慮なく締めていただきたい。。。

心と体がシェイプアップされていくこれからの息子の姿が楽しみです!



PS
大会での息子の仕事・・・
学校周辺の交通整理だったとか。車をとめて駐車場への誘導係。
「今日は職業訓練してきた~」と言っておりました。
たぶん苦手なお仕事よね。ご苦労さん。





スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

「大会の疲れが出たようで」
親はつい勝手な想像をして、なんとなしにそういう言葉を言ってしまいがちですが、
その不用意な言葉が、子どもの社会的立場を悪くしてしまうこともあるのだと思うと怖いことですね…
私も気をつけなければ…
子どもが言ってもいないことを言ってはいけませんね。
他にも、勝手な想像をして指示や提案をしたり、先回りしたりということをやりがちですね、母親って…
こうして記事にしてもらって改めて肝に銘じることが出来ました。ありがとう~

とはいえ、私のティカさんへのイメージは、メガネにパーマネントのインテリお母様でした(笑)
お会いしたら、メガネもかけてないし、ストレートヘアだし、やわらかい感じの方で…
つくづく想像力ない私。
勝手な想像は特に注意が必要だわ~と思います。

メロディさんへ

「大会の疲れが出たようで・・・」
私がこう言ってしまったのは、もちろん、そう思わせるような背景があったことは事実。5時起きが二日続いていたし、前の晩、疲れているようだったし、明日に響かなければいいなという心配があるにはあった。

あともう一つ。中学になり頭痛でお休みするのが今回で3回目。さすが3回もだと先生がどう思うことやら・・・精神的なものだと思われたくない(実際に思っていなかったので)という気持ちが働いて、大会の疲れ・・・と一言添えておきたかったのね。 なんだか余計な心配、配慮?が裏目に出てしまった感じかな。
いずれにせよ「言ってないことを言った」ことはよくなかったね。
勝手な想像、思い込み、先読み・・・不登校を招く危険な要素・・・気をつけていたつもりだけど、まだまだだったなと自分自身に喝!を入れましたv-217

ところで、メガネにパーマネントにインテリ??そう思われていたんだ~~v-12へぇ~そういえば、ボーイッシュというイメージもあったようだし・・・なんだかそれを聞くのも面白いね。私の文章の顔なんだね。メロディさんも(も?)美人さんだよね~文章はかなりボーイッシュでカッコいいけどね~v-205

国語の授業

ティカさんの文章、じわじわとおもしろいですね。
国語、好きだったでしょ?

No title

1年生は今、部活ではハードな練習に必死について行く時期ですよね。
1年前の娘も疲れた顔しながら頑張っていました。
このころ、上級生のお母さんからは「1年生は夏を超えるまでが大変だけど、そこを超えるとぐんと成長するわよ~」と言われていました。
明るく言い放つお母さん方を目標に、「うちの子ついて行けるかしら?」という心配を「きっと頑張って夏を超えて成長してくれるだろう」という思いに変えて応援していたように思います。
テイカさんの息子さんも、今頑張っているところですね。
大きな成長を期待しながら応援していきましょうね。

ぱぱすさんへ

ぱぱすさん、ご訪問ありがとうございますv-208

じわじわとおもしろい・・・
ありがとうございます。そう言っていただけると嬉しいです。
いつも笑いをとってごまかしている私ですe-330

国語ねぇ、嫌いではなかったのですが、あまり点数とれなかったんです。
どちらかと言えば、算数が得意でした。数学になった途端、不得意になりましたけど・・
国語は「~をどう思うか?」的な記述式が苦手でした。どうも私の思考って模範解答にならないみたいですe-456よく言えば、個性派?なんてね。

ふらわぁさんへ

部活ですが、5月までは土か日かどちらかで、それならなんとか大丈夫そうだと少し安心していたのですが、6月に入ったら、いきなり土日両方になりましたe-350どうやら段階を踏んでいたようです。

> このころ、上級生のお母さんからは「1年生は夏を超えるまでが大変だけど、そこを超えるとぐんと成長するわよ~」と言われていました。

そうなんですね~そんな言葉は周りから聞こえてこず・・・では、2学期に入る頃にはぐんと成長しているかな~剣道部は夏に防具を身につけるだけでも試練らしいです。今、息子は体操着で練習しているのですが、すでに背中があせもだらけで・・・それで防具?どうなるんでしょう。でも、それも含め、厳しさを乗り越えてこその成長ですものね。期待してみますe-420

No title

v-229大河の流れにも似て、ゆるやかな流れに身を任せているうちにいつのまにか最後まで読んでしまう。シリアスな内容でもユーモアに富んでいるので深刻にならない。無意識になんでしょうけど、すばらしいですね。
ではまた!

ぱぱすさんへ

うわ~っそんな風に褒めていただいてとても嬉しいですe-420
ぱぱすさんこそ、国語できたんじゃないですか?

無意識に・・・敢えて・・・かもです。

また足跡残してくださいね。お待ちしていますe-316

Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。