スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての授業参観

先日、中学に入って初めての授業参観がありました。

1時間目から4時間目までの自由参観です。

我が家で「授業参観」という言葉が出たのは、まずは主人から。

「授業参観って何日?俺、行ってもいいかな~親バカかな~」
「親バカってことはないでしょ。学校がどうぞ授業を観てくださいって
 言っているのだから、行っていいと思うけど」
「そうだよな」

そして、主人は有給休暇を取得。
主人にとっては、小学校4年生以来2度目の参観です。

しかし、前日に、主人の参観を初めて知った息子。

「え~!?お父さん、行くの?」
「行ってほしくない?」
「う、う~~ん」

主人も息子も同時に黙りこむ。

そして、主人は自分の部屋へ去って行く。。。



息子が寝る前、私に言う。

「あ~なんか明日、学校へ行くの嫌だな~」

(うわっ!前日、上野先生に支援卒業のご挨拶したばかりなんですけど~)

「3、4時間目の技術(木工室で本立て作り)はいいけれど、その前の
 国語と数学は何か嫌だ・・・だって何か言われそうだし・・・」

誰に何を言われるのが嫌なのかというと、主人に、授業中の態度などの注意を
受けるのではないか、きっと言われる・・・ということらしい。

うん。確かに主人は言いそう。う~ん、どうしたものか。。。
でも、「まあ、来てもいいけどさ・・・」という言葉を残して寝た息子。

その後、主人は主人で、私に言ってきた。
「俺は○○(息子)に来ないでって言われたから、行かないことにする。
 俺は人の嫌がることはしない主義だから」とカッコよく辞退。

これでめでたし、めでたし? しかし・・・

「○○(息子)が、先生の話を聞いているかとか、真面目にやっているとか、
 ちゃんと観てきてよ」と私に言うことを忘れず。

私が観に行っていいのかどうかも、一応、息子に確認してみました。
「まあ、いいけど・・・」・・・ということなので行ってきました!



さて、授業参観。。。

まず、教室に入り、先生の大きな声に釘付け・・・なかなか威勢が良い。
でも、ちょっと高圧的な感じもするな~

そして息子。え~と、え~と、一番前にいた。
ちゃんと前を向いているな。
悪戯書きはしていないようだ・・・よし。よし。

そして、周りを見渡す。集合写真で見た顔は?・・・あ、いた。
こっちにも・・・あ、あの子もそうだ。あの子は同じ剣道部だな。
同じ小学校のお友達は、さらに大きくなっている感じ。成長しているな~
なんてひとりで密かに盛り上がる。

そして授業を聴きながら、ちらっと廊下側や、背後の掲示物を見たりして・・・

中学校という新しい環境が新鮮で、息子より周りに目がいってしまう私でした。
この1年間、息子がお世話になるクラスですものね。

その後、家で主人に息子の様子をいろいろ聞かれましたが、ちょっと言葉に
詰まったり・・・まあ、でも普通に真面目にやっていたと思います。(けど・・・)

1時間授業を観て、クラスで会った知っているお母さん同士で、担任の先生の音楽の
クラスを参観したり、他の理科、社会などの先生のクラスを廊下から伺ったり・・・
中学は教科の先生方がいらっしゃるので、学校内をいろいろと移動し観てきました。

そして最後はお決まりのお喋り。
今、クラスの誰々がどうした、先生がこうだなどの情報を仕入れてきました。

女の子のお母さん・・・

「小学校の時は、参観に行くと、後を振り返ってニコッて笑ってくれたのにさ。
今日なんて、まったく無視だよ!わざとこっち向かないようにしているのがわかる」
と、怒りを感じているよう・・・

そういうお年頃になったのですね。

今回の参観は行けましたが、今後はどうかな?
そのうち「来るな!」って言われそう。
でも、そう言われても、そんなにショックを受けない気がします。
親離れしてきたな~って嬉しく思えるかも・・・

「もし、このままずっと学校に行かなかったら・・・」と不安だった時期があるんです。
その経験をせずに「来るな!」って言われたら、きっと寂しく思うでしょうね。
今は、それぐらい言ってほしい・・・
これは、息子の不登校があってこその親の感覚なのだと思います。

学校に戻り、その中に自然に溶け込み、しだいに親の手元から離れていく姿。
それを見るのが、一番嬉しい。そうあってほしい。

「来るな~!」いいよ~いいよ~

お母さんはその言葉を待っているよ。

でも、そう言われるまでは「お母さんは観たいから」って行っちゃうけどね(笑)






スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

No title

ティカさん‥えらいっv-237
参観会行かれたのですね。私は懇談会付きのものしか行ったことがありませんv-31長男のお友達のママは、高校生のお姉ちゃんもいるのですが、やはりきちんと行っているようです。男の子に「おまえんち来てんじゃん」とか言われるらしいけど、そのママは「皆勤目指してるから今回も行って来る」って。おお~尊敬v-81
5月に新しいクラスでの懇談会もあったのですが、60パーセント位の出席率だったかな。
たまたま隣の席にすわったお母さんと妙に気があってしまい、「バザー、一緒の時間帯で希望出そうかv-8」なんて。長男のクラスは男子と女子がよそよそしく、まるで対立しているかのようだとの先生のお話でした。「まあ、これが高校生になると変わるんですけどね~。」だそうデスv-238

昨日、ランチ、行ってきました。そのママとは個人的な相談を受けたわけではなく役員室の会話の中での話で、私もあまり‥いや、ほとんど考えていなかったのですが、ティカさんのコメ返しを見て「そうだv-12予防的な家庭教育v-237」と慌てて本を支度しました。
あ~よかった。気づかせてくれてありがとう。

もう一つのブログ、前回に続いて、今回もちょっと「くすっv-238」でした。
うちのジューンベリー、赤くなってました。今年は数が少ない。裏年かなあ。去年はさくらんぼと共に、ほとんど鳥たちが持って行ってしまいました。
ティカさんちは金柑があるのね。うちはユズです。いまね、アゲハの幼虫が住んでいます。退治しようかなと思ったのですが、つのを出させようと触ったら、いきなり体を持ち上げ回れ右!葉っぱの裏に移動して「僕は存在していません」といいたげな不動のポーズ。なんか笑えてきてそのままにしてあります。
いつも葉っぱがハゲ坊主になってしまうので、悩ましいところなんですけどね。

おっと、こちらのブログでも長くなってしまいましたv-12
それではまたねv-222

かのんさんへ

私、えらい?確かに参観行く人は少数派かも・・うちの息子のクラスは結構、多かったけれど、誰もいないクラスもありました。今回は1年生最初の参観なので、参加者は一番多かったかも・・・2~3年になると、確かに「おまえんち来てんじゃん」みたく言われるみたいですものね。これからどんどん参加者が少なくなるでしょうねe-445

懇談会に60%っていったら結構いますね~やはり私立だからかな。うちの方は小学生でも、それだけいたらいい方だと思います。中学生はもっと少ないようで・・・働いているお母さんが多いですものね。

役員さんの会話の中の話だったのですね。余計なこと言っちゃったかな?でも、気になりますね。こちらが協力の姿勢を見せたとしても、あえて離れていく人もいるのが現実ですものね。なんとかしてあげたいと思っても、声かけるにも勇気がいりますね。私もちょっと気になる人が・・・でも、子どもも親も接点がないので(顔も知らない)、なんとなく悶々とした思いで過ごしていますe-450

私は金柑の木はアゲハの幼虫のために育てているかも・・・毎年、葉っぱは食べ放題で、ボロボロ。いったい何匹(匹?)のアゲハ蝶が我が家から巣立っていったことか・・・幼虫、愛らしいですよねv-238

No title

ティカさん♪

ご主人、残念でしたねv-356
すっごく見たかったんでしょうね・・・息子くんの様子。

こちらは、4月の下旬ころ参観がありました。
入学間もない頃で、教室がどこにあるかもわからず
うろうろしたことをおぼえています。

その参観日、ご夫婦そろっていらっしゃってる方が
た~くさんv-440
正直、驚きましたv-405

我が家もティカさんち同様「父さんは来なくていいよ~」
って言われてましたv-356
かわいそうに・・・お父さん

だんだんそうなっていくんですよね。
離れていかないと困ります!!よね・・・

No title

遅ればせながら・・・ティカさん、支援ご卒業おめでとうございますv-237
その翌日の出来事とあれば、「ちょっと~なぜこのタイミング?勘弁してよ~!!!」と言いたくなりますよね。

うちの息子はもう随分前から「来なくていいから」宣言してます。
「行こうかな?」と振って、「どっちでも」という返事の時は行ってもok!のようですけど・・・。
今まさに思春期真っ只中の息子ですからね~目立たないように忍者ごとくサッと行ってササッと帰って、「今日来てた?」なんて言われるくらいがいいのかもと思ってますv-29
それでもあと何回観ることができるかわからない授業参観・・・その機会を大切にしないと!ですよねv-254

こんにちは。
参観日ですか?中学はまたひと味違うんだろうな~。。
今月末学校公開日があります。だいたいお父さんが堂々と行ける参観日はこれくらい、あと通常参観日はお父さんは、いたらあれ?ってかんじ。
主人もこれは当然いきますね。

来るの?は通常参観日はだいたい私にもいいます中学に入ったら、来なくていい になるんでしょうね。寂しくもあり、成長でありです。
一人っ子なので周りから、寂しくなるよ!といわれますが、自立していくんですよね。

そういえば、昨年ずこうの参観で結構、お母さん手伝ってたな。子どものずこう、うまくできなくてもまあ、子どもの作ったもの、それだけで充分。なんてね~
昔なら、手伝ってたかな?またコメントします

ciquciquさんへ

あら、ciquciquさんちのご主人も断られちゃったのね。それは、かわいそう・・・
うちの主人は、それ以来しょげていますe-441
もう入学式ぐらいから、「参観は何時だ?」って張り切っていたので・・・今日、「子どもは黙って育てる」みたいなタイトルの本買ってきてましたe-350息子はお父さん子なので、今までは、主人のことを全面に受け入れていたけれど、さすがに思春期。拒否反応が出てきましたね。親も心を入れ替える時期のようね。

参観、ご夫婦たくさんいたの?入学式には結構、いたけれど、今回の参観で父親の姿は見ていないわ。でも、そう言えば卒業式も半分ぐらいは父親が来ていたかも・・・そういうご時世なのね。

「来なくていいよ~」って言われたら確かに寂しいと思う。でも、離れてもほしいのよね。複雑な思いです。どっちに転んでも嬉しいってことにしましょうかねe-454

マロンさんへ

マロンさん、ありがとうございます。無事、卒業できました!
ほんとに、ほんとに、グッドタイミングで事が起きるもので・・・ネタがつきない我が家でありますe-330

> うちの息子はもう随分前から「来なくていいから」宣言してます。

「来なくていいから」っていうのは「来てもいいから」の同義語?ってそんな訳ないですよね。どうしても都合よく考えてしまう私です。でも、全面拒否ではないですね。(しつこいね)
私も、息子が嫌がったら、忍者を決め込んで後をササッって通り抜けようかなe-264本音は観たい私でした。素直じゃなくてすみません。でも、あと数回あるかどうかですものね。その機会は大切にしたいですよね。お仲間がいて心強い私ですe-287

かすみさんへ

中学生はやはり小学生と違いましたね。まず、授業は教科の先生なので、その時間によって先生が違いますものね。だから、他の教室に見学に行ってもいいのがなんか不思議でした。息子の担任は音楽の先生なので、音楽室も見学できましたよe-343

かすみさんのご主人は当然、行くのですね。一人っ子ですしね。ってうちもですが・・・
では、もちろん、中学の参観も行きますよね。いつか、息子さんに拒否される時が来たら涙ものではないですか~なんてね。でも、不登校を経験していると、なぜかそれは自立心の表れだわって思えるのですよね。寂しいけれど息子さんの門出を祝ってあげましょうねe-420

図工の参観に母親が手伝い~??あり得ない~e-350それって母親の作品になっちゃいますよね。うまくできないとダメって価値観の押しつけですね。子どもが作った作品は世界にただ一つの作品なのにねe-278
Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。