スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部活動保護者会

先日、部活動保護者会がありました。

それぞれの部の顧問の先生やコーチと、部員の保護者との懇談です。

当日、息子が「今日は部活動保護者会の日だな~」なんて聞えよがしに言ってくる。
「今日は参観日だな~」などとは今まで一度たりとも言ったことないですけどね。

その日に剣道具の業者が入り注文できることになっていたようです。
なるほどね(笑)



保護者会当日。。。

まず最初は全体会です。
校長先生、部活動の先生、生徒代表・・・各々からお話がありました。


校長先生のお話の中で・・・

「今の部が最後だって思わないでください。合わないことはあるかもしれない。
後での変更は認められています。今、違う部活の子が剣道部に移って、
全国大会で優勝しちゃうかもしれない。それぐらい子どもは変われるんです。
え~!!先生、うそ~でしょう~!!って言っちゃいますよ~
まさか、うちの子が??そういうことが本当におきちゃいますよ~若いっていう
ことはそういうことなんです。可能性をたくさん秘めているんです。
どうか、信じてください。変われるんです。そして、どうか応援してあげてください。」

なんか私へのエールじゃないか・・・そんな気がしちゃいました。
そんな変われちゃうのを実感してみたい。そう思いました。

そして・・・

「幼児は目を離さず。小学生は手を離さず・・・5、6年は離してもいいでしょう。
そして、中学生は手を離す。心を離さず、そして励ましてください」

手を離す。心を離さず・・・肝に銘じます。


部活動の担当の先生からは・・・

夏休みに練習を休むと、出ていったら違うことをやっていたりして、その後、
部活に出にくくなってやめてしまうということがある。なるべく夏休みの
練習には参加するようにしてくださいというお話。

そういう言葉には敏感な私。
そうか・・・旅行など行ってられないかも。
主人に伝えると「じゃあ、俺、ひとりで行ってこようかな」「???」


生徒代表からは・・・

いつもお弁当など作ってくれてありがとうございます。日頃、なかなか
口にして言えないので、ここで皆のかわりに感謝の言葉を申し上げます。
そういう支えがあってこそ、部活に頑張れます・・・
というような、なんだか琴線に触れるようなお言葉。

自分の息子にそんなこと言われたらどうしよう・・・
ってすぐ感情移入し、涙腺が緩む・・・



そして、それぞれの部ごとに教室移動です。

初めて剣道部の顧問の先生、教えにきていただいている道場の先生、
そして部員の保護者の方にお会いしました。

顧問の先生は20代の若い女性です。

道場の先生の話によると、その顧問の先生がいらしてから、皆がすごく忍耐強くなったとか。
先生が、皆と一緒になって稽古しているから、生徒も気を抜けないのだとか。
そのやる気に引っ張られ、すごくいい表情になってきたとのこと。

やはり武道ですから精神面のお話から・・・

「自分の弱い部分に勝つ!心と体を鍛えれば、優しさ溢れる人間になれる」

「社会のルールを守ること・・・挨拶。整理整頓。時間を守る。
 まずは、これができるよう指導する」

もう、もう、望むところです!
息子を預けました!
よろしくお願いします!!

最後、顧問の先生と個人的にお話させていただきました。

「○○君、足、速いですね~凄いですよ~先輩についていってますよ~
あと、最初、声がなかなか出なかったんですけど、今はだいぶ
大きな声が出るようになりましたよ。やれば出来るんですよね~」
と言っていただきました。

そうか、頑張っているんだな~

まさか、うちの子が~!?嘘でしょう~!?・・・っていつか言ってみたいな~

お母さんは応援するのみだね。
心を離さないように見守っているからね。





追伸・・・剣道具の注文は別の日になりました。ピンキリですの~





スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

No title

こんばんは^^
部活動の保護者会って一斉に学校で行うんですか?しかも校長先生のお話まであるのね。こちらは各部活動ごと日程も様々で、学校でやる部もあれば違う場所を借りて懇親会兼ねてやる部もあったりとマチマチです。
「手を離す。心を離さず・・・」いい言葉ですね。私も肝に銘じたいと思います。
部活って結構顧問の先生によって熱が入ったり、そうでなかったりしますよね。精神面でもとても鍛えられそうな顧問の先生ですね。
息子さんのこれからの成長がとっても楽しみです!

こんばんはー

こんばんはー
部活保護者会とかあるんですね。私達のときもあったかな?と、忘れてしまっただけ?
てを離す。心は離さずですか‥
なんか耳いたいかも、手離して、ついでに心も離して気がついたら、あれ?だったかもしれないとテイカさんに、怖い理由が、と言われてあれ?だったから、肝心なときダメな私です。
子供は変われる、可能性が たくさんある、励まされます。
また一週間頑張ってこう今週から、6年恒例ソーラン節の練習だあ、ついこけるな!といいたくなる、
息子さんも、部活たのしそうだね。うちも武道いいな。またコメントします

息子のいく中学は剣道、柔道があるかな?野球、サッカーは無理?
個人競技いいよね!と、あー価値観押し付けてはいけないよね(T^T

ステキな言葉がたくさん、、ありがとう

ティカさん、こんにちは!
さすが部活動に力を入れている学校ですねv-30
私も全校の部活動保護者会にびっくりしました~息子の学校では力を入れている部や強い部はそれぞれ保護者会をしたようですが、息子の入った卓球部は緩~い部のせいかなかったです。

夏休みの練習の話しは本当にドキッですね。私たちには身にしみてよくわかりますよね。旅行好きの夫・・・私も「今年から部活優先だから行かれるかわからないよ~」と伝えましたv-48
こうしてだんだん別々の時間が増えて、親離れ子離れして行くんでしょうね。

心と体を鍛えて「自分の弱い部分に勝つ!」理想的ですv-238
息子さんがこれからどう変わって行くのか楽しみですね~「まさか、うちの子が!?うそでしょ~!?」と言う日を夢見て、お互い息子たちを応援しましょうv-81

夏恋さんへ

夏恋さんのコメントで、保護者会は一斉じゃなんだ~と思った私です。それぞれなんですね。もしかしたら今の校長先生になってからかもしれません。今の校長になってから集金日に集計を終えた学級委員のお母さん達との懇談が始まったらしいので・・・なんだか熱~い校長先生です。話の途中で生徒のところに走り「今のどう思った?」なんて突撃インタビューとかしちゃったりしてe-447・・・私、結構ファンですe-415

顧問の先生がかわるだけで、練習日も練習内容もかなり変わるようですね。剣道部も前の顧問の先生の時は、やっている生徒、やらないでしゃべっている生徒がいたそうなのです。でも、今の顧問の先生に変わったら、先生も一緒に稽古するので、サボれなくなったのだとか・・・子どもって環境に左右されがちだから、今の顧問の先生で本当によかったな~と思っています。先生のいうことはよく聞くだろうしね。先生に「どうぞ鍛えてやってください!」とお願いしてきた私ですe-454

かすみさんへ

保護者会、私の時はなかったですよ。
校長先生が入学式に言っていたことなのですが、「一番問題なのは子どもに無関心な親」とのことでした。服装とかでも無関心さを感じてしまうことがあるそうです。きっと部活のことであっても、親にも感心を持ってもらいたい、応援してほしいという気持ちがおありだと思います。ただそう願うだけでなく、そういう機会を作ってくれているのでしょうね。それが「手を離す。心は離さず」という言葉にも込めているのだとと思います。

「子供は変われる、可能性が たくさんある」という言葉、すごく励まされましたよ。親のかかわり方でも、子どもの行く末を左右することがあるだろうし、余計なことを言わずにまずは信じたいなと思いましたv-421

「ソーラン節」は6年生なのですね。うちは3~4年でしたね。うちの息子はソーラン節大好きで、かなり張り切って踊っていましたけど、息子さんは苦手なのかな?でも、無事乗り越えていい思い出ができるといいですねv-424

マロンさんへ

マロンさんのところも部活の保護会、全体ではなかったのですね。それを聞くと、全体であるほうが少数派なんですね。こうしてコメントいただくとうちの中学校を客観的に見れるものですね。

そう、夏休みの部活の話は聞いていてよかったです。部活優先だとは思っていましたが、そんな話を聞かされると、危険はおかしたくないですものね。旅行行けないかもって言った時に、最初、記事のように言ったのですが、あとで、息子を留守番させて2人で行くか・・・などと言いだす。どうしても行きたいようでe-330息子は千円くれたら(やっぱり金?)留守番すると言うし・・・それってあり??マロンさんのご主人はそんな暴挙にはでないと思いますが、子離れ親離れの時期を嬉しくも寂しくも感じるのでしょうね。

「自分の弱い部分に勝つ!」この言葉、一番最初に力強く語っていただきました。弱い部分があちこちに見え隠れする息子ですので、もっと言って~って心で叫んでいた私ですv-81逞しく成長した我が子を見てみたいものです。「まさか、うちの子が!?うそでしょ~!?」ってマロンさんと一緒に言いたいですね~
Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。