スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

校長先生との面談~学校側の対応~

校長先生と面談をしました。

「ご主人と一緒にお話を」ということでしたので、主人と学校へ向かいました。
教頭先生も同席されていました。

校長先生は、わりと最近まで、教育委員会にいらしたこともあり、不登校の実態については
よくご存知でした。

復学できずに終わった例をたくさん見てこられたようです。
一度、なってしまうと、なかなか解決が難しいと。
だからなのか、「なんとかしたい」 などというような言葉はお使いになりませんでした。

「教師は不登校の知識がないので、どうしたらいいか分からないというのが正直なところです。」
「学校側は、教育委員会のカウンセラーを紹介することぐらいしかできないんです。」

本当に申し訳なさそうに、おっしゃいました。
すでに私達もそう思っていたので、落胆もしませんでした。
学校側の立場を正直におっしゃってくれて、かえってありがたかったぐらいです。

私達も、先生方にお願いしに行ったわけではなく、こうお伝えするつもりでした。

「今までの子育てが間違っていた。」
「親が変わって、子どもを変えていきたい。」
「それには、少し時間がかかる。」

不登校に関する本を読み、その結論に至っていました。

学校側で何か協力できることがないのかと苦慮されていたようですが、
とりあえずは、見守ってくださることになりました。


今回の面談ですが、もちろん、息子を案じてくれてのことです。

でも、一方で、学校側に何か手落ちがなかったか、親が学校側に不信感などを抱いていないか、
担任の対応についてどう思っているか・・・その辺の探りもあったようです。
どちらかと言えば、それが目的だったのでは・・・主人もそう感じたようです。
そういうのを感じてしまうのって、なにか寂しいものです。親も弱っていますからね。
もちろん、学校側としては気になるところでしょうから、仕方がありませんけど。


それにしても。。。

子どもが学校に行けなくなったのに、学校では解決が難しいなんて。。。
単純に考えたら不思議ですよね。

実際に息子が不登校になった時、私のまわりのお友達に言われたことは、

「先生は訪問してくれているの?」
「え?一回も来てないの?それ、おかしくない?」
「先生、変えてもらったら?」 (←これにはびっくりしました)

これって、同じ人の言葉じゃないです。それぞれ違う人からの言葉です。
私の口から先生の不満など一言も言ってないのにです。

学校に行けないのは、何か学校や友達に問題があるのであって、それを解決さえすれば
行けると思われているみたいです。
なので、学校側が、不登校児やその親と接触して、解決してくれるのが当然(?)だと、
思うのでしょうね。それで、学校側の出方などをしきりに聞いてくるのです。

もちろん、いじめ等で、学校側の対応が解決の決め手になる場合もあると思いますが、
うちのケースのように、子育てに問題があった場合、学校側がいくら登校できやすいように
対策をたててくれたとしても、また別の問題が発生したら行けなくなってしまいます。

どんな問題があっても、乗り越えられるような子どもにしなければならない。。。
親が変わって、子どもを変えなければいけない。。。

そこに辿りつくわけですが、そう、私が周りに言っても、どうもピンとこないようです。
子育て論としては理解できても、そうしなければ不登校を解決できないの??
その理解されないところで、親は孤独になりがちだと思います。

学校や教育委員会で、不登校克服のサポートシステムが確立されていたらいいでしょうね。
せめて、不登校にならないため。。。という講演でも学校で開催してくれないかな~

最初は学校の協力を得て・・・スクールカウンセラーとお話して・・・
皆、そこから始まるのでしょうけれど、そこでうまくいかないケースも多いので、その後、
路頭に迷って、いたずらに時間だけが過ぎてしまうような気がします。




ちょっと話は戻りますが、先生との面談の時の様子です。

校長 「親が変わるっていってもね~なかなか難しいのよね~うちの主人も頑固でね~
     (しばしご主人の話)大人が変わるって、なかなか出来ないのよね~」
主人 「いや、校長先生が変われば、ご主人も変わりますよ!!」
校長 「そう?やだ、顔が赤くなっちゃったわ。お恥ずかしいわ~」

また、こんな話も。

主人 「校長先生はB型じゃないですか?」
校長 「え?わかります?あまり、人に言わないようにしているんですけれど・・・」

不登校になっての面談で、悲壮感漂っているかとおもいきや、こんな会話も・・・
私達夫婦が精神的にまいってやしないかと心配されていたようですが、まあ、
こんな感じなので、校長先生もひとまずは安心されたようです。

主人の物言いには私の方が赤面でした。どっちが校長なのか??




スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメント

Secret

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。