スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯磨きしている?させている?

うちの息子、歯磨きをしませんでして・・・

それが気になって、気になって・・・
いったい何年経過したでしょうか。

幼少の頃より、習慣づけようと試みたのですが、
声をかけなければ磨かない。
自発的に磨いたことは一度もなかったように思います。

そして不登校・・・
支援開始・・・

歯磨きは子ども問題ですしね。
小さい頃ならともかくもう小学校高学年。

でも、諦めきれずに、つい言ってしまう。

私は勉強よりも歯磨きが大事!
・・・なんて思っていましたから。

一度、お小遣いを要求してきたときに、「じゃあ、これからずっと歯を磨くなら」と
条件をつけてしまい、会話ノートが真っ赤に染まる(汗)

上野先生に「習慣やしつけは小学生まで。好きな子ができたら磨くでしょう」
なんて言われてしまいました。


それまでは「磨いた方がいいよ」という言葉に素直に磨いたこともありましたが、
中学生ともなると「お母さんが言うから磨かない」と反発も見せ始める。

親が言うと逆効果になるのですね。

ここまできてやっと気づいた(諦めた?)私は、もう
何も言っていませんでした。
多分、1週間~2週間、磨かないなんてザラだったと思います。

あ、たまにティッシュで磨いていましたけどね。
ティッシュで前歯をキュッキュッしたり、奥歯に入れてカミカミしていましたよ。
洗面所行くのが面倒なので、その場ティッシュ磨きをあみ出したようです。
これ、歯がツルツルになるんですよ。よかったらやってみて下さい(笑)

ティッシュ磨きの効果か、歯科検診で虫歯ゼロ。

「だろ!?俺の唾液はすばらしいんだ。虫歯をよせ付けないんだ。
虫歯にならないんだから歯磨きの大切さを言われたってわかんないよ。
俺は虫歯にはならないけれど、歯肉炎は心配だから、歯茎がヤバそうだなと
思ったときは磨いているから」

あーそうですか。

結局は本人が必要だと感じないと動けないのでしょうね。

虫歯になって痛い思いをしなきゃダメなんだわって諦めていました。


それがです。

先週のある日。

「歯、磨いてこようかな。結構、最近、磨いているんだ。昨日も磨いたしね。
今朝、磨いていかなかったからさ。なんか口の中、気持ちが悪くてさ。
学校でずっと歯磨きしてぇ~って思ってた」

「へぇ~そうなんだ。歯磨きの爽快さを知ったってこと?」

「そう。そう。爽快さを知ったの」



ついに待っていた時がきました!

残念ながら、好きな子はいないようですけどね(笑)




ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。