スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年を迎えて・・・

新しい年が訪れましたね。

皆さま、どんな新年をお過ごしでしょうか。


我が家では毎年、元旦に家族で初詣にでかけるのですが、
今年は喪中なので、初詣は控え、家でまったりと過ごしています。


うちの息子といえば・・・

遊び納めしたはずでしたが、その後、しばらく遊んでいなかった
お友達が突然、遊びに来て、そのままどこかに飛んでいきました。

そして昨日の夜・・・

「ガキの使い」を観ていた息子に友達から誘いの電話が入り、
友達4人で初詣に出かけました。

中学校の校門前に11時に集合して、一番近くのお寺さんに行ったようです。

12時半過ぎに戻ってきたと思ったら、なんとお友達2人を連れてきた。
もう親に許可をもらったそうで、泊まるのだとか・・・
息子が誘ったに間違いないのですが、事前のお伺いがないのは、なんででしょ(汗)

「朝、6時に帰るから。絶対に騒がないようにするから・・・」って。

今更、帰せませんので、お泊りしてもらいました。
といっても、寝るわけではなく、息子の部屋でなにやらやっていたようです。

朝、起きたら、昨晩来たお友達は予定どおり帰った後でしたが、
なんと別の子の靴が玄関に・・・

泊まることを許してもられなかったお友達が4時に来たそうです。
4時ならOKってことはないんでしょうけれど、
子どもは大人の言葉をうまくすり抜けるもんですね。

そのお友達はこのブログで以前、よく登場していたT君なのですが、
最近は遊びの種類が違ってきたので、あまり遊びにきていませんでした。

それに小学生の時から彼女がいたT君。
今もモテモテのようで今の彼女はいったい何人目なのか・・・
デートにも忙しいようです。
そっち方面にはまったく影響を受けない息子であります(汗)

T君、9時頃に一旦、帰って、おせち料理を食べて、お年玉をもらって
また我が家に遊びに来ました。
そのまま5時くらいまで遊ぶと言っていましたが、オールナイトの遊びで
睡魔に勝てなかったのでしょうか。お昼に解散。


お年玉は主人から渡してもらいました。
親からと預かっていた札幌のおばあちゃんからです。

主人からのメッセージつき。
「おばあちゃんも心配しているから、ちゃんと勉強もするように」など・・・

息子「はい」とペコリとお辞儀して受け取っていました。


今、息子、爆睡中です。

どうでもいいけど、何故、私の布団の中なのか・・・(汗)


やはり友達あっての息子です。

継続登校する中で、一度も不安を感じたことのない友達関係。
きっと、今後もお友達が支えてくれるでしょう。

息子らしい年明けだったかもしれません。



3年前のお正月は、不登校中に迎えました。

窓からどんなに明るい陽が差し込んでも、
気持ちを明るく照らすことはできませんでした。
外にでれない息子なので、初詣にも行けませんでした。
そんなことさえも出来なくなってしまったんだ・・・と
悲しく思えたお正月でした。
家の中でひっそりと時が過ぎゆくのを待つしかありませんでした。


あの時があるからこそ、今、元気に新年を迎えられたことに
感謝できる私がいます。

少しでも前進できる1年でありたいと思っています。

皆さま、今年もよろしくお願いします。




ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。