スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早くも1日お休み・・・

今学期、早くも1日お休みしてしまいました。

今週月曜日、完全なる寝不足です。

金、土と夜更かしして、4時、3時まで起きていているのに、
朝、6時に友達と約束なんかしたりして、懲りない(涙)
まだ日曜日の夜、早く寝ればいいのに1時半まで起きていました。

体調不良を訴ったえることなく、ただ起きられないだけ。

我が家は翌日学校がある時は、PCは10時半までという制限がありますが、
金、土の制限は設けていません。
週末の夜更かしが登校に影響がでるのなら、考えないといけませんね。

次回同じようにお休みをしたら制限を考えると警告を発しました。
「PCを制限しても一緒だ」って息子、反論してきました。

確かに、寝る前にちょっとだけ本を読むつもりが、最後まで読んでしまい
深夜になってしまったり、夜中にキーボードを弾いている時も。
PCやゲームの制限で寝不足が解消できるとは限りません。

消灯時間を設けないといけないでしょうか・・・

寝不足は学校を休む理由にはならないこと。
親がそう示していき、
学校は行くものと、本人が自覚することが必要ですね。

「1学期に比べたら、まだ1日しか休んでないよ」とも言ってきました。

1学期に23日もお休みしていますから・・・
学校をお休みしてしまうと、そういう感覚になるということですね。

毎日、毎日、学校へ向かい、学校へ行くことが当たり前になり
身体がそう覚えないといけないのだと思います。


お休みすると、ゲーム、PC、テレビ禁止ですから
もう観念していて、反発することもありません。

お休みした日は、だいたい2時~3時まで寝ていて、起きても
自分の部屋からでてくることなく食事も求めてきません。
夕食に呼ぶとやっと降りてきて、(なので、1食になることが多い)
食べたらまた自分に部屋に引き揚げたりします。

いつもなら、ずっとリビングにいて、なんだかんだと私に話かけてくるのですが、
お休みした日はとってもおとなしいです。
ただひたすら1日が過ぎゆくのを待っているだけのようです。


睡眠不足を解消した息子は、昨日、すっきりした顔で登校しました。
今日も変わらず学校へ向かっています。

最近、同じく剣道部をやめた、K君がきてよく遊んでいます。
K君、転部するはずだったらしいですが、部活がない楽さを覚えてしまったようで
なおかつ遊び相手もいるもので(息子ね)このまま帰宅部のようです。

息子がお休みしてしまった日は遊べなかったK君ですが、それを聞いた
K君のお母さんが昨日、電話をくれました。
休みが1日だけだったと知り、ほっとしていました。

同じクラスの剣道部の他の子のお母さんからも同じ日に電話が・・・
1学期に話を聞いてもらって以来、息子のことを気にかけてくれています。

ほんとうに皆さん、温かいです。
私はまわりの皆さんに恵まれています。



情けなくお休みしてしまった息子ですが、お休みするつもりはないのです。

「夏休み中はきまった友達とばかり遊んでいたけれど、学校へ行くと
いろんな友達と約束できる」

って言って、ここ最近、いろんな友達が出入りしています。

気持ちが一応学校に向かっていることは確かです。
友達だけか??って気もしますけどね(汗)




ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。