スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しい対応

先日読んだ本にこのような記述が・・・

ポジティブ思考は必要なことだが、人間、いつもがんばったり、前向きにばかり
考えられるものではない。にもかかわらず、落ち込み気分や不快感、不安などの
ネガティブな気持ちや考えがわき出そうになると、無理やりポジティブなほうに
持っていこうとするくせがついてしまったように思う。


うわぁ、これ私のことかも・・・と思いました。

「そんな弱虫じゃいけない」と自分を叱咤激励したり、無理やり「がんばろう!」
と思ってみたり、ネガティブな気持ちを一時棚上げして、「ハワイへ行って遊んで
こよう」「飲みに行ってぱっと騒ごう」で紛らわそうとする。


そうそう。ますます私・・・

自分の不快感や不安感についてじっくり考えたり、しっかり落ち込んだり、
めげてみたりということがなくなってしまった。・・・(中略)人間のなかに
わき起こるのが当然であるネガティブな気持ちを、感じてはいけないもの、
感じる前に消し去ってしまうべきという扱いをしている。


つまりは・・・

子どもが自分の感情をもてあまし、どう扱っていいのかわからなくなっている
背景には、大人自身が自分の感情を無理やり抑制したり、気持ちの扱いに不慣れ
だったりすることが考えられる。


この項のタイトルが【感情をあとまわしにしてきた大人たち】というもの。

気を紛らわすということは、ネガティブな感情に正面から向きあおうとせず、
あとまわしにしてしまおうとすることなのか・・・


私はかなりの楽天家なのです。
もちろん落ち込むときはあります。
しかし、落ち込んでも立ち直りが早いです。
自分なりの気持ちの切り替え方が身についているといった感じでしょうか。

自分ではそれが長所以外なにものでもないと捉えていたので、この本を読んで、
ちょっとショックを受けました。
ましてや、子どもの感情面にも影響ありだとは・・・


先日、息子が行き渋りになり、上野先生がコーチングにいらしてくれた時に
言われたことがあります。

「家の中がまったく普通すぎる。これじゃ(親の悲しい気持ちが)子どもに伝わらない。
1日~2日、泣いて寝込んでください。そのくらいしないとダメ」

上野先生、2回いらしてますが、2回とも同じことを言われてしまいました。
2回目はかなり呆れていたような(汗)

その前にこの本を読んだので、あ~このことなんだな~と思いました。
私の感情を抑える部分が、裏目に出ちゃっているんですね。

主人が以前「あまりお母さんが心配するようなことはするな」と息子に
言ったことがあったのですが、「お母さんは心配していない」って返されました。

私は心配していたのですが、息子はそう感じてはいなかった。
これが実情ですね。

私って悲しくても笑えちゃったりするんです。
笑って悲しい気持ちを吹き飛ばしたいっていうのもありますが、
あんまりしんみりしていると、そっちに気持ちが引っ張られてしまうので、
敢えて笑おうと努めたりもします。

それはそれでいいことだと思います。
それがストレスを最小限にする私なりの方法なのですから・・・

しかし、息子が行き渋りでこのまま休み続けるのでは?という不安定な
時期に、私が心配してしる。悲しんでいる感情が全然伝わっていないと、
学校をお休みしてもよいととられてしまう可能性がありますね。


悲しいときは悲しい対応・・・

まずは自分の気持ちに素直になってみよう。





私が読んだ本はこちらです。
よろしかったら読んでみてください!

  ↓

感じない子ども こころを扱えない大人 (集英社新書)感じない子ども こころを扱えない大人 (集英社新書)
(2001/07/17)
袰岩 奈々

商品詳細を見る




ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。