スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「立川家庭教育を考える親の会」の講演会に参加して・・・

昨日、「立川家庭教育を考える親の会」主催の講演会に参加してきました。

『子どもを伸ばすハッピーコミュニケーション術』

という子育てが楽しくなるための家庭教育講座。
講師はペアレンツキャンプ代表の水野先生です。

お話をお聞きした時、行きた~い。でも、これって立川市民のための
講演会よね?いいのかな~って一瞬、躊躇してしまった私です。
でも、kyunさんが「是非!」って言ってくださったので、お言葉に甘えて
即、申し込みしてしまいました(汗)

会場につくとすでにほとんど席が埋まっていました。
定員50名でしたが、少しオーバーしたとか?
大盛況でした。

私は一番後の左端に陣取り(端が好き)皆さまの様子を伺いながら(怖い?)
講演会が始まるのを待っていました。

そこに水野先生が入ってこられました。
ちょっと以前と違うイメージが・・・メガネを換えられた?
お若くなったかもね・・・なんてお隣のふらわぁさんとお話していました。


講演会の様子・・・ちらっとご報告。
どこまでお伝えしてのいいのだろう・・・ちょっとドキドキ。

まずは、ハッピーな子育てコミュニケーションとは

家族療法の話、会話テクニックの話。

親が会話の主導権を握るのではなく、子どもからの発信を増やす。
共感的に聴いてあげる。
不足不満を直接的にぶつけず、アイメッセージで親の気持ちを伝える。
親がいなくても子どもが自立して生きていけるのが家庭教育の目標。

子どもが一生懸命、モンハンの話をしたきた場合。モンハンの話なんか
どうでもいいと思っても、それに喜んでいる子どもがかわいいと思って話を
聴いてあげましょう・・・なんていうお話もありましたよ。


次は、リフレーミング

事実はひとつだが、見方をかえれば、ネガティブにもポジティブにも見える。
ネガティブにとらえてしまっては、親がストレスを抱えて子どもへの対応にも
影響がでる。やはりポジティブな見方ができたほうがいいですよね。

具体例として・・・テスト前に勉強しない。

先生が考えたポジティブな見方がすごかった。

「子どもは自分を追い詰め、自分を試している」・・・ここで会場が沸く。
「3日前まではやらないと子どもが判断した」
「その結果を受けて子どもが変わってくれればいい」

視点を変えれば、どのようにも考えられるのですね。
いくらでも思考の転換はできるのだなと勉強になりました。


お次は、ラべリング

事象はそのままでも、ラベルを張り替えて、行動の意味を変えてみようというお話。

例えば、イヤな人のことを、ウザい!合わない!と思ってしまいがちですが、
自分を成長させてくれる人・・と考えてみてはどうか。

親は子どもができない事に、ネガティブなラベルを貼ってしまっている場合がある。
それは同世代の誰かと比較してしまっている。
例をあげてのお話には、皆、うん、うん。そして苦笑い。

例えば、なかなか友達に言いだせずに悩んでいる子どもに対し、
「あなたは優しいから相手の都合を考えて言えないのではないの?」と言ってあげることにより
子どもが、「そうなんだ」と少し前向きになれる。

親が思考の転換をすれば、子どもにも変化が生まれるのですね。


最後は、論理療法

親は子どもに対してイライラするのは「こうせねばならぬ」という間違った思い込みが多い。
論理療法では、なぜ自分は悩むのかを認知して、行動や感情を変えていくことを目指す。

「子どもが言うことを聞いてくれない」
「成績が悪いのに勉強しない」・・・etc

これらの親のイライラに対し、なぜイライラするのか、その間違った思い込みから
どう脱却していったらいいかのお話がありました。

「こうせねばならぬ」と思いこむと解決できず落ち込んだりもする。
自分の考えは自分で選ぶことができるというのが論理療法。
間違った思い込みを自分の中で整理して、自分自身で脱却する作業をしましょうということでした。


子育ては大変!
うまくできない自分を責めないこと。
こんな大変なことをしているのだからと認識して、まずは、自負しましょうと。
思考の転換というテクニックを使って、子育てをより楽しくしていきましょう!!

・・・・と、先生のまとめでした。

いろんなストレス、イライラそのままでは解決できないですものね。
そこから抜け出そうと努力をしなければ、いつまでも子育てが苦しいだけ。

どんな状況でも、思考の転換のテクニックを使えば、楽しい子育てを目指せるのだなと。
それがハッピーコミュニケーション術なのですね。


そして、先生のお話が終わった後は、子育て中のお母さんの体験談。
kyunさんとJUMPさんのお2人でした。

お子さんに問題が起きた当初の話。
そして家庭教育を学んで今はこう変化したというお話。
途中、ちょっと目がしらが熱くなる場面もあり・・・

親の対応をかえれば子どもはこうも変わっていくのだな・・・と実感しました。
私もですが、きっと、会場の多くの方が勇気づけれらたことと思います。


今回の講演会は、子育て中のお母さん達が立ちあげた「親の会」主催であること。
学んだ家庭教育で実際にお子さんに変化が生まれ、家庭教育を学ぶ大切さ、必要性、
それを広めていきたいという気持ち。
その恩送りの気持ちがまずは素晴らしいなと思いました。

kyunさん、JUMP さん達に、エールを送りたい気持ちで一杯になりました。
頑張ってくださいね!!


今回の講演会で私にとって嬉しいことが数々ありました。

まずは、水野先生とちょっとですがご挨拶できたこと。
息子のことを心配していただき恐縮です。

そして、なんと2年3カ月振りにN先生と再会。
講演会で私のすぐ後ろの椅子だけの席に若い男性が座っていたのは知っていたのですが、
それがN先生だったとは・・・(ペアレンツさんのN先生ね。協会の事務局長じゃなくてよ)
講演会終了後、たくさんお話させていただきました!

そして、私のブログを読んでいますよ。とHさんにお声もかけていただきました。
ブログやっていてよかったな~と思える瞬間です。
携帯の問題?が解決できるのをお待ちしています(笑)

そして、講演会の前には、mixiのお仲間、メッセージ交換している方・・・
など数名にランチのお誘いをさせていただき、ドキドキのオフ会。
初対面同士の方も多かったですが、それを感じさせないほどの盛り上がり。
三機関が集まり、いろんなお話させていただきました。

そして、そして・・・(いったい何回目だ?)
夜は、ワインをご馳走してあげるというエンカレッジの宴会部長の甘い言葉に
誘われて、数名で吉祥寺に移動。

吉祥寺の夜は長い・・・

電車で行けるところまで行き、最後はタクシーで午前さまの私でした(汗)


長くて有意義な一日・・・出会えた皆さまに感謝です。




ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村



テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。