スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ってしまった・・・

うちの息子、ちょっと問題が起きていました。

先週の木曜日。今週、月曜日、火曜日とお休みが続いてしまいました。

起きて着替えたと思ったら、そこに寝ていたり・・・
本当は眼が覚めているのに、寝たふりして無反応だったり・・・
頭痛の時は最初に「頭痛」って言いますけど、言いませんし・・・

そして夜になると元気で明るい。なんでしょ、これ。

やはり以前のお休みと比べると、あまりにも休むと決めるのが簡単すぎる。
そんな印象です。

復学後から1カ月に1回程度お休みをしていました。
どうしても、そこから抜け出せませんでした。
本人の自覚と体力面でカバーできる時がきてくれたらなと期待していました。

しかし、ここにきて下降気味・・・


月曜日に上野先生にご相談しました。

「1カ月に1回くらいならまだいいんですけどね。ここまで休まれると嫌ですし
 問題です。ただこの季節は・・・5月病という言葉もありますし、大人でも力が
 出ない時ですから、もうちょっと様子をみましょうか。6月に入ってもこの状態なら
 何か考えます」

今後もっと重大な局面を迎えコーチングに入る必要性がでてくるかもしれないので、
そう簡単に入るわけには・・・というところでしょうか。



そして火曜日・・・2日続けて行きません。

再び、上野先生に連絡します。

「うわぁ~○○××△△(先生の心の叫び!あり)3日休まれるのはさすがに嫌ですからね。
 明日お休みしたら行きますので!○○(息子)にそう伝えておいてください」

お休みしたらPC禁止なのに前日に平気で掟破りをしたことなど伝えると
先生、メラメラ燃え上がり気負い充分になっておりました。


しかし・・・今日行ってしまいました。。。

まったく普通に、何事もなかったように・・・

本来なら「行ってよかった~」と安堵するところなのですが、
「行ってしまった・・・」というのが正直なところです。
休んでもらったほうがよかったかも・・・

先生も「よかったのか、悪かったのか・・・」と。

今後、どこかで先生にご登場願う時が来るでしょうか・・・




息子の問題は「怠け」「たるみ」です。
それが登校にも影響しています。


中1ギャップっていう言葉がありますが、うちの息子はかえってその方が
緊張感があっていいみたい。

慣れてくるとダラけますので、そっちの方が我が家は大変。

やっかいな中2であります。



今回、久しぶり(そうでもないか・・・)に先生にご相談しました。
支援を卒業しても何かあれば相談にのってくださり必要であれば
動いてくださることは本当に心強いです。

復学すればそれで終わり!ではないですものね。
継続登校見守っていただけるのはありがたいことです。

そうはいっても、あまり先生に頼ってはいけないですね。
気を引き締めて頑張らねば!




ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。